野田首相夫人, 白皙,温柔,和风美女 http://www.billionairesdesire.com

野田首相夫人, 白皙,温柔,和风美女

(2011-09-01)日本选出新首相野田佳彦,媒体开始锁定第一夫人野田仁实的行踪;野田夫人相当低调,不爱曝光。千叶电视台调出-野田,1993年,首度当选众议员的档案影片,终于看到野田夫人的身影;野田妻子,是个清丽高雅的大美女。

  野田高中同学和支持者,异口同声地表示,野田夫人,五官端正、皮肤白晢、温柔谦虚、默默付出,是个传统的和风美女,年轻时,很像知名女星浅野优子。野田从政,在街头,演说了廿多年,仁实,毫无怨言地,陪他上街头,发传单。

  四十八岁的仁实,是东京人,娘家经营小工厂,高中毕业后,进入大学专攻声乐。野田的高中同学指出,野田,是在担任千叶县议员时,在酒会上,看到演奏电子琴的仁实,便一见钟情,展开追求,两人,于1992年结婚。

  野田的胞弟,也是千叶县船桥市议会议员野田刚彦说,哥哥看起来,很爱讲话,但让人意外的是,家里,好像嫂子的话,比哥哥多,野田家,也是太座掌权。高中同学还开玩笑说,虽然,野田是财务大臣,但家中的财务大权,却掌握在太座手里,野田在家,是妻管严。

中国大陆富豪成长飞快, 将占亚洲半数 (2011-09-01)

  根据瑞士宝盛集团(JuliusBaer Group Ltd.)和里昂证券(CLSA Asia Pacific Markets)的研究报告,中国富豪,在2015年前,将占亚洲富豪约半数,且控制亚洲地区一半以上财富。

  今天公布的亚洲财富报告显示,亚洲富豪将成长逾倍,至280万人,中国拥有高净值资产的富豪,占140万人。亚洲富豪预估,将坐拥15.81兆美元财富,其中,8.76兆美元,为中国富豪持有。

  宝盛集团新兴市场证券策略师霍弗(Stefan Hofer),今天在记者会中,表示:“就还会成长的整体财富总额来看,中国根本主导了一切。”

  根据这份报告,全球成长最快的主要经济体─中国,去年,诞生50.2万名富豪。中国当局上个月表示,第2季,国内生产毛额(GDP),较去年同期成长9.5%,比市场预期快,国家和民间投资,为推升助力,同时,工业生产与零售销售成长均加速,铜和铝产量,创新高。

  这份报告显示,亚洲富豪资产,自2010年的5.6兆美元,跳升两倍,亚洲货币汇率升值,是原因之一,更带动经济成长和资产价值增加。在2015年之前,汇率升值,可能会创造60万个新富豪,或不含主要居住场所后,拥有可投资资产超过100万美元的个人。

  这份报导指出,印度,于2015年前,将有40.3万个富豪,在亚洲,排名第2,资产净值总额,达2.5兆美元。韩国,居第3名。

  根据凯捷公司(Capgemini SA)和美林全球财富管理公司(Merrill Lynch Global Wealth Management),6月公布的报告,中国去年的富豪人数,增加12%,至53.45万人。中国的富豪人数,在全球排名第4,居美国、日本和德国之后。

全球商务语言, 中文直追英文 (2011-09-01)

根据彭博的调查,中文普通话,已经成为全球最受欢迎的商务语言,仅次于英文,也是全球使用人口最多的商务语言。反映出-近年来,随着中国经济影响力的增强,中文的实用性大增,学习中文的人数,也逐渐增加。

  彭博的调查显示,除了英文之外,中文、法文、阿拉伯文、西班牙文,依序是全球商务实用度最高的4种语言;在亚洲,属于强势语言的日文与韩文,分别位居第7,与第10名。彭博在衡量实用性时,是根据语言的使用人口、做为官方语言的国家数量、经济成长率、网络渗透率等多项综合指标,做为排名依据。

  分析师指出,彭博商务语言实用性调查,基本上反映出语言使用国家的经济实力,中文,虽然在使用国家数量上,远逊于其它语言,但在GDP,与未来5年,GDP成长预期等指标上,都大幅领先其它语言,是让中文脱颖而出的重要因素。

  中国在去年,已经取代日本,成为全球GDP第2高的国家,在全球各领域的影响力,已不可同日而语,欧美各国学习中文的风潮,在近年来,也逐渐显现,美国副总统拜登的外甥女与孙女,都在学习中文,美国财政部长盖特纳在学生时代,也多次前往北京学习,显示中文已是区域性的强势语言而已,更是政府官员必备的技能之一。

  据了解,香港在97之后,也开始推广学习普通话,随着中国内地游客增加,普通话在香港的普及程度,早已超过英文。泰国、印尼、菲律宾的50多位官员,日前更前往厦门华侨大学,进行为期一年的中文训练,该校,从2005年开始,就针对外国政府官员,开设中文学习班,目前,已培养超过百名的中文语言人才。

  美国麻省理工学院教授Leigh Hafrey认为,中文在短期内,不会取代英文的地位,就如同美元,仍是全球最具优势的货币,在可预见的未来,英文仍将是全球最主要的商务语言。但他强调,若要在中国经商,会说中文,将具备许多优势。

Ms. Tian Shouxiang wild, white, gentle, beautiful and wind

(2011-09-01) Japanese elect new prime minister Yoshihiko Noda, the media began to lock the first lady of the whereabouts of the real kernel Noda; wild Ms. Tian very low key, do not love the exposure. Chiba TV tune out – Noda, 1993, first elected to the House of Representatives of the archival footage, and finally see the figure of Mrs. Noda; Noda wife, is a large elegant elegant beauty.

Noda high school students and supporters, said in unison, Noda lady, handsome, fair complexion, gentle and humble, quiet contribution, a traditional wind beautiful, young, much like the actress Yuko Asano. Noda politics, in the streets, speaking more than 20 years, Jen really, without complaint, to accompany him on the street, handing out leaflets.

48 Jen fact is people in Tokyo, her parents run a small factory, after graduating from high school into college specializing in vocal music. Noda high school students that Noda, Chiba Prefecture in as member, at the reception, to see Jen actually play the keyboard, then love at first sight, to start the pursuit, two, married in 1992.

Noda’s brother, also in Chiba Prefecture Funabashi City Council field Tiangang Yan said his brother seemed, loved his speech, but the surprise is, the family, like sister in law, then Bi Gege more wild Tian, ​​also Taizuo power. High school classmate joked, though, is the finance minister Noda, but the family’s financial power, but rests in the hands Taizuo, Noda at home, is henpecked.

Rich fast growth in China, Asia will account for half (2011-09-01)

According to Julius Baer Group (JuliusBaer Group Ltd.) And CLSA (CLSA Asia Pacific Markets) research report, China’s richest, in 2015, Asia will account for about half of the rich, and control more than half of the wealth in Asia.

Asia Wealth Report released today shows that the rich will grow in Asia more than doubled to 280 million people, China has a high net worth assets of the rich, accounting for 140 million people. Asian tycoons estimates, will be sitting at $ 15.81 trillion of wealth, of which 8.76 trillion U.S. dollars, China’s richest hold.

Baosheng Group emerging markets equity strategist Hofer (Stefan Hofer), today at a press conference, said: “In the overall total wealth will grow, China is simply dominated everything.”

According to the report, the world’s fastest-growing major economy ─ China last year, the birth of the 502,000 wealthy. Chinese authorities said last month that second quarter gross domestic product (GDP), grew 9.5 percent from a year earlier, faster than the market expected, the state and private investment, push up power for the same time, industrial production and retail sales growth are speed, copper and aluminum production, a new high.

This report shows that the rich assets in Asia, since 2010, to 5.6 trillion U.S. dollars, double jump, the Asian currency appreciation, is one of the reasons, but also promote economic growth and increased asset value. In 2015, the exchange rate appreciation, may create 60 million new rich, or free, after the main place of residence, with investable assets over $ 1 million individuals.

The report noted that India, in 2015, there will be 403 000 tycoons in Asia, ranked No. 2, total net assets, 2.5 trillion dollars. South Korea, ranking No. 3.

According to Capgemini (Capgemini SA) and Merrill Lynch Global Wealth Management Company (Merrill Lynch Global Wealth Management), 6 report released last month, China’s richest last year the number increased by 12%, to 53.45 million. The number of China’s richest, ranking fourth in the world, ranking the United States, Japan and Germany.

Global business language, Chinese catching up with English (2011-09-01)

According to Bloomberg’s survey, Mandarin Chinese, has become the world’s most popular business language, after English, is the world’s most populous commercial use of language. Reflect – in recent years, with the growing influence of China’s economy, greatly increased the usefulness of Chinese, learning Chinese the number is gradually increasing.

Bloomberg’s survey shows that in addition to English, Chinese, French, Arabic, Spanish, order of business is the world’s highest practical four languages; in Asia, is strong language, Japanese and Korean, were ranked 7, and No. 10. Bloomberg to measure utility, is based on the use of language population, the number of countries as the official language, economic growth, network penetration and many other composite indicator, as the ranking is based.

Analysts pointed out that the language of business practicality Bloomberg survey, basically reflects the language use of national economic strength, Chinese, although the number of countries on the use, far less than other languages, but in the GDP, and the next five years, GDP growth is expected to other indicators, are significantly ahead of other languages, is to come to the fore an important factor in Chinese.

Last year, China has replaced Japan as the world’s second highest GDP of countries in the field of influence around the world, has been quite different, a wave of European countries to learn Chinese in recent years, has gradually emerged, thanks to U.S. Vice President Deng’s niece and granddaughter, both in learning Chinese, U.S. Treasury secretary in the student, but also made trips to Beijing to learn, show a strong Chinese language is the only regional, but also one of the skills necessary for government officials.

It is understood that Hong Kong is 97, also started to promote the learning of Putonghua, with Chinese mainland tourists increased, the popularity of Putonghua in Hong Kong, already more than English. Thailand, Indonesia, the Philippines, more than 50 officials, has more to Xiamen Overseas Chinese University, Chinese language training for one year, the school, beginning in 2005, it directed against foreign government officials, offered Chinese language classes, at present, has trained more than hundred Chinese language personnel.

Massachusetts Institute of Technology, Professor Leigh Hafrey that the Chinese in the short term, will not replace the English position, just as U.S. dollars, remains the world’s most dominant currency in the foreseeable future, English will remain the world’s most important business language. But he stressed that to doing business in China, speak Chinese, will have many advantages.

白い優しい、美しい、風さん天受降野生、

(2011年9月1日)日本の次期新首相野田佳彦は、メディアが実際のカーネル野田の所在のファーストレディーをロックし始めた。野生さん天非常に低いキー、露出を愛していない。千葉テレビが出チューニング – 野田、1993、最初のアーカイブ映像の下院に選出され、最終的に夫人野田の図を参照してください、野田の妻は、大規模な上品でエレガントな美しさです。

多くの女優裕子浅野のような、伝統的な風、美しい若い野田高校生とサポーター、ユニゾンによると、野田女性、ハンサム、色白、優しいし、謙虚な、静かな貢献、。野田の政治は、通りで、ジェンは、チラシを配って、通りに同行するために、苦情なしで、実際に、20年以上話す。

東京の人48ジェンの事実であり、彼女の両親は、声楽を専門とする大学に高校を卒業後、小さな工場を経営する。野田、レセプションでメンバーとしての千葉県は、、、ジェンは、実際に鍵盤を弾く見ている野田の高校生は、その後1992年に結婚追求、2つを、開始するには、一目惚れ。

野田の弟は、また千葉県船橋市議会フィールド田港ヤンに、彼の兄弟が見えた言った彼のスピーチを愛し、しかし驚きはまた、その後、法律の姉妹のように、、Taizuo Biの哥哥より野生天の家族ですパワー。高校の同級生冗談は、しかし、財務大臣野田ですが、家族の資金力が、Taizuo、自宅で野田が、尻に敷かれたさの手にかかっている。

中国での豊富な急成長は、アジアが半数(2011年9月1日)を占めることになる

ジュリアスベアグループ(JuliusBaerグループ株式会社)とCLSA(CLSAアジアパシフィックマーケッツ)研究報告書、中国で最も豊かによると、2015年に、アジアは豊かの約半分を占め、アジアの富の半分以上を制御します。

本日発表されたアジアのウェルスレポートが豊富なアジアで成長する280以上の万人に倍増したことを示し、中国は140万人のための豊富な、会計の富裕層の資産を​​持っています。アジアの大物実業家の推計によると、富の15810000000000ドルの前に座ってされるの8760000000000米ドル、中国で最も裕福なホールド。

宝勝集団は市場株式ストラテジストのホーファー(ステファンホーファー)、記者会見で、今日の新興、言った:”全体の総資産が成長するには、中国は単にすべてを支配されている。”

報告書によると、世界で最も急成長している主要な経済─中国は昨年、502000富裕層の誕生。中国当局は、市場が予想以上に速く、第二四半期の国内総生産(GDP)は、前年比9.5%成長したと先月言った、状態および民間投資は、同時刻に電源を押し上げ、工業生産と小売売上高の成長は速度、銅とアルミの生産、新しい高。

このレポートは、2010年以来、5.6兆米ドル、ダブルジャンプ、アジア通貨高、アジアの豊富な資産は、理由の一つであることを示しているだけでなく、経済成長および増加資産の価値を促進する。 2015年に、為替レートの上昇、$ 1万人以上の投資可能資産を、居住地の主要な場所の後に、60万人の新規豊富な、またはフリーを作成することがあります。

報告書は、インドは、2015年に、アジアで403 000大物実業家があることを指摘した純資産の部の合計、2.5兆ドル、第2位にランク。韓国、ランキング3号。

キャップジェミニ(CapgeminiのSA)とメリルリンチグローバルウェルスマネジメント会社(メリルリンチグローバルウェルスマネジメント)、によると、6レポートでは、数が5345万に、12%増加、中国で最も豊かな昨年、先月リリースした。米国、日本とドイツの順位は世界で中国で最も豊かな、順位4番目の数、。

グローバルビジネス英語、中国語は英語にキャッチアップし(2011年9月1日)

ブルームバーグの調査で、中国語は、英語の後に、世界で最も人気のあるビジネスの言語となっているによると、言語の世界で最も人口の多い商業的な使用です。反映 – 近年、中国経済の影響力の増大と、大幅に数が徐々に増加している中国語学習、中国語の有用性を増加させた。

ブルームバーグの調査では、英語に加えて、中国語、フランス語、アラビア語、スペイン語、ビジネスのための世界最高の実用的な四つの言語であることを示している、アジアでは、日本語と韓国語の強力な言語であり、ランク付けされた7、および第10号。ランキングは基づいているとしての有用性を測定するためのブルームバーグは、、公用語、経済成長、ネットワークの浸透と、他の多くの複合指標として多くの国で、言語人口の使用に基づいています。

アナリストは、ビジネスの実用性ブルームバーグ調査の言語は、基本的に他の言語よりもはるかに少ない使用上の国の数ものの中国の国民経済力、、、の言語使用を反映するが、GDP、および今後5年間で、GDPの成長が期待されることを指摘その他の指標は、、かなり前に他の言語のである前部中国の重要な要素になることです。

昨年、米副大統領のおかげで、中国は、世界中で影響力の分野における国の世界で二番目に高いGDPとして日本に代わって、近年で中国語を勉強するために、欧州諸国の波を全く異なるものだ、徐々に浮上している学習中国語、学生に米財務長官、ではなく、学ぶために北京へ旅行をした、強力な中国の言語を表示する両方トウ小平氏の姪と孫娘は、唯一の地域ですが、また、政府関係者のために必要なスキルの一つ。

これは、香港が97であることが理解され、また中国本土の観光客が増加して、普通話の学習を促進するために始めた、英語よりもすでに多くの香港の普通話の普及、。タイ、インドネシア、フィリピン、50以上の職員が、2005年に始まり、アモイ海外中国の大学、一年間の中国語語学研修、学校へのより多くを持っている、それは、外国の政府関係者に対する指示、現時点では、中国語のクラスを提供し、より訓練を受けている百中国語要員。

短期的には中国人が、ちょうど米国ドルとして、英語の位置を交換しないことにマサチューセッツ工科大学教授リーHafreyが、近い将来に世界で最も支配的な通貨のまま、英語は世界で最も重要なビジネスのままになります言語。しかし、彼は中国で事業を行うために、中国語を話せない、多くの利点を持っていることを強調した。
http://www.billionairesParty.com
http://www.billionairesGroup.com
http://www.billionairesdesire.com