日本民主党和日本自由党,于2003年9月24日,在东京,签署了《 合并协议书》,正式将两党合并-日本民主党

日本民主党和日本自由党,于2003年9月24日,在东京,签署了《 合并协议书》,正式将两党合并-日本民主党

8月31日,日本执政党-民主党确认了新干事长、政调会长、国会对策委员长等人事安排,民主党新领导层,正式成立。目前,新首相野田佳彦,正在物色内阁大臣人选,有望于9月2日,组建新一届内阁。

日本新首相考虑任命冈田克也,为财政大臣;据外电报道,新当选的日本首相野田佳彦(Yoshihiko Noda),正在考虑任命冈田克也(Katsuya Okada),为下一届财政大臣。

据日本每日新闻社(Mainichi Shimbun)报道,日本民主党干事长冈田克也,此前被认为是日本内阁官房长官的最有力人选;现在,野田佳彦正考虑:让他出任新财政大臣,以助其执行提高税收等财政改革计划。
野田佳彦预计:将在本周五宣布内阁成员。

日首相野田组阁重用小泽派, 称愿与中韩实现双赢,2011-09-01,日本新任首相野田佳彦的组阁计划,正在火热进行中,无论是一贯的盟友,还是颇具争议的小泽派议员,都被其收归旗下,打造大联合内阁的意图,已然显现。野田说,自己在历史认知方面,会遵照前政府的决定。

日本新任首相野田佳彦任重道远

野田与夫人共同庆祝胜利

  8月31日,日本新任首相野田佳彦的组阁计划,正在火热进行中,无论是一贯的盟友,还是颇具争议的小泽派议员,都被其收归旗下,打造大联合内阁的意图,已然显现。野田说,自己在历史认知方面,会遵照前政府的决定。

盟友登台-冈田,或成大总管

  按照计划,日本新内阁,将在9月2日,组建完成,并正式宣告成立。作为内阁大管家的内阁官房长官一职,目前,已经基本确定,将由民主党前干事长-冈田克也担当。

  冈田是野田最忠实的盟友,两个人,在政治理念和性格上,有诸多相同。冈田,毕业于东京大学法学院,曾在美国哈佛大学读书,历任民主党党首、干事长,以及外务大臣。他从政经验丰富,在民主党内,有“政策通”的称号。他强调:日美同盟,应为日本外交的基础,同时主张:发展同亚洲其他国家的关系。

  前内阁官房长官仙谷由人,或将担任财务大臣,此次党首候选人之一的鹿野道彦,将继续担任农林水产大臣。最受外国关注的,外务大臣一职,目前,没有明确的人选。不过,由于在菅直人内阁中,担任外务大臣的松本刚明,是野田的战友,因此,他继续留任的可能性很大。

  党内融合-重用小泽派人马

  野田佳彦,8月31日,推出党内新领导班子,由参议院议员会长舆石东,出任党内二把手职务-民主党干事长;前外交大臣前原诚司,出任政调会长。

  舆石东,75岁,是民主党内典型的小泽一郎派人物。共同社分析,野田将二把手一职,放给小泽一派,明显表明:他意图弥合党内派别嫌隙。

  在8月29日的党首选举中,小泽倾全阵营议员,支持海江田万里;海江田,在第二轮选举中,不敌野田。前党代表菅直人当政时,尽可能疏远、不任用小泽派别人物,舆石东等小泽派,时常在党内,批评菅直人施政政策。日本媒体分析,与菅直人相比,野田迈出党内团结的重要一步。

  8月30日,日本新首相,民主党新任党首-野田佳彦。

  在8月30日上午举行的记者会上,野田针对就其2005年提交的参拜靖国神社相关质询答辩书称:“我不打算刻意宣扬历史认识问题。我希望与亚洲建立双赢关系,包括中国和韩国。”

  野田表示,日本前首相小泉纯一郎政权的答辩书,表明了政府的立场,他将根据答辩书应对。

  奥巴马致贺野田,邀会谈

  8月31日,作为新一任首相的野田,与美国财长盖特纳举行电话会谈,并请盖特纳传信,给总统奥巴马,希望能与其举行面对面的会谈。

  美国政府原计划,在今年9月,邀请日本首相访问美国,由于菅直人首相人气低落,且辞任在即,美方后来,没有推进这一访问计划。

野田没有对美国外交的经验,他急于寻求与美国总统会面,并向美方发出了希望尽快实现访问美国的信号。

  奥巴马,已于当地时间8月30日发表声明,祝贺野田当选日本新任首相。日本媒体分析称,如果顺利的话,日美两国,很可能会在今年9月下旬,举行首脑会谈。

  歌声俘获野田,与夫共渡难关

  日本新第一夫人,堪称贤内助

  日本媒体,近日深挖野田佳彦这位“低调首相”的背景。家庭艰难、为人谦恭、家有贤妻等关键词,跃上报纸头版。

  在日本媒体笔下,野田式问候动作的特点,就是要让对方看见自己的后脑勺。野田,1996年,以新进党党员身份,参加第41届众议院选举,败于自由民主党候选人田中昭一。那一次选举,他只比对手少获105票,以仅仅1.15%的支持率差额,创下这一选区的“惜败率”之最。败选后的3年零8个月,野田一直处于“失业”状态。日媒评价,野田这段艰辛经历,与他性格中的低调、乃至8月30日当选后的低姿态,不无关联。

  挺过逆境,最终成为新一任首相,野田有一件“秘密武器”——夫人野田仁实。仁实,现年48岁,出生于东京江户区,家中,经营街道工厂,大学,主攻声乐。上世纪80年代,她结识担任县议员的野田,当时,她是一家企业的秘书。

  日本媒体报道,两人,在一次朋友的宴会上,结识。野田当时,对仁实“一见倾心”,加之,仁实在宴会上,一展歌喉,使野田确信:她是“命中注定之人”。

  野田第二次当选千叶县议员后,两人结婚。野田有时,在隆冬时节,到车站前演讲,仁实与他一道,帮助派发传单。落选众议员的3年多内,仁实节省活动经费,苦心经营家中财务。野田,有两个儿子-一个,上高中;一个,上大学。在野田父亲患脑溢血卧病期间,仁实,将公公,接入家中,亲自照料。

日本的产经界一直对政府,有着很大的影响。没有各财团的支持,想坐稳“永田町的宝座”(永田町,即日本首相官邸,相当于日本的唐宁街10号),是非常困难的。

二战以来,发达国家领导人任期,以日本最短。日本首相任期,平均是26个月;德国总理,是88个月。二战后,日本换了至少31位首相;美国、英国、法国、德国-最少的,是8个;最多的,是13个。

一所学校,松下政经塾成为媒体的焦点。前原诚司和新首相野田佳彦,都是该校的毕业生。野田,更是历史上第一位毕业于松下政经塾的首相。松下政经塾,是已故的松下电器的创始人松下幸之助,在1979年,创办的政治学校,它招收22岁,至35岁之间的年轻人,教育年限,为两年,每年录取率,约为2.5%。学校支出,由松下公司负担,野田佳彦,正好是该校的第一届学生。

  现在该校的毕业生中,各种国会议员、地方议员、地方领导,乃至大学教授、企业家等等,人才辈出。是财经界人士创办的学校。松下政经塾本身,并无宣扬特定思想,学生所学习的课程,从日本的传统文化,如书法、茶道,到体育锻炼之类,内容非常广泛。值得指出的是,稻盛和夫,也是松下政经塾的“相谈役”,即特别顾问。松下政经塾

财经界的影响,在日本政府内,随处可见。比如,前首相鸠山由纪夫的母亲鸠山安子,是世界知名轮胎品牌普利司通的创立者石桥安二郎的长女。
明仁天皇的皇后美智子,是著名的日清面粉公司创始人正田英三郎的长女。
前首相麻生太郎的背后,有家族企业麻生集团,麻生太郎在进入政界前,就是这家历史悠久的建材公司的总裁。

稻盛和夫对日本政治影响。稻盛本人,是商人,作为一家跨国公司的总裁,他高度重视日本在国际社会中的作用和位置。他曾经担任“世界中的日本”分会会长。

稻盛本人,稻盛哲学的核心之一“敬天爱人”,就是来自中国明朝的大儒王阳明,深受东方传统文化影响的他,一直强调日本与其他亚洲国家的和谐共处。其妻-稻盛朝子夫人,是被称为“韩国农业之父”的禹长春的四女。

日本新第一夫人 ,与野田一曲定情,2011年09月01日,野田仁实在一次竞选活动中,为丈夫野田助阵。

  日本民主党新党首野田佳彦,当选为新首相后,他的夫人野田仁实,自然也成为外界关注的焦点。这位新第一夫人,与大多数日本传统女性一样,是个得力的贤内助。她曾用甜美的歌喉,打动了野田,并在婚后,默默支持着丈夫。

  一曲定情

  日本媒体报道称,野田夫人,长相很一般,见过她的人,印象最深刻的,就是那对很大的富贵耳,以及她那洁白细腻的肌肤。1963年,仁实,出生于东京都江户川区,父母经营一家工厂。高中毕业后,她升入东京都内大学,专修声乐,她当时最大的爱好,就是参加合唱团。

  1992年,野田在一次酒会上,邂逅了比自己小6岁的仁实,当时,她是扛着电子琴,来为酒会捧场的。一曲下来,野田完全被仁实甜美动听的歌喉所吸引。两人一见钟情,当年,就结了婚。据说,为了追求仁实,野田,专门花费宝贵的时间“做功课”,查地图、找资料,带心上人,去东京最好的烤肉店约会。

  婚后的仁实,很少抛头露面,“是一位操持家务非常拿手的贤妻良母”。野田夫妇,有两个优秀的儿子,19岁的长子,就读医学专业;16岁的次子,还在上中学。一家人的衣食起居,都靠仁实打理,她数年如一日地照料着野田(因脑梗塞而瘫痪)的父亲。仁实最喜欢的一件事,就是听着古典音乐或者爵士乐,烹调佳肴。

  野田的弟弟野田刚彦,这样评价嫂子:“她替人着想,从来都是一副不懈努力的样子。”

  助夫竞选

  据悉,当年为了竞选国会议员,野田几乎每天一早,都会站在家附近的一处轻轨车站前演讲;新婚燕尔的妻子,站在丈夫的身边,发传单,请求人们支持野田。就这样,夫妻的合作,最终使得野田如愿以偿,并为野田成为首相,奠定了基础。

  支持者介绍说,野田,演讲口才很好,平时,话语不多。相比之下,野田夫人很会讲话,夫妻俩,在一起出席活动的时候,夫人的话,总是会比野田来的多。仁实曾在数年前的一次民主党议员夫人聚会上,担任主持,在待人接物方面,表现得得心应手。一名与会者称:“我当时以为:她是一名职业主持人。”

  野田夫人,在千叶选区,很受选民的支持,为丈夫牢牢地守护着选区阵地,使得野田,在近20年里,可以将更多精力,放在国会的政治活动上。

  不过,野田夫人,没有在丈夫此次竞选党代表时,登台亮相。千叶县的一名议员说:“集会时,她并没有登台,而是在入口附近,向支持者鞠躬致意。”按照友人的说法,“仁实是一个”努力”、”低调”的女性”。

  掌管财权

  朋友们透露说,野田长时间担任财务大臣,家里的钱包,一直是夫人掌管着。反对政治捐款的行为,野田家的财务状况,往往为了竞选活动,入不敷出。2009年度的官员财产数据显示,野田家中的存款,只有200万日元(约=16万元人民币),这笔钱,日本,只是一个中专毕业生一年的工资;其家庭借款,高达3400万日元(约=280万元人民币),基本上,都是为了野田的政治活动所借的。因此,自从嫁给野田后,仁实其实没有过过一天殷实的生活。

  与仁实相识的家庭主妇们都说:“仁实,一点没有政治家太太的架子。路上碰到她的时候,完完全全,就是一个普通的太太。”

  日本媒体写道,贵为日本第一夫人的野田仁实,默默地努力了20年,她的故事,印证了“忍耐和努力,终会有成功之日”的日本文化。

http://www.billionairesParty.com
http://www.billionairesGroup.com
http://www.billionairesdesire.com

日本の民主党 – 東京で2003年9月24日、上の日本と日本自由党の民主党は、正式に両者をマージする”合併契約”を締結

8月31日日本の与党 – 民主党は新幹事長、政調会長、議会などの対策要員の手配、民主党の新指導部の委員長、正式に設立されたことを確認した。現在、新首相野田佳彦が、候補者が閣僚を探しているが、新しい内閣を形成するために、9月2日に期待されています。

任命岡田克也、大蔵大臣を検討する日本の新首相、外国人の報告によると、新たに選出された日本の総理大臣野田佳彦(野田佳彦)は、大蔵大臣の次の首相については、岡田(岡田)の任命を検討している。

日本の毎日新聞(毎日新聞)の報告によると、日本の岡田幹事長、日本の内閣府の民主党は候補者の最も強力なチーフを検討していたが、今、野田佳彦は検討している:彼の任命を大蔵大臣の新学長として、それらを支援する実施計画は、税金やその他の財政改革を提起する。
野田佳彦が期待さ:キャビネットに発表した。

Win – Winのを達成するために中国と韓国とたいへんうれしい日本の総理大臣、内閣再小沢派野田、2011年-09-01、日本の新首相の野田佳彦は、キャビネットの計画は、それが一貫性のある同盟国、または論争の小沢の議員であるかどうか、熱いです。 、その倍、大連立内閣を構築する意図は、すでに明らかであるされています。野田は歴史の彼の知識は、かつての政府の決定に従うと述べた。

日本の新首相、行く野田佳彦長い道のり

ワイルド氏は天域祝うの勝利

8月31日日本の総理大臣野田佳彦のキャビネットの計画はそれが一貫性のある同盟国であるかどうか、熱いか、または論争の小沢の国会議員、その倍をされている、大連立内閣を構築する意図は、すでに明らかである。野田は歴史の彼の知識は、かつての政府の決定に従うと述べた。

ステージ上で同盟国 – 岡田、国立成功大学エクスプローラまたは

計画によると、日本の新内閣が9月2になる、形成が完成し、正式に発足した。岡田克也再生する – 内閣官房後の主要なスチュワードとして、現時点では、基本的には民主党、元事務局長によって決定されている。

野田岡田が最も忠実な同盟国であり、政治哲学と人格の二人は、同じのがたくさんあり​​ます。岡田氏は、局長と外務大臣、民主党のリーダーを務めた、ハーバード大学で勉強して、ローの東京大学卒業。民主党の彼の政治経験、タイトルの”スルーポリシー”。彼は強調した:日米同盟、日本外交は、両方の主張の基礎になります:他のアジア諸国との関係の発展。

元官房長官パラダイスバレー、または財務大臣、政党の第一候補道彦狩野の一つ、となるには、農業大臣として引き続き使用されます。ほとんどの外国の関心、外相のポスト、現在のところ、明確な候補。しかし、ちょうど外松本の外務大臣として、菅直人のキャビネットので、野田の仲間ですので、彼は非常に高止まりを続けた。

パーティの統合 – 再小沢は馬を送信

野田佳彦、8月31日党内のコマンドの位置における第二の上院社長柳市東によって党内の新たなリーダーシップの導入、、 – 民主党事務総長、元外務大臣前原、政調会長として。

ゆう市東、75は、人々を送信するために、民主党、小沢一郎の典型です。彼は派閥内の亀裂を埋めるために意図さ:共同通信の分析では、野田は、コマンドの後に第二となる、明らかにすること、小沢氏の学校に置く。

8月29日に政党の最初の選挙、海江田マイルをサポートするために、すべてのキャンプのメンバーをダンプ小沢氏、海江田、選挙の第2ラウンドで、野田に失った。菅直人、電源の元パーティ、可能な疎外、無任命小沢派の文字が、柳市東、小沢派は、頻繁にパーティーで、菅直人は、管理ポリシーを批判した。菅直人、党の結束に向けて野田の重要な一歩に比べて日本のメディアの分析、。

8月30日日本の新首相、最初の民主現職パーティ – 野田佳彦。

防衛に提出された質問に関連する2005年に靖国神社への訪問の記者会見、野田で30日午前に、言った:”私は意図的に歴史の理解を促進するつもりがないと私は中国を含むアジアとのWin – Winの関係を、確立することを望むと韓国。”

野田は、政府の立場は、彼が防衛反応をベースにすることをその元日本首相小泉純一郎政権の防衛を言った。

オバマ氏は野田、招待講演を祝福

8月31日首相野田などの新しい用語、と米財務長官ティモシーガイトナー、ティモシーガイトナー、とと手持ちの電話会談では交渉と顔を保持することを望んで、バラクオバマに手紙を渡してください。

当初計画米国政府は、9月に米国を訪問する招待日本の総理大臣、内閣総理大臣菅直人低人気、そしてすぐに辞任し、後に米国では、アクセスプランを進めていませんでした。

野田のない米国の外交経験、彼がアメリカ大統領に会うために求めることを切望していた、米国の信号を訪問するために、できるだけ早く達成していく米国に送られる。

オバマ氏は、野田は、日本の新首相に選出された文の祝福を発行した8月30日に現地時間でした。日本のメディアアナリストは、成功した場合、日本と米国は、9月下旬に首脳会談は今年になる可能性が高い、と述べた。

曲キャプチャ野田、夫との危機を乗り切る

良い妻と呼ばれる日本の新ファーストレディ、

日本のメディア、バックグラウンドでこの”低キー首相”最近の掘削野田佳彦。家族の難しさ、そして彼の謙虚さ、家族や他の言葉は、フロントページにかける、良い妻を持っている。

日本のメディア、野田スタイルの挨拶行動の機能で説明されて、お互いが自分の頭を見ることができるようになります。野田議員の選挙第41回ハウスに参加するため、1996年新党のメンバーは、自民党候補天中招つによって敗北。その選挙は、彼が唯一の最も”速度に失われた”の選挙区を設定し、唯一の1.15%支持率の差にあまり相手よりも105票を受け取りました。 3年8ヵ月の敗北の後、野田は”失業”状態になっている。日本のメディアの評価、野田も、このハードな経験、および彼の控えめなキャラクター、そしてロープロファイルの8月30日選挙ではなく、関連性のない。

彼の妻、ジェン野田リアル – 逆境を生き抜く、最終的に内閣総理大臣、新学期になり、野田は”秘密兵器”を持っています。江戸東京エリア、家庭、ビジネス街、工場、大学、メインボーカルに生まれた48歳ジェンの事実、、。 1980年代に、彼女は企業の秘書だった野田、として郡のメンバーに会いました。

日本のメディアは、2つは、友人の夕食で、知ってもらうことを報告した。野田は、ほかに”一目”の慈悲にあった、ジェンは宴会、歌うので、野田は確かです:彼女は”人々の運命。”

野田、千葉県、第二選挙された議員は、二つは結婚。野田は時々、冬の途中で、、スピーチの前に駅、そして彼の慈善現実にリーフレットを配布するのに役立ちます。下院は、三年間漣、営業費用の真の節約、苦労して構築された家庭の財政を可決した。 1つの大学、高校で1つ – 野田は、二人の息子を持っている。ちょうどその時脳出血に苦しむ野党フィールドの父、ジェンの事実、父、家庭へのアクセス、パーソナルケア。

日本のサンケイセクターが政府をされており、大きな影響を与えます。コンソーシアムの支援がなければ、タイトな座ってする、”永田町の王座”(永田町、日本の首相官邸、日本のダウニング街10番地に相当)は、非常に困難です。

第二次世界大戦以来、先進国の指導者、期間、日本で最も短い。日本の総理大臣の任期は、平均は26ヶ月であった。ドイツ首相、88ヶ月です。第二次世界大戦は、少なくとも31のための日本の首相は、米国、英国、フランス、ドイツでは – 少なくとも、8ですが、ほとんどは13です。

メディアの学校、私立学校松下政治と経済の焦点。前原、野田佳彦と新首相は、学校の卒業生です。野田は、私立学校で内閣総理大臣のパナソニック政治史の卒業生です。パナソニック政治と私立学校、松下電器産業株式会社松下の遅い創設者は、1979年に、政治の学校を設立し、それは35の年齢間の若者、2年間教育年数、年間入院率に、22歳の入学約2.5%。学校の支出、パナソニックの負担、野田佳彦、学校はちょうど最初の学生です。

今学校の卒業生、すべての議会のメンバー、地元の国会議員、地元の指導者、さらには大学教授、起業家など、才能のある人。学校の創設者は、金融セクターです。パナソニック政治と私立学校自体が、特定のイデオロギーを促進しない、学生が練習などにそのような書道、茶道などの日本の伝統文化からカリキュラムを、、、学び、内容は非常に広範です。それは、稲盛、パナソニックはすなわち、政治と経済の”良いトークサービス”、特別顧問の私立学校である、ことは注目に値する。パナソニック政治的、経済的淑

日本政府の金融セクターの影響、どこにでも。例えば、元総理大臣鳩山由紀夫鳩山氏の母アンは、ブリヂストンブランドのタイヤの石二郎の長女の世界的に有名な創設者です。
明仁天皇美智子皇后、日清粉の有名な創設者は、天英三郎の長女です。
旧麻生太郎首相の背後には、ファミリービジネスは、麻生グループ、麻生太郎が政治に入る前に、この歴史的な建築材料の会社の社長です。

日本の政治的影響力の稲盛。稲盛自身、ビジネスマンは、多国籍企業の社長として、彼は国際社会の役割と立場で日本を重視して。彼は”日本の世界、”クラブ会長を務めている。

私”尊敬と愛”の基本理念の稲盛、稲盛一明代中国儒教王ヤン明、深く影響を受けた伝統的な東洋の文化からのものである、彼は常に日本と他のアジア諸国が調和して生きることを強調しています。彼の妻 – ミセスライス盛Zhaozaiは”韓国の農業の父、”ゆう長春4人の女性として知られています。

日本の新ファーストレディー、そして野田oneトークン、2011年9月1日、野田ジェンは彼女の夫が手助けするための選挙運動、野田です。

日本新党の民主党、野田佳彦が、新しい首相、彼の妻、ジェン本当に野田に選出された、自然に外の世界の焦点となる。新ファーストレディ、そして伝統的な日本女性のほとんどは、有能な妻です。彼女は、甘い声でいた野田に触れ、そして結婚後、静かに彼女の夫を支える。

愛のトークン

日本のメディアは、野田の妻は非常に一般的に見えることを報告者に彼女に会った、最も印象的には大きな耳の豊かさ、そして彼女の繊細な白い肌ということです。 1963年に、ジェンは本当に東京都江戸川区で生まれ、両親は工場を経営する。高校卒業後、彼女は声楽を専門に、東京大学内で促進され、彼女は最大の趣味は聖歌隊に参加するかだ。

1992年には、野田は、カクテルパーティーで、彼女は受付のために参加するため、花を運んでいた彼の本当の慈悲、よりわずか6歳​​に会った。ダウン一、野田完全にジェンは本当に甘い響きの声に魅了。両思いの秋は、その後、結婚した。それが特別に貴重な時間を費やして実際の慈悲、野田、の追求は”宿題をやって”と言われて、東京の最高のバーベキューの店の予定に、恋人と、情報を探して、マップを確認してください。

漣本当の結婚、いくつかの公共の出演は、”非常に良い妻と母親の家事です。”野田夫婦は、医療専門家で勉強し、二つの良い人の息子、19歳の息子を持っている、16歳の次男、まだ高校生で。人の日常の食べ物や衣類、ジェンで本物のケアですが、彼女の年の一日のような父親の野田(脳梗塞や麻痺による)の世話をする。漣本当の好きなことは、食べ物を調理する、クラシック音楽やジャズを聴いています。

あなたがた天鋼研野田の弟、義理の姉妹のコメント:”彼女はいつも道のたゆみない努力をされており、日本酒に限定。”

夫のキャンペーンを支援するために

それは、ほぼ毎朝野田、議会のために実行するために、その年の報告されているライトレールの駅の前のスピーチで、自宅の近くに立つだろう。新婚夫婦の妻、夫の横に立って、チラシを、野田をサポートするために人を求める。このように、夫婦の協力、そして最終的に野田と野田が首相になるためにするために彼の願いを持って、基礎を築いた。

サポーターは、野田、非常に説得力のあるスピーチ、通常、いくつかの言葉だ。これとは対照的に、それはイベントで一緒に、さん天イェジン、カップルに対処する、彼の妻は、その後、常に野田以上に来るだろう。ジェンは、実際に彼の妻、民主党、数年前はパフォーマンスが便利だった、態度で、議長をしていた。ある参加者は言った:”私は考えた:彼女はプロのホストです。”

野田を作る彼女の夫は、しっかりと選挙のポジションを守ったとして有権者を持つ非常に人気の千葉の選挙で野田の妻は、、、、過去20年間では、議会の政治的活動に多くのエネルギーを置くことができます。

しかし、野田氏の妻、夫はパーティでのキャンペーン、デビューをしなかった。千葉県、メンバーは言った:”ラリーは、彼女がステージしなかったが、入り口近くに、サポーターに頭を下げた。”言って友人によると、ハード”ジェンは、実際には、””、”ローキー”の女性を。”

財産権の担当

友人は、財務大臣、家族の財布のような長い野田は、妻が担当していることを明らかにした。ようにするキャンペーンのために、しばしば政治献金の行為、野生天の財政状態、反対やりくり。彼らの家族のローン、最高3400まで、2009年の公式データは、プロパティ、預金野生天、日本は唯一の大卒者の今年の給与がわずか200万円(元1600万=約)、お金を、示す百万円(=2.8億元程度)、基本的には、野田が借りた政治活動することです。したがって、野田と結婚して以来、カーネルは実際に一日は本当に裕福な生活を持っていたではありません。

“ジェンは本当に、それは政治家の妻の棚ではない道路では、彼女の、完全に、、普通の妻であることを。。”:ジェンが言った本当の主婦と会談

日本のマスコミは、日本野田本当の慈悲のあなたのファーストレディが、静かに、20年間彼女の話を働いたことを書いた日本の文化”忍耐と努力が、一日の成功になる”を確認。

Democratic Party of Japan and the Japanese Liberal Party, on September 24, 2003, in Tokyo, signed the “merger agreement” formally merge the two parties – Democratic Party of Japan

August 31, Japan’s ruling party – Democratic Party confirmed the new secretary general, policy chief, chairman of Congress such measures personnel arrangements, the Democratic Party’s new leadership, was formally established. Currently, the new prime minister Yoshihiko Noda, the candidates are looking for cabinet ministers, is expected on September 2, to form a new cabinet.

Japan’s new prime minister to consider the appointment Katsuya Okada, the Chancellor of the Exchequer; According to foreign reports, the newly elected Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda (Yoshihiko Noda), is considering the appointment of Okada (Katsuya Okada), for the next Chancellor of the Exchequer.

According to the Japanese Mainichi Shimbun (Mainichi Shimbun) reports, the Democratic Party of Japan Secretary General Katsuya Okada, the Japanese Cabinet had considered the most powerful chief of the candidate; now, Yoshihiko Noda is considering: his appointment as the new Chancellor of the Exchequer, to help them implementation plan to raise taxes and other fiscal reforms.
Yoshihiko Noda expected: in the cabinet announced Friday.

Japanese Prime Minister, cabinet re-Ozawa faction Noda, gratified with China and South Korea to achieve a win-win ,2011 -09-01, Yoshihiko Noda of Japan’s new prime minister, cabinet plan is hot, whether it is consistent allies, or controversial Ozawa lawmakers , are its fold, the intention to build a large coalition cabinet, is already apparent. Noda said that his knowledge of history, the former government’s decision will follow.

Japan’s new Prime Minister, Yoshihiko Noda long way to go

Wild Ms. Tian Yu celebrate victory

August 31, Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda’s cabinet plan is hot, whether it is consistent allies, or controversial Ozawa lawmakers, have been its fold, the intention to build a large coalition cabinet, is already apparent . Noda said that his knowledge of history, the former government’s decision will follow.

Ally on stage – Okada, National Cheng Kung University Explorer or

According to the plan, Japan’s new cabinet, on September 2, the formation was completed and was officially inaugurated. As a major steward of the Cabinet Chief Cabinet post, at present, has been basically determined by the Democratic Party, former Director-General – Katsuya Okada to play.

Noda Okada is the most loyal allies, two people in the political philosophy and personality, there are a lot of the same. Okada, graduated from Tokyo University School of Law, was studying at Harvard University, served as Democratic Party leader, director-general and foreign minister. His political experience in the Democratic Party, the “policy through” in the title. He stressed: Japan-US alliance, Japan’s diplomacy should be the basis for both claims: the development of relations with other Asian countries.

Former Chief Cabinet Secretary Paradise Valley, or will serve as finance minister, one of the party’s first candidate Michihiko Kano, will continue to serve as agriculture minister. Most foreign interest, foreign minister post, at present, no clear candidate. However, since Naoto Kan cabinet as Foreign Minister of Matsumoto just out, is Noda’s comrades, so he continued to remain very high.

Party integration – reuse Ozawa sent horses

Yoshihiko Noda, August 31, the introduction of new leadership within the party, by the Senate president Yu Shi East, as second in command positions within the party – Democratic Party Secretary General; former Foreign Minister Maehara, as policy chief.

Yu Shi Dong, 75, is typical of the Democratic Party, Ichiro Ozawa, to send people. Kyodo News analysis, Noda will be second in command post, put to the Ozawa school, obviously that: he intended to bridge the rift within the party factions.

On August 29 the party’s first election, Ozawa dumping all camp members to support the sea Eda Miles; sea Eda, in the second round of the election, lost to Noda. Naoto Kan, the former party in power, the possible alienation, no appointment Ozawa faction characters, Yu Shi Dong, Ozawa faction, often in the party, Naoto Kan criticized the administration policy. Japanese media analysis, compared with Naoto Kan, Noda important step toward party unity.

August 30, Japan’s new prime minister, the first Democratic incumbent party – Yoshihiko Noda.

In the morning of August 30 at a press conference, Noda for their visit to the Yasukuni Shrine in 2005 related to the question submitted to the defense, said: “I do not intend to deliberately promote the understanding of history and I hope to establish win-win relationship with Asia, including China and South Korea. ”

Noda said that former Japanese Prime Minister Junichiro Koizumi regime’s defense that the Government’s position, he will be based defense response.

Obama congratulated Noda, invited talks

August 31, a new term as prime minister Noda, and held telephone talks with U.S. Treasury Secretary Timothy Geithner, Timothy Geithner, and please pass the letter to Barack Obama, hoping to hold face to face with the talks.

The U.S. government originally planned, in September, Japanese Prime Minister invited to visit the United States, the Prime Minister Naoto Kan low popularity, and soon resigned, and later the United States, did not advance the access plan.

Noda no U.S. diplomatic experience, he was anxious to seek to meet with U.S. President, sent to the United States hope to achieve as soon as possible to visit the U.S. signal.

Obama, was local time on August 30 issued a statement congratulating Noda was elected Japan’s new prime minister. Japanese media analysts said, if successful, Japan and the U.S., is likely to be in late September this year, a summit meeting.

Songs capture Noda, tide over the crisis with her husband

Japan’s new First Lady, called the good wife

Japanese media, the recent digging Yoshihiko Noda this “low-key prime minister” in the background. Family difficulties, and his humility, family and other words have a good wife, leapt to the front page.

Described in the Japanese media, Noda-style greeting action feature, is to let each other see their head. Noda, 1996 New Party membership in order to participate in the 41st House of Representatives election, defeated by the Liberal Democratic Party candidate Tian Zhongzhao one. That election, he only received 105 votes less than the opponent to only 1.15% support rate difference, setting the constituency of the “lost to rate” the most. After the defeat of three years and eight months, Noda has been in the “unemployed” status. Japanese media evaluation, Noda this hard experience, and his low-key character, and even the August 30 election of a low profile, not without relevance.

Survive adversity, eventually become Prime Minister, the new term, Noda has a “secret weapon” – his wife, Jen Noda real. Jen fact, 48 years old, born in Edo Tokyo area, home, business street factories, universities, the main vocal. The 1980s, she met members of the county as Noda, when she was a corporate secretary.

Japanese media reported that two, at a friend’s dinner, get to know. Noda was on the benevolence of “one sight,” in addition, Jen is the banquet, a singing, so Noda sure: she is the “fate of the people.”

Noda, Chiba Prefecture, the second elected members, the two get married. Noda Sometimes, in the middle of winter, to the station before the speech, and his benevolence a reality, helping to distribute leaflets. House of Representatives voted three years, the real savings in operating expenses Ren, painstakingly built home finance. Noda, have two sons – one in high school; one college. Opposition Field father suffering a brain haemorrhage Just then, Jen fact, the father, access to home, personal care.

Japan’s Sankei sector has been the government, has a great impact. Without the support of the consortium, want to sit tight, “Nagata-cho’s throne” (Nagata-cho, the Japanese prime minister’s official residence, the equivalent of Japan’s 10 Downing Street), is very difficult.

Since World War II, the leaders of developed countries, term, the shortest in Japan. Term of office of Prime Minister of Japan, the average was 26 months; German Chancellor, is 88 months. World War II, Japanese Prime Minister for at least 31; United States, Britain, France, Germany – at least, is 8; the most is 13.

A school, private school Matsushita political and economic focus of the media. Maehara, Yoshihiko Noda and the new prime minister, is the school’s graduates. Noda, is a graduate of Panasonic political history of the Prime Minister by the private school. Panasonic political and private school, the late founder of Matsushita Electric Industrial Co. Matsushita, in 1979, founded the school of politics, it enrolled 22-year-old, to young people between the age of 35, years of education for two years, the annual admission rate about 2.5%. School spending, the burden of the Panasonic, Yoshihiko Noda, the school is just the first students.

Now the school’s graduates, all members of Congress, local parliamentarians, local leaders, and even university professors, entrepreneurs, etc., talented people. Is the founder of the school the financial sector. Panasonic political and private school itself, does not promote a particular ideology, students learn the curriculum, from Japan’s traditional culture, such as calligraphy, tea ceremony, to the exercise and the like, the content is very extensive. It is worth noting that, Inamori, Panasonic is the private school of political and economic “good talk service”, namely the Special Advisor. Panasonic political and economic Sook

The impact of the financial sector in the Japanese government, everywhere. For example, former Prime Minister Hatoyama Yukio Hatoyama’s mother Ann, is the world-renowned founder of Bridgestone brand tires stone An Erlang’s eldest daughter.
Emperor Akihito Empress Michiko, the famous founder of Nissin Flour is the eldest daughter of Tian Ying Saburo.
Former Prime Minister Taro Aso’s behind, a family business Aso Group, Taro Aso before entering politics, is this historic building materials company’s president.

Inamori of Japan’s political influence. Inamori himself, a businessman, as president of a multinational company, he attaches great importance to Japan in the international community’s role and position. He has served as the “World of Japan,” club president.

I Inamori, Inamori one of the core philosophy of “Respect and Love” is from the Ming Dynasty China Confucianist Wang Yang-ming, deeply affected traditional oriental culture, he has always stressed that Japan and other Asian countries live in harmony. His wife – Mrs. Rice Sheng Zhaozai is known as the “father of Korean agriculture,” the Yu Changchun four women.

Japan’s new first lady, and Noda one tokens, September 1, 2011, Noda Jen is an election campaign, Noda for her husband to help out.

Democratic Party of Japan New Party, Yoshihiko Noda, was elected as the new prime minister, his wife, Jen really Noda, naturally become the focus of the outside world. The new first lady, and most of the traditional Japanese woman, is a competent wife. She was with a sweet voice, touched Noda, and after marriage, quietly supporting her husband.

A tokens of love

Japanese media reported that Noda wife looks very general, met her in person, the most impressive is that the wealth of great ears, and her delicate white skin. In 1963, Jen really was born in Edogawa-ku, Tokyo, parents run a factory. After high school, she was promoted within the University of Tokyo, specializing in vocal music, she was the biggest hobby is to participate in choir.

In 1992, Noda at a cocktail party, met a little 6-year-old than his real benevolence, when she was carrying a flower, to join in for the reception. One down, Noda completely Jen really attracted to the sweet sounding voice. Two fall in love, then, got married. It is said that the pursuit of real benevolence, Noda, specially spending valuable time “doing homework”, check maps, looking for information, with a sweetheart, to Tokyo’s best barbecue shop appointments.

Ren real marriage, few public appearances, “is a very good wife and mother housework.” Noda couple have two good sons, 19-year-old son, studying in the medical profession; 16-year-old second son, still in high school. A person’s daily food and clothing, are the real care by Jen, her years as one day to take care of the Noda (due to cerebral infarction and paralysis) of the father. Ren real favorite thing is listening to classical music or jazz, cooking food.

Ye Tian Gangyan Noda’s brother, sister in law commented: “She restricted to the sake, has always been a tireless efforts of the way.”

To help her husband campaign

It is reported that year in order to run for Congress, Noda almost every morning, will stand near their home in a speech before the light rail station; newlyweds wife, standing beside her husband, leaflets, asking people to support Noda. In this way, the couple’s cooperation, and finally got his wish to make Noda, and Noda to become prime minister, laid the foundation.

Supporters said Noda, very eloquent speech, usually, few words. In contrast, it will address Ms. Tian Ye, the couple, together at events, his wife, then, will always come more than Noda. Jen actually had a few years ago his wife, Democrat party, chaired, in the attitude, the performance was handy. One participant said: “I thought: she is a professional host.”

Noda wife in Chiba constituency, very popular with voters, as her husband firmly guarded constituency positions, making Noda, in the past 20 years, you can put more energy into Congress’s political activities.

However, Noda his wife, the husband did not campaign in the party, the debut. Chiba Prefecture, a Member said: “The rally, she did not stage, but near the entrance, bowed to the supporters.” According to friends saying, “Jen is actually a” hard “,” low key “women . ”

In charge of property rights

Friends revealed that Noda long as the Finance Minister, the family’s wallet, his wife has been in charge. Against acts of political contributions, the financial position of wild Tian, ​​often in order to campaign to make ends meet. 2009 official data show the property, the deposit wild Tian, ​​only 200 million yen (about = 16 million yuan), the money, Japan is only a year’s salary of college graduates; their family loans, up to 3400 million yen (about = 280 million yuan), basically, is to the political activities Noda borrowed. Therefore, since married to Noda, the kernel is actually not had a single day really well-off life.

Jen met with real housewives who said: “Jen really, it is not politicians wife’s shelf. On the road, her, completely, that is, an ordinary wife.”

Japanese media wrote that your First Lady of Japan Noda real benevolence, quietly worked for 20 years, her story, confirms the “patience and hard work will be with the success of the day,” the Japanese culture.

English by google