日本新首相发表施政演说, 拟让日本重生 (2011-09-13)

日本新首相发表施政演说, 拟让日本重生 (2011-09-13)

日本共同社报道,日本首相野田佳彦,13日,在众院全体会议上,发表了就任以来,首次施政演说。野田称,他将力争兼顾健全财政和经济增长,并扩充去年6月内阁会议决定的“新增长战略”,于年内,汇总“日本再生战略”。他将坚持-旨在确保东日本大地震后重建和社保财源的增税路线。野田明确表示,将把应对恢复重建和经济危机,作为政府的首要任务,力争早日编制完成2011年度第三次补充预算案。

  野田呼吁在野党,给予合作,称“为了让日本从国难中重生,让我们凝聚这个国家所有的力量。”他还提到,就视察福岛第一核电站,发表不当发言的前经济产业相钵吕吉雄辞职一事,强调内阁,将齐心协力,力争让民众重拾信心。

  野田表示,将在政府地震重建基本方针的基础上,加速开展恢复重建工作,同时,将尽快平息核事故作为“国家的挑战”尽全力解决。他表示,“不实现福岛重建,就无法恢复外界对日本的信赖”,将加紧开展核事故受害者赔偿和辐射去污工作。

  对于日元汇率飙升的问题,野田指出“有必要采取一切政策手段”。他表示,在紧急经济对策中,将加大对企业落户的补助力度,同时,支援日企收购海外企业,和获得资源权益。

福布斯亚洲公司排行,50强中国企业,占23家;Singapore国,与去年一样,一企业上榜(2011-09-13)
  
亚洲今年最大、最赚钱的50个大企业排名中,中国大陆企业,独占鳌头,今年“包下”排行榜的近一半;日本企业,破天荒,跌出榜外。

新加坡,与去年表现一样,有一家企业榜上有名,该企业,是酿制虎牌啤酒的亚太酿酒厂(APB),去年上榜的企业,是奥兰国际(Olam International)。

  由美国知名商业杂志福布斯(Forbes)编制的《 福布斯2011亚洲上市公司50强》排行榜,出炉,入榜的中国大陆企业,多达23家,占了亚洲50强的近半,也远超过排名第二的韩国。韩国今年,有八家企业上榜。

  福布斯杂志指出,今年的排名,印证了“亚洲的增长故事,其实就是中国的增长故事”。自从2005年《 福布斯》发布该地区50强榜名单以来,没有哪个国家,曾经接近这一数字。中国企业,近年来,在该排行榜上的崛起速度,令人注目。该国,在2005年,首次,有这一排行榜时,只有五家中企上榜,去年,已经跳增为16家,与印度平起平坐;今年,更跃升至23家,遥遥领先其他经济体。

  去年,有两家企业在榜内的日本,今年,因受到3月大地震海啸及核泄漏事件的三重打击,所有企业,全军覆没,无一登榜。六年前,13家企业入榜的日本,已风光不再。

  《 福布斯》杂志指出,随着中国房地产、建筑、汽车制造、家电制造、黄金采矿业等领域,持续蓬勃发展,来自这些领域的企业,纷纷登上排行榜。今年新入榜的企业,就包括全球第一大电器生产商青岛海尔、汽车代理中升控股,和年净利居亚洲50强企业最高的招商银行。  

  其他登榜的中国企业,有腾讯控股、中国旺旺、恒安国际、国美电器、蒙牛乳业,包括规模稍小的企业,如雅居乐地产、安徽海螺水泥,和神州数码。

  《 福布斯》从1000多家收益,或市值不低于30亿美元的亚洲、太平洋地区上市公司中筛选,评判各公司,最近五年财务状况,排除债务过多或政府拥有半数以上股权的公司,最终,选出排名前50位的企业。

  韩国的表现,相当不错,从去年的三家,增加到今年的八家,是自2005年以来的最好的成绩。

印度企业的上榜数目,出现明显下滑,从去年的16家,减少九家,到今年的七家,仍然排在第三位,仅次于韩国。

澳大利亚上榜的企业,有三家,排名第四

印度尼西亚和泰国,各有两家企业入榜,其中,包括印尼煤矿巨头Adaro能源。

香港和台湾,各自从去年的四家,减少到今年的一家。

入榜的香港企业,是在本地新交所上市的来宝集团 (Noble Group)。

马来西亚和菲律宾,今年,也各有一家企业新上榜。马来西亚上榜的企业,是亚通集团(Axiata Group)

菲律宾入榜企业,是宿务太平洋(Cebu Pacific)母公司顶峰控股(JG Summit)。

奥巴马点名两人, 是够分量总统选举对手

(2011-09-13,华盛顿)美国总统奥巴马表示,得克萨斯州州长佩里,和马萨诸塞州前州长罗姆尼,是共和党内两名“很有资格”挑战他总统选举的对手。

  奥巴马接受美国国家广播公司访问时,对佩里,已成为2012年共和党总统候选人大热门,发表看法。他说:“佩里,曾是一个大州州长,毫无疑问的,他是很有资格的候选人,罗姆尼也是。”

  奥巴马对自己民调支持率的低落,并不感到担忧。

  目前,距离明年大选,还有约14个月,美国的失业率,仍高于9%;

共和党人认为,要击败奥巴马是越来越容易了。

English by google
Japan’s new Prime Minister, his policy speech, to be reborn to Japan (2011-09-13)

Japan’s Kyodo News reported that Japanese Prime Yoshihiko Noda, 13, in the House of Representatives plenary session, made since he took office, the first policy speech. Noda said he would strive to balance sound fiscal and economic growth, and expansion of the cabinet meeting decided in June last year the “new growth strategy,” during the year, aggregate “Japanese regeneration strategy.” He will insist – to ensure that East Japan earthquake reconstruction and financial resources of the Social Security tax increase route. Noda clear that will deal with reconstruction and economic crisis, as a government priority, and strive to complete the preparation of early 2011 the third supplementary budget.

Noda called on opposition parties, to cooperate, saying “In order for Japan reborn from the national calamity, let us unite all the forces in this country.” He also mentioned that on the first inspection of Fukushima nuclear power plant, issued improper to speak before the economic sectors with bowl Lv Jixiong resignation, stressing that the Cabinet will work together to try to regain public confidence.

Noda said the basic principle of the government’s Earthquake Reconstruction based on the speed to carry out reconstruction work at the same time, as soon as possible to quell a nuclear accident as a “national challenge” make every effort to solve. He said, “do not realize Fukushima reconstruction can not restore the trust outside of Japan,” will step up compensation for victims of nuclear accidents and radiation decontamination work.

For the yen soaring, Noda said, “take all necessary policy instruments.” He said that emergency economic measures, the company will increase efforts to settle the subsidies, while supporting the acquisition of Japanese companies overseas companies and access to resources, rights and interests.

Forbes Asia ranked, 50 Chinese enterprises, accounting for 23; Singapore country, same as last year, a company list (2011-09-13)

Asia this year, the largest and most profitable ranking of 50 large companies, Chinese companies, most populous, this year’s “pack down” list for nearly half; Japanese companies, unprecedented, or Chubang outside.

Singapore, with the performance last year, have a business list, the enterprise, is brewed Tiger Beer’s Asia Pacific Breweries (APB), last year’s list of the company, is Orlando International (Olam International).

By the famous American business magazine Forbes (Forbes) “compiled by Forbes 2011 Top 50 Listed Companies in Asia” list, released, the list were the Chinese mainland enterprises, up to 23, accounting for nearly half of Asia 50, far ahead of second-Korea. South Korea this year, there are eight companies list.

Forbes magazine said this year’s ranking confirms the “Asia’s growth story, in fact, China’s growth story.” Since the 2005 “Forbes” list published list of the area 50 years, no country, has close to this figure. Chinese enterprises in recent years, the rise in the rankings on the speed, impressive. The country, in 2005, for the first time, have this list, only five enterprises in the list last year, has jumped to 16, with India on an equal footing; this year, but jumped to 23, far ahead of other economies .

Last year, two Japanese companies in the list of this year, due in March by the earthquake and tsunami hit the triple nuclear accident, all enterprises, annihilated, no one Dengbang. Six years ago, 13 companies list were in Japan, has been retired.

“Forbes” magazine pointed out that as China’s real estate, construction, automotive, appliance manufacturing, gold mining and other areas, continued to flourish, companies from these areas, have topped the list. NEW ENTRY business this year, to include the world’s largest appliance maker Qingdao Haier, car dealership in the liter holding, and annual net profit of 50 companies ranking highest in Asia investment banking.

Other honored for Chinese enterprises, there is Tencent Holdings, China’s Wang Wang, Heng International, Gome, Mengniu Dairy, including smaller-scale enterprises, such as Agile Property, Anhui Conch Cement, and Digital.

“Forbes” from more than 1,000 returns, or market value of not less than 30 billion dollars in Asia Pacific listed companies in the screening, evaluation companies, the financial situation the last five years, excluding the excessive debt or equity of more than half of government-owned company, and ultimately, choose the top 50 companies.

South Korea’s performance is quite good, from last year’s three, to eight this year, is the best since 2005’s results.

Indian companies list the number of significant decline, from 16 last year, reducing the nine to seven this year, still ranked third, behind South Korea.

Australia list of companies, there are three, fourth

Indonesia and Thailand, each list were two companies, which include giant Adaro Indonesia’s coal energy.

Hong Kong and Taiwan, each of the four from last year, reduced to a year.

ENTRY Hong Kong company, is listed in the local SGX Noble (Noble Group).

Malaysia and the Philippines this year, also have a company new to the list. List of companies in Malaysia, is sub-Tong Group (Axiata Group)

Philippines ENTRY company, is a Cebu Pacific (Cebu Pacific) parent peak Holdings (JG Summit).

Obama named two, is sufficient quantity of the presidential election rivals

(2011-09-13, Washington, DC) – U.S. President Barack Obama, said Texas Gov. Rick Perry, and former Massachusetts Governor Mitt Romney, a Republican in two “very qualified” to challenge his presidential election opponent.

Obama accept the NBC interview, for Perry, has become the 2012 Republican presidential candidate, favorite, comment. He said: “Perry, who is a big state governor, no doubt, he is very qualified candidates, Romney is.”

Obama’s own low poll ratings, is not worried.

Currently, from next year’s election, there are about 14 months, the U.S. unemployment rate, still higher than 9%;

Republicans believe that to beat Obama is getting easier.

English by google

日本に生まれ変わるために日本の新首相、施政方針演説、(2011年9月13日)

日本の共同通信は、彼が、最初の政策演説を就任以来、下院本会議のハウスで日本の首相野田佳彦、13、、作ったことを報告した。野田氏は、健全な財政と経済成長のバランスをとるために努力すると述べた、と閣議の拡大は、昨年6月に年度中に”新たな成長戦略、”、集約を決めた”日本再生の戦略を。”彼が主張される – その東日本の地震の復興と社会保障の増税路線の財源を確保する。野田氏は明確なことは、政府の優先課題として、復興と経済危機に対処し、2011年初めに第三次補正予算の準備を完了するために努めてまいります。

野田氏は”国家災難から日本生まれ変わるためには、私たちはこの国のすべての力を団結させる。”彼はまた、福島原子力発電所の最初の検査で、ボウルとの経済部門の前に話すように不適切に発行することに述べた言って、協力して、野党に呼びかけた内閣は国民の信頼を回復しようとするために協力することを強調LV吉雄の辞職、。

野田氏は”国家の挑戦”として、原子力事故を鎮めるために、できるだけ早く、同時に復興作業を遂行する速度に基づいて、政府の地震復興の基本的な原理は解決するためにあらゆる努力を言った。彼は、”福島再建は日本の外に信頼を復元することはできません気付いていない、”原子力事故と放射線の除染作業の被害者に対する補償を強化すると述べた。

高騰円で、野田氏は、”すべての必要な政策手段を取る。”彼によると、緊急経済対策、企業が日本企業の海外企業の買収をサポートしながら、補助金を解決するための努力を高め、資源、権利や利益にアクセスする。

フォーブスアジアは23を占め、50の中国企業をランク付け、シンガポールの国、昨年と同じ、企業のリスト(2011年9月13日)

アジアは今年、50大企業、中国企業、最も人口の多い、今年のほぼ半分をリストの”ダウンパック”の最大かつ最も収益ランキング、日本企業、前例のない、またはChubang外。

パフォーマンス昨年シンガポール、、ビジネスのリストを持って、企業は、タイガービールのアジア太平洋ビール(A​​PB)、同社の昨年のリストを醸造され、オーランドインターナショナル(Olamインターナショナルは)です。

放出リスト”アジアのフォーブス2011トップ50上場企業でコンパイルされた”有名なアメリカのビジネス誌フォーブス(フォーブス)、によって、リストには、アジア50のほぼ半分を占め、最大23まで、中国本土の企業があったはるか先二韓国の。韓国は今年、8社のリストがあります。

フォーブス誌は、今年の順位が確認言った、”実際には、中国の成長の物語は、アジアの成長の物語を。”エリア50年間、無国​​の2005年”フォーブス”リスト公開されてリストするので、この図に近いがある。近年の中国企業、速度上のランキングの上昇、印象的。はるか先他の国の、今年が、23にジャンプ、国、2005年に、初めて、このリストを持って、リスト内の唯一の5つの企業、昨年は、対等な立場でインドでは16に増えた。

昨年、地震と津波による月のため、今年のリストの2つの日本企業は、消滅トリプル原子力事故、すべての企業は、、誰Dengbangをヒット。六年前、13社のリストは、日本にいた廃止されました。

“フォーブス”誌は、中国の不動産、建設、自動車、家電製造、金の採掘やその他の地域は、繁栄し続けたとして、これらの地域から企業が、リストを突破したことを指摘した。 NEW ENTRY事業は今年、世界最大のアプライアンスメーカー青島ハイアール、リットル保持のカーディーラー、およびアジアの投資銀行の最高位50社の年間純利益を含めることができます。

他の中国企業のために名誉を与え、そのようなアジャイルプロパティ、安徽コンクセメント、そしてデジタルのような小規模な企業など、テンセントホールディングス、中国の王王、恒国際、国美、蒙牛乳、があります。

1,000以上のリターン、またはアジア太平洋地域ではなく未満300億ドルの市場価値から”フォーブス”はスクリーニング、評価の企業は、財務状況、過去5年間、過大な債務を除く以上の政府所有の半分以上の株式で会社を上場会社、そして最終的に、上位50社を選択してください。

韓国のパフォーマンスは、8個に、昨年の3から、今年はかなり良いです2005年の結果から最適です。

インド企業リスト有意な減少数は、16昨年から、今年七から九までを減らすこと、まだ韓国の後ろに、第三位。

企業のオーストラリアリストには、三、第四があります

インドネシアとタイ、それぞれのリストは、巨大なアダロインドネシアの石炭のエネルギーを含む2つの企業であった。

香港と台湾、昨年から4の各々は、年に短縮。

ENTRY香港の会社は、地元のSGXノーブル(ノーブルグループ)に記載されています。

マレーシアとフィリピンは今年、また、リストに新しい会社を持っている。マレーシアでの企業のリストは、サブ通集団(Axiataグループ)です。

フィリピンENTRY会社は、セブパシフィック(セブパシフィック)親ピークホールディングス(JGサミット)である。

オバマという名前の2つは、大統領選挙のライバルの十分な量です。

(2011年9月13日、ワシントンD.C.) – アメリカ大統領バラクオバマ、テキサス州知事リックペリー、そして元マサチューセッツ州知事ミットロムニー、大統領選挙の対戦相手に挑戦する二つの”非常に修飾”で共和党は言った。

オバマ氏はNBCのインタビューを受け入れ、ペリーのために2012年共和党大統領候補、お気に入り、コメントになっています。彼は言った:”ビッグ州知事であるペリー、、​​間違いなく、彼は非常に適格な候補者である、ロムニーです。”

オバマ氏の独自の低投票定格は、心配されていません。

現在、来年の選挙から、約14ヶ月、9%より依然として高い米国の失業率は、ある;

共和党は、オバマ氏がやりやすくなっている勝つためにと考えています。

Googleによる英語