日本与印度达成协议,在必要情况下,印度可以通过货币互换安排,从日本获得150亿美元资金。

日本与印度达成协议,在必要情况下,印度可以通过货币互换安排,从日本获得150亿美元资金。
不断加深的欧债危机,使亚洲发展中经济体,获得美元资金的能力受到威胁。印度与日本签署的货币互换协议,可能有助于印度遏制卢比汇率下跌单位势头。印度卢比,今年以来,跌幅已超过16%。
投资者大量抛售卢比,迫使印度央行动用外汇储备,捍卫卢比汇率。在截至11月25日的4周时间,印度的外汇储备,减少了140亿美元。
在日本希望加强其在国际金融领域的影响力,同时,与印度这个亚洲第三大经济体构建更紧密贸易联系的同时,与印度达成货币互换协议,为日本使用其1.2万亿美元外汇储备,增添了一个新的渠道。

日本印度签订货币互换和贷款协议,2011.’12月27日,至29日,日本首相野田佳彦访问印度,在28日,签署了总金额为150亿美元的货币互换协议,规模高于此前媒体报道的100亿美元。日本政府承诺:在未来五年,为印度提供约3500亿日元(约合45亿美元)的基础设施贷款。
根据协议,印度可在“不可预见结果”的情况下,向日本央行借入美元,以稳定卢比币值。近期,受外资流出等因素的影响,卢比对美元汇率,下半年,至今,累计下跌超过12%。日本印度曾在2008年6月,签订了30亿美元的货币互换协议,这为期三年的协议,在今年年中到期。
日本承诺:在未来五年时间里,为开发孟买-新德里经济走廊项目提供贷款,主要融资渠道,预计为日本国际协力银行和日本政府开发援助。孟买-新德里经济走廊,总长为1483公里,预计总投资金额,达1000亿美元,这一项目,正在从规划和设计阶段,向实施阶段转变。
印度商业和工业部长夏尔马,28日表示,随着日本印度全面经济合作协定的实施,双边贸易总额,有望在2014年,提高至250亿美元。

12月27日至29日,日本首相野田佳彦到访印度。在此期间,野田与印度总理辛格举行会谈,两国签署联合声明,宣布了多项政治和经济合作成果。这是2005年日印两国建立首脑互访机制以来,辛格总理会见的第六位日本首相,两国首脑继续为双边关系加温。

此次日印首脑签署的联合声明,从内容上分为政治和经济两个层面。

声明称,明年是日印建交60周年,两国将加强全球战略伙伴关系,还将首次进行海上联合军演。双方就进一步扩大海上安全领域的合作达成了共识。辛格接受了明年访日的邀请并表示,两国合作已从经济领域逐渐拓展到政治、安全以及高技术领域,在打击海盗和应对海洋安全方面的合作有显著加强。

从经济层面上看,野田表示将在今后5年提供相当于45亿美元的日元贷款,支援“新德里―孟买工业走廊”构想,希望印度在高速铁路建设计划中引进日本新干线技术。印度则希望在太阳能发电、海水淡化等新技术领域得到日本支持。双方以8月生效的日印全面经济合作伙伴协定为基础,重申了尽早启动两国部长级经济对话的必要性。双方就加强金融合作达成共识,同意把两国的货币互换最高额度从现行的30亿美元增至150亿美元。

日本は日本から、インドの通貨スワップ取極によって、必要に応じて、インドとの合意に達し、1500億ドルを得る。
債務危機、アジアの開発途上国、危険にさらされてドルを取得する機能の深化。インドと日本の記号の通貨スワップ契約は、インドのルピーの為替レートが横ばい傾向を減少抑制に役立つことがあります。ダウン16%以上、インドルピー、今年、。
投資家は、インドの中央銀行外貨準備高はルピーの為替レートを守るために強制的に、ルピーの多くを売却した。 4週間で11月25日として、インドの外貨準備高は、140億ドル減少した。
日本が通貨スワップ協定は、その1200000000000ドル外貨準備を使用するために、インド、日本に到達する一方、インド一方、アジア第3位の経済規模が近い貿易関係を構築するために、国際金融部門での影響力を強化したいと考えている、新しいチャネルを追加しました。

、日本とインド2011年の通貨スワップと融資契約を結んだ。’12 27 29に、日本野田佳彦の総理大臣がインドを訪問、28は150億ドルの通貨スワップ契約の合計額に署名、規模はより高くなって以前のメディアは、100億ドルを報告します。 3500億円(約45億ドル)インフラの融資を提供するためにインドのために今後5年間:日本政府は、に取り組んでいます。
契約に基づき、インドでは、大文字で”予測不能な結果”になることができる、日本の中央銀行は、ルピアの通貨を安定させるためにドルを借りるために。最近、外国資本とその他の要因の流出によって、後半のドルに対するルピーは、これまでのところ、ダウン12%以上です。日本とインドは、今年のために3年契約を、300億通貨スワップ契約を締結、2008年6月になっている。
日本のコミットメント:今後5年間で、ムンバイの開発のための – ニューデリー経済回廊のプロジェクト融資、メインの資金調達のチャンネルは、国際協力と日本の政府開発援助のために日本銀行のために期待されている。ムンバイ – ニューデリー経済回廊、1483キロ、推定総投資額、1000億ドルの合計の長さ、このプロジェクトは、計画や設計段階から変更するには、実装段階です。
インドの商工大臣シャルマ、28、、日本とインドの包括的経済協力協定の実施と、二国間貿易額は2014年に期待されていることを述べて250億ドル増加した。

29〜12月27日日本野田佳彦訪問インドの首相。その間に、野田は、インドのマンモハンシン首相と会談、両国は政治的、経済協力の様々の結果を発表する共同声明に署名した。第六シン首相が日本の首相と会ったので、これは中国とインド間の交換機構の設立に関する2005年のサミットで、両国関係の頭部は暖かいし続けます。

日本とインドの頭部は、政治的、経済的内容の共同声明は、2つのレベルに分割されて署名した。

声明は、両国がグローバルな戦略的パートナーシップを強化する、海で合同軍事演習が初めてになると、来年は日本とインドの国交60周年である、と述べた。双方はさらに、海洋安全保障協力の分野を展開し、合意に達した。 Singh氏は来年日本を訪問する招待を受け入れ、大幅な強化に対応して海賊と海上安全保障協力との闘いに、両国間の協力は徐々に経済から政治、安全保障とハイテク分野への拡大だ。

経済的なレベルから、野田は、今後5年間で”ニューデリー – ムンバイ間産業大動脈”をサポートするために45億円の貸付金に相当するものを提供すると言ったコンセプトを、インドは日本の新幹線技術で高速鉄道建設プロジェクトを紹介したいと思います。インドは日本の支持を得るために太陽光発電、海水淡水化などの新技術を期待している。双方は、両国の早期開始に基づいて、8月、日本とインド包括的経済連携協定の発効閣僚級経済対話の必要性を再確認した。双方は、金融協力の強化について合意に達し、両国間の通貨スワップは、現在の30万ドルから150億ドル最大量に合意した。

Japan reached an agreement with India, where necessary, by the Indian currency swap arrangements, from Japan, get 150 billion dollars.
Deepening debt crisis, the Asian developing economies, the ability to obtain dollars at risk. India and Japan sign currency swap agreements, may help curb the rupee exchange rate in India fell flat trend. Indian rupee this year, down more than 16%.
Investors sold a lot of rupees, forcing India’s central bank foreign exchange reserves to defend the rupee exchange rate. As of November 25 in four weeks, India’s foreign exchange reserves, decreased $ 14 billion.
Japan hopes to strengthen its influence in the international financial sector, while India, Asia’s third-largest economy to build closer trade links, while the currency swap agreement reached with India, Japan to use its $ 1.2 trillion foreign exchange reserves , added a new channel.

Japan and India signed a currency swap and loan agreements, 2011. ’12 27 to 29, Prime Minister of Japan Yoshihiko Noda visit to India, 28, signed a total amount of $ 15 billion currency swap agreement, the scale is higher than Earlier media reports $ 10 billion. Japanese Government is committed to: the next five years for India to provide about 350 billion yen ($ 4.5 billion) infrastructure loans.
Under the agreement, India can be “unpredictable results” in the case, the Japanese central bank to borrow dollars to stabilize the rupiah currency. Recently, by the outflow of foreign capital and other factors, the rupee against the dollar in the second half, so far, is down more than 12%. Japan and India have been in June 2008, signed a 30 billion currency swap agreement, the three-year agreement, due in this year.
Japan’s commitment: in the next five years, for the development of Mumbai – New Delhi Economic Corridor project loans, the main financing channels, is expected for Japan Bank for International Cooperation and the Japanese Official Development Assistance. Mumbai – New Delhi economic corridor, total length of 1483 km, the estimated total investment amount, $ 100 billion, this project is from the planning and design phase, implementation phase to change.
Indian Commerce and Industry Minister Sharma, 28, said that with Japan and India the implementation of comprehensive economic cooperation agreement, bilateral trade volume is expected in 2014, increased to $ 25 billion.

December 27 to 29, Prime Minister of Japan Yoshihiko Noda visit India. In the meantime, Noda held talks with Indian Prime Minister Manmohan Singh, the two countries signed a joint statement announcing the results of a variety of political and economic cooperation. This is a 2005 summit on the establishment of exchange mechanism between China and India since the sixth Prime Minister Singh met with Japanese Prime Minister, heads of bilateral relations continue to warm.

The head of Japan and India signed a joint statement from the political and economic content is divided into two levels.

Statement said, next year is the 60th anniversary of diplomatic relations between Japan and India, two countries will strengthen global strategic partnership, joint military exercises at sea will be the first time. The two sides further expand the field of maritime security cooperation, and reached a consensus. Singh accepted the invitation to visit Japan next year and said that cooperation between the two countries gradually expanded from economic to political, security and high-tech field, in the fight against piracy and maritime security cooperation in response to a significant strengthening.

From an economic level, Noda said that over the next five years to provide the equivalent of 45 billion yen loans to support the “New Delhi – Mumbai Industrial Corridor” concept, want India to introduce high-speed railway construction project in Japan’s Shinkansen technology. India hopes solar power generation, desalination and other new technologies to get Japanese support. Both sides came into effect in August, Japan and India Comprehensive Economic Partnership Agreement, based on early start of the two countries reaffirmed the need for ministerial-level economic dialogue. The two sides reached consensus on strengthening financial cooperation, the currency swap between the two countries agreed to the maximum amount from the current 30 million to $ 15 billion.