日本名古屋4,5位饭店老板,需要九名中国料理厨师,二种候选人,薪金标准:1 日元 = 0.0832 人民币

日本名古屋4,5位饭店老板,需要九名中国料理厨师,二种候选人,薪金标准:1 日元 = 0.0832 人民币

1—二厨,无基本功者,下飞机,到日本后,八万日元; 三个月后,9万日元, 一年后,10万日元;

2—正式厨师,6个月,或一年后,17-18万日元;

劳动组合事宜,后议- e-mail: george13901623260@163.com ; chensihong1961@126.com ; Text and mobile:+0086-13901623260; Mr.George S.Chen ;http://www.helicoptersbuyers.com/?p=7992 ;

名古屋名片
名古屋市,是日本中部爱知县西部的城市,也是爱知县县厅所在地。属于政令指定都市一级。名古屋,过去是尾张德川的城下町。它是中部地区的商、工业,交通的中心地,位于东京和京都的中间,被称作中京,并设有中京工业核心地带。
基本概况
名称:名古屋市;日文名称:なごや ;罗马音译:nagoya ;地理位置:日本中部爱知县西部的城市,也是爱知县县厅所在地。行政登记:属于政令指定都市一级。 面积: 326.45平方公里 ;人口: 2,259,593 (到2010年12月1日为止) ;气候: 年平均气温16.8℃, 平均湿度72%。名古屋临近太平洋,全年有130多天下雨,多云天气也有100多天,日照时间约为43%。夏秋之交,会有台风、地震等灾害性天气。名古屋1月到4月的平均气温,为4℃,5月到9月,为20℃,9月到12月,为10℃。全年适合旅游。   名古屋人口,位于于东京、横滨和大阪之后的第四位城市。它于本州中西部,濒临伊势湾。该市介于首都东京和古都京都之间,故有“中京”之称。位于日本三大都市圈(另外2个为东京圈和大阪圈)之一的中京圈,即名古屋都市圈的中心。日本主要工业中心和港口城市,被称为日本制造业中心,其港口吞吐量,位于日本第一位,也是爱知县县厅所在地。日本东西交通的重要地带。城市总面积约326平方公里,距东京366公里,搭乘新干线快车,只需两小时。 既是日本的工业大城,也是一个历史悠久的古都。   日本中部地区,政治、经济、文化中心。爱知县首府。在本州中南部浓尾平原上,南临伊势湾。地处东京与京都(西京)之间,故有“中京”之称。面积376平方公里,人口260万。地势东高西低。市区主要部分在热田台地,海拔10~15米,东部的东山丘陵高60~80米,西部与西南部为冲积低地。气候温暖多雨,年平均气温14.9℃,1月3.6℃,8月26.8℃,年降水量1575毫米。 名古屋的中心地区,是日本规划最好的城区,游客很容易认识道路。市内绿荫夹道,鲜花吐芬。名古屋港湾隐蔽,不受风浪影响。市内有许多铁路干线和公路干线通过,旅游业较为发达。过去,名古屋因为古迹,获得了美誉,现在,名古屋因为其发达的工商业,举世闻名。它是综合性的大工业城市,纺织业和造船业非常发达。它是日本三大批发商之一。爱知丰田汽车销售公司与松坂屋百货公司是全国闻名的大商业企业。名古屋是一个充满了活力的城市,它有众多的娱乐中心、购物中心、博物馆、会议中心。1978年,名古屋与我国的南京市结为友好城市。   
市区的主体部分,为第二次世界大战后新建。街道宽阔,“百米大街”(宽100米,长3000米)尤为著称,成为全国城市规划的典型。市中心为商业区,尤以中区的荣町一带最为繁华,其次是西部的中川区。工业主要分布在西南部与北部。西南部以重、化学工业为主,北部多轻工业,中部为轻重工业混合区。住宅区则分布于地势较高的东山、丘陵及其周围台地。西部的庄内川东岸与东北部守山区有新住宅地。旧城内为行政机关所在地。名古屋大学等高等学校,以及文教设施等,集中于东山丘陵。市内,有旧名古屋城与热田神宫等名胜古迹。   名古屋连同郊区,与卫星城市,构成大城市圈(以名古屋市政府所在地为中心、50公里为半径的方圆内),为日本三大城市圈之一。包括爱知、岐阜、三重3县的主要部分。占日本人口的 6.7%、工业产值的11.7%。东北部濑户等,以陶瓷制造为主,西北部一宫等地,以纺织工业为主;东与东南部的丰田、刈谷主要生产汽车;西南伊势湾岸东海市的钢铁与四日市的石油化工;南部,多纺织工业,构成多点(核)结构的大城市地区,并成为日本东海道城市带的一环。
地理位置-名古屋在日本的位置-位于本州岛中南部浓尾平原上,南临伊势湾。地势东高西低。市区主要分布在热田台地上,大部分海拔10~15米,无洪水之患。   北纬 35°1`50″—-35°15`26″ ;东经 136°47`41″—-137°3`50″(爱知县首府)
历史
  16世纪筑城。后废置。1610年再建。1889年设市。1886~1900年东海道干线(东京—名古屋—神户)、关西干线(名古屋—大阪)和中央干线(从东京越过中部山区到名古屋)相继通车,1907年又开港通商,内外联系的加强促进了名古屋的发展。19世纪80年代前后,纺织工业的兴起以及1912年以后机械工业的迅速发展,使名古屋迅速向近代工业城市方向迈进,成为中京工业地带的核心。第二次世界大战前夕,工业以棉纺织、陶瓷等轻工业为主。战时军事工业、飞机制造业成为主体。战后城市遭到严重破坏,人口由1940年的141万减少到1950年的 115万。1951年工业产值只相当于战前(1934~1935)的63%。此后,经过恢复和发展,工业化、城市化进程加速,市区不断扩大,人口迅速增加。截至1970年市区面积为当初设市时的24.5倍,人口增加了13倍。 人口职业构成中第一产业只占 0.8%,第二产业占37.3%,第三产业占61.9%。工业结构虽以汽车、钢铁、纺织机械、电机等为主,但传统的纺织、陶瓷制造等轻工业在国内仍负盛名,成为综合发展的工业城市。地处两大经济地区之间,为中部地区海陆空交通运输枢纽和商业中心,铁路新干线和高速公路东达京滨、西通阪神,港口地位仅次于横滨和神户,是日本第三大贸易港,亦是世界著名大港之一。年吞吐量达1亿多吨,贸易额达5.6万亿日元(1982)。出口以汽车、钢铁、录像机、陶瓷为主,进口以石油、木材、铝等为主。
大事年表
  1874年:名古屋市第一次举办的名古屋博览会在鹤舞公园开幕。   1878年:12月20日:郡区町村编成法实施,名古屋为区。   1889年:10月1日:市制盯村实施,名古屋改市。(现今中区、东区,面积13.44km2,人口约15万人。)   1891年:10月28日:浓尾地震造成损失   1898年:5月6日:有轨电车开始营运。(1974年废止)   1898年:8月22日:爱知郡那古野村、古沢村并入   1907年:爱知郡热田町、小碓村并入;1908年:区政实施,设中区、东区、西区、南区四区。   1935年:10月1日:据国势调查统计人口突破100万人   1956年:9月1日:指定为政令指定都市   1969年:人口突破200万人
城市风采
综述
  前往日本中部大城名古屋,不但可体验邻近上高地、下吕温泉或是飞驒高山等著名天然景观,更能感受马笼宿、高山阵屋及合掌村等百年人文风情,丰富多样的旅游动线,交织出风华万千的古和风之旅。距离高山市约一个半小时车程,来到联合国列名保护的世界遗产“合掌村”。“合掌村”坐落于日本岐阜县白川乡荻町标高1500公尺的深山中,四面环山、水田纵横,一幅如诗如画、清新脱俗的田园景色。村中的房舍都是“合掌”造型,也就是两片屋顶呈60度角,有如人的两手合掌,因此称为“合掌屋”。合掌屋房屋主体完全以木头建造,全屋都是以卡榫、结绳结成,并以茅草铺顶,屋顶每3、40年就要更换一次。
目前,白川村,保有113栋合掌式建筑,其中109栋被指名保护,全村受到观光化影响,民宿、餐厅、艺品店遍布,还有供人付费参观的老宅。
高山阵屋,日本女士最向往旅游
  著名的京都府,高山市是观光客最推崇的怀旧都市,有“小京都”称号的高山市,典雅恬静的小镇风貌,韵味更甚京都,而日本女性最向往旅游的国内城市调查中,高山市更高居前三名。传统和风、纯朴小镇加上特色杂货,让位于岐阜县、人口只有10万人的高山市成为著名观光景点,国内旅人可能对它并不熟悉,但是每年造访高山的观光客人次高达300万,足见其魅。来到高山,徒步最能捕捉小镇风华,穿梭于老街巷弄,放眼望去尽是古朴风情,经过拥有400年历史的“高山阵屋”,江户时代的传统建筑外貌,立刻吸引了旅人的目光。   走出阵屋,大门前的朝市值得一逛,各种当地的传统美食与渍物让人目不暇给;老街风情更不可错过,斜瓦屋房、木格窗棂,放眼拙实原木色调,街上一家贩售味噌的老店,店内烧着一锅热腾腾的味噌汤让客人试喝,冷飕寒风下喝一碗热汤绝对是一大享受,自然也会买上两包带走。看着排队购买的人群,让人觉得不买一包道地的味噌好象是一种损失。
妻笼宿马笼宿怀旧过往驿站
  走在马笼宿的石板路上,两旁木造的店家及古老的街景,让人仿佛进入时光隧道,回到17世纪的德川家康时代。位于长野县的妻笼宿、马笼宿,最早是以旅馆聚集闻名,一直是过往商旅的中途驿站,目前保留下来的街景大约是150年前的样子,还有几间古老旅店零散错落于街道间,极具特色。 话说德川家康统一日本后,开始着手整修道路,从江户为起点一共修筑了五条道路,其中全长540公里的“中山道” ,成为商贾往来必经之路,妻笼宿、马笼宿就位在“中山道”中点,造就这两个小城繁盛一时的年代。马笼宿街道铺设的还是当年的石板路,两旁的木造房舍开设各式店家,充满古意的吃茶店、居酒屋、艺品店、旅店林立,每家门前都种植了缤纷花卉,有的还保留了当年使用的水井与水车,更添古意;漫步怀旧街道,偶见身穿传统和服老妪,真不知身处何时何地。走累了,随便进一家茶坊,来一客糯米做的“五平饼”配上道地绿茶,优闲复古的气氛足以吸引游客。
名古屋机场,能吃喝玩乐
  吃饭、购物、泡汤、喝喜酒、作SPA,这可不是百货公司或是购物中心,而是2005年2月才启用的日本名古屋中部国际机场,据统计,每天有四、五万人进入这座机场,但只有不到一半的人是来搭飞机,其他的都是来这里吃喝玩乐,可以想见这个机场的休闲娱乐设施有多么吸引游客。中部机场(Centrair)的名称,是由CentralJapan与Airport两字结合而来,是日本继大阪关西机场之后,又一座填海建造的机场,西元2000年启建,2005年2月17日完工,造价高达2000亿新台币;这座机场,扮演日本交通枢纽的重要角色,更精心打造了一座天空之城,各式各样的商店、设施,吸引除了搭机旅客,更多的民众,专程前往消费。 从机场大门进去,穿过一堆航空公司的柜台后,机场,迎面而来的,是一间间精美橱窗的店家,一般机场都有的特产、纪念品等,有服饰、精品、玩具、杂货、点心、特色餐厅,民众来此逛街购物,有情侣专程到此,约会谈心,SkyTown,提供了多元的消费需求。逛街累了,绝不能错过藏身于商店街一角的“宫之汤”。男、女汤,分隔两处,大型落地窗的设计,窗外,就是停机坪,世界上恐怕找不到一个可以一边泡汤、一边看飞机起降的浴场;浴场内,另提供作脸、按摩的服务,肚子饿了,可品尝物美价廉的日式拉面,甚至想睡个觉,还有专供休闲睡眠的舒适房间,2个小时,1000元日币,种种设施,对于转机旅客,可说是一大享受。   到机场购物、用餐、泡汤还不稀奇,还有人,选择到机场结婚,中部国际机场,提供婚礼的服务。拥有透光屋顶的婚礼区明亮宽敞,所有婚礼,需要的布景装置,如,红毯、舞台、鲜花、气球等一应具全,新人完成仪式后,亲友就移往隔壁的景观餐厅用餐,据机场工作人员表示,这种别出心裁的婚礼,颇受欢迎,要提早预约,才订得到场地。
爱看飞机的民众,更会佩服中部国际机场的贴心设计。机场顶楼的展望台,完全开放,任何时间都会看到民众,或站、或坐,甚至趴在围墙上,近距离观赏飞机起降;展望台相当开阔,完全不会拥挤,除了风大一点,看飞机绝对可以满足。中部机场,有个自己专属的吉祥物玩偶─Who,机场人员表示,Who的年龄、国籍不详,但酷爱旅行,红白圆滚的造型甚受游客喜爱,机场内,有Who的专卖店,值得喜爱收集玩偶的民众一逛。
经济
  名古屋市经济发达,主要产业,有汽车制造、电子、纺织、陶瓷工业等,著名的丰田汽车城也在附近。其城区商业气氛浓厚,建设规划井然有序,被誉为日本城镇建设的模范城市。城内到处可见设计完善的林荫大道,而高楼大厦则林立两旁,掩映在绿树芳草之中。干净的市区,充满朝气的人群,使名古屋洋溢着欣欣向荣的气氛。   名古屋的传统工业纺织、陶瓷器在全国仍占重要地位,还有印刷、化学等工业。海、陆、空运输枢纽。全国第三大贸易港(次于横滨、神户)和世界大港之一。出口汽车、钢铁、录像机、陶瓷器等。进口原油、木材等。
教育
  主要有两所国立大学,两所公立大学,其中国立名古屋大学,其前身为名古屋帝国大学,为日本7所旧帝国大学之一。另外一所,为国立名古屋工业大学,著名工科学府。以及一所公立名古屋市立大学,和一所爱知县立大学。
名古屋名城大学,中京大学,南山大学,中部大学,金城学院大学,名古屋女子大学,名古屋产业大学,名古屋学院大学,名古屋文理大学,名古屋经济大学,名古屋商科大学,爱知学院大学,爱知淑德大学,爱知大学,大同大学,爱知工科大学,名古屋音乐大学,名古屋学艺大学,名古屋艺术大学,爱知医科大学等数十所私立学府。
城市
  名古屋城市规划设计极好,市内绿荫夹道,鲜花吐芬,整齐清洁。名古屋港湾隐蔽,不受风浪影响。名古屋因为古迹而获得了美誉。现在,名古屋因为其发达的工商业而举世闻名。纺织业和造船业也非常发达。陶瓷业是其传统工业,漆器和景泰蓝手工艺发达。它也是日本三大批发商之一,爱知丰田汽车销售公司与松坂屋百货公司是全国闻名的大商业企业。名古屋是一个充满了活力的城市,它有众多的娱乐中心、购物中心、博物馆、会议中心。车站附近有不下十座的高楼,各大楼地下有商业街,彼此联系,构成很理想的购物场所。   在这个城市的各个角落里,又可以随处感受到日本传统的浓厚人文气息。庄严古老的名古屋城堡,出生在此的日本三大英雄豪杰——织田信长的传奇故事为其蒙上一层古老而又神秘的面纱。   
市长 : 河村隆之(かわむら?たかし,Kawamura Takashi) 2009年4月28日就任 任期満了 2013年4月27日
行政区-热田区   北区   昭和区   千种区   天白区   中川区   中区   中村区   西区   东区   瑞穗区   绿区
名古屋
港区   南区   名东区   守山区
风土人情
  市树:樟树   市花:百合   名古屋是爱知县首府,是日本第四大城市,位于本州中部,外临伊势湾,是日本东西交通的重要地带,因介于东京和古都京都之间,亦称“中京”。它是中部日本的政治、经济、文化和交通中心,面积376平方公里,人口260万。名古屋商业繁荣兴旺,是全国三大商业批发中心之一,有许多大商业企业,如该市的爱知丰田汽车销售公司和松板屋百货公司等,是日本驰名的大商业企业。 名古屋为日本海、陆、空重要交通构纽。市内有许多铁路干线、公路干线通过,还有总长30公里的地铁。名古屋是新干线高速列车的枢纽站之一,该市与东名、名神、中央道、东名阪等高速公路相通,交通十分发达。名古屋港口是仅次于横滨、神户的第三大国际贸易港,年吞吐量为1亿吨左右,居日本第3位,而对外进出口货物吞吐量占第1位。名古屋人文及历史文化深厚,却自然地与摩登的高楼大厦相契合,整齐的街道中到处可以看到设计完善的林阴大道、干净的市区、充满朝气的人群,皆透露出欣欣向荣的气氛,又有“白色之街”的美名。如果想在古都中追寻现代感的流行脉动,名古屋绝对可以给旅客带来最大的感动。而且今日的名古屋早已是国际知名的大都会,曾在1989年之际举办盛大的世界博览会,使市区的建设和规划又更加的完整。名古屋也是一个历史风味浓厚的古都。日本有名的三大英雄豪杰人物-织田信长、丰臣秀吉、德川家康皆是出生在名古屋。名古屋古城、德川美术馆等皆是古时所建。名古屋每年有五个重要的祭典,分别是每年二月的“国府宫裸体祭”,七月二十日的“名古屋港祭典”,八月上旬的“名古屋城夏日祭”以及十月中旬的“乡土英豪游行”。名古屋主要的名胜古迹有:名古屋电视塔、名古屋城、名古屋能乐堂、东山天塔等等。
历任市长
届数 人名 就任年月日 卸任年月日   
1 中村修 1889年12月17日 1890年9月11日;2 志水忠平 1890年11月6日 1894年2月12日;3 柳本直太郎 1894年2月28日 1897年6月26日;4 志水直 1897年7月19日 1901年12月2日;5 青山朗 1901年12月27日 1906年4月12日;6 加藤重三郎 1906年6月27日 1911年7月3日;7 阪本さん之助 1911年7月4日 1917年1月23日 ;8 佐藤孝三郎 1917年7月3日 1921年7月2日;9 大喜多寅之助 1921年7月2日 1922年2月2日;10 川崎卓吉 1922年4月1日 1924年6月11日;11 田阪千助 1924年9月25日 1927年8月1日;12 大岩勇夫 1927年8月1日 1938年12月5日;13 县忍 1939年1月10日 1942年1月6日;14 佐藤正俊 1942年2月21日 1946年11月1日;15 冢本三 1947年2月21日 1952年8月25日;16 小林橘川 1952年9月28日 1961年3月16日;17 杉戸清 1961年4月28日 1973年4月27日;18 本山政雄 1973年4月28日 1985年4月27日;19 西尾武喜 1985年4月28日 1997年4月27日;20 松原武久 1997年4月28日 2009年4月27日
姊妹都市
都市名 所属国家 签订年日
洛杉矶 美国 1959年4月1日
墨西哥城 墨西哥 1978年2月16日
南京 中国 1978年12月21日
悉尼 澳大利亚 1980年9月16日
都灵 意大利 2005年5月27日
风景名胜
货币博物馆是隶属Tokai银行的,收集了从古到今日本的各种货币以及世界其它国家的一些货币。这里还有日本Edo时代货币的复制品。另外,游客还可以欣赏Edo时代著名的木版画。   开放时间:9:00-16:00(银行假期博物馆也休息) 名古屋电视塔   名古屋电视塔的展望台高达100米,可以观赏名古屋全貌。白天它并不特别引人注目,但当夜幕降临的时候,强光把塔身照得金光闪闪,成为名古屋的典型景观。   开放时间:展望台10:00-21:00对外开放。   名古屋科学博物馆   名古屋科学博物馆是由三座建筑组成的,每座建筑有不同的主题,分别为“生命科学”、“科学与技术”、“天文学”。在“天文学”馆里,有日本最大的行星仪展出。   开放时间:9:30-17:00(最后进入时间为16:30)   名古屋跨海大桥   名古屋大桥排名世界第七位。入夜时分,红、白、青色的灯给大桥披上了迷人的外衣。不少游客从游轮上就近观看大桥的丰姿。 名古屋城堡   名古屋城堡是名古屋的象征,也是旅游者到达名古屋的第一站。城堡建于1612年,它被大块的公园包围着,周围有小的茶室、传统的日本庭园。城堡里最大的特色是装饰在屋檐上的两只金色的海豚。城堡在二战中被焚毁,1959年重建。现在,它是艺术品的博物馆。春天2000多株樱花盛开,树木葱茏。这时的名古屋城堡是最美丽的。   开放时间:9:00-16:30   门票:成人500日元,16岁以下的儿童100日元。   日本的文化艺术博物馆   这个著名的博物馆主要介绍了日本的文化艺术历史。它拥有日本古代无数的艺术品,象剑、盔甲、戏服、茶会用具等等。很多收藏品是12世纪的物品。   开放时间:10:00-17:00   门票:成人1200日元,16岁以下的学生500日元,16岁以上的学生700日元。 幽雅的Shirotori花园,名古屋
Shirotori花园,在名古屋国会中心附近,是与会代表的休息地。这个幽雅的日本庭园,以水为主题,里面的景物,象征了富士山、太平洋、日本中心地区等等。   开放时间:9:00-16:30 ;门票:成人200日元,儿童50日元。名古屋港公共水族馆   水族馆,是一座三层楼的建筑。它的主题,就是“从日本海岸到南极的旅程”。旅游者们将经过五个不同的水域,包括日本海、太平洋和南极的海洋。   开放时间:9:30-17:00;门票:成人1500日元,儿童700日元。   
名古屋城市档案馆,前身是参议院,被指定为国家文化遗产。它是一座新巴洛克风格的建筑。现在作为名古屋城市档案馆,展出名古屋政府的历史资料。它是免费对外开放的。   开放时间:9:15-17:00 国家珍宝Inuyama城堡   国家珍宝城堡最初建于450年以前。在这里,游客可以体会到中世纪日本武士阶层的生活风貌。日落的时候,珍宝城堡的景色更是美得让人心动。   开放时间:9:00-17:00   票价:成人400日元,16岁以下的儿童100日元。
交通信息
  
1、JR:最主要的干线是东海道、山阳新干线。东京、新大阪两地,几乎每隔10分钟有一班次。原有的东海道本线,没有可利用的特快、快车班次,主要用作短距离的往返。另外,从长野、松本方面可利用中央本线,往名古屋的特快しなの号,每1~2小时一班。至于,辰野~丰桥间的饭田线;富山~歧阜间的高山本线,不管班次、车厢数都很少,需要事先确认清楚。   2、新干线:从东京~名古屋搭しなの号,需1小时50分钟,票价5970日元。新大阪~名古屋塔しなの号,约需1小时零5分钟,票价3,190日元。   3、私铁:近铁大阪难波站~近铁名古屋车站,可搭乘地铁ノンストツプ(直达)特快车,约需2小时11分钟,票价2,930日元。   4、巴士:东京~名古屋走东名高速线,在东京车站的八重洲南口有JR高速巴士,约需6小时10分钟,票价5,000日元。另有清晨抵达名古屋的ドリーム号,票价6,500日元。大阪~京都~名古屋走名神高速线,在大阪站正面西口发车,有JR、日本快车巴士、名阪近铁高速自动车三家高速巴士公司,约需3小时20分钟,票价2,600日元。   5、市区交通:走在马路上,不知不觉中发现名古屋有许多魅力,和一些不易发现、隐避的一面。游览市区名胜最好的方法,莫过于搭乘便利的地下铁。巴士路线,相当稠密,为短距离间的最佳交通工具。濑户、清州等郊外的名胜,最好还是利用私铁。道路状况良好,塞车情形也不多见,利用轿车或出租车周游也不错。名古屋的特徵–地下街非常复杂,要多注意地政街的地图说明栏。
名人-织田信长、丰臣秀吉、德川家康、加藤清正、前田利家(战国武将)、木藤亚也(作家)、鸟山明(漫画家)、矢野浩二(主持人、演员)、铃木裕之(3届YOYO世界冠军)、三枝夕夏(歌手、词作家) 、香里奈(模特、演员)玉木宏(演员)、浅田真央(花样滑冰选手)、武井咲(演员)等……编辑本段饮食文化
  
名古屋的饮食,保留有日本传统的生鱼片、寿司,打造自己特有的美味。如名古屋人打制出来的平面(Kishimen),和用miso作为调料的糊面。还有特色小吃Temmusu和Uiro。
特色美食   1、平面(Kishimen)是名古屋的一道美食,面条入口很滑爽,深受爱吃面食的日本人的喜欢。   2、Uiro(米粉糕)是一种透明的糕点。它是用开水将米粉溶化,加糖后用蒸笼蒸制而成的,口感丰实,味道微甜,是茶会上不可缺少的点心。   传统的日式饭团有咸鱼饭团、酸梅饭团、鱼松饭团等,名古屋的天麸罗饭团是名古屋的独创,深受日本全国的喜爱。小巧的紫菜饭团中央露出天麸罗炸得焦黄的“脑袋”,既可爱又诱人食欲。鸡肉刺身是名古屋的特色。做鸡肉刺身的鸡是日本本地饲养的褐色羽毛的鸡,肉质地爽滑没有异味。
名古屋http://www.helicoptersbuyers.com/?p=7992
1 日元 = 0.0832 人民币
google将中文译成日语
名古屋カード
名古屋市、愛知県、中部日本は西洋の都市と愛知県の席です。政令指定都市レベルです。名古屋市、城下町の終わり過去張徳川。それは、産業の中核分野と北京と北京として知られている東京と京都の真ん中に位置し、商業、工業、交通の中心、、、の中央部です。

基本的なプロフィール
名前:名古屋、日本名:なごや、ローマの音訳:名古屋市、所在地:愛知県、中部日本、愛知県西部の都市が位置しています。チーフ登録:政令指定都市レベルです。面積:326.45平方キロメートル、人口:2259593(12月1日として、日〜2010年)、気候:平均気温は16.8℃、平均湿度72%年間を通じて太平洋、、130以上の雨、曇りの天気に近い名古屋には、日照時間の100日以上は約43%であるあります。ターンでの夏は、台風、地震などの悲惨な天候が存在します。 1月から4月まで名古屋4℃、9月までの5ヶ月間の平均気温は、10℃として、12ヶ月〜20℃、9ヶ月です。観光のための年間を通じて。第四都市の後に東京、横浜、大阪に位置する名古屋は、人口、。それは、伊勢湾付近、中部および西部の本州にあります。東京と京都の間に首都、古代の首都、およびそのため、間に”北京で、”言った。名古屋都市圏の中心地である北京の日本における三大都市圏エリア(他の二つの東京と大阪のリングリングに)、円のいずれか、。日本の主要な工業中心地と日本の製造業の中心地として知られる港町、ポートのスループットは、日本で最初の、だけでなく、愛知県の座席。日本、重要な東西交通の分野。 326平方キロメートルの総都市面積は、366キロ離れた東京から、新幹線エクスプレス、わずか2時間かかる。日本の工業都市だけでなく、古都の長い歴史があります。中部日本地域、政治、経済、文化の中心地。愛知県の首都。南伊勢湾の南、本州中部では濃尾平野。で、そのため、東京と京都(アトランティス)に位置し、”北京で、”言った。 376平方キロメートルの面積、人口260万。東西に低地。高原の主要都市の一部で地熱、10〜15メートル海抜、東山の丘60〜80メートルの高東、西と沖積低地の南西。暖かく、雨の気候、14.9の年平均気温℃、1月3.6℃、8月26.8℃、年間降水量は1575ミリメートルです。名古屋の中心、日本の最高の都市計画、訪問者が簡単に道を認識することができます。市は日陰を並んで、花が楽しみを吐く。名古屋港は嵐の影響からは見えません。市は、観光産業を通じて、多​​くの鉄道線路と道路が多く開発されています。過去には、モニュメントなどの名古屋は、理由はよく発達した産業や商業、世界的に有名なの、今、名古屋の評判を獲得した。それは包括的な大規模な産業都市であり、繊維産業や造船産業が発達しています。それは、日本の三大卸売業者の一つです。愛知トヨタ自動車販売と松坂屋百貨店は大きな商業企業のための全国的に有名です。名古屋は活力に満ちた街ですが、それは多くの娯楽施設、ショッピングセンター、博物館、カンファレンスセンターがあります。 1978年、名古屋、南京、中国の姉妹都市となった。
新しい第二次世界大戦のため、市内の主要部分、。広い通り、”100メートル通り”(100メートル、幅、長さ3000メートル)は特に典型的な田舎町の計画として知られています。四川省の領域内の西側に続いて、特に栄町の最も豊かな地域の面積の市内中心部のビジネス地区、、。主に南西部と北部の産業。重化学工業、軽工業と光と重工業の混合領域のより北部、中央部の南西。住宅地は、東山高台、丘とその周辺の段丘に位置しています。東海岸の庄内川西側とさせるためには、新しい住宅の北東の山々。エグゼクティブシートのための旧市街。名古屋大学と他のカレッジや大学だけでなく、文化や教育施設、東山の丘に焦点を当てた。市、名古屋、熱田神宮やその他の史跡の旧市街がある。名古屋は、一緒に郊外や衛星都市で、首都圏(名古屋市の中心、半径内で半径50kmに位置する)、日本の三大都市圏エリアの一つを構成する。愛知、岐阜、郡の三重3つの主要部分が含まれています。日本の人口の6.7%、工業生産額11.7パーセントを占めている。北東瀬戸、主に繊維産業のセラミックベースの、北西の宮殿や他の場所、製造するために、東アジアと東南アジアトヨタ、刈谷主要生産車、湾岸と東シナ海四日市石油の鉄鋼都市の渓李ポテンシャルを、南、そしてより多くの繊維産業は、大都市圏とリングと日本の東海道の都市で多点(コア)構造を構成している。
場所 – 日本の名古屋の位置 – 伊勢湾の濃尾平野、南は南本州中部インチ東西に低地。洪水のリスクなしに、主に地上での地熱フィールド単位で都市部、海抜10〜15メートルの大部分、。北緯35 ° 1`50 “—- 35 ° 15’26″、東経136 ° 47`41 “—- 137 ° 3`50″(愛知県の首都)
歴史
16世紀の要塞。後で断念。構築するために1610。 1889年に都市。 1886 – 1900、東海道新幹線(東京 – 名古屋 – 神戸)、関西線(名古屋 – 大阪)と中央のトランクは、(東京から名古屋までの山々の真ん中で)、1907年に開通し、そのポートの貿易、促進するための内部と外部の接点の強化を開設しました名古屋開発。前と後の1880年代、北京の中心部にある工業地帯になるために1912年以来、繊維産業や機械産業の台頭、名古屋急速な方向の近代的な工業都市の急速な発展。綿の繊維産業、セラミックや他の光産業への第二次世界大戦の前夜、。メインとして戦時軍需産業、航空機産業。終戦後の都市は深刻な1950年に141000000から1150000までの1940年人口によって被害を受けた。 1951年の工業生産は63%の戦前(1934〜1935)と同等です。それ以来、回復と開発、工業化と都市化プロセスを介して都市人口を拡大し、加速が急速に増加している。 1970年のように、市内の都市部は人口が13倍増加した24.5倍を持っていた。人口の職業構成は、第一次産業では0.8%、第二次産業37.3パーセントを占め、第三次産業は61.9%を占めた。産業構造は、自動車、鉄鋼、繊維機械、電気、などが、伝統的な織物、陶磁器の製造が、軽工業は、まだ包括的な工業都市の発展国で有名です。中央の空気と海の輸送ハブと商業の中心地として、両国経済、、新たな鉄道や高速道路東京浜、西神戸、横浜や神戸、ポートの状態が日本で3番目になった後の間に位置最大の貿易港は、世界的に有名な港の一つです。貿易の100万トンの年間処理量は5.6兆円(1982)に達した。輸出は自動車、鉄鋼、ビデオレコーダ、セラミックス、輸入石油、木材、アルミベースです。
タイムライン
1874年:名古屋市、開口部に名古屋鶴舞公園で開催された初の博覧会。 1878年:12月20日郡区町村コンパイルされた法律、名古屋地区。 1889年10月1日:市、村の凝視のシステムの実装、変更は名古屋市。 1891年(今中部、東部、面積13.44平方キロメートル、約15万の人口。)10月28日:1898年濃尾地震の損失:2008年5月6:路面電車は、操業を開始した。 (1974年廃止)1898:8月22日:愛知郡、その古い野村、1907年に古代の金沢村:愛知郡、熱田町、に小さな乳棒の村、1908年:実装するために地区の行政は、中央、東、に位置しています西部、南部の4地区。 1935年10月1日9月1日:国勢調査と統計の人口によると1億1956を超え1969年に政令指定都市として指定:人口は200万人を突破
都市風景
概要
近くの地面上にだけでなく経験、中部日本の名古屋の街に、飛騨の下​​呂温泉や他の有名な山の自然景観は、祈りの世紀の文化的習慣に一緒に馬ケージの良い場所、フロントの家と山の村を感じ、豊かな観光客の移動ライン、古代の優雅さと風の旅行の何千もの切り出し。約30分の距離には高山、保護するために国連の世界遺産リストに来ました”祈りで一緒に村を。” “クラップユアハンズは一緒に村が”日本白川ディ町の標高を、岐阜県の山々に囲まれた山の1500メートル、、水田、垂直および水平方向の、絵のような、楽しい牧歌的な風景の場所に位置しています。村の家は”一緒にクラップユアハンズ”のスタイルである、つまり、2つの屋根は、いわゆる、祈りで一緒に人の手のように、60度あった”祈りで一緒に家。”一緒に木で完全に構築された主要な家の祈りの家で、家全体は結び目の結び目にラッチし、わらぶき屋根のお店、すべての3.40年に一度交換するために屋根にするためです。
現在、一緒に白川村、クラップユアハンズは全体にわたって、そして人々は古い家を訪問するために支払うことのための観光、ベッドアンドブレックファストの影響により、村を守るためにという名前の109を含む113 -スタイルの建物、、レストラン、アートショップを維持する。
高山陣屋、日本人女性が最も望ましいの観光
有名な京都、高山は、最も尊敬されているノスタルジックな観光都市である”小京都、”高山のタイトル、静かな町の優雅なスタイル、さらに魅力京都、国内観光の都市の調査では日本で最も望ましいの女性、高山より高いランキングトップスリー。伝統的な風、食料品の簡単な特性を持つ小さな町なので、岐阜県で、1000万人の人口は、高山の有名な観光スポットとなっていること、国内旅行者はそれに精通していない可能性があります、一年は高山観光客の訪問は、最大300万到着まで、これは魅力を示しています。最もエレガンスをキャプチャするために徒歩で町には樹齢400年の”山の正面の家”、江戸時代の伝統的な建築の外観は、すぐに魅了された後、古代の習慣の一杯になる前に探して、街の路地を往復、、山に来た旅行者の目。フロントの家のうち、訪問、地元の伝統料理や物事の様々な価値がある街の正面に向かって人々は汚れをもたらしている、ストリートスタイルが見逃されることができない、斜めのタイルの部屋、木製の格子窓枠、純木の街は、謙虚なトーンを見て味噌の歴史は、2つのパケットを購入し、ゲストに熱い味噌汁の鍋を焼く店が飲むことを試して、熱いスープの大きいボールの下にLengsou冷たい飲み物は絶対に楽しんでされ売ら自然に離れてかかります。買うために並んで群集を見て、人々は、本物の味噌が損失であると思われていないパッケージを購入する。
ケージイン過去の馬蘇蘇妻籠ノスタルジック
道路上にケージの馬の石でどこへ行く?、古い木造の店舗やストリートシーン、17世紀徳川の時代に​​タイムトンネルに入るような人々の両側。長野県の妻籠の場所、馬籠の場所、一緒に知られている最古のに基づいてホテル、ビジネス旅行は約150年前に現在保存され通り、過去半ウェイインにされている、見て、古いホテルで散乱散乱もいくつかあります通り、非常に特性。徳川家康統一された日本の言葉は、540キロ”山路”、商人、妻籠の場所、場所馬籠間になるための唯一の方法の長さを含め、五道路の合計の建設を開始するために江戸から道路を改修始めたの場所”中山路には、”中間点は、2つの一時的な町の繁栄の時代を作成する。昔ながらのティーショップ、パブ、アートショップ、どこのホテル、色とりどりの花の前でそれぞれが植えられている、といくつかの完全なお店のすべての種類を設定する木造家屋に挟まれた馬籠住宅街、またはときに石の道を敷設、、井戸と水のタンカー、昔ながらの危険性の使用時に保持された、ノスタルジック散歩街は、時折、伝統的な着物、老婆を着て、私は本当に、いつ、どこにわからない。疲れて、気軽にお茶の家に、十分なレジャーの観光客を誘致するための本物の緑茶、レトロな雰囲気を伴う顧客もち米”五平餅、”へ。
名古屋空港は、食べる、飲む
食べること、買い物、入浴、SPA用飲料結婚式、それはデパートやショッピングセンターではないが、唯一の統計によると、2005年2月日本名古屋中部国際空港にオープンした、すべての四、五人は、これを入力する空港、しかし唯一の半分以下の人々が飛行機で来る、他の人は、飲食、レジャー、娯楽施設が観光客を誘致する方法をいずれかの空港を想像できることをここにある。中央国際空港(セントレア)の名前は、空港から単語CentralJapanの組み合わせ、大阪で日本の関西空港、後に続く、そして空港の埋め立ての建設によって、カイは西暦2000年に建設された、2005年2月17日完了NTには$ 200(20億ドル)の費用、空港では特別に、より多くの人々を引き付けるために乗客を飛行機に加えて、日本の交通ハブ、空には、よりしっかりした造りの街、お店の広い範囲、施設、重要な役割を果たしている消費者へ。空港から航空会社カウンターの束を通過するドア、迎えの空港が、、店のスタイリッシュなショーケースであり、空港は一般的な専門、お土産などを持って、衣料品、ブティック、玩具、食料品を、持っているスナック、スペシャリティレストランでは、人々が多様な消費者ニーズを提供し、、デートトーク、SkyTownをこのカップルに特別な旅をした、買い物に行くためにここに来る。ショッピングに疲れて、商店街の隅に隠れて見逃すことはできない”スープの宮殿。”顔、マッサージのサービスを提供するためにお風呂、そして他の2つの大きなフランス窓のデザイン、ウィンドウ、つまり、エプロンで区切られた男性と女性のスープは、、私は世界が入浴の側面、飛行機が離陸と着陸を見ながらビーチを見つけることができないことが怖いです、安価な日本式ラーメンの空腹、味、さらには眠気を感じる、とお部屋、2時間、1000モンゴルの硬貨、トランジットの乗客のための施設のすべての種類の睡眠のカジュアルな快適さのために設計されたが、言うことができる偉大な楽しさ。ショッピングに空港に、食事、入浴も稀である、人々が存在する、ウェディングサービスを提供し、空港、中部国際空港との結婚を選ぶ。明るく広々とした結婚式の面積の半透明の屋根が持っている、すべての結婚式は、レストランの風景への扉の次の動きに設定するような赤いカーペットなどのデバイス、、舞台、花、風船、もう一方が完全でなければ、新しい修了式、親戚や友人が必要です空港職員によると、この幻想的な結婚式、人気、早期の予約しか会場を取得するように設定すると言った。
人々は飛行機を見るのは好き、中部国際空港は、考え抜かれた設計に感心されます。 、少し風を除いて、かなりオープン天文台は、混雑していないでしょう。最上階の展望台での空港は、完全にオープンな、人々はいつでも表示されます、あるいは壁上に寝そべって、クローズ時計航空機が離陸と着陸、立ったり、座っ間違いなく満たす航空機を見てください。店舗だミッドランズエアポート、、赤と白Yuangunの形状は、観光客に愛されるにも空港を年齢、国籍は不明ですが、旅行の愛の─、空港の当局者らによると、独自のマスコット人形を持って、そして、そこに、人々は一見の価値が人形を集めるのが大好き。
経済
名古屋市発達した経済、主要産業は、自動車の製造がある、エレクトロニクス、繊維、セラミックス産業、有名な豊田市も近くにあります。市内強力なビジネス環境、秩序を計画、建設、日本の都市の都市構造として知られているモデル。どこでも大通りを設計した街で、木々の間に草に隠れて、高層ビル、の両側に並んでいます。その名古屋の盛んな雰囲気でいっぱいエネルギッシュな人々の完全なクリーンな街、、。織物の名古屋の伝統産業、依然としてセラミックス国の重要な位置だけでなく、印刷、化学、その他の産業。海、陸、空の交通機関のハブ。国の第三位の貿易港(横浜の後、神戸)と世界最大の港の一つ。輸出自動車、鉄鋼、ビデオ、セラミックスなど。輸入原油、木材。
教育
その前身は、旧帝国日本の7つの大学の2つの国立大学、国立名古屋大学を含む二公立大学、、名古屋帝国大学があります。国立名古屋大学のために別の、有名な工学系大学。と公共名古屋市立大学、および愛知県立大学。
名城大学、名古屋、中京大学、南山大学、中部大学、金城大学大学、名古屋大学女子大学、名古屋産業大学、名古屋学院大学、名古屋芸術大学と科学、経済学の名古屋大学、商工名古屋大学、愛知学院大学、愛知淑徳大学音楽大学、愛知大学、大同大学、愛知工科大学、名古屋大学、芸術名古屋大学、名古屋芸術大学、愛知医科大学、他の民間金融機関の数十。

名古屋優れた都市計画や設計、都市が並ぶ日陰は、花が、楽しい清楚な唾を吐く。名古屋港は嵐の影響からは見えません。名古屋はモニュメントとして評判を得た。今、名古屋のために、よく発達した工業や商業世界的に有名なの。繊維産業と造船業は非常に開発されています。その伝統的な工業用セラミックス、ラッカーと七宝工芸品を開発。それは、愛知トヨタ自動車販売と松坂屋デパートが大きな商業企業のための全国的に有名であり、また日本の三大卸売業者の一つです。名古屋は活力に満ちた街ですが、それは多くの娯楽施設、ショッピングセンター、博物館、カンファレンスセンターがあります。駅の近くに劣らず10より、高層ビル、建物の地下商業街には、お互いに、買物をする理想的な場所を構成する。街の隅々ではなく、どこでも伝統的な日本の強力な文化的な香りを感じる。風格のある古い名古屋城、日本で生まれ、三英雄 – 伝説的な織田信長とその古代の物語と謎のベールをキャスト。
市長:孝之川村(かわらむのTa KA市、河村たかし?)2009年4月28機は2013年4月27日の任期を取った
行政区 – 熱田区地区日北昭和区西部地区東部地区みずほ中村グリーンゾーン領域の川地区の白い領域の一千種類
名古屋市
ポート南守山名東
税関
市の木:クスノキ花:ユリ名古屋市は愛知県の首都であるが、また、東西のトラフィックは東京と京都の間の範囲のために重要なエリア、、古代の首都であり、臨床伊勢湾、日本国外の本州中部に位置する日本で4番目に大きな都市、、です。その”北京”それは、中部日本の政治、経済、文化及び交通の中心、376平方キロメートルの面積、人口260万です。名古屋のビジネスの繁栄は、三大商業卸売りセンターの一つである、そのような愛知トヨタ自動車販売と松板家やデパートなど、日本の有名な大規模な商業企業の街として多くの大型商業企業が、ある。名古屋は日本海、陸、空の交通の構造に重要なニューヨークです。都市は多くの鉄道路線、高速道路を通って、地下30キロの合計の長さを持っています。名古屋の街と東の名前、神の名の新幹線高速鉄道のハブである、中央道、接続されている東名阪他の高速道路は、トラフィックが開発されています。名古屋港は横浜、神戸第三位の国際貿易港、最初の1万トン、日本の順位第3号、及び輸出入貨物のスループットのアカウントの年間処理量の2番目で​​す。名古屋深遠な文化的、歴史的な文化が、現代的な高層ビルと自然なフィットは、きれいな通りには中の大通りに設計された、クリーンで、都市、活気に満ちた人々、活気ある雰囲気が明らかにされ、どこでも見ることができます。別の”白い街”の名前。あなたが現代のポップ、名古屋のパルスの古都で検索したい場合は、訪問者は間違いなく最高の印象を与えることができます。そして、今日の名古屋は、すでに世界的に有名な都市です、機会が1989年に開催された、壮大な世界博覧会、都市建設と計画し、より完全な。名古屋はまた、古代史の強い香りです。日本三有名な人々の英雄 – 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康がある名古屋で生まれました。名古屋市、徳川美術館などは、古代に構築されています。名古屋五大10月中旬に”政府の宮殿裸祭り以来、”すなわちフェスティバル毎年、2月は毎年、2002年7月20日、”名古屋まつりの港”8月上旬”名古屋城夏祭り”と”ローカル英雄のパレード。”というように名古屋テレビ塔、名古屋城、名古屋能楽堂、東山スカイタワー、そして:主なアトラクションは名古屋です。
かつての市長
名前の発信番号のセッションは、一日の月、日の月になりました
1中村1889年12月17日1890年9月11日、2清水の忠誠心のレベル1890年11月6日1894年2月12日、3柳本直接太郎1894年2月28日1897年6月26日、4 1897年7月19日1901年12月2日まで、清水、5城ラング1901年12月27日1906年4月12日、6加藤重い三郎1906年6月27日1911年7月3日、7坂本さん1911年7月4日1917年1月23日の援助、8佐藤隆三郎1917年7月3日1921年7月2日、7月2日より陰の助けを喜ぶ9、1921 1922年2月2日、10川崎卓KAT 1922年4月1日1924年6月11日、11フィールド坂本千1927年8月1日1924年9月25日を助けるために、12大きな岩勲1927年8月1日1938年12月5日、13の郡の許容値1939年1月10日1942年1月6日、14佐藤正敏1942年2月21日1946年11月1日、15塚本three 1947年2月21日1952年8月25日、16小林オレンジ川1952 9月28日に、1961年3月16日、1973年4月27日1961年4月28日17シーダー神戸明確な、18山雅夫1973年4月28日1985年4月27日、19ウェストエンド無錫1985年4月28 1997年4月27日、20武久松原1997年4月28日、2009年4月27日
姉妹都市
それぞれの国の都市名は、サインインしている
ロサンゼルス、アメリカ合衆国1959年4月1日
メキシコシティ、メキシコ1978年2月16日
南京、中国1978年12月21日
シドニー、オーストラリア1980年9月16日
トリノ、イタリア2005年5月27日
風景
貨幣博物館は東海銀行、古代と世界の他の通貨のいくつか以来、日本における様々な通貨のコレクションに添付されます。日本の江戸時代の通貨のコピーも用意されています。さらに、訪問者はまた、有名な木版画の江戸時代を楽しむことができます。営業時間:9:00 – 16オープニング:00(バンクホリデー博物館閉)名古屋テレビ塔名古屋テレビ塔の展望台まで100メートルを、あなたは名古屋の写真を見ることができます。それは日中は特に顕著ではないが、夜は、光がきらめくタワー、名古屋の典型的な風景を点灯する。営業時間:10:00〜21:00観測所オープン。科学博物館科学博物館名古屋、名古屋が3つの建物から構成され、各建物は異なるテーマを持つ、すなわち”生命科学”は、”科学技術”、”天文学。” “天文学”博物館では、日本最大級のプラネタリウムショーがあります。営業時間:9:30 – 17:00(入館16:30)名古屋市橋橋は世界で7位。魅力的なコートで覆われた橋の夜に、赤、白と青のライト。魅力を見て最も近い橋の上にクルーズ船から多くの観光客。名古屋城名古屋城は名古屋のシンボルである、名古屋では最初のピットストップに到達する観光客です。城は1612年に建てられた、それは小さなティールーム、伝統的な日本庭園に囲まれた、大規模な公園に囲まれていた。城の最も重要な機能は、2つの黄金のイルカの軒下に飾られています。城は、第二次世界大戦中に破損、1959年に再建された。今、それは美術の博物館です。春、満開の2,000以上の桜の木、木と緑に覆われた。その後、名古屋城は最も美しいです。営業時間:9:00 – 16:30入場料:大人500円、100円歳未満の16人。日本の有名な文化と芸術の博物館はこの博物館は、日本の文化や美術史に焦点を当てています。それはそうで剣、鎧、衣装、茶道具、と同じように、古代日本の芸術の数々の作品を持っています。 12世紀のアイテムの多くのコレクション。 10:00オープニング – 17:00入場料:大人1200円、16 700円歳以上の学生500円歳未満の16人を。優雅な白鳥園、名古屋
名古屋国際会議場の近くに白鳥庭園は、休憩所の代表者です。それは、シーン内の静かな日本庭園、水のテーマ、、富士山、太平洋、日本の中央エリアの象徴、といった具合になります。営業時間:9:00 – 16:30;入場料:大人200円、子ども50円。名古屋港水族館、水族館では、3階建ての建物です。そのテーマは”日本の海岸から南極の旅へ”です。日本海、太平洋と南極海を含む5つの異なる海域、通過予定の観光客。営業時間:9:30 – 17:00;入場料:大人1500円、子供700円。
以前は名古屋市公文書館、上院は、国の文化遺産に指定されています。それは新たなバロック様式の建物です。今名古屋市のアーカイブとして、過去のデータは、名古屋の政府を示しています。それは公共のフリーです。 :9:15 – 17営業時間:00国宝国宝犬山城城はもともと450年前に建てられました。ここで、訪問者は、中世日本の武士階級のライフスタイルを体験することができます。城の風景の宝物が美しく印象的である場合の夕日。 9:00 – 17営業時間:00入場料:大人400円、100円歳未満の16人の子供を。
交通情報

1、JR:主要幹線は東海道、山陽新幹線です。東京、大阪、二つの新しい、ほぼ10分おきにシフト。オリジナルの東海道線、主に短距離の旅行に使用できませんエクスプレス、Express便、。さらに、長野から、松本側は、中央線、名古屋へのエクスプレスしなの数、毎年1〜2時間を使用することができます。田んぼの間に辰野〜豊橋ライン用として、富山 – 線の間に岐阜県の山々、周波数に関係なく、車の数が小さい、確認するために事前に知っておく必要があります。 2、新幹線:東京から名古屋へは、しなの数、1時間50分、料金5970円を取る。新しい大阪 – 名古屋タワーしなの数、約1時間と5分、運賃3190円。図3は、私鉄:近鉄名古屋駅まで近鉄難波駅、地下鉄ノンスツプ(直接の)急行列車、経由スイートは運賃2930円、約2時間と11分かかります。 4、バス:東京 – 6時間10分、運賃5000円程度あるJRハイウェイバスの東京駅八重洲南口、名古屋行く東名ライン。別の朝は、名古屋に到着したドリーム番号、運賃6500円を。大阪 – 京都 – 高速ラインを移動する神の名古屋名、グリッドの大阪駅西口の正面に、3つの高速バス速度自動自動車会社、約3時間20分、2600円を運賃れたJR、日本高速バス、大阪近鉄がある。 5、都市交通:名古屋は魅力的な多くのを持っている、といくつか見つけることが難しい、隠密サイドことを知って、通りを歩いて。便利な地下鉄を取るよりも、市内の観光スポットを探索するための最良の方法。最高の交通機関との間の短い距離のための非常に高密度のバス路線、、。瀬戸、清州、その他の郊外の観光スポット、私鉄を最大限に活用。良好な状態、交通渋滞の道路が、状況はまれですが、車やタクシーツアーの利用も良いです。名古屋の特徴 – 地下街、我々は列を説明する土地の市街地図にもっと注意を払う必要があります。
有名人 – また織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、加藤正直、前田家(封建軍閥)、木籐アジア(作家)、鳥山明(漫画家)、浩二矢野(ホスト、俳優)、鈴木裕之(第3 YOYO世界チャンピオン)、三夜の夏(シンガー、ソングライター)、カリーナ(モデル、俳優)玉木宏(俳優)、浅田真央(フィギュアスケート選手)、武井美咲(俳優)、など……この段落の食文化を編集する

名古屋の食事は、独自の味を作成するには、日本の伝統的な刺身、寿司を保つ。人々は、名古屋平面(きし)、および調味料ペーストの表面のような味噌のご使用に欠けている場合。そこにスナックTemmusuとういろう。
料理1、フラット(きし)は名古屋の食べ物である、麺の入り口には、日本人はパスタを食べるのが好きで、非常に滑らかです。 2、ういろうは(餅)透明なケーキです。これは、蒸し蒸し器を使用した後水で米粉、砂糖、に溶解させ、本当の豊かさの味、わずかに甘味、お茶で不可欠なスナックです。塩辛、梅ご飯、干し魚のフロスボール、等との伝統的な日本のおにぎり、名古屋、名古屋、天ぷらご飯がオリジナルである、深く日本を愛する。中央のコンパクトな海藻おにぎり唐揚げ天ぷら茶色の”頭”、美しい、魅力的な両方食欲を公開する。鶏刺身は、名古屋の特徴です。チキンは、日本の鶏肉の刺身はない臭いを滑らかにしないために地元の鶏、肉の茶色の羽を飼育です。
ok