放宽签证,美利坚合众国鼓励外国企业家移民;放宽签证,美国鼓励外国企业家移民,时间:2011-08-02

放宽签证,美利坚合众国鼓励外国企业家移民;放宽签证,美国鼓励外国企业家移民,时间:2011-08-02

美国国安部长纳波利塔诺,和移民局长梅奥卡斯,2日联合强调,美国欢迎有才华的外国企业家,或者来美国创业,并增加就业的外国投资者,利用现有的职业移民第二优先(EB-2),和投资移民签证(EB-5)项目,移民来美国。对投资移民申请EB-5签证,提供优先速审速批的服务;一人公司,可自行申请H-1B非移民工作签证;外籍特殊人才,可自行申请移民美国。美国移民局特意更新了EB-2项目的信息。

根据美利坚合众国最新发布的信息,凡是有美国硕士以上高学历,或外国相当学历,或者有美国大学本科学历,或外国相当学历,并有5年以上专业工作经验的人,都可以申请美利坚合众国EB-2。美利坚合众国移民局说,在科学、艺术、商业方面,具有杰出能力者,可通过美利坚合众国国家利益豁免,免去美利坚合众国劳工证的步骤。

所谓具有杰出能力,需符合以下6个标准中的,至少3个:有与相关杰出能力相关的大学,或学术机构的学位、证书等;在本专业,至少10年的全职工作经历证明;从事专业的执照证书;能展示杰出能力的薪水和报酬证据;专业协会的成员;由专业人士和机构认可的相关领域,出色成就。美利坚合众国移民局同时强调:美利坚合众国EB-5的新政策,包括,可用加急程序,申请人可直接与美利坚合众国移民局沟通,美利坚合众国审批官面谈解决申请过程中存在的问题等。美利坚合众国移民局宣布:扩大跨国公司高管移民申请美利坚合众国E13的加急办理程序。纳波利塔诺说:“美国必须继续吸引全世界最好和最有才华的人,为美国经济增长和创造就业贡献才能、技巧、想法。”

梅奥卡斯表示,现行的美国移民法,支持外国人才投资其资本,创造新就业机会,为美国经济增长,奉献才华。美利坚合众国移民局将确保美利坚合众国移民法的潜力充分发挥。美利坚合众国移民局发言人本特雷说,今天的宣布,其实没有新的政策变化,而是澄清现有项目中的某些方面。据悉,美利坚合众国EB-5项目,推出20年来,美利坚合众国已吸引外来投资15亿美元,创造了3.4万个美利坚合众国就业机会。

美利坚合众国康乃尔大学移民法教授洛尔(Steve Yale-Loehr)指出,奥巴马政府利用美利坚合众国现行移民制度,创造工作,是利于美利坚合众国经济成长停滞之际,促使外国企业家,更方便取得美利坚合众国短期工作签证和绿卡。

白宫及美利坚合众国国内安全部所属的USCIS,于2日,宣布了美利坚合众国争取外国投资、增加美国就业机会的新办法。美利坚合众国USCIS局长梅奥卡斯(Alejandro Mayorkas)宣布:放宽美利坚合众国签证的方式。其中一项计划,是让某些外国人士,更容易取得美利坚合众国合法的永久居留权,或「绿卡」,条件是-这些外国人士,可展现他们的工作,将可增进美国的国家利益。这些改变,将包括一种让企业家不需要取得已成立公司提供的工作,即,可获得美利坚合众国工作签证的方法。

他说,美利坚合众国投资移民申请EB-5签证的优先快速审理服务(Premium Processing Service),USCIS计划,于一个月内实施。EB-5签证,是指外人在美国投资在50万,到100万元,办理移民美利坚合众国的签证。

投资移民申请人,可向美利坚合众国USCIS缴纳额外费用,申请优先快速审理。USCIS一旦批准,须在15个工作日内,完成审理,否则,退费;USCIS于退费后,仍须不懈怠的尽速完成审理。

目前,申请美利坚合众国职业移民类的第一、二、三类优先移民,可申请优先快速审理服务。投资移民,属于美利坚合众国职业移民类的第五优先(EB-5),尚不适用。

梅奥卡斯指出,新办法,并允许一人公司申请H-1B非移民工作签证。

梅奥卡斯说,该一人公司,仍须符合申请H-1B所要求的公司雇用关系。例如,该一人公司,由公司的董事会,聘请这位单一股东工作,即可。他说,这是硅谷人士向他反映的。

符合美利坚合众国职业移民类第二优先资格的,具高等学位,或特殊能力者,只要证明其移民美国,符合美国国家利益,将可创造美利坚合众国就业,即,可在没有美利坚合众国现成工作机会,也不须美利坚合众国劳工证的情况,申请美利坚合众国职业移民类第二优先(EB-2)签证。

梅奥卡斯说,美利坚合众国高学历人才的EB-2签证,是许多美利坚合众国企业相当关切的项目。华尔街日报指出,这项放宽美利坚合众国移民资格的措施,正值许多软件业的创业人才,在美国完成高等教育后,因难以获得美利坚合众国临时工作签证和绿卡,而被迫转往其他国家发展。

研究移民企业的美利坚合众国柏克来加州大学访问学者瓦德华(Vivek Wadhwa)估计,USCIS的新措施,可望创造美利坚合众国「数以万计的新创公司,和数十万个就业机会」。美利坚合众国当局将就现行签证类别公布详细的规范,可望让更多外国企业家获得美国签证,美利坚合众国签证申请程序,将更快速和更有效率。

中国周口境外就业服务有限公司*海外(新西兰,美利坚合众国,澳洲,五大洲,四大洋,大西洋,太平洋,全球,世界,国际)女性雇主,雇主拓展部陈氏部长

(派遣国,派遣机构,派遣机关)中国周口境外就业服务有限公司,是中国政府批准的合法的外派劳务企业,具有向日本派遣技能实习生的资格和经验。
中国周口境外就业服务有限公司*海外(世界各国)女性雇主,雇主拓展部陈氏部长-Mr.sihong Chen ,系公司的派遣日本技能实习生事业特别代表,负责开拓,联系日本技能实习生(日本研修生)业务。欢迎日本监理团体,实习实施机构与我处联系,谢谢!
邮箱: george13901623260@163.com ; chensihong1961@126.com ;
手机短信息接收机:+0086-13901623260;
google将中文译成日语; 将中文译成英语
Relaxation of visa, the United States to encourage immigration of foreign entrepreneurs; relaxation of visa, the United States to encourage immigration of foreign entrepreneurs, time :2011 -08-02

U.S. Homeland Security long Napolitano, Secretary Mayo Fidel and immigration, joint stress 2, United States welcomes talented foreign entrepreneurs, or to the U.S. business, and increase employment of foreign investors, the use of existing vocational Immigration Priority (EB-2), and investment visa (EB-5) projects, immigration to the United States. Apply for EB-5 Immigrant Investor visa, granted to provide priority to speedy trial and speed of service; one-man company, may apply their own H-1B non-immigrant work visas; foreign special talent, they are free to apply to emigrate to America. USCIS EB-2 specifically updated project information.

According to latest information released by the United States, where there are high above the U.S. master’s degree or foreign equivalent education, or a U.S. bachelor’s degree or foreign equivalent education and five years of professional work experience, can apply for United States EB -2. Immigration United States of America, said, in science, art, commerce, with outstanding ability who, through the United States of America national interest waiver, labor certification step removed from the United States.

The so-called with outstanding ability, subject to the following six criteria, at least three: outstanding ability related with relevant universities, or academic institutions a degree, certificate, etc.; in the profession, at least 10 years of full-time work experience certificate; in professional license certificate; can demonstrate ability to pay and reward outstanding evidence; members of professional associations; recognized by professionals and institutions related areas, outstanding achievement. Immigration also stressed that the United States: United States EB-5’s new policies, including, expedited procedures are available, the applicant can communicate directly with the United States Immigration, United States of America to apply for approval during the official interview to solve existing problems. USCIS announced the United States of America: Expanding multinational executives E13 of the United States immigration applications for expedited procedures. Napolitano said: “The United States must continue to attract the best and most talented people for the U.S. contribution to economic growth and job creation can be, skills, ideas.”

Mayo Cass said that the current U.S. immigration law, support foreign investment in its human capital, creating new employment opportunities for U.S. economic growth, dedication talent. United States immigration authorities will ensure that the United States immigration law full potential. United States immigration spokesman Bentley said today’s announcement, in fact, no new policy changes, but to clarify some aspects of existing projects. It is reported that the United States EB-5 Program, launched 20 years ago, the United States has attracted foreign investment $ 1.5 billion, creating 34,000 jobs the United States.

United States immigration law professor at Cornell University Lohr (Steve Yale-Loehr) pointed out that Obama use the United States the current immigration system, job creation, economic growth is conducive to stagnation in the United States on the occasion, prompting foreign entrepreneurs, more convenient to obtain United States of America short-term work visas and green cards.

White House and Department of Homeland Security United States of America belongs to USCIS, on 2 May, announced the United States of America for foreign investment and increase employment opportunities for the new U.S. approach. Mayo USCIS United States of America Secretary Fidel (Alejandro Mayorkas) announced: a way to relax visa United States of America. One plan is to allow some foreign people, easier access to the United States legal permanent residency or “green card” condition – these foreign people can show their work, will enhance U.S. national interests. These changes will include a way for entrepreneurs to set up a company has not made available, namely, the United States work visas available methods.

He said the United States EB-5 Immigrant Investor visa application priority speedy trial service (Premium Processing Service), USCIS plans to implement within a month. EB-5 visa is an outsider in the U.S. investment of 50 million, to 100 million, the United States immigration visa.

Immigrant Investor applicants, may apply to the United States of America USCIS additional fees apply for priority to speedy trial. USCIS, once approved, shall be within 15 working days to complete the trial, otherwise, refund; USCIS to refund, the still do not slack as soon as possible to complete the processing.

Currently, employment-based immigration applications for the United States first class, second and third priority to immigrants can apply for priority service speedy trial. Investment immigration, employment-based immigration categories are United States of America the fifth priority (EB-5), is not yet available.

Mayo Castro pointed out that the new approach, and allow one company to apply for H-1B non-immigrant work visas.

Mayo Castro said the one-man company, still eligible for H-1B employment relationship required by the company. For example, the one-man company, the company’s board of directors, hire the work of a single shareholder can. He said that this is reflected in the Silicon Valley people to him.

Meet the United States of America the second priority in employment-based immigration categories, and with advanced degrees or exceptional ability who emigrated to the U.S. if they can prove their compliance with U.S. national interests, the United States will be able to create jobs, that is, in the United States of America is not ready-made jobs United States of America does not need labor certification cases, employment-based immigration applications for United States of America the second priority category (EB-2) visa.

Mayo Castro said the United States with high academic qualifications the EB-2 visa, is of considerable concern in many United States companies the project. Wall Street Journal noted that the relaxation of the measures the United States immigration status, a time when many of the software industry business professionals in the United States after completion of higher education, United States of America because of the difficulty to obtain temporary work visas and green cards, and forced to turn to other national development.

United States of America of immigrant businesses visiting scholar at the University of California Berkeley Wadhwa (Vivek Wadhwa) estimates, USCIS of the new measures, expected to create United States of America, “tens of thousands of new companies, and hundreds of thousands of jobs.” . United States authorities will announce the details of the existing visa category norms, is expected to allow more foreign entrepreneurs to get U.S. visas, the United States visa application process, more rapid and more efficient.

China Zhoukou Overseas Employment Services Limited * Overseas (New Zealand, the United States, Australia, on five continents, four oceans, the Atlantic, Pacific, global, world, international) female employer, the employer Development Department Minister Chen

(Sending, sending agencies, sending institutions) Zhoukou Overseas Employment Service Co., Ltd. China, the Chinese government approved the assignment of legal services company, has the skills to intern the Japanese sent the qualifications and experience.
China Zhoukou Overseas Employment Services Limited * Overseas (worldwide) female employer, the employer Development Department Minister Chen-Mr.sihong Chen, Department of Japan’s dispatch of the Special Representative of the cause of the skills the intern is responsible for developing, contact the Japanese skills intern ( Japan trainees) business. Welcome to Japan supervision groups, implementing agencies and my internship at the contact, thank you!
E-mail: george13901623260@163.com; chensihong1961@126.com;
Mobile phone short message receiver: +0086-13901623260;
google the Chinese into Japanese;
将中文译成日语
外国人起業家の移民を奨励するためにビザ、米国の緩和、ビザの緩和、米国外国企業家の移民を奨励するため、時間:2011 -08-02

米国国土安全保障長いナポリターノ、事務メイヨーフィデルと移民、関節のストレス2、米国は才能のある外国企業を歓迎する、ま​​たは米国のビジネスに、そして、既存の職業の使用を外国人投資家の雇用を増加させる移民の優先(EB – 2)、及び投資ビザ(EB – 5)のプロジェクト、米国への移民。サービスの迅速な裁判と速度に優先順位を提供するために付与されたEB – 5移民投資家ビザ、を申請、一人の会社は、自らのH – 1B非移民就労ビザを適用することが、外国の特殊な才能を、彼らはアメリカへの移住を適用する自由です。 USCIS EB – 2、特に更新されたプロジェクト情報。

高い米国の修士の学位または外国の同等の教育、または米国の学士号または外国の同等の教育とプロの仕事の5年間の経験の上にある米国、、がリリースした最新の情報によると、米国EBを申請することができます-2。アメリカの移民米国では、アメリカの国益の放棄の米国を通じて、労働証明のステップは、米国から削除、卓越した能力と、科学、芸術、商業では、言った。

以下の6つの基準の対象と卓越した能力、、少なくとも三つで、いわゆる:関連大学との関連卓越した能力、または教育機関学位、証明書など、専門職で、フルタイムの実務経験の証明書の少なくとも10年;でプロのライセンス証明書、卓越した証拠を支払い、報酬を与える能力を発揮できる、専門職協会のメンバー、専門家や機関が関連する分野、優れた業績によって認識される。移民はまた、その米国と強調:を含む、米国EB – 5の新しい政策、迅速承認制度が利用可能な、申請者は、既存の問題を解決するための公式のインタビューで承認申請を米国移民、米国と直接通信することができます。 USCISは、アメリカ合衆国を発表:迅速承認制度のための米国移民のアプリケーションのE13多国籍企業の幹部を拡大。ナポリターノは言った:”米国は経済成長と雇用創出への米国の貢献のための最良かつ最も有能な人々は、スキル、アイデアすることができます魅了し続ける必要があります。”

メイヨーキャスは、現在の米国の移民法という、米国の経済成長、献身の才能のための新たな雇用機会を創出、その人的資本への外国投資をサポートしている。米国移民局は、米国移民法の完全性が保証されます。米国移民のスポークスマンのベントレーは、本日の発表は、実際には、なく新しいポリシーの変更が、既存のプロジェクトのいくつかの側面を明確にすることだ。それが報告された米国EB – 5プログラムは、20年前に開始したこと、米国は34,000の仕事がアメリカを作成し、外国からの投資15億ドルを集めている。

コー​​ネル大学ロアー(スティーブエール – ローア)で、米国移民法の教授は、オバマが取得するために外国の起業家は、より便利に促す、米国の経済成長を機会に米国の停滞を助長する場合、現在の移民システム、雇用創出を、使用していることを指摘したアメリカ合衆国の短期就労ビザやグリーンカード。

ホワイトハウスとアメリカの国土安全保障省、米国の部は、5月2日に、米国移民帰化局に属し、外国投資のためにアメリカ合衆国を発表し、米国の新しいアプローチのための雇用機会を増加させる。アメリカ事務局長フィデル(アレハンドロメイ)のメイヨーUSCIS米国発表:アメリカのビザアメリカにリラックスする方法を。これらの外国人が自分の仕事を示すことが、米国の国益を強化する – One計画は、米国の法的永住権”グリーンカード”の条件に一部の外国人、簡単にアクセスできるようにすることです。これらの変更は、起業家が会社を設立するための方法は、すなわち、利用可能な米国の仕事ビザ入手の方法を行っていないが含まれます。

彼は米国がEB – 5移民投資家ビザ申請の優先順位即決裁判サービス(プレミアムプロセッシングサービス)は、移民局はヶ月以内に実装する計画を明らかにした。 EB – 5ビザは、米国移民ビザ、100万人に、50百万ドルの米国の投資の部外者です。

移民投資家の申請者は、アメリカUSCIS追加料金の米国にも適用されます迅速な裁判への優先順位のために適用される場合があります。 USCISは、一度承認された、、そうでなければ、裁判を完了するには、15営業日以内に返金しなければならない。USCISは、まだ処理を完了するために、できるだけ早くスラックはありません、返金する。

現在、移民への雇用ベースの米国ファーストクラスのための移住のアプリケーション、2番目と3番目の優先順位は、優先順位のサービス迅速な裁判を申請することができます。投資移民は、雇用ベースの移民カテゴリはアメリカ合衆国第五優先(EB – 5)ですが、まだ利用できません。

メイヨーカストロは、新しいアプローチと指摘、1社がH – 1B非移民就労ビザを申請することができます。

メイヨーカストロは、企業で必要とされるH – 1Bの雇用関係のためのワンマン会社、依然として対象だ。例えば、一人の会社、当社の取締役会は、5.25Vの単一株主の仕事を雇う。彼は、これが彼にシリコンバレーの人々に反映されていることだ。

アメリカ合衆国雇用ベースの移民のカテゴリ第二優先順位を満たし、そして高度な学位またはそれらが米国の国益の遵守を証明できれば、米国に移民例外的な能力で、米国は、米国において、既製の仕事になっていないジョブを、作成できるようになりますアメリカ合衆国では労働証明ケース、アメリカ合衆国2番目の優先度のカテゴリ(EB – 2)ビザのための雇用ベースの移民のアプリケーションを必要としません。

メイヨーカストロは、高い学歴EB – 2ビザで米国では、多くの米国企業のプロジェクトにかなりの関心事であると述べた。ウォールストリートジャーナルは、一時的な就労ビザやグリーンカードを取得する難しさのため、米国在留資格、高等教育の修了後、米国のソフトウェア業界のビジネスプロフェッショナルの多くの時間、米国の措置の緩和と指摘し、他の国の発展に向けることを余儀なく。

カリフォルニア大学バークレー校Wadhwa(ヴィヴェックWadhwa)推定値の大学で学者を訪問して移民の企業のアメリカ合衆国、アメリカ合衆国を作成するために期待される新たな施策、、のUSCIS”新企業の数万人、およびジョブの数十万。” 。米国当局は既存のビザのカテゴリーの規範の詳細を発表する、より多くの外国人起業家が米国ビザ、米国ビザ申請のプロセスは、より迅速かつより効率的に取得できるようにすることが期待される。

中国周口海外雇用サービス株式会社*海外(五大陸、ニュージーランド、米国、豪州、4つの海、大西洋、太平洋、グローバル、世界、​​国際的な)女性の雇用主、雇用開発部大臣陳

(機関を送信する、政府機関を送信、送信)周口海外就業服務有限公司中国、中国政府は、法律サービスの会社の割り当てを承認されたが、日本人は資格や経験を送信したインターンにスキルを持っています。
中国周口海外雇用サービス株式会社*海外(全世界)女性の雇用主、雇用開発部大臣陳- Mr.sihong陳、スキルの原因の特別代表の日本の派遣インターンの部が開発を担当し、日本語能力のインターンに連絡してください(日本研修)事業。日本スーパービジョングループ、実施機関との接触で私のインターンシップへようこそ、ありがとう!
E -メール:george13901623260@163.com、chensihong1961@126.com。
携帯電話のショートメッセージの受信者:0086〜13901623260;
グーグル日本に中国語、英語に中国語