私人飞机顾问-通俗地说,就是卖私人飞机的,还提供相关服务。目前,中国内地使用中的私人飞机,大概为70架,不及美国的千分之一。销售,送上蓝天的私人飞机,目前,人们购买的私人飞机,几乎100%,是进口航空器,主要是因为-中国现在能生产的机型很少,仅有的几种型号,价格不比进口的便宜,私人飞机

私人飞机顾问-通俗地说,就是卖私人飞机的,还提供相关服务。目前,中国内地使用中的私人飞机,大概为70架,不及美国的千分之一。销售,送上蓝天的私人飞机,目前,人们购买的私人飞机,几乎100%,是进口航空器,主要是因为-中国现在能生产的机型很少,仅有的几种型号,价格不比进口的便宜,私人飞机

1997年,中国第一次有人买私人飞机。2004年,中国第一架私人飞机上天。

一部完整的私人飞机百科全书-私人飞机关键是,航天业务,私人飞行的愉悦,与带来的价值。如果有足够的闲钱,用其中的一部分,购买私人飞机,并不会构成财务负担。私人飞机,是一种价值稳定的动产,一架飞机,至少可以使用30年以上,有‘空中房地产’之称。私人飞机,私人飞机,可能不过就是一辆高级跑车的价格;想购买私人飞机的富翁们,往往慕名而来-给客户提供149种飞机的性能参数,109种飞机的运行成本,以及69种飞机的保值性参考。如果有必要,带客户去机场,看设施和经手销售出去的私人飞机。

对私人飞机的热爱-代购的销量。由于审批繁琐和严格管制,私人飞机,在中国发展得非常缓慢。近几年,每年销售N架飞机,其中,包括把二手飞机卖到国外营销。私人飞机顾问

1997年,中国放开了对公民申请私人飞行驾照的限制。那年,以空调起家的远大集团董事长张跃,考取国内首张私人飞机驾照,从国外购得塞斯那喷气式公务飞机,和贝尔206直升机,各一架,停在广州,已经两个月,飞到长沙-进口飞机,须通过中国民航总局等部门的审批,能入关。按照规定,购买飞机需要许可,飞机飞行之前,要办理国籍登记证、适航证、电台执照,以及飞行员、维修人员的机型执照,维修单位许可证等,远大集团根本不知道该如何办理这些手续。

当时,远大集团高层领导急得团团转,民航系统。中国民航学院航空电子工程专业毕业者,如获得了中国民航飞机维修AV执照,熟悉飞行管理条例,OK。

拿飞机的批文。航空人员培训、飞行调度,和日常养护等工作。

帮别人买飞机-私人飞机顾问-专业公务航空顾问-为企业和个人客户,提供飞机咨询和采购服务-中国私人飞机太少-从事这方面职业的人少-私人飞机咨询工作,给客户提供交流平台-私人飞机,包括飞机选购、价格、证照申请、飞行事宜、维护保养、飞行员培训考核等内容。

飞机爱好者-给通用航空行业提供专业的资讯-飞机事业部,做飞机贸易,商务部,做相关产品、航空器材贸易,机务部,对私人飞机进行维修-会员俱乐部-给想买飞机的人,提供专业服务-国际上,正在销售的主流飞机,进口的,品种,多达上百个,主要有两大类型:大型喷气公务机,例如,空中客车公务机、湾流公务飞机、庞巴迪挑战者公务飞机等;直升机,例如,西科斯基直升飞机,罗宾逊、EC-120等直升机。

一条龙购买飞机服务

2003年春天,上海商人李林海在网上发帖,说,自己从小,就渴望飞上蓝天,很想买一架直升机,却不知道买哪种机型好,该如何办手续,他需要参谋。

李林海买飞机-客户买飞机

多用于商务活动,都是以公司名义申请批文,

李林海想自己玩,一圆飞行梦,这是中国人,第一次以私人名义购买飞机。

有人向中国民航华东管理局递交购飞机申请,得到的答复,是“无法做出答复”。有人又将申请,交给中国民航总局,但是,民航总局也不知道该怎么办,但是,他们决定去国外考察一番,让人们耐心等待。

6个月后,民航总局回函批复:同意购买,但是,不得用于商务飞行。

洛杉矶,采购一架全球最畅销的罗宾逊R44 型直升机,当时,价格为400 万元。2004 年年初,飞机,从洛杉矶运到上海。海关办理注册,缴纳2%的关税,和17%的增值税,把罗宾逊R44型直升机组装好,向民航部门申请适航证、电台执照、国籍登记证。走完一系列复杂的程序,飞机出现在李林海面前:锃亮的黑色机身,弧线型的半椭圆前窗,银灰色的螺旋桨。他,有幸成为中国第一个真正拥有私人飞机的人。

2004 年5月16日15时30分,李林海驾驶直升机,从龙华机场起飞,创造了中国私人飞机翱翔天空的首条记录。

采购罗宾逊R-44直升机,和赛斯纳飞机。

经手销售私人飞机,买主有两类:有需要的大企业;个人。有的客户,确实需要一架私人飞机,满足交通需要,比如,贵州和云南,直线距离,也许只有100公里,但,开车距离,却有300公里。有的,纯粹是个人爱好,反正有钱,有兴趣,就想买个私人飞机-玩。购买飞机-花几百万元”。购买便宜的飞机,办理手续的成本,比飞机本身的成本高。

与这些客户取得联系-不鼓励个人买飞机,客户主要通过两种方法联系,通过网络,靠圈内的口碑。只有经过确认的客户,针对确实想买,非常有必要的人,会提供一条龙服务。

邮箱: george13901623260@163.com ; chensihong1961@126.com ;
手机短信息接收机:+0086-13901623260;
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com
http://www.billionaires.party.com
http://www.helicoptersbuyers.com

让私人飞机飞上蓝天,购飞机,一条龙服务的第一步。飞机经销商合作,不同的飞机经销商接触,根据客户的需求,以最合理的方式,购买价格更优惠、交货期更短的飞机。一大堆事情,比如,驾驶员培训、飞行驾照的申请和考核、资格申办、飞行线路申请等,对飞机进行日常保养和维护。做飞机生意,要会帮客户-把飞机飞上天;帮客户选购飞机,把飞机从国外买进来,再把飞机飞上天,批文要办,办理购飞机许可证,飞机正式飞行之前,要办理的证照,包括,国籍登记证、适航证、电台执照,以及飞行员和维修人员的机型执照、维修单位许可证……繁杂的手续-私人飞机顾问。

服务好现有的客户-中国通用航空业严重滞后的现实。与十几年前相比,中国私人飞机市场,并无质的飞跃,仍面临诸多政策限制。比如,复杂繁琐的审批程序,至今没变,离地三尺,要审批,严格的空中管制,让一些飞行发烧友,跑到国外,体验飞行的快乐。在一个飞行自由和具备飞行环境的体系下,飞自己的私人飞机,甚至比开车省油,省时,在中国可以节省比油贵的过路费。现实中,太多不“给力”的因素,使得私人飞机市场,难有大的发展。目前,私人飞机在中国,算是奢侈品,你得为它本身,花很多钱,得为它,花很多钱请很多人…。

不鼓励个人买飞机-私人飞机真正要想飞的话,必须有规范的法制化环境。目前,这个行业的审批,非常缓慢,距离法制化,有很长的路-参加航空展等活动,不主动营销,对一些预先安排的客户,深入沟通,安排试飞。客户,可能一时冲动,想买飞机,有很多困难,他没有想到。

4月13日发布的中国《 2011年胡润财富报告》显示,截至去年年底,中国有96万名千万富翁,和6万名亿万富翁,中国每1400人中,就有1个人,是千万富翁。这些富翁的购买意向,游艇和私人飞机市场,有巨大的潜力,有富翁打算购买游艇,六分之一的富翁,计划购买私人飞机。

咨询电话,市场需求一直存在-先服务好现在的客户,客户需求特别迫切。建议客户不着急,等待民航和空军,有进一步明确的改革措施,再购买私人飞机。没有足够心理准备的客户,买了私人飞机,不能飞行,只能呆在地面上。

销售航空产品,为客户提供其他同行不能提供的增值服务。按照行业惯常的“执管方案”,销售商,和代理商,销售飞机,由航空公司以“安全责任”为名,给用户全面执管(又名:托管)。在执管服务下,飞行、机务、航务,和运行管理,都必须采用航空公司的体系,飞机证件,由执管单位办理,飞机机主,支付一笔不菲的“安全责任费”。在执管单位面前,飞机机主,完全处于弱势地位,各项费用,由执管单位说了算,一旦出现问题,更换证照,相当困难,甚至要到民航总局,重新办理批文。

管理服务,不同于执管服务,在某种意义上,更接近国外标准的飞机管理服务。以私人,或企业的名义,申请批文,办理非经营性通用航空登记,使之成为一个民航局认可的‘航空单位’,飞机的证照,以其名义办理。用户可以以平等的身份,从航空公司租用飞行、机务人员,或者培训自己的人员。与航空公司合作,为客户提供‘菜单式服务’,根据其需求和飞行量,提供短期,或长期服务。降低客户的费用,客户完全掌握了主动权,不受制于任何人。中立、全面,给客户提供以客户为中心的方案,不主张客户把飞机完全交给通用航空公司,甚至把证照,都交给对方。

与国外通用航空市场对比,目前,中国通用航空的交通价值,没有被挖掘出来,中国所有的运输机场,都没有全功能的飞行服务站。事实上,国外的私人飞机,大部分是通过FBO(FIXED BASE OPERATOR,相当于设置于机场的飞机销售4S店,即,飞行服务站销售。这种飞行服务站,销售飞机,可以提供飞机停放、维修、运行支持、培训等服务。计划和机场集团合作,在机场,建设一个全功能的通用航空服务区,由此,带动周边中,小城市的小型机场发展,进而推广到全国,形成飞行服务站网络。

未来,计划在若干年内,帮助国内通用航空发展,做通用航空业,通用航空本身的价值。国家将不会禁止做这个有利民族强盛的行业。通用航空,OK。

邮箱: george13901623260@163.com ; chensihong1961@126.com ;
手机短信息接收机:+0086-13901623260;
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com
http://www.billionaires.party.com
http://www.helicoptersbuyers.com

将中文译成日语
プライベートジェットのコンサルタントは – 平たく言えば、プライベートジェットを販売し、また関連サービスを提供しています。現在、民間航空機の中国の使用は、米国のより小さい第千は、約70であった。売上高は、プライベートジェット機青空を送る、今、人々は、民間航空機、ほぼ100%、航空機の輸入を買う主な理由 – 中国は現在、非常に少数のモデルを生産することができる、唯一のいくつかのモデル、輸入品より価格が良い安い、民間航空機

1997年、中国初の人はプライベートジェットを購入する。 2004年には、空に中国初の民間航空機。

民間航空機の完全な百科事典は、 – キーは、民間航空機、航空宇宙事業、個人的な飛行の喜び、そして価値をもたらすです。あなたは、民間航空機の購入の一部で十分な予備の現金を、持っていると財政負担を構成しない場合。プライベートジェット、動産の安定した値が、飛行機は、少なくともあなたは30年以上使用することができますが、”不動産の空気は”知られています。民間航空機、民間航空機は、ハイレベルなスポーツカーであるが、価格であることが、ここに来る傾向にある豊かなプライベートジェット機を購入したい – 航空機の性能パラメータ、航空機の運用コストの109種類、および航空機の69種類の149種類を提供する参照の保全。必要に応じて、空港に顧客を持って、施設や民間航空機の取り扱い販売をしております。

プライベートジェットのための愛 – ショッピングの販売。中国における民間航空機の審査にプロセス煩雑で厳格なコントロールとしては非常にゆっくりと開発しています。近年では、海外マーケティングに売却番目の手の航空機を含むN面、年間売上高。コンサルタント民間航空機

1997年に、中国は、その市民が自家用機パイロット免許制限を申請自由。その年、エアコンは、セスのジェットビジネス機、およびベル206ヘリコプター、それぞれが、広州で停止することを外国から購入した国内初のプライベートジェットを、運転免許証を取得し、野心的な会長張越を開始した2つあります月、長沙に飛んだ – 航空機の輸入を、承認のために中国民間航空局や他の部署を経由して、彼らがずれる可能性があります。規定によると、ライセンスは偉大なグループはこれらを処理する方法がわからない市民権の登録証明書、耐空証明書、無線免許だけでなく、パイロット、航空機のメンテナンス担当者の免許、許可及びその他のメンテナンスユニット、申請する航空機、航空機の飛行を、購入する必要が手続き。

その時、偉大な先輩指導者のグループ不安グルグルと、民間航空システム。そのような飛行の規制に精通AVライセンスのメンテナンスとして、中国の民間航空機を獲得した中国航空大学校航空電子工学の大学院生、OK。

航空機を利用するために承認。航空訓練、飛行のスケジューリング、および日常の保守やその他の作業。

プライベートジェットのコンサルタント – – プロフェッショナルビジネス航空のコンサルタントを – 航空機を買うために誰か他の企業や個々のクライアントのために、航空機への助言および調達サービスを提供 – 中国の民間飛行機の数が少なすぎる – この職業では、より少ない人々 – プライベートジェット助言活動、コミュニケーションを提供するプラットフォーム – 航空機の購入、価格、ライセンスアプリケーション、航空の問題、メンテナンス、パイロット訓練、評価などを含む民間航空機、。

航空機愛好家 – 専門的な情報を提供するために、一般的な航空業界へ – 航空機を購入したい人のために – メンバーズクラブ – 航空機課、航空機の貿易を行った、商務部は、関連製品、航空宇宙機器、貿易、メンテナンス部門、民間航空機のメンテナンスを行うために – プロフェッショナルサービスを提供するために国際的には、最大数百まで、、インポートされた品種の主流の航空機を販売している、主に2つのタイプがあります:大規模なジェット機、例えばは、エアバスACJ、ガルフストリームのビジネス機、ボンバルディアチャレンジャーのビジネス機、等、ヘリコプター、例えば、シコルスキーヘリコプター、ロビンソン、EC – 120と他のヘリコプター。

航空機を購入するワンストップサービス

2003年の春は、上海実業家李臨海が、彼女は非常に若いと言った、空に取る意欲をオンラインで公開、それはヘリコプターを購入することですが、手順を完了する方法、良い購入先のモデルかわからない、彼はスタッフに必要がある。

リチウム臨海購入航空機 – 航空機を購入する顧客

事業活動に使用されるが、承認のための会社名のアプリケーションに基づいています。

李臨海私は中国人ですラウンド飛行夢、、民間航空機の最初の購入の名前を再生思います。

中国民航華東管理局が航空機のアプリケーションの購入に提出され、答えは”応答することができません。”です。一部の人々は中国民間航空局のアプリケーションを有効に、しかし、民間航空局(FAA)​​は、その方法がわかりませんが、彼らは人々が忍耐できるよう、何かを留学に行くことにした。

6ヵ月後、承認書、民間航空管理は:購入することで合意した、しかし、商業的な飛行のために使用することはできません。

ロサンゼルス、世界で最も人気のある購入ロビンソンR44ヘリコプター、400元の価格。 2004年初頭、上海にロサンゼルスからのフライト。税関登録、2%の関税、および17%の付加価値税を支払う、ロビンソンR44ヘリコプターは、民間航空部門、ラジオ、ライセンス、国籍の登録証明書に耐空証明書を申請、組み立て。銀プロペラ、光沢のある黒いボディ、円弧型の半楕円形のフロントウィンドウ:複雑な一連の手順を完了し、航空機は、Li臨海の前に現れた。彼は実在の人物で、中国初の民間航空機になるために名誉を持っていた。

15:30 2004年5月16日で、龍華空港からのLi臨海ヘリコプター、中国初の民間航空機の飛行空のレコードを作成する。

ロビンソンR – 44ヘリコプター、セスナ航空機を購入。

、個人大企業の必要性:プライベートジェットの販売を取り扱い、買い手の2種類があります。一部の顧客が本当にそのような貴州省や雲南省、直線距離、おそらく唯一の100キロ、しかし、走行距離などの輸送ニーズを満たすためにプライベートジェットを必要とする、300キロがあります。再生する – いくつかは純粋に個人的な好みですが、とにかく、お金は、、プライベートジェットを買うために興味を望んでいた。航空機の購入 – 数百万ドルを費やすために、”安価な航空機を購入、航空機自体の高コストよりもコストの手続きを。。

これらの顧客と連絡を取ることができます – 個人がネットワークを介して、主に二つの方法を通じて、航空機、顧客コンタクトを買うように勧めるのではなく、口の中の円の単語に依存する。だけ顧客の確認の後、実際には非常に必要なもののために購入したい、ワンストップサービスを提供します。

E -メール:george13901623260@163.com、chensihong1961@126.com。
携帯電話のショートメッセージの受信者:0086〜13901623260;
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com
http://www.billionaires.party.com
http://www.helicoptersbuyers.com

初の民間航空機、航空機の購入、ワンストップのサービスのための空に連れて行く。航空機の販売代理店は、ディーラーは、顧客の需要に応じて、別の面に、より有利な価格を購入する最も合理的な方法、短納期の航空機にアクセスします。などのようなもの、たくさんの、ドライバのトレーニング、定期的なメンテナンスや航空機の整備のためのパイロットのライセンス申請や審査、資格の入札、フライトラインアプリケーションなど、。ビジネスを行う航空機は、お客様に役立つ – 航空機のフライのオーバーヘッドを、顧客が航空機を購入するために、航空機は航空機のライセンスの購入後、航空機のフライのオーバーヘッド、および実行するために承認、処理するために航空機の前に、公式飛行、海外から購入することになったライセンス、国籍登録証明書、耐空証明、無線免許だけでなく、パイロットと航空機のメンテナンス要員のライセンス、メンテナンスユニットの許可… …複雑なプロセス、を含む – プライベートジェットのコンサルタント。

その既存の顧客にサービスを提供 – 中国の一般的な航空業界では真剣に現実遅れている。一昔前と比べると、中国の民間航空機市場は、質的な飛躍があるない、まだ政策の制限の数に直面している。例えば、複雑で面倒な承認プロセスが承認する、、地面から3フィートを変更していない、厳格な航空管制、飛行愛好家の一部のため、飛行の楽しさを体験し、海外に行きました。自由で時間を節約する、車の燃費よりもさらに、独自のプライベートジェット機を飛ばし、飛行環境のシステムで飛行している、中国高価な通行料で油以上のものを保存する。現実には、あまりにも多くの大きな発展を持たせることが困難、プライベートジェットの市場を作り、要因を”強制する”。現在のところ、贅沢と考え、中国の民間航空機、、あなたはそれを所有する必要があります、たくさんのお金を費やす、多くの人々を支払うことをたくさんのお金を費やす、それを得る….

個人が航空機を購入することを奨励していない – 民間航空機の実際のを飛行するために、その後の法的および規制環境が存在する必要があります。現在、業界の承認は、非常にゆっくりと、法体系から、長い道のりがある – 航空ショーやその他の活動に参加して、、いくつか事前に配置された顧客のために、マーケティングに綿密なコミュニケーション、フライトをアレンジしてイニシアチブを取ることはありません。お客様が航空機を購入する、衝動的になることが、多くの困難がある、と彼は期待していなかった。

4月13日中国は”2011年フォーチュン誌のレポートを”発行された昨年のように、中国は96万億万長者、そして中国で60,000億万長者のすべての1400人を有し、個々が​​あることを示して、長者は。買うために金持ちの意図、ヨットや民間航空機市場は、大きな可能性を秘めている、豊かな人々はヨット、プライベートジェットを購入する豊富な、計画の6分の1を購入する予定があります。

電話番号は、市場の需要が存在している – だけでなく、現在、先着順のお客様、特に緊急の顧客の需要。その顧客がプライベートジェットを購入するために、さらに具体的な改革措置のために、民間航空や空軍を待つ、心配しないことをお勧めします。プライベートジェットを購入する準備ができていない十分な顧客は、唯一地面にとどまることができる、飛ぶことができない。

他のピアを顧客に提供する航空製品の販売は、付加価値サービスを提供することはできません。通常の産業、”実行管理プログラム”、ベンダー、およびエージェントに従って、ユーザーの名前包括的なエンフォースメント(別名:ホスティング)の航空機、航空会社”セキュリティの責任を”販売する。施行サービスの下で、飛行には、保守、運航、および運用管理、システムは、たくさんのお金を支払うために、処理の施行の単位、航空機の所有者から”セキュリティコストの責任を。”航空会社、航空機の文書を使用する必要があります。完全に弱い立場に航空機の所有者の前で執行単位、手数料は、最終決定権の施行の単位で、問題が発生した場合、承認を得るために再度適用するとしても民間航空局(FAA)​​に、、非常に困難なライセンスを交換してください。

管理サービスは、近い航空機管理サービスの外国の基準に、ある意味で、施行のサービスとは異なります。プライベート、または企業の名前、承認の申請は、非商業的な一般の航空機の登録については、”航空ユニット”航空機のライセンスを承認された民間航空を作り、その代わりに適用されます。ユーザーは、ステータス、運航乗務員からリース航空会社、または自分のスタッフのトレーニングを等しくすることができます。そして航空会社は、彼らのニーズやフライトボリューム、短期または長期のサービスによると、”サービスのメニュー”をお客様に提供する。顧客へのコストを削減し、イニシアチブの顧客を完全に制御は、誰も対象ではありません。中立的、包括的、および一般的な航空の航空機に完全に顧客中心のソリューションではなく、顧客に有利なを提供するために、さらにライセンスは、他に渡されます。

発掘されていない、中国の一般的な航空交通の値、現在では、外国の一般的な航空市場と比較して、中国の交通の空港のすべては、完全に機能するフライトサービスステーションではありません。実際には、主にFBO(固定ベースのOPERATOR、、フライトサービスステーションの販売です。空港の販売4S店、で航空機を設定するのと同じ。このフライトサービスステーション、航空機の販売を通じて、外国の民間航空機は、航空機の駐車場を提供します。メンテナンス、運用サポート、トレーニング、その他のサービスを計画し、共同の空港グループ、空港で、フル機能の一般航空サービスエリアを構築し、そのため、小都市、小さな空港で約運転し、機内サービスを形成するために全国に広がっているステーションのネットワーク。

行うための一般航空、一般的な航空産業の国内開発を支援するために数年間で将来の計画、一般的な航空自体の値。国は、業界のこの有利な国力から禁止されることはありません。一般的な航空、OK。

E -メール:george13901623260@163.com、chensihong1961@126.com。
携帯電話のショートメッセージの受信者:0086〜13901623260;
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com
http://www.billionaires.party.com
http://www.helicoptersbuyers.com

google将中文译成英语
Private jet consultant – In layman’s terms, is selling a private jet, and also provides related services. Currently, China’s use of private aircraft, was about 70, less than one thousandth of the United States. Sales, send the private jet blue sky, now, people buy private planes, almost 100%, imports of aircraft, mainly because – China is now able to produce very few models, only a few models, prices better than imports cheap, private aircraft

In 1997, China’s first people to buy private jets. In 2004, China’s first private aircraft into the sky.

A complete encyclopedia of private aircraft – the key is a private aircraft, aerospace business, personal flying pleasure, and bring value. If you have enough spare cash, with one part of the purchase of private aircraft, and will not constitute a financial burden. Private jet, a stable value of movable property, a plane, at least you can use more than 30 years, but the ‘air of real estate’ is known. Private aircraft, private aircraft, may be a high-level sports car but is the price; want to buy a private jet rich who tend to come here – to provide 149 kinds of aircraft performance parameters, 109 types of aircraft operating costs, and 69 types of aircraft the preservation of reference. If necessary, bring customers to the airport, look out facilities and private aircraft handling sales.

Love for private jets – Shopping sales. As the vetting process cumbersome and strict control of private aircraft in China is developing very slowly. In recent years, annual sales of N planes, which include second-hand aircraft sold to foreign marketing. Consultant private aircraft

In 1997, China liberalized its citizens apply for a private pilot’s license restrictions. That year, the air conditioning started the ambitious chairman Zhang Yue, obtain a driver’s license the first domestic private jets, bought from abroad that Seth jet business aircraft, and Bell 206 helicopters, each one, stop in Guangzhou, has two month, flew to Changsha – import of aircraft, to go through China Civil Aviation Administration and other departments for approval, they could be off. According to regulations, a license is required to purchase the aircraft, aircraft flight, to apply for citizenship registration certificates, airworthiness certificates, radio license, as well as pilots, aircraft maintenance personnel licenses, permits and other maintenance units, great group did not know how to handle these procedures.

At that time, great senior leadership group anxious round and round, the civil aviation system. China Civil Aviation College Aviation Electronics engineering graduate who won the Chinese civil aircraft such as the maintenance of AV license, familiar with flight regulations, OK.

Approval to take the aircraft. Aviation training, flight scheduling, and daily maintenance and other work.

Someone else to buy aircraft – private jet Consultant – Professional business aviation consultant – for corporate and individual clients, provide advisory and procurement services to the aircraft – too few of China’s private plane – in this profession, fewer people – private jet advisory work, to provide communication platform – a private aircraft, including aircraft purchase, price, license applications, aviation issues, maintenance, pilot training, assessment and so on.

Aircraft enthusiasts – to the general aviation industry to provide professional information – Aircraft Division, made the aircraft trade, the Ministry of Commerce, to do related products, aerospace equipment, trade, maintenance department, private aircraft maintenance – Members Club – for people who want to buy aircraft to provide professional services – international, is selling the mainstream aircraft, imported varieties, up to hundreds, there are two main types: large-scale jets, for example, the Airbus ACJ, Gulfstream business aircraft, Bombardier Challenger business aircraft, etc.; helicopter, for example, Sikorsky helicopters, Robinson, EC-120 and other helicopters.

One-stop service to purchase aircraft

The spring of 2003, Shanghai businessman Li Linhai posted online, said she was very young, the desire to take to the skies, it is to buy a helicopter, but do not know which model to buy good, how to complete the procedure, he needs to staff.

Li Linhai buy aircraft – the customer to buy aircraft

Used for business activities are based on the company name application for approval,

Li Linhai think I play a round flying dream, which is the Chinese people, the name of the first purchase of a private aircraft.

East China Administration of Civil Aviation of China was submitted to the purchase of aircraft applications, the answer is “unable to respond.” Some people turn the application to the China Civil Aviation Administration, however, the Civil Aviation Administration does not know how to do, but they decided to go abroad to study something, let people be patient.

After 6 months, approval letter, the Civil Aviation Administration: agreed to purchase, however, not be used for commercial flight.

Los Angeles, the world’s most popular purchase a Robinson R44 helicopter, when the price of 400 yuan. In early 2004, flight from Los Angeles to Shanghai. Customs registration, pay the 2% tariff, and 17% VAT, the Robinson R44 helicopter assembled, apply for certificate of airworthiness to the Civil Aviation department, radio license, registration certificate of nationality. Completed a series of complex procedures, the aircraft appeared in front of Li Linhai: shiny black body, arc-type semi-elliptical front window, silver propeller. He had the honor to become China’s first private aircraft with a real person.

At 15:30 on May 16th, 2004, Li Linhai helicopter from Longhua Airport, creating China’s first private aircraft flying sky records.

Purchasing Robinson R-44 helicopters, and Cessna aircraft.

Handling sales of private jets, there are two types of buyers: a need for large enterprises; individuals. Some customers really need a private jet to meet the transport needs, such as Guizhou and Yunnan, straight-line distance, perhaps only 100 km, but, driving distance, there are 300 km. Some is purely personal preference, anyway, money, interest, wanted to buy a private jet – to play. Purchase of aircraft – to spend a few million dollars. “Buying cheap aircraft, the formalities of the cost than the high cost of the aircraft itself.

Get in touch with these customers – not to encourage individuals to buy aircraft, customer contact, mainly through two ways, through the network, relying on word of mouth circle. Only after confirmation of the customer, really want to buy for, a very necessary one, will provide one-stop service.

E-mail: george13901623260@163.com; chensihong1961@126.com;
Mobile phone short message receiver: +0086-13901623260;
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com
http://www.billionaires.party.com
http://www.helicoptersbuyers.com

Take to the skies for private aircraft, aircraft purchase, one-stop service first. Aircraft distributors, dealers access to a different plane, according to customer demand, the most reasonable way to purchase more favorable prices, shorter delivery aircraft. A lot of things, such as, driver training, pilot’s license application and examination, qualification bid, flight line applications, etc., for routine maintenance and aircraft maintenance. Aircraft to do business, will help to customers – the aircraft fly overhead; to help customers purchase the aircraft, the aircraft came in to buy from abroad, then the aircraft fly overhead, and approvals to do, for purchase of aircraft license, the official flight before the aircraft to handle the license, including, nationality registration certificate, airworthiness certificate, radio license, as well as pilots and aircraft maintenance personnel licensing, maintenance units permit … … complex process – private jet consultant.

Service its existing customers – China’s general aviation industry is seriously lagging behind reality. Compared with a decade ago, China’s private aircraft market, there is no qualitative leap, still faces a number of policy restrictions. For example, complex and cumbersome approval process has not changed, three feet off the ground, to approval, strict air traffic control, flight enthusiasts for some, went abroad, to experience the joy of flying. Free and have a flight in the flight environment system, fly their own private jet, even more than car fuel efficiency, save time, save more than oil in China expensive tolls. In reality, too many “to force” factor, making the private jet market, difficult to have a big development. Currently, private aircraft in China, considered a luxury, you have to own it, spend a lot of money, get it, spend a lot of money to pay a lot of people ….

Does not encourage individuals to buy aircraft – in order to fly private aircraft real, then there must be legal and regulated environment. Currently, the industry’s approval, very slowly, from the legal system, there is a long way – to participate in air show and other activities, do not take the initiative to marketing, for some pre-arranged customers, in-depth communication, flight arrangements. Customers may be impulsive, to buy the aircraft, there are many difficulties, he did not expect.

April 13, China issued the “2011 Fortune magazine report” shows that as of last year, China has 960,000 millionaires, and 60,000 billionaires in China every 1400 people, there is an individual, is a multimillionaire . The rich man’s intention to buy, yachts and private aircraft market, has great potential, there are rich people plan to buy the yacht, one-sixth of the rich, plans to buy a private jet.

Tel, market demand has been there – well now, first-served customers, customer demand particularly urgent. Recommends that customers do not worry, wait for the civil aviation and the Air Force, for further specific reform measures, to buy a private jet. Not enough customers prepared to buy a private jet, can not fly, can only stay on the ground.

Sale of aviation products, providing customers with other peers can not provide value-added services. In accordance with usual industry, “executive control program”, vendors, and agents, selling aircraft, the airline “security responsibility” in the name of the user a comprehensive Enforcement (also known as: hosting). Under the Enforcement service, flight, maintenance, flight operations, and operational management, the system must use the airline, aircraft documents from the Enforcement unit of processing, aircraft owners, to pay a lot of money, “responsibility for security costs.” The enforcement unit in front of aircraft owners, completely in a weak position, the fees, by the Enforcement unit of the final say, if there are problems, replace the license, very difficult, even to the Civil Aviation Administration to re-apply for approval.

Management services, is different from the Enforcement Service, in a sense, closer to foreign standards of aircraft management services. Private, or corporate name, application for approval, for non-commercial general aviation registration, making a Civil Aviation approved ‘aviation units’ aircraft license, apply on its behalf. Users can equal status, the airline leased from the flight crew, or training their own staff. And airlines, providing customers with ‘menu of services’, according to their needs and flight volume, short-term or long-term service. Reduce the cost to the customer, the customer full control of the initiative is not subject to anyone. Neutral, comprehensive, and to provide customer-centric solution, not in favor of the customer entirely to the general aviation aircraft, and even the licenses are handed over to the other.

Compared with foreign general aviation market, at present, the value of China’s general aviation traffic, have not been excavated, all of China’s transportation airports, are not fully functional flight service station. In fact, foreign private aircraft, mostly through FBO (FIXED BASE OPERATOR, the equivalent of setting the aircraft at the airport sales 4S shop, that is, the flight service station sales. This flight service stations, sales of aircraft, provides aircraft parking, maintenance, operation support, training and other services is planned and co-airport group, at the airport, building a full-featured general aviation service area, thus, drive around in small cities, small airport, and then spread across the country to form a flight service station network.

Future plans in a number of years to help the domestic development of general aviation, general aviation industry to do, the value of general aviation itself. Countries will not be banned from this favorable national strength of the industry. General aviation, OK.

E-mail: george13901623260@163.com; chensihong1961@126.com;
Mobile phone short message receiver: +0086-13901623260;
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com
http://www.billionaires.party.com
http://www.helicoptersbuyers.com