日本首相,日本内阁总理大臣,简称日本总理大臣、总理,通称日本首相,是日本内阁的最高首长,也是日本实际的政府首脑,领导日本各行政机关运作。其产生方式,为日本国会议员之中择一提名,经日本国会议决指名,再形式上,由日本天皇任命。

日本首相,日本内阁总理大臣,简称日本总理大臣、总理,通称日本首相,是日本内阁的最高首长,也是日本实际的政府首脑,领导日本各行政机关运作。其产生方式,为日本国会议员之中择一提名,经日本国会议决指名,再形式上,由日本天皇任命。

日本现任首相(第94任、亦是日本第61人担任首相),是日本民主党籍的菅直人,自2010年6月8日起就职。

大日本帝国内阁总理大臣:大日本帝国
明治代 人 姓名 图片 就职时间 卸任时间 政党 备注
1 1 伊藤博文 1885年12月22日 1888年4月30日 无 长州阀
2 2 黑田清隆 1888年4月30日 1889年10月25日 无 萨摩阀
三条实美 1889年10月25日 1889年12月24日 无 内大臣,三条实美兼任
3 3 山县有朋 1889年12月24日 1891年5月6日 无 长州阀
陆军军人
4 4 松方正义 1891年5月6日 1892年8月8日 无 萨摩阀
5 伊藤博文
第2次 1892年8月8日 1896年8月31日 无 第二次内阁
枢密院议长,黑田清隆临时兼任
6 松方正义
第2次 1896年9月18日 1898年1月12日 无 第二次内阁
7 伊藤博文
第3次 1898年1月12日 1898年6月30日 无 第三次内阁
8 5 大隈重信 1898年6月30日 1898年11月8日 宪政党 肥前阀
宪政党总裁
最初的政党内阁
(隈板内阁)
9 山县有朋
第2次 1898年11月8日 1900年10月19日 无 第二次内阁
10 伊藤博文
第4次 1900年10月19日 1901年5月10日 立宪政友会 第四次内阁
枢密院议长,西园寺公望临时兼任
11 6 桂太郎
(退役将军) 1901年6月2日 1906年1月7日 无 长州阀
陆军军人
12 7 西园寺公望 1906年1月7日 1908年7月14日 立宪政友会 立宪政友会总裁
13 桂太郎
第2次
(退役将军) 1908年7月14日 1911年8月30日 无 第二次内阁
14 西园寺公望
第2次 1911年8月30日 1912年12月21日 立宪政友会 第二次内阁

大正代 人 姓名 图片 就职时间 卸任时间 政党 备注
15 桂太郎
第3次
(退役将军) 1912年12月21日 1913年2月20日 无 第三次内阁
16 8 山本权兵卫
(已退休的海军上将) 1913年2月20日 1914年4月16日 立宪政友会 萨摩阀
海军军人
17 大隈重信
第2次 1914年4月16日 1916年10月9日 立宪同志会 第二次内阁
18 9 寺内正毅 1916年10月9日 1918年9月29日 无 长州阀
陆军军人
19 10 原敬 1918年9月29日 1921年11月4日 立宪政友会 立宪政友会总裁
众议院议员
在任中遭暗杀
外务大臣,内田康哉临时兼任
20 11 高桥是清 1921年11月13日 1922年6月12日 立宪政友会 立宪政友会总裁
众议院议员
21 12 加藤友三郎
(已退休的海军上将) 1922年6月12日 1923年8月24日 无 海军军人
外务大臣,内田康哉临时兼任
22 山本权兵卫
第2次
(已退休的海军上将) 1923年9月2日 1924年1月7日 无 第二次内阁
海军军人
23 13 清浦奎吾 1924年1月7日 1924年6月11日 无 司法官僚
贵族院议员
24 14 加藤高明 1924年6月11日 1925年8月2日 [1] 宪政党
立宪政友会
革新俱乐部 宪政会总裁
众议院议员
加藤高明 1925年8月2日 1926年1月28日 [2] 宪政党 宪政会总裁
众议院议员
内务大臣,若槻礼次郎临时兼任
25 15 若槻礼次郎 1926年1月30日 1927年4月20日 宪政党 宪政会总裁
众议院议员

昭和代 人 姓名 图片 就职时间 卸任时间 政党 备注
26 16 田中义一
(退役将军) 1927年4月20日 1929年7月2日 立宪政友会 立宪政友会总裁
陆军军人
27 17 滨口雄幸 1929年7月2日 1931年4月14日 [3] 立宪民政党 立宪民政党总裁
众议院议员
在任中遭狙击(退任后死去)
外务大臣,币原喜重郎临时兼任
28 若槻礼次郎
第2次 1931年4月14日 1931年12月13日 立宪民政党 第二次内阁
29 18 犬养毅 1931年12月13日 1932年5月16日 [4] 立宪政友会 立宪政友会总裁
众议院议员
在任中遇刺(五一五事件)翌日死去
大藏大臣,高桥是清临时兼任
30 19 斋藤实
(已退休的海军上将) 1932年5月26日 1934年7月8日 无 海军军人
31 20 冈田启介
(已退休的海军上将) 1934年7月8日 1936年3月9日 [5] 无 海军军人
在任中遇袭(二二六事件)
32 21 广田弘毅 1936年3月9日 1937年2月2日 无 外交官
1月25日陆军大将宇垣一成受天皇命组阁,但却于1月29日下台
33 22 林铣十郎
(退役将军) 1937年2月2日 1937年6月4日 无 陆军军人
34 23 近卫文麿 1937年6月4日 1939年1月5日 无 贵族院议员
35 24 平沼骐一郎 1939年1月5日 1939年8月30日 无 枢密院议长转任
司法官僚
36 25 阿部信行
(退役将军) 1939年8月30日 1940年1月16日 无 陆军军人
37 26 米内光政
(已退休的海军上将) 1940年1月16日 1940年7月22日 无 海军军人
38 近卫文麿
第2次 1940年7月22日 1941年7月18日 大政翼赞会 第二次内阁
39 近卫文麿
第3次 1941年7月18日 1941年10月18日 大政翼赞会 第三次内阁
40 27 东条英机 1941年10月18日 1944年7月22日 无 陆军军人
41 28 小矶国昭 1944年7月22日 1945年4月7日 无 陆军军人
42 29 铃木贯太郎
(已退休的海军上将) 1945年4月7日 1945年8月17日 无 枢密院议长转任
海军军人
43 30 东久迩宫稔彦 1945年8月17日 1945年10月9日 无 皇族
陆军军人
※盟军占领下
(最高司令官为道格拉斯·麦克阿瑟)
44 31 币原喜重郎 1945年10月9日 1946年5月22日 无 原外务官僚
原外务大臣
贵族院议员
※盟军占领下
45 32 吉田茂 1946年5月22日 1947年5月24日 自由党 原外务官僚
自由党总裁
※盟军占领下

日本国内阁总理大臣:
昭和代 人 姓名 图片 就职时间 卸任时间 政党 备注
46 33 片山哲 1947年5月24日 1948年3月10日 日本社会党 日本社会党委员长
※盟军占领下
47 34 芦田均 1948年3月10日 1948年10月15日 民主党 民主党总裁
※盟军占领下
48 吉田茂
第2次 1948年10月15日 1949年2月16日 民主自由党 民主自由党总裁
(1948年~1950年)
自由党总裁
(1950年~1954年)
※盟军占领下
(1951年4月16日由马修·李奇微接任司令官)
※1952年4月28日日本重新拥有主权
49 吉田茂
第3次 1949年2月16日 1952年10月30日 民主自由党
自由党
50 吉田茂
第4次 1952年10月30日 1953年5月21日 自由党
51 吉田茂
第5次 1953年5月21日 1954年12月10日 自由党
52 35 鸠山一郎 1954年12月10日 1955年3月19日 日本民主党 日本民主党总裁
53 鸠山一郎
第2次 1955年3月19日 1955年11月22日 日本民主党 第二次内阁
54 鸠山一郎
第3次 1955年11月22日 1956年12月23日 自由民主党 自由民主党总裁
第三次内阁
55 36 石桥湛山 1956年12月23日 1957年2月25日 [6] 自由民主党 自由民主党总裁
56 37 岸信介 1957年2月25日 1958年6月12日 自由民主党 自由民主党总裁
57 岸信介
第2次 1958年6月12日 1960年7月19日 自由民主党 第二次内阁
58 38 池田勇人 1960年7月19日 1960年12月8日 自由民主党 自由民主党总裁
59 池田勇人
第2次 1960年12月8日 1963年12月9日 自由民主党 第二次内阁
60 池田勇人
第3次 1963年12月9日 1964年11月9日 自由民主党 第三次内阁
61 39 佐藤荣作 1964年11月9日 1967年2月17日 自由民主党 自由民主党总裁
62 佐藤荣作
第2次 1967年2月17日 1970年1月14日 自由民主党 第二次内阁
63 佐藤荣作
第3次 1970年1月14日 1972年7月7日 自由民主党 第三次内阁
64 40 田中角荣 1972年7月7日 1972年12月22日 自由民主党 自由民主党总裁
65 田中角荣
第2次 1972年12月22日 1974年12月9日 自由民主党 第二次内阁
66 41 三木武夫 1974年12月9日 1976年12月24日 自由民主党 自由民主党总裁
67 42 福田赳夫 1976年12月24日 1978年12月7日 自由民主党 自由民主党总裁
68 43 大平正芳 1978年12月7日 1979年11月9日 自由民主党 自由民主党总裁
69 大平正芳
第2次 1979年11月9日 1980年6月12日 [7] 自由民主党 第二次内阁
在任中患上心肌梗塞,并于其内离世
内阁官房长官伊东正义临时代理(从1980年6月12日-1980年7月17日)
70 44 铃木善幸 1980年7月17日 1982年11月27日 自由民主党 自由民主党总裁
71 45 中曾根康弘 1982年11月27日 1983年12月27日 自由民主党 自由民主党总裁
72 中曾根康弘
第2次 1983年12月27日 1986年7月22日 自由民主党 第二次内阁
73 中曾根康弘
第3次 1986年7月22日 1987年11月6日 自由民主党 第三次内阁
74 46 竹下登 1987年11月6日 1989年6月3日 自由民主党 自由民主党总裁

平成代 人 姓名 图片 就职时间 卸任时间 政党 备注
75 47 宇野宗佑 1989年6月3日 1989年8月10日 自由民主党 自由民主党总裁
76 48 海部俊树 1989年8月10日 1990年2月28日 自由民主党 自由民主党总裁
77 海部俊树
第2次 1990年2月28日 1991年11月5日 自由民主党 第二次内阁
78 49 宫泽喜一 1991年11月5日 1993年8月9日 自由民主党 自由民主党总裁
79 50 细川护熙 1993年8月9日 1994年4月28日 日本新党 日本新党代表
80 51 羽田孜 1994年4月28日 1994年6月30日 新生党 新生党党首
81 52 村山富市 1994年6月30日 1996年1月11日 日本社会党 日本社会党委员长
82 53 桥本龙太郎 1996年1月11日 1996年11月7日 自由民主党 自由民主党总裁
83 桥本龙太郎
第2次 1996年11月7日 1998年7月30日 自由民主党 第二次内阁(自民单独)
84 54 小渊惠三 1998年7月30日 2000年4月5日 自由民主党 自由民主党总裁
在任中中风(辞职后不久病逝)
85 55 森喜朗 2000年4月5日 2000年7月4日 自由民主党 自由民主党总裁
86 森喜朗
第2次 2000年7月4日 2001年4月26日 自由民主党 第二次内阁
87 56 小泉纯一郎 2001年4月26日 2003年11月19日 自由民主党 自由民主党总裁
88 小泉纯一郎
第2次 2003年11月19日 2005年9月21日 自由民主党 第二次内阁
89 小泉纯一郎
第3次 2005年9月21日 2006年9月26日 自由民主党 第三次内阁
90 57 安倍晋三 2006年9月26日 2007年9月26日 自由民主党 自由民主党总裁
91 58 福田康夫 2007年9月26日 2008年9月24日 自由民主党 自由民主党总裁
92 59 麻生太郎 2008年9月24日 2009年9月16日 自由民主党 自由民主党总裁
93 60 鸠山由纪夫 2009年9月16日 2010年6月8日 民主党 民主党代表
94 61 菅直人 2010年6月8日 现任 民主党 民主党代表

(派遣机关)中国周口境外就业服务有限公司,是中国政府批准的合法的外派劳务企业,具有向日本派遣技能实习生的资格和经验。
中国周口境外就业服务有限公司*海外(日本等国)女性雇主,雇主拓展部部长-Mr.sihong Chen ,系公司的派遣日本技能实习生事业特别代表,负责开拓,联系日本技能实习生(日本研修生)业务。
邮箱: george13901623260@163.com ; chensihong1961@126.com ;
手机短信息接收机:+0086-13901623260;
google将中文译成日语-将中文译成日语
日本の首相として知られている日本の総理大臣、内閣総理大臣、と呼ばれる日本の首相、日本の総理大臣は、、、日本の内閣の最高の頭部である日本、日本、操作の幹部のリーダーシップの政府の実際の頭です。彼らは日本の天皇によって任命された日本の日本評議解決された名前で指名議会、して、フォーム、間のいずれかを選択するように選択されている方法。

日本の総理大臣(94位用語は、首相として日本初の61です)、2010年6月8日から、オフィスから、日本菅直人の民主党のメンバーシップです。

日本の帝国の首相:日本の帝国
発信時間政治的なオフィス画像備考の明治世代時間の名前
11伊藤博文、1885年12月22日1888年4月30日バルブのなくなった状態
1889年10月25日なし薩摩弁1888年4月30日ロング22ブラック天晴
大臣なしで3本当の美しさ1889年10月25日1889年12月24日、3つのパートタイムの本当の美しさ
33山形1889年12月24日1891年5月6日バルブのなくなった状態
軍隊の人々
44ソングファング正一1891年5月6日1892年8月8日なし薩摩弁
5伊藤博文
台目のキャビネットなしの2nd 1892年8月8日1896年8月31日
枢密院議長、黒天晴ロング一時的なパートタイム
6ソングファング正一
台目のキャビネットなしの2nd 1896年9月18日1898年1月12日
7伊藤博文
第三キャビネットなしの3rd 1898年1月12日1898年6月30日
85大隈重信1898年6月30日1898年11月8日憲法パーティー肥前バルブ
憲法党総裁
初期パーティのキャビネット
(大隈ボードキャビネット)
9山形
台目のキャビネットなし1900年10月19日1898年11月8日第二
10伊藤博文
4th 1900年10月19日5月10日第四憲法日立内閣1901年フレンズ
枢密院会長、西園寺は一時的なパートタイム願っています
11 6桂
(退役将軍)1901年6月2日1906年1月7日もはやバルブの状態
軍隊の人々
127西園寺公王1906年1月7日1908年7月14日日立製作所は、憲法の友人の憲法上の社長の友達を設立
13桂
第二
台目のキャビネットなし(退役将軍)1908年7月14日1911年8月30日
14西園寺公王
日立の第二内閣1912年フレンズ憲法上の2nd 1911年8月30日12月21日

大きな絵はオフィスの時間に代わって発信時間の備考の政党の名前です。
15桂
第三
(退役将軍)1912年12月21日1913年2月20日にはサードキャビネット
168山本権サムライ
(退職提督)1913年2月20日4月16日憲法薩摩弁日立の1914フレンズ
海軍軍
17大隈重信
2nd 1914年4月16日1916年10月9日第二キャビネット憲法上の同志となる
189寺正一1916年10月9日1918年9月29日バルブのなくなった状態
軍隊の人々
1910年、元キング1918年9月29日1921年11月4日立は、憲法上の友人の憲法上の社長の友達を設立
衆議院
オフィス内で暗殺された
外務大臣、カン和也内田一時的なパートタイム
20 11高橋清1921年11月13日1922年6月12日日立製作所は、憲法の友人の憲法上の社長の友達を設立
衆議院
三郎加藤の2112フレンズ
(退職提督)1922年6月12日1923年8月24日なし海兵隊
外務大臣、カン和也内田一時的なパートタイム
22山本権サムライ
第二
(退職提督)台目のキャビネットなし1923年9月2日1924年1月7日
海軍軍
司法官僚なし2313青浦クイ私1924年1月7日1924年6月11日
上院のメンバーの家
2414加藤賢い1924年6月11日1925年8月2日[1]憲法パーティー
憲法上の立法のフレンズ
憲法改正はクラブの会長になる
衆議院
1926年1月28日[2] 1925年8月2日賢い加藤は、憲法上の政党の憲法上の大統領になる
衆議院
インテリア、一時的なパートタイムの大臣ならテクニクス式典二郎
テクニクスの式典二郎1926年1月30日1927年4月20日は、憲法党の憲法上の大統領となる場合25 15
衆議院

発信時の画像のパーティーの営業時間の備考に代わって、昭和の名
2616年田中
(退役将軍)1927年4月20日1929年7月2日立は、憲法上の友人の憲法上の社長の友達を設立
軍隊の人々
27 17浜口男性の幸運1929年7月2日1931年4月14日[3]、憲法上の最小のZhengdangをZhengdang憲法最小の社長
衆議院
スナイパーで(退職後に死亡)のどちらかで
外務大臣、元の通貨のような一時的な十郎パートタイム
28二郎テクニクスの式典場合
台目のキャビネットをZhengdang 2nd 1931年4月14日1931年12月13日憲法ミン
29 18犬飼毅1931年12月13日1932年5月16日[4]憲法制定の友人は、友人の憲法上の社長を設立
衆議院
のいずれかに暗殺(515イベント)が翌日に死亡した
ビッグ財務大臣、高橋は、明確な一時的なパートタイムです。
3019斉藤
(退職提督)1932年5月26日1934年7月8日なし海兵隊
3120圭介岡田
(退職提督)1934年7月8日1936年3月9日[5]なし海兵隊
どちらの攻撃で(B 26インシデント)
3221カントン天弘毅1936年3月9日1937年2月2日のない外交官
1月25日陸軍の将軍Ugaki天皇キャビネットに生活が、1月29日に辞任
3322森製粉十郎
(退役将軍)1937年2月2日1937年6月4日のない軍隊の人々
ローズメンバーのハウスなし34 23近衛Moの1937年6月4日1939年1月5日
35 24平沼喜一郎1939年1月5日1939年8月30日には上院のスピーカーなしで転送
司法官僚
36 25阿部信行
(退役将軍)1939年8月30日1940年1月16日無陸軍人
3726メートルの光ポリシー
(退職提督)1940年1月16日1940年7月22日なし海兵隊
38近衛モー
2nd 1940年7月22日1941年7月18日第二キャビネットザンビアの主要な政治的な翼になる
39近衛モー
3rd 1941年7月18日1941年10月18日は、サードキャビネットザンビアの主要な政治的な翼になる
4027東上1941年10月18日1944年7月22日無陸軍人
4128小磯国昭1944年7月22日1945年4月7日のない軍隊の人々
4229鈴木一貫太郎
(退職提督)1945年4月7日1945年8月17日には上院のスピーカーなしで転送
海軍軍
4330東Kuninomiya俊彦1945年8月17日1945年10月9日著作権フリー
軍隊の人々
※連合軍占領下
(最高司令官としてダグラスマッカーサー)
4431幣原こんにちは十郎1945年10月9日1946年5月22日外務省の官僚の旧文部省なし
元外務大臣
上院のメンバーの家
※連合軍占領下
4532吉田1946年5月22日1947年5月24日自由党、元外務官僚
自由党代表取締役社長
※連合軍占領下

日本の総理大臣:
発信時の画像のパーティーの営業時間の備考に代わって、昭和の名
46 33片山哲1947年5月24日1948年3月10日日本社会党、日本議長の社会党
※連合軍占領下
4734陸天1948年3月10日10月15日民主党民主党1948年代表取締役社長
※連合軍占領下
48吉田
2nd 1948年10月15日2月16日民主自由党1949年民主自由党の総裁
(1948〜1950)
自由党代表取締役社長
(1950〜1954)
※連合軍占領下
(マシューリッジウェイによって1951年4月16日はの司令官に就任)
※1952年4月28日日本は再び主権を持っています
49吉田
3rd 1949年2月16日1952年10月30日民主自由党
自由党
50吉田
4th 1952年10月30日1953年5月21日自由党
51吉田
5th 1953年5月21日1954年12月10日自由党
5235鳩山一郎1954年12月10日3月19日代表取締役社長の日本民主党1955年民主党
一郎鳩山53
、3月2日19日本台目のキャビネット1955年1955年11月22日民主党
一郎鳩山54
3rd 1955年11月22日1956年12月23日、自民党自由民主党の総裁
第三内閣
5536石橋湛山1956年12月23日1957年2月25日[6]、自民党自由民主党の総裁
5637岸1957年2月25日1958年6月12日、自民党自由民主党の総裁
57岸
2nd 1958年6月12日1960年7月19日自由民主党台目のキャビネット
5838池田勇人1960年7月19日1960年12月8日自民党自由民主党の社長
59池田勇人
2nd 1960年12月8日1963年12月9日自由民主党台目のキャビネット
60池田勇人
3rd 1963年12月9日1964年11月9日自由民主党第三キャビネット
6139佐藤栄作1964年11月9日1967年2月17日、自民党自由民主党の総裁
佐藤栄作、62
2nd 1967年2月17日1970年1月14日自由民主党台目のキャビネット
佐藤栄作、63
3rd 1970年1月14日1972年7月7日自由民主党第三キャビネット
6440田中1972年7月7日1972年12月22日、自民党自由民主党の総裁
65田中
2nd 1972年12月22日1974年12月9日自由民主党台目のキャビネット
6641三木1974年12月9日1976年12月24日、自民党自由民主党の総裁
6742福田赳夫1976年12月24日1978年12月7日自民党自民党社長
6843大平正芳1978年12月7日1979年11月9日、自民党自由民主党の総裁
69大平正芳
2nd 1979年11月9日1980年6月12日[7]自由民主党、第二キャビネット
どちらか自分の中に心筋梗塞、および死を苦しみの中の
官房長官伊藤単に一時的なエージェント(6月12日から1980年-1980 7月17日)
7044鈴木Zenko 1980年7月17日1982年11月27日、自民党自由民主党の総裁
7145中曽根康弘、1982年11月27日1983年12月27日、自民党自由民主党の総裁
72中曽根
2nd 1983年12月27日1986年7月22日自由民主党台目のキャビネット
73中曽根
3rd 1986年7月22日1987年11月6日自由民主党第三キャビネット
7446竹下、1987年11月6日6月3日自民党自由民主党1989年代表取締役社長

政党の時間の備考の写真の名前を引退するオフィスの時間の平成世代
7547宇野Zongyou 1989年6月3日1989年8月10日、自民党自民党総裁
7648海部1989年8月10日1990年2月28日、自民党自由民主党の総裁
77海部
2nd 1990年2月28日1991年11月5日自由民主党台目のキャビネット
7849宮澤1991年11月5日1993年8月9日自民党の自民党の総裁
7950細川1993年8月9日1994年4月28日日本新党日本新党
8051秦1994年4月28日1994年6月30日新しい政党新しい政党の最初のパーティ
8152村山1994年6月30日1996年1月11日日本社会党、日本議長の社会党
8253橋本、1996年1月11日11月7日、自民党自由民主党1996年代表取締役社長
83橋本
2nd 1996年11月7日1998年7月30日自民党、第二キャビネット(中国単独でから)
8454小渕、1998年7月30日2000年4月5日、自民党自由民主党の総裁
どちらのストローク(まもなく彼の辞任後に死亡した)で
8555森2000年4月5日2000年7月4日、自民党自由民主党の総裁
86森
2nd 2000年7月4日2001年4月26日自由民主党台目のキャビネット
8756小泉純一郎2001年4月26日2003年11月19日、自民党自由民主党の総裁
小泉純一郎、88
2nd 2003年11月19日2005年9月21日自由民主党台目のキャビネット
小泉純一郎、89
3rd 2005年9月21日2006年9月26日、自民党は、サードキャビネット
9057安倍2006年9月26日2007年9月26日、自民党自由民主党の総裁
9158福田康夫2007年9月26日2008年9月24日自民党自民党社長
9259麻生太郎2008年9月24日2009年9月16日自民党自民党社長
9360鳩山由紀夫2009年9月16日2010年6月8日民主党の民主党
現職民主党民主党に代わって、9461菅直人2010年6月8日

(機関を送る)周口海外就業服務有限公司中国、中国政府は、法律サービスの会社の割り当てを承認されたが、日本人は資格や経験を送信したインターンにスキルを持っています。
中国海外雇用サービス株式会社*周口外国(日本国およびその他の国)の女性の雇用者、雇用者の開発、大臣- Mr.sihongチェン、スキルの原因インターンの特別代表の日本の派遣の部門が開発を担当し、スキルのインターンの日本を(日本にお問い合わせください研修生)事業。
E -メール:george13901623260@163.com、chensihong1961@126.com。
携帯電話のショートメッセージの受信者:0086〜13901623260;
グーグル日本に中国語