日本水上飞机母舰 日本水上飞机母舰

日本水上飞机母舰

水上机母舰  

瑞穗大日本帝国海军(以下简称为“帝国海军”)的水上飞机母舰(すいじょうきぼかん)是专门使用-来运送水上飞机或飞行艇的舰艇,于帝国海军中的舰种分类为军舰。
帝国海军中的水上机母舰,通常拥有搭载・整备水上机的施设,部分更拥有弹射器。能支援运送飞行艇的飞行艇母舰-秋津洲,包括补给的功能,虽然,飞行艇母舰与水上机母舰有不少明显的分别,但,该类舰在帝国海军分类上,为水上机母舰的一种。 除运送水上机或飞行艇外,亦拥有作为甲标的母舰・高速给油舰的能力,并在有需要时,可考虑改装成航空母舰。帝国海军在海上使用水上机,只是作为对航空母舰的补充。

历史
日本第一只水上机母舰  

若宫帝国海军的第一只水上机母舰为若宫,其前身,本为输送船,后来,于大正3年(1914年),改装成为水上机母舰。正式建造的为千岁型,其原因是:帝国海军为了消解伦敦海军裁军条约下,与英国美国的战力差距,而建造特殊的水上机母舰。 在第二次世界大战爆发后,各舰,因帝国海军的需要,而进行改装。例如,日进本来在计划中,为敷设舰,后来,更改为水上机母舰,其后,再改成甲标的母舰。千岁型两舰,因为中途岛战役的战损,而改装成航空母舰。随战事的演进,大部分水上机母舰,已不是进行运送水上机的任务。

在第二次世界大战终战后,由于帝国海军的解散、水上机能力与价值薄弱,再者,直升机的技术进步等因素,令水上机母舰的身影逐渐消失。

水上机母舰列表

没有同型舰若宫
1901年10月竣工,1914年,改装成为水上机母舰,1932年被解体。
能登吕
1920年8月10日竣工,原为给油舰。1924年,改装成水上机母舰,1947年1月12日,被海没处分。
神威
1922年9月12日竣工,原为给油舰。1932年,改装成水上机母舰,终战时,在香港为严重损毁状态,其后,被英军解体。
瑞穗
1939年2月25日竣工,1942年5月2日,被美国击沉,为帝国海军第一只沉没的军舰。
日进
1942年2月27日竣工,1943年7月22日战没。
秋津洲
1942年4月29日竣工,为帝国海军唯一的飞行艇母舰。1944年9月24日战没。
千岁型
水上机母舰  千岁千岁
1938年7月25日竣工,1943年,改装成航空母舰,1944年10月25日战没。
千代田
1938年12月15日竣工,1943年,改装成航空母舰,1944年10月25日战没。

印度海军招标两栖飞机 ,日本企业积极参与竞争
2011年12月16日

日本新明和工业株式会社是海上自卫队新式水上飞机US-2的生产商

《 印度快报》不久前披露,印度海军即将在全球范围内,就采购两栖飞机进行招标,除了加拿大庞巴迪和俄罗斯别里耶夫这两家业内知名公司外,此前,名不见经传的日本新明和工业株式会社,向印度海军,提供了SS-3I型两栖飞机的资料。

在“军用”和“民用”之间

报道称,印度国防部长安东尼,此前访问日本期间,日方表达了同印度分享高端军事技术、联合开发项目的意愿。印度对日方的提议很感兴趣,并认为:日本生产的水陆两栖飞机可参与其采购招标。

据悉,日本政府已经允许新明和工业株式会社回应印度海军索取资料的请求。随后,有消息来源透露,新明和已向印度海军交付SS-3I型两栖飞机的资料。

事实上,早在今年9月,新明和公司就曾在2011年度,印度海事防务展上,亮出两款SS-3I型两栖飞机模型,强烈的对印度出口意向,不言自明。

新明和的主打机型,是SS-1型两栖飞机,这种采用船型机身的大块头,长30多米,高约10米,翼展33米,重23吨,装备有4具涡轮螺旋桨,最大起飞重量4.5吨,具备海面短距起飞的能力。SS-1型两栖飞机,由正副驾驶员等9名机组成员操控,另外,可搭载20名乘员或12副担架。

据分析,新明和此次向印度推销的SS-3I型,可能是在SS-2基础上升级而来的最新型号。日本海上自卫队装备的同类战机,主要执行搜救及反潜任务。

《印度快报》认为,日本有意向印度出口的型号“还能执行电子战任务”。虽然,新明和生产的两栖飞机都有民用编号,但,如果其与印度最终签署销售合同,将是一笔彻头彻尾的军火交易。

为公开出口武器探路

有分析认为,日本和印度推动两栖飞机交易,是各取所需。最近几年,印度海军用大把美元,换来了不少先进水面舰艇和潜艇,热衷于购买海军专用战机,大型化、远程化的海空作战平台,尤其受追捧。

印度海军已从美国,订购了一批P-8I大型反潜巡逻机,但,这些飞机造价昂贵,主要用于执行远洋侦察、远洋反潜等高端任务,普通的巡逻、搜救和运输任务,指望不上这些高端平台。

新明和的SS-1型两栖飞机,可在海面上起降,并且,飞机内空间大,可执行日常的反潜、巡逻、搜救任务,能向部署在外岛的印度海军基地运送人员、装备和物资,是高性价比的“海上马车”。

不久前,日本政府刚刚就放宽武器出口限制问题进行过讨论,与会者对放宽武器出口的大方向没有异议。不过,突然出口导弹、大炮,过于张扬,军事属性相对淡化的两栖飞机,显然更适合充当探路石。

更重要的是,通过向印度出口两栖飞机,日本可试探别国对日本放松武器出口限制的反应,为后续动作,提供参考。

有分析指出,日本试图向印度出口SS-3I型两栖飞机,实际上,就是乔装改扮的售武器行为,军购胃口大开的印度,希望日本成为其武器供应商,因此,双方推动两栖飞机交易,是各有盘算、各取所需。

日本媒体:日本拟向印度推销水上飞机: 2012-04-28
《 日本经济新闻》报道,在日本防卫省宣布:允许防卫装备转为民用和出口,新明和工业公司争取对印度出口“US-2”水上飞机。如果该目标实现,将是日本企业首次出口防卫装备。

日本海上自卫队的“US-2”水上飞机

4月28日

鉴于政府放宽了对防卫装备的出口限制,日本新明和工业公司计划向印度推销救援水上飞机。如果该目标实现,将是日本企业首次出口防卫装备。

《 日本经济新闻》报道,去年夏天,日本防卫省宣布:允许防卫装备转为民用和出口,新明和工业公司争取对印度出口“US—2”水上飞机。日前,新明和工业公司和川崎重工业公司等零部件厂商,成立了一个联合项目组,并在新德里,建立了营销点,营销团队共5人,其中,一人是印度前海军官员,营销团将利用这名前官员和印度国防人士的人脉关系,开展营销。项目组争取最快3年后,取得订单。

“US—2”水上飞机水陆两用,适用于沿海救援和搜索,此前,日本海上自卫队共采购了5架。该型号飞机,单价约100亿日元(约合1.24亿美元)。据介绍,印度在孟加拉湾等海域,有许多外岛,对水上飞机颇感兴趣。

报道称,其他企业在准备出口防卫装备。川崎重工计划在今年7月的英国法恩伯勒国际航空展上,展出“C—2”大型运输机。日本防卫省允许防卫装备民用后,去年底,政府宣布放宽武器出口三原则。这为日本企业参与武器国际联合研发生产,以及向海外转移-限用于和平、人道目的的武器开启了大门。

聯繫人:
http://www.billionairesdesire.com (網站價值評估:超億元);
http://www.billionairesParty.com (網站價值評估:超億元);
http://www.billionairesGroup.com (網站價值評估:超億元);

http://www.helicoptersbuyers.com (網站價值評估:超億元);

漢語名稱由谷歌自動翻譯,特注

blonde billionaires empire inc.的中文翻译_百度翻译
[翻译结果]金发碧眼的亿万富豪帝国有限公司

该结果仅供参考翻译更多

自动检测语言 中译英 英译中 中译日 日译中 百度翻译 收起
fanyi.baidu.com

联系人:
http://www.billionairesdesire.com (网站价值评估:超亿元);
http://www.billionairesParty.com (网站价值评估:超亿元);

http://www.billionairesGroup.com (网站价值评估:超亿元);

http://www.helicoptersbuyers.com (网站价值评估:超亿元);

汉语名称由谷歌自动翻译,特注

(United States) Blonde, Billionaires Empire is Inc.
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

(United States) Blonde, Billionaires Empire is Inc.
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

Blonde, Billionaires Empire Inc.Of U.S.
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

The Blonde Billionaires Empire Inc.Of the United States of America
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

(美利堅合眾國)Blonde Billionaires Empire Inc.
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

(美利堅合眾國)Blonde Billionaires Empire Inc.
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

Blonde Billionaires Empire Inc.Of 美國
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

Blonde Billionaires Empire Inc.Of 美利堅合眾國
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

(美利坚合众国)Blonde Billionaires Empire Inc.
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

(美利坚合众国)Blonde Billionaires Empire Inc.
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

Blonde Billionaires Empire Inc.Of 美国
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

Blonde Billionaires Empire Inc.Of 美利坚合众国
QQ: 1,779,642,876
E-Mail: 1779642876@qq.com

(美利坚合众国)金发(女孩,姑娘,少女,女青年)亿万富豪帝国公司
QQ:1779642876
电子邮箱:1779642876@qq.com

(美利坚合众国)金发亿万富翁帝国公司
QQ:1779642876
电子邮箱:1779642876@qq.com

金发碧眼的亿万富翁帝国Inc.Of美国
QQ:1779642876
电子邮箱:1779642876@qq.com

金发碧眼的(女孩,姑娘,少女)亿万富豪帝国Inc.Of美利坚合众国
QQ:1779642876
电子邮箱:1779642876@qq.com

(美利堅合眾國)金發億萬富翁帝國公司
QQ:1779642876
電子郵箱:1779642876@qq.com
(美利堅合眾國)金發億萬富翁帝國公司
QQ:1779642876
電子郵箱:1779642876@qq.com

金發碧眼的億萬富翁帝國Inc.Of美國
QQ:1779642876
電子郵箱:1779642876@qq.com

金發碧眼的億萬富翁帝國Inc.Of美利堅合眾國
QQ:1779642876
電子郵箱:1779642876@qq.com

汉语名称由谷歌自动翻译,特注
(美利堅合眾國)金發(女孩,姑娘,少女,女青年)億萬富豪帝國公司
QQ:1779642876
電子郵箱:1779642876@qq.com

金發碧眼的(女孩,姑娘,少女)億萬富豪帝國Inc.Of美利堅合眾國
QQ:1779642876
電子郵箱:1779642876@qq.com

Japanese seaplane mother ship

Water machine mothership

Mizuho Greater Japanese Empire Navy (hereinafter referred to as the “Empire Navy”) of the seaplane Mothership (desu い じ ょ う ki ぼ ka san) is dedicated to use – to delivery of seaplanes or flying boats of the vessels, Imperial Navy, the naval vessels classified as warships .
Water machine in the Imperial Navy carriers, usually have facilities equipped with the preparedness of water machine, some even have a catapult. Able to support delivery of the flying boat flying boat mothership – akitsushima, including the function of supply, flying boat mothership Water machine mothership has a lot of difference, but such ship in the Imperial Navy classification for water a machine mothership. In addition to transporting water machine or flying boats, it also has the mothership as a subject of high-speed oil-ship capability, and when necessary, could be considered to be converted into an aircraft carrier. Imperial Navy at sea, water machine, only as a supplement to the aircraft carrier.

History
Japan’s first water machine mothership

Palace Imperial Navy’s first water machine mothership Wakamiya, its predecessor, the transportation ship, and later in the Taisho 3 (1914), modified to become water machine mothership. Formal construction for the Chitose type, the reason is: the Imperial Navy to digestion London naval disarmament treaty, the gap with the U.S. combat power in the UK, built a water mothership. After the outbreak of World War II, Ge Jian, modified due to the needs of the Imperial Navy. For example, the day the originally in the plan for the laying of the ship, and later, change the Water machine mothership, thereafter, and then changed to a subject of mothership. Chitose type the two ships, the Battle of Midway, the battle damage, and converted into an aircraft carrier. With the evolution of the war, most of the water machine carriers, is not the task of transporting water machine.

But after the war in World War II, due to the dissolution of the Imperial Navy, weak capacity and value of water machine, Furthermore, the helicopter’s technical progress and other factors, make water Machine mothership figure gradually disappear.

Water machine mothership list

The same type of ship Wakamiya
Completed in October 1901, 1914, converted into the Water machine mothership, were disbanded in 1932.
Can 登吕
Be completed by August 10, 1920, the original oil ship. 1924, converted into the Water machine mothership, January 12, 1947, the sea is not punishment.
Divinity
Completed by September 12, 1922, the original oil ship. 1932, converted into water machine mothership, the final wartime serious damage to the state, followed by the disintegration of the British Army in Hong Kong.
Mizuho
Completed on February 25, 1939 May 2, 1942, sunk by the United States for the first sunken warship of the Imperial Navy.
Nisshin
Completed by February 27, 1942, July 22, 1943 war did not.
Akitsushima
Completed by April 29, 1942, the Imperial Navy, the only flying boat mothership. September 24, 1944 war did not.
Chitose type
Water machine mothership Chitose Chitose
Be completed by July 25, 1938, 1943, converted into an aircraft carrier battle October 25, 1944 did not.
Chiyoda
Be completed by December 15, 1938, 1943, converted into an aircraft carrier battle October 25, 1944 did not.

Indian Navy tender amphibious aircraft, the Japanese enterprises to actively participate in the competition
December 16, 2011

Japan’s New Industry Co., Ltd. is the manufacturer of the new seaplane of the Maritime Self Defense Force, the US-2

“Indian Express” recently disclosed that the Indian Navy will soon invite tenders for the procurement of amphibious aircraft worldwide, Bombardier of Canada and Russia do not Liye Fu, two well-known companies in the industry, previously unknown new and industrial Co., Ltd., the Indian Navy, provides information on the SS-3I amphibious aircraft.

Between “military” and “civilian”

Reported that the Indian Defense Minister AK Antony, after the visit to Japan, the Japanese side expressed willingness to share with the Indian high-end military technology, joint development projects. India is very interested in the proposal of the Japanese side and said: amphibious airplane produced in Japan to participate in their procurement tenders.

It is reported that the Japanese government has allowed the new Ming Industry Co., Ltd. to respond to the Indian Navy’s requests for information. Subsequently, the sources said, the new Ming and has the Indian Navy’s delivery of the SS-3I amphibious aircraft.

In fact, as early as September this year, new and company had in 2011, the Indian Maritime Defense Exhibition, showed the two SS-3I amphibious aircraft model, the strong intention to export to India, not self-evident.

New Ming and the flagship model, the SS-1 amphibious aircraft, and this ship the fuselage big man, over 30 meters long, about 10 meters high with a wingspan of 33 meters and weighs 23 tons, equipped with four turboprop, the largest take-off weight of 4.5 tons, with a sea of ​​short takeoff ability. SS-1 amphibious aircraft, controlled by the deputy pilot, and nine crew, in addition, capable of carrying 20 crew, or 12 stretchers.

According to analysis, the new and the sell to India, SS-3I type, may be upgraded from the latest models on the basis of SS-2. Similar aircraft of the Japanese Maritime Self-Defense Force equipment, perform search and rescue and anti-submarine missions.

“Indian Express”, the Japanese model of the intention of India’s exports, but also the implementation of electronic warfare task “. Although the new production amphibious aircraft have civilian number, but, if and India finally signed the sales contract will be a downright arms deal.

Pathfinder is open to export arms

Some analysts believe that Japan and India to promote the amphibious aircraft transactions, is what they want. In recent years, the Indian Navy with a lot of dollars, in exchange for a number of advanced surface ships and submarines, are eager to buy navy fighters, large-scale, long-range naval and air combat platforms, especially sought after.

Indian Navy from the United States, ordered a number of P-8I anti-submarine patrol aircraft, but the cost of these aircraft, mainly for the implementation of the ocean reconnaissance, ocean anti-submarine and other high-end tasks, regular patrols, search and rescue and transport missions expect on these high-end platform.

Sun Ming and SS-1 amphibious aircraft can take off and land on the sea, and space inside the aircraft, executable routine anti-submarine patrols, search and rescue missions, personnel, equipment and materials can be transported to the deployment of the outer islands of the Indian naval base is cost-effective “sea carriage.”

Not long ago, the Japanese government just to relax the arms export restrictions had been discussed, it was no objection to the general direction of relaxation of the arms exports. However, the sudden export of missiles, artillery, too unassuming, military attributes the relative weakening of amphibious aircraft, is clearly more suitable to act as a pathfinder stone.

More importantly, relax arms export restrictions reaction amphibious aircraft exports to India, Japan to test other countries to Japan for the follow-up action, provide a reference.

Some analysts pointed out that Japan is trying to export the SS-3I amphibious aircraft to the Indian, in fact, is in disguise arms sales, military procurement appetites of India and Japan as its arms supplier, the two sides to promote the amphibious aircraft transactions, each has its own, what they want.

Japanese media: Japanese intend to India to sell the seaplane: 2012-04-28
“Japanese Economic News” reported that in Japan’s defense ministry announced: converted to civilian use and export, and industrial companies to fight for India’s exports to allow defense equipment “US-2 seaplane. If the goal is a Japanese company’s first export of defense equipment.

Japan’s Maritime Self-Defense Force “US-2 seaplane

April 28

In view of the Government to relax restrictions on exports of defense equipment, the new Japanese and industrial company plans to sell to India’s rescue seaplane. If the goal is a Japanese company’s first export of defense equipment.

“Japanese Economic News” reported that last summer, Japan’s defense ministry announced: converted to civilian use and export, and industrial companies to fight for India’s exports to allow defense equipment “US-2 seaplane. Recently, the new Ming and industrial companies and Kawasaki heavy industry companies such as parts manufacturers, the establishment of a joint project group, and in New Delhi, to establish a marketing point, the marketing team a total of five people, which, one is India’s former naval officials, the marketing group will connections, former officials and defense of people in India for marketing. Project team to fight for the fastest three years, to obtain orders.

US-2 seaplane amphibian, apply to coastal rescue and search, after the Japanese Maritime Self-Defense Force procurement 5. The type of aircraft, priced at about 10 billion yen (about $ 124 million). According to reports, India in the Bay of Bengal and other waters, many offshore islands, seaplane quite interested.

Reported that other companies in preparation for the export of defense equipment. Kawasaki Heavy Industries in the United Kingdom Farnborough International Air Show in July this year, the exhibition of “C-2” large transport aircraft. Japan’s defense ministry to allow the defense equipment for civilian end of last year, the Government announced a relaxation of the three principles of arms exports. Japanese companies involved in weapons production of the international joint research and development, and to move overseas – limit for peaceful humanitarian purposes weapons opens the door.

Contact:
http://www.billionairesdesire.com (site value assessment: over a hundred million);
http://www.billionairesParty.com (site value assessment: over a hundred million);
http://www.billionairesGroup.com (site value assessment: over a hundred million);

http://www.helicoptersbuyers.com (site value assessment: over a hundred million);

Chinese name automatically translated by Google, and special note

blonde billionaires empire inc. Chinese translation _ Baidu translation
[Translations] blonde billionaire Empire Co., Ltd.

The results are for reference only translation of

Automatically detect the language translation of the English Translation of Chinese Baidu translation in the translation of the day away
fanyi.baidu.com

Contact:
http://www.billionairesdesire.com (site value assessment: over a hundred million);
http://www.billionairesParty.com (site value assessment: over a hundred million);

http://www.billionairesGroup.com (site value assessment: over a hundred million);

http://www.helicoptersbuyers.com (site value assessment: over a hundred million);

Chinese name automatically translated by Google, and special note

日本水上飛機母艦

水上機母艦  

瑞穗大日本帝國海軍(以下簡稱為“帝國海軍”)的水上飛機母艦(すいじょうきぼかん)是專門使用-來運送水上飛機或飛行艇的艦艇,於帝國海軍中的艦種分類為軍艦。
帝國海軍中的水上機母艦,通常擁有搭載・整備水上機的施設,部分更擁有彈射器。能支援運送飛行艇的飛行艇母艦-秋津洲,包括補給的功能,雖然,飛行艇母艦與水上機母艦有不少明顯的分別,但,該類艦在帝國海軍分類上,為水上機母艦的一種。除運送水上機或飛行艇外,亦擁有作為甲標的母艦・高速給油艦的能力,並在有需要時,可考慮改裝成航空母艦。帝國海軍在海上使用水上機,只是作為對航空母艦的補充。

歷史
日本第一隻水上機母艦  

若宮帝國海軍的第一隻水上機母艦為若宮,其前身,本為輸送船,後來,於大正3年(1914年),改裝成為水上機母艦。正式建造的為千歲型,其原因是:帝國海軍為了消解倫敦海軍裁軍條約下,與英國美國的戰力差距,而建造特殊的水上機母艦。在第二次世界大戰爆發後,各艦,因帝國海軍的需要,而進行改裝。例如,日進本來在計劃中,為敷設艦,後來,更改為水上機母艦,其後,再改成甲標的母艦。千歲型兩艦,因為中途島戰役的戰損,而改裝成航空母艦。隨戰事的演進,大部分水上機母艦,已不是進行運送水上機的任務。

在第二次世界大戰終戰後,由於帝國海軍的解散、水上機能力與價值薄弱,再者,直升機的技術進步等因素,令水上機母艦的身影逐漸消失。

水上機母艦列表

沒有同型艦若宮
1901年10月竣工,1914年,改裝成為水上機母艦,1932年被解體。
能登呂
1920年8月10日竣工,原為給油艦。 1924年,改裝成水上機母艦,1947年1月12日,被海沒處分。
神威
1922年9月12日竣工,原為給油艦。 1932年,改裝成水上機母艦,終戰時,在香港為嚴重損毀狀態,其後,被英軍解體。
瑞穗
1939年2月25日竣工,1942年5月2日,被美國擊沉,為帝國海軍第一隻沉沒的軍艦。
日進
1942年2月27日竣工,1943年7月22日戰沒。
秋津洲
1942年4月29日竣工,為帝國海軍唯一的飛行艇母艦。 1944年9月24日戰沒。
千歲型
水上機母艦  千歲千歲
1938年7月25日竣工,1943年,改裝成航空母艦,1944年10月25日戰沒。
千代田
1938年12月15日竣工,1943年,改裝成航空母艦,1944年10月25日戰沒。

印度海軍招標兩棲飛機,日本企業積極參與競爭
2011年12月16日

日本新明和工業株式會社是海上自衛隊新式水上​​飛機US-2的生​​產商

《 印度快報》不久前披露,印度海軍即將在全球範圍內,就採購兩棲飛機進行招標,除了加拿大龐巴迪和俄羅斯別里耶夫這兩家業內知名公司外,此前,名不見經傳的日本新明和工業株式會社,向印度海軍,提供了SS-3I型兩棲飛機的資料。

在“軍用”和“民用”之間

報導稱,印度國防部長安東尼,此前訪問日本期間,日方表達了同印度分享高端軍事技術、聯合開發項目的意願。印度對日方的提議很感興趣,並認為:日本生產的水陸兩棲飛機可參與其採購招標。

據悉,日本政府已經允許新明和工業株式會社回應印度海軍索取資料的請求。隨後,有消息來源透露,新明和已向印度海軍交付SS-3I型兩棲飛機的資料。

事實上,早在今年9月,新明和公司就曾在2011年度,印度海事防務展上,亮出兩款SS-3I型兩棲飛機模型,強烈的對印度出口意向,不言自明。

新明和的主打機型,是SS-1型兩棲飛機,這種採用船型機身的大塊頭,長30多米,高約10米,翼展33米,重23噸,裝備有4具渦輪螺旋槳,最大起飛重量4.5噸,具備海面短距起飛的能力。 SS-1型兩棲飛機,由正副駕駛員等9名機組成員操控,另外,可搭載20名乘員或12副擔架。

據分析,新明和此次向印度推銷的SS-3I型,可能是在SS-2基礎上升級而來的最新型號。日本海上自衛隊裝備的同類戰機,主要執行搜救及反潛任務。

《印度快報》認為,日本有意向印度出口的型號“還能執行電子戰任務”。雖然,新明和生產的兩棲飛機都有民用編號,但,如果其與印度最終簽署銷售合同,將是一筆徹頭徹尾的軍火交易。

為公開出口武器探路

有分析認為,日本和印度推動兩棲飛機交易,是各取所需。最近幾年,印度海軍用大把美元,換來了不少先進水面艦艇和潛艇,熱衷於購買海軍專用戰機,大型化、遠程化的海空作戰平台,尤其受追捧。

印度海軍已從美國,訂購了一批P-8I大型反潛巡邏機,但,這些飛機造價昂貴,主要用於執行遠洋偵察、遠洋反潛等高端任務,普通的巡邏、搜救和運輸任務,指望不上這些高端平台。

新明和的SS-1型兩棲飛機,可在海面上起降,並且,飛機內空間大,可執行日常的反潛、巡邏、搜救任務,能向部署在外島的印度海軍基地運送人員、裝備和物資,是高性價比的“海上馬車”。

不久前,日本政府剛剛就放寬武器出口限制問題進行過討論,與會者對放寬武器出口的大方向沒有異議。不過,突然出口導彈、大砲,過於張揚,軍事屬性相對淡化的兩棲飛機,顯然更適合充當探路石。

更重要的是,通過向印度出口兩棲飛機,日本可試探別國對日本放鬆武器出口限制的反應,為後續動作,提供參考。

有分析指出,日本試圖向印度出口SS-3I型兩棲飛機,實際上,就是喬裝改扮的售武器行為,軍購胃口大開的印度,希望日本成為其武器供應商,因此,雙方推動兩棲飛機交易,是各有盤算、各取所需。

日本媒體:日本擬向印度推銷水上飛機: 2012-04-28
《 日本經濟新聞》報導,在日本防​​衛省宣布:允許防衛裝備轉為民用和出口,新明和工業公司爭取對印度出口“US-2”水上飛機。如果該目標實現,將是日本企業首次出口防衛裝備。

日本海上自衛隊的“US-2”水上飛機

4月28日

鑑於政府放寬了對防衛裝備的出口限制,日本新明和工業公司計劃向印度推銷救援水上飛機。如果該目標實現,將是日本企業首次出口防衛裝備。

《 日本經濟新聞》報導,去年夏天,日本防衛省宣布:允許防衛裝備轉為民用和出口,新明和工業公司爭取對印度出口“US—2”水上飛機。日前,新明和工業公司和川崎重工業公司等零部件廠商,成立了一個聯合項目組,並在新德里,建立了營銷點,營銷團隊共5人,其中,一人是印度前海軍官員,營銷團將利用這名前官員和印度國防人士的人脈關係,開展營銷。項目組爭取最快3年後,取得訂單。

“US—2”水上飛機水陸兩用,適用於沿海救援和搜索,此前,日本海上自衛隊共採購了5架。該型號飛機,單價約100億日元(約合1.24億美元)。據介紹,印度在孟加拉灣等海域,有許多外島,對水上飛機頗感興趣。

報導稱,其他企業在準備出口防衛裝備。川崎重工計劃在今年7月的英國法恩伯勒國際航空展上,展出“C—2”大型運輸機。日本防衛省允許防衛裝備民用後,去年底,政府宣布放寬武器出口三原則。這為日本企業參與武器國際聯合研發生產,以及向海外轉移-限用於和平、人道目的的武器開啟了大門。

聯繫人:
http://www.billionairesdesire.com (網站價值評估:超億元);
http://www.billionairesParty.com (網站價值評估:超億元);
http://www.billionairesGroup.com (網站價值評估:超億元);

http://www.helicoptersbuyers.com (網站價值評估:超億元);

漢語名稱由谷歌自動翻譯,特注

blonde billionaires empire inc.的中文翻譯_百度翻譯
[翻譯結果]金發碧眼的億萬富豪帝國有限公司

該結果僅供參考翻譯更多

自動檢測語言中譯英英譯中中譯日日譯中百度翻譯收起
fanyi.baidu.com

聯繫人:
http://www.billionairesdesire.com (網站價值評估:超億元);
http://www.billionairesParty.com (網站價值評估:超億元);

http://www.billionairesGroup.com (網站價值評估:超億元);

http://www.helicoptersbuyers.com (網站價值評估:超億元);

漢語名稱由谷歌自動翻譯,特注

日本の水上機母艦

水のマシンの母船

帝国海軍、軍艦として分類艦艇、水上飛行機または船の飛行艇の配信に – 水上マザーのみずほ大日本帝国海軍(以下、 “帝国海軍”と呼ばれる)(desuいじょう気ぼKAさんが)を使用するように専用されている。
帝国海軍キャリアの水のマシンは、通常、水·マシンの準備を備えた施設を持って、いくつかのもカタパルトを持っています。電源の機能を含む、akitsushima、飛行艇の母船水機母船違いの多くを持っていますが、水の帝国海軍の分類でこのような船 – 飛行艇飛行艇の母船の配信をサポートすることができるマシンの母船。水機や飛行艇を輸送に加えて、それはまた、高速油船能力の対象として母船を持っており、必要なときに、空母に変換することが考えられる。唯一の空母を補完するものとして、海、水のマシンでは帝国海軍、。

歴史
日本初の水のマシンの母船

水機母艦になるように変更後の大正3(1914)の宮殿帝国海軍初の水のマシン母船の若宮、その前身は、輸送船、そして、。千歳型の正式な建設は、その理由は、次のとおりです。消化ロンドン海軍軍縮条約、英国、米国の戦闘力とのギャップ、に帝国海軍は、水の母船を構築しました。第二次世界大戦は、Ge建の勃発後、帝国海軍のニーズのために変更されます。例えば、その日はその後、もともと船の敷設のための計画では、以降では、その後、水のマシン母船を変更したり、母船のテーマに変更されました。千歳市は、2つの船、ミッドウェー海戦、戦闘ダメージを入力し、空母に変換されます。戦争の進化と、水のマシンのキャリアのほとんどは、水の機械の輸送作業ではありません。

しかし、また帝国海軍、水機の弱い能力と価値、ヘリコプターの技術的進歩やその他の要因の溶解に起因する第二次世界大戦の戦争の後、水機母船の図が徐々に消えるように。

水のマシンの母船リスト

船若宮同じタイプの
1901年10月、1914年に完成し、水のマシンの母船に変換され、1932年に解散しました。
登吕ことができます
1920年8月10日、元の油船が完成することができます。 1924年、ウォーターマシンの母船、1947年1月12日に変換され、海は罰ではありません。
神性
1922年9月12日までに完成、元のオイルが付属しています。 1932年、香港のイギリス軍の崩壊に続いて水のマシンの母船、状態への最終的な戦時重大な損害、に変換されます。
みずほ
帝国海軍の最初の沈没軍艦のための米国によって撃沈1939年2月25日1942年5月2日、で完了しました。
日進
1942年2月27日、7月22日までに完了、1943年戦争はしませんでした。
Akitsushima
1942年4月29日、海軍、唯一の飛行艇の母船で完了しました。 1944年9月24日戦争はしませんでした。
千歳型
水機母艦千歳
1938年7月25日、1943年に完成する、1944年10月25日空母戦闘に変換しませんでした。
千代田区
1938年12月15日、1943年に完成する、1944年10月25日空母戦闘に変換しませんでした。

インド海軍の入札水陸両用の航空機は、日本企業は積極的に競争に参加する
2011年12月16日

日本の新産業株式会社は、US-2、海上自衛隊の新たな水上飛行機の製造メーカーです

“インディアン·エクスプレス”最近世界的に、カナダのボンバルディア社とロシアはLiyeカンフー、業界では2つの有名な企業が、未知の新しいインド海軍はすぐに水陸両用航空機の調達の入札を招待することはありません開示や工業株式会社は、インド海軍は、SS-3I水陸両用の航空機に関する情報を提供します。

“軍事”と “民間人”の間

インドの国防相AKアントニーことを報告し、日本を訪問した後、日本側は、インドのハイエンド軍事技術、共同開発プロジェクトと共有する意思を表明した。インドは日本側の提案に非常に興味があると述べた:水陸両用飛行機が、その調達の入札に参加するために日本で生産。

それは日本政府が新たな明工業株式会社は、情報のインド海軍の要求に応答することができましたことが報告されている。その後、ソースは新しい明と言ったSS-3I水陸両用航空機のインド海軍の配信を持っています。

実際、今年9月には早く、新しい、同社は、2011年にインドの海上防衛展示会があったが、2 SS-3I水陸両用航空機モデル、インドに輸出するために強い意志ではなく、自明であった。

新明とフラッグシップモデル、SS-1水陸両用の航空機が、この船は胴体の大きな男が、30メートル以上の長さ、33メートルと翼幅約10メートルの高さは、4つのターボプロップを装備し、最大23トンの重さ短い離陸能力の海と、4.5トンの重量を離陸。 20乗組員、または12担架を運ぶことができるだけでなく、副パイロット、乗務員9によって制御されるSS-1水陸両用機、、。

分析によれば、新しい、インドに販売、SS-3Iタイプは、SS-2に基づいて最新のモデルからアップグレードすることができます。日本の海上自衛隊機の類似した航空機は、捜索救助と対潜水艦任務を実行します。

また、 “インディアン·エクスプレス”、インドの輸出の意図の日本モデルが、電子戦のタスクの実装 “。新しい生産水陸両用航空機は民間の番号を持っていますが、が、最終的に署名された場合、インドの販売契約は、紛れもない武器取引となります。

Pathfinderは、武器を輸出するために開いている

一部のアナリストは日本とインドが水陸両用航空機の取引を促進すると信じて、彼らが何をしたいです。近年では、ドルの多くのインド海軍は、高度な表面船や潜水艦の数を交換では、特に求められた海軍の戦闘機、大規模、長期の海軍と空軍の戦闘プラットフォームを購入すること熱望している。

米国からインド海軍は、P-8I対潜哨戒機の数を命じたが、これらの航空機のコストは、主に海洋偵察を実施するための、海対潜水艦やその他のハイエンドタスク、定期的なパトロール、捜索や救助や輸送任務に期待これらのハイエンドプラットフォーム上で。

日明とSS-1水陸両用の航空機が離着陸海に、航空機内のスペースができ、実行可能なルーチン対潜水艦パトロール、捜索救助任務、人員、設備及び材料はインドの海軍基地の外側の島々の展開に輸送することができる費用対効果の高い “海の馬車”です。

少し前までは、日本政府は単に武器輸出規制が議論されていたリラックスするためには、武器輸出の緩和の一般的な方向に異議なくありませんでした。しかし、ミサイルの突然の輸出、大砲、あまりにも控えめな、軍事的属性水陸両用航空機の相対的な弱体化は、明らかにパスファインダー石として作用することに適しています。

さらに重要なことは、インド、日本への水陸両用航空機の輸出はリファレンスを提供し、フォローアップアクションのために日本に他の国々をテストするために輸出規制の反応が腕をリラックスしてください。

一部のアナリストは、日本がインドにSS-3I水陸両用航空機を輸出しようとしている、実際には、水陸両用航空機の取引を促進するための変装の武器売却は、その武器のサプライヤーとしてのインドと日本の軍事調達の食欲、両側にあることが判明しましたそれぞれは、彼らが望むものを、独自のを持っています。

日本のメディアは日本は水上飛行機を販売してインドに予定:2012年4月28日
防衛装置 “US-2水上飛行機を可能にするためにインドの輸出のために戦うことを民生用と輸出、産業企業への変換:”日本の経済ニュースは “日本の防衛省に発表されたことを報告した。目標は、防衛装備品の日本企業初の輸出である場合。

日本の海上自衛隊 “US-2水上飛行機

4月28日

防衛装備品の輸出に関する規制を緩和する政府の見解では、新しい日本と産業の企業は、インドの救助飛行機への販売を計画しています。目標は、防衛装備品の日本企業初の輸出である場合。

“日本の経済ニュース”はその最後の夏に報告され、日本の防衛省が発表した防衛装置 “US-2水上飛行機を可能にするためにインドの輸出のために戦うことを民生用とエクスポート、および工業企業に変換されます。最近、新しい明と産業企業とこのような部品メーカーとして、川崎重工業会社、共同プロジェクトグループの設立、ニューデリーで、マーケティング·チームは、5人の合計をマーケティングポイントを確立するために、人はインドの旧海軍関係者で、マーケティンググループがなります接続は、元職員およびマーケティングのためのインドの人々の防衛。受注を得るために、最速の三年間のために戦うためのプロジェクトチーム。

US-2水上飛行機の両生類、日本の海上自衛隊の調達5の後、海岸の救助、検索に適用されます。航空機の種類は、約100億円(約1.24億ドル)で販売。非常に興味を持ってレポート、ベンガル湾や他の海域で、インドは、多くの沖合の島、水上による。

報告された防衛装備品の輸出の準備のために他の企業。 7月にイギリスファーンバラ国際航空ショーで川崎重工業今年、 “C-2″大型輸送機の展示。昨年の民間の終わりのために防衛装備品を可能にするために日本の防衛省は、政府が武器輸出三原則の緩和を発表しました。日本企業の国際的な共同研究開発の兵器製造に関与しており、海外に移動するには – 平和人道目的の武器の制限は扉を開きます。

お問い合わせ:
http://www.billionairesdesire.com(サイト価値評価:億以上);
http://www.billionairesParty.com(サイト価値評価:億以上);
http://www.billionairesGroup.com(サイト価値評価:億以上);

http://www.helicoptersbuyers.com(サイト価値評価:億以上);

自動的にGoogleによって翻訳され、中国名、および特別な注意

金髪の億万長者の帝国株式会社。中国語翻訳_ Baiduの翻訳
[翻訳]金髪の億万長者帝国株式会社

結果は、参照のみの翻訳のためのものです

自動的に離れて一日の翻訳、中国のBaiduの翻訳の英語翻訳の言語の翻訳を検出
fanyi.baidu.com

お問い合わせ:
http://www.billionairesdesire.com(サイト価値評価:億以上);
http://www.billionairesParty.com(サイト価値評価:億以上);

http://www.billionairesGroup.com(サイト価値評価:億以上);

http://www.helicoptersbuyers.com(サイト価値評価:億以上);

自動的にGoogleによって翻訳され、中国名、および特別な注意

(米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

(米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

ブロンド、億万長者帝国Inc.Of米国
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

ブロンドの億万長者帝国Inc.Ofアメリカ合衆国
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

(米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

(米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

ブロンド、億万長者帝国Inc.Of米国
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

ブロンドの億万長者帝国Inc.Ofアメリカ合衆国
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

(米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

(米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

ブロンド、億万長者帝国Inc.Of米国
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

ブロンドの億万長者帝国Inc.Ofアメリカ合衆国
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

億万長者帝国カンパニー(米国)ブロンド(女の子、女の子、若い女性)
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

(米国)金髪の億万長者の帝国会社
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

金髪の億万長者帝国Inc.Of米国
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

ブロンドの髪とアメリカの(女の子、女の子、女の子)億万長者帝国Inc.Of米国の青い目
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

(米国)金髪の億万長者の帝国会社
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com
(米国)金髪の億万長者の帝国会社
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

金髪の億万長者帝国Inc.Of米国
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

金髪の億万長者帝国Inc.Ofアメリカ合衆国
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

自動的にGoogleによって翻訳され、中国名、および特別な注意
億万長者帝国カンパニー(米国)ブロンド(女の子、女の子、若い女性)
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

ブロンドの髪とアメリカの(女の子、女の子、女の子)億万長者帝国Inc.Of米国の青い目
QQ:1779642876
E-メール:1779642876@qq.com

《日本水上飞机母舰 日本水上飞机母舰》有一个想法

  1. 日本水上飞机母舰

    水上机母舰  

    瑞穗大日本帝国海军(以下简称为“帝国海军”)的水上飞机母舰(すいじょうきぼかん)是专门使用-来运送水上飞机或飞行艇的舰艇,于帝国海军中的舰种分类为军舰。
    帝国海军中的水上机母舰,通常拥有搭载・整备水上机的施设,部分更拥有弹射器。能支援运送飞行艇的飞行艇母舰-秋津洲,包括补给的功能,虽然,飞行艇母舰与水上机母舰有不少明显的分别,但,该类舰在帝国海军分类上,为水上机母舰的一种。 除运送水上机或飞行艇外,亦拥有作为甲标的母舰・高速给油舰的能力,并在有需要时,可考虑改装成航空母舰。帝国海军在海上使用水上机,只是作为对航空母舰的补充。

    历史
    日本第一只水上机母舰  

    若宫帝国海军的第一只水上机母舰为若宫,其前身,本为输送船,后来,于大正3年(1914年),改装成为水上机母舰。正式建造的为千岁型,其原因是:帝国海军为了消解伦敦海军裁军条约下,与英国美国的战力差距,而建造特殊的水上机母舰。 在第二次世界大战爆发后,各舰,因帝国海军的需要,而进行改装。例如,日进本来在计划中,为敷设舰,后来,更改为水上机母舰,其后,再改成甲标的母舰。千岁型两舰,因为中途岛战役的战损,而改装成航空母舰。随战事的演进,大部分水上机母舰,已不是进行运送水上机的任务。

    在第二次世界大战终战后,由于帝国海军的解散、水上机能力与价值薄弱,再者,直升机的技术进步等因素,令水上机母舰的身影逐渐消失。

    水上机母舰列表

    没有同型舰若宫
    1901年10月竣工,1914年,改装成为水上机母舰,1932年被解体。
    能登吕
    1920年8月10日竣工,原为给油舰。1924年,改装成水上机母舰,1947年1月12日,被海没处分。
    神威
    1922年9月12日竣工,原为给油舰。1932年,改装成水上机母舰,终战时,在香港为严重损毁状态,其后,被英军解体。
    瑞穗
    1939年2月25日竣工,1942年5月2日,被美国击沉,为帝国海军第一只沉没的军舰。
    日进
    1942年2月27日竣工,1943年7月22日战没。
    秋津洲
    1942年4月29日竣工,为帝国海军唯一的飞行艇母舰。1944年9月24日战没。
    千岁型
    水上机母舰  千岁千岁
    1938年7月25日竣工,1943年,改装成航空母舰,1944年10月25日战没。
    千代田
    1938年12月15日竣工,1943年,改装成航空母舰,1944年10月25日战没。

    印度海军招标两栖飞机 ,日本企业积极参与竞争
    2011年12月16日

    日本新明和工业株式会社是海上自卫队新式水上飞机US-2的生产商

    《 印度快报》不久前披露,印度海军即将在全球范围内,就采购两栖飞机进行招标,除了加拿大庞巴迪和俄罗斯别里耶夫这两家业内知名公司外,此前,名不见经传的日本新明和工业株式会社,向印度海军,提供了SS-3I型两栖飞机的资料。

    在“军用”和“民用”之间

    报道称,印度国防部长安东尼,此前访问日本期间,日方表达了同印度分享高端军事技术、联合开发项目的意愿。印度对日方的提议很感兴趣,并认为:日本生产的水陆两栖飞机可参与其采购招标。

    据悉,日本政府已经允许新明和工业株式会社回应印度海军索取资料的请求。随后,有消息来源透露,新明和已向印度海军交付SS-3I型两栖飞机的资料。

    事实上,早在今年9月,新明和公司就曾在2011年度,印度海事防务展上,亮出两款SS-3I型两栖飞机模型,强烈的对印度出口意向,不言自明。

    新明和的主打机型,是SS-1型两栖飞机,这种采用船型机身的大块头,长30多米,高约10米,翼展33米,重23吨,装备有4具涡轮螺旋桨,最大起飞重量4.5吨,具备海面短距起飞的能力。SS-1型两栖飞机,由正副驾驶员等9名机组成员操控,另外,可搭载20名乘员或12副担架。

    据分析,新明和此次向印度推销的SS-3I型,可能是在SS-2基础上升级而来的最新型号。日本海上自卫队装备的同类战机,主要执行搜救及反潜任务。

    《印度快报》认为,日本有意向印度出口的型号“还能执行电子战任务”。虽然,新明和生产的两栖飞机都有民用编号,但,如果其与印度最终签署销售合同,将是一笔彻头彻尾的军火交易。

    为公开出口武器探路

    有分析认为,日本和印度推动两栖飞机交易,是各取所需。最近几年,印度海军用大把美元,换来了不少先进水面舰艇和潜艇,热衷于购买海军专用战机,大型化、远程化的海空作战平台,尤其受追捧。

    印度海军已从美国,订购了一批P-8I大型反潜巡逻机,但,这些飞机造价昂贵,主要用于执行远洋侦察、远洋反潜等高端任务,普通的巡逻、搜救和运输任务,指望不上这些高端平台。

    新明和的SS-1型两栖飞机,可在海面上起降,并且,飞机内空间大,可执行日常的反潜、巡逻、搜救任务,能向部署在外岛的印度海军基地运送人员、装备和物资,是高性价比的“海上马车”。

    不久前,日本政府刚刚就放宽武器出口限制问题进行过讨论,与会者对放宽武器出口的大方向没有异议。不过,突然出口导弹、大炮,过于张扬,军事属性相对淡化的两栖飞机,显然更适合充当探路石。

    更重要的是,通过向印度出口两栖飞机,日本可试探别国对日本放松武器出口限制的反应,为后续动作,提供参考。

    有分析指出,日本试图向印度出口SS-3I型两栖飞机,实际上,就是乔装改扮的售武器行为,军购胃口大开的印度,希望日本成为其武器供应商,因此,双方推动两栖飞机交易,是各有盘算、各取所需。

    日本媒体:日本拟向印度推销水上飞机: 2012-04-28
    《 日本经济新闻》报道,在日本防卫省宣布:允许防卫装备转为民用和出口,新明和工业公司争取对印度出口“US-2”水上飞机。如果该目标实现,将是日本企业首次出口防卫装备。

    日本海上自卫队的“US-2”水上飞机

    4月28日

    鉴于政府放宽了对防卫装备的出口限制,日本新明和工业公司计划向印度推销救援水上飞机。如果该目标实现,将是日本企业首次出口防卫装备。

    《 日本经济新闻》报道,去年夏天,日本防卫省宣布:允许防卫装备转为民用和出口,新明和工业公司争取对印度出口“US—2”水上飞机。日前,新明和工业公司和川崎重工业公司等零部件厂商,成立了一个联合项目组,并在新德里,建立了营销点,营销团队共5人,其中,一人是印度前海军官员,营销团将利用这名前官员和印度国防人士的人脉关系,开展营销。项目组争取最快3年后,取得订单。

    “US—2”水上飞机水陆两用,适用于沿海救援和搜索,此前,日本海上自卫队共采购了5架。该型号飞机,单价约100亿日元(约合1.24亿美元)。据介绍,印度在孟加拉湾等海域,有许多外岛,对水上飞机颇感兴趣。

    报道称,其他企业在准备出口防卫装备。川崎重工计划在今年7月的英国法恩伯勒国际航空展上,展出“C—2”大型运输机。日本防卫省允许防卫装备民用后,去年底,政府宣布放宽武器出口三原则。这为日本企业参与武器国际联合研发生产,以及向海外转移-限用于和平、人道目的的武器开启了大门。

    聯繫人:
    http://www.billionairesdesire.com (網站價值評估:超億元);
    http://www.billionairesParty.com (網站價值評估:超億元);
    http://www.billionairesGroup.com (網站價值評估:超億元);

    http://www.helicoptersbuyers.com (網站價值評估:超億元);

    漢語名稱由谷歌自動翻譯,特注

    blonde billionaires empire inc.的中文翻译_百度翻译
    [翻译结果]金发碧眼的亿万富豪帝国有限公司

    该结果仅供参考翻译更多

    自动检测语言 中译英 英译中 中译日 日译中 百度翻译 收起
    fanyi.baidu.com

    联系人:
    http://www.billionairesdesire.com (网站价值评估:超亿元);
    http://www.billionairesParty.com (网站价值评估:超亿元);

    http://www.billionairesGroup.com (网站价值评估:超亿元);

    http://www.helicoptersbuyers.com (网站价值评估:超亿元);

    汉语名称由谷歌自动翻译,特注

    (United States) Blonde, Billionaires Empire is Inc.
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    (United States) Blonde, Billionaires Empire is Inc.
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    Blonde, Billionaires Empire Inc.Of U.S.
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    The Blonde Billionaires Empire Inc.Of the United States of America
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    (美利堅合眾國)Blonde Billionaires Empire Inc.
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    (美利堅合眾國)Blonde Billionaires Empire Inc.
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    Blonde Billionaires Empire Inc.Of 美國
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    Blonde Billionaires Empire Inc.Of 美利堅合眾國
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    (美利坚合众国)Blonde Billionaires Empire Inc.
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    (美利坚合众国)Blonde Billionaires Empire Inc.
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    Blonde Billionaires Empire Inc.Of 美国
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    Blonde Billionaires Empire Inc.Of 美利坚合众国
    QQ: 1,779,642,876
    E-Mail: 1779642876@qq.com

    (美利坚合众国)金发(女孩,姑娘,少女,女青年)亿万富豪帝国公司
    QQ:1779642876
    电子邮箱:1779642876@qq.com

    (美利坚合众国)金发亿万富翁帝国公司
    QQ:1779642876
    电子邮箱:1779642876@qq.com

    金发碧眼的亿万富翁帝国Inc.Of美国
    QQ:1779642876
    电子邮箱:1779642876@qq.com

    金发碧眼的(女孩,姑娘,少女)亿万富豪帝国Inc.Of美利坚合众国
    QQ:1779642876
    电子邮箱:1779642876@qq.com

    (美利堅合眾國)金發億萬富翁帝國公司
    QQ:1779642876
    電子郵箱:1779642876@qq.com
    (美利堅合眾國)金發億萬富翁帝國公司
    QQ:1779642876
    電子郵箱:1779642876@qq.com

    金發碧眼的億萬富翁帝國Inc.Of美國
    QQ:1779642876
    電子郵箱:1779642876@qq.com

    金發碧眼的億萬富翁帝國Inc.Of美利堅合眾國
    QQ:1779642876
    電子郵箱:1779642876@qq.com

    汉语名称由谷歌自动翻译,特注
    (美利堅合眾國)金發(女孩,姑娘,少女,女青年)億萬富豪帝國公司
    QQ:1779642876
    電子郵箱:1779642876@qq.com

    金發碧眼的(女孩,姑娘,少女)億萬富豪帝國Inc.Of美利堅合眾國
    QQ:1779642876
    電子郵箱:1779642876@qq.com

    Japanese seaplane mother ship

    Water machine mothership

    Mizuho Greater Japanese Empire Navy (hereinafter referred to as the “Empire Navy”) of the seaplane Mothership (desu い じ ょ う ki ぼ ka san) is dedicated to use – to delivery of seaplanes or flying boats of the vessels, Imperial Navy, the naval vessels classified as warships .
    Water machine in the Imperial Navy carriers, usually have facilities equipped with the preparedness of water machine, some even have a catapult. Able to support delivery of the flying boat flying boat mothership – akitsushima, including the function of supply, flying boat mothership Water machine mothership has a lot of difference, but such ship in the Imperial Navy classification for water a machine mothership. In addition to transporting water machine or flying boats, it also has the mothership as a subject of high-speed oil-ship capability, and when necessary, could be considered to be converted into an aircraft carrier. Imperial Navy at sea, water machine, only as a supplement to the aircraft carrier.

    History
    Japan’s first water machine mothership

    Palace Imperial Navy’s first water machine mothership Wakamiya, its predecessor, the transportation ship, and later in the Taisho 3 (1914), modified to become water machine mothership. Formal construction for the Chitose type, the reason is: the Imperial Navy to digestion London naval disarmament treaty, the gap with the U.S. combat power in the UK, built a water mothership. After the outbreak of World War II, Ge Jian, modified due to the needs of the Imperial Navy. For example, the day the originally in the plan for the laying of the ship, and later, change the Water machine mothership, thereafter, and then changed to a subject of mothership. Chitose type the two ships, the Battle of Midway, the battle damage, and converted into an aircraft carrier. With the evolution of the war, most of the water machine carriers, is not the task of transporting water machine.

    But after the war in World War II, due to the dissolution of the Imperial Navy, weak capacity and value of water machine, Furthermore, the helicopter’s technical progress and other factors, make water Machine mothership figure gradually disappear.

    Water machine mothership list

    The same type of ship Wakamiya
    Completed in October 1901, 1914, converted into the Water machine mothership, were disbanded in 1932.
    Can 登吕
    Be completed by August 10, 1920, the original oil ship. 1924, converted into the Water machine mothership, January 12, 1947, the sea is not punishment.
    Divinity
    Completed by September 12, 1922, the original oil ship. 1932, converted into water machine mothership, the final wartime serious damage to the state, followed by the disintegration of the British Army in Hong Kong.
    Mizuho
    Completed on February 25, 1939 May 2, 1942, sunk by the United States for the first sunken warship of the Imperial Navy.
    Nisshin
    Completed by February 27, 1942, July 22, 1943 war did not.
    Akitsushima
    Completed by April 29, 1942, the Imperial Navy, the only flying boat mothership. September 24, 1944 war did not.
    Chitose type
    Water machine mothership Chitose Chitose
    Be completed by July 25, 1938, 1943, converted into an aircraft carrier battle October 25, 1944 did not.
    Chiyoda
    Be completed by December 15, 1938, 1943, converted into an aircraft carrier battle October 25, 1944 did not.

    Indian Navy tender amphibious aircraft, the Japanese enterprises to actively participate in the competition
    December 16, 2011

    Japan’s New Industry Co., Ltd. is the manufacturer of the new seaplane of the Maritime Self Defense Force, the US-2

    “Indian Express” recently disclosed that the Indian Navy will soon invite tenders for the procurement of amphibious aircraft worldwide, Bombardier of Canada and Russia do not Liye Fu, two well-known companies in the industry, previously unknown new and industrial Co., Ltd., the Indian Navy, provides information on the SS-3I amphibious aircraft.

    Between “military” and “civilian”

    Reported that the Indian Defense Minister AK Antony, after the visit to Japan, the Japanese side expressed willingness to share with the Indian high-end military technology, joint development projects. India is very interested in the proposal of the Japanese side and said: amphibious airplane produced in Japan to participate in their procurement tenders.

    It is reported that the Japanese government has allowed the new Ming Industry Co., Ltd. to respond to the Indian Navy’s requests for information. Subsequently, the sources said, the new Ming and has the Indian Navy’s delivery of the SS-3I amphibious aircraft.

    In fact, as early as September this year, new and company had in 2011, the Indian Maritime Defense Exhibition, showed the two SS-3I amphibious aircraft model, the strong intention to export to India, not self-evident.

    New Ming and the flagship model, the SS-1 amphibious aircraft, and this ship the fuselage big man, over 30 meters long, about 10 meters high with a wingspan of 33 meters and weighs 23 tons, equipped with four turboprop, the largest take-off weight of 4.5 tons, with a sea of ​​short takeoff ability. SS-1 amphibious aircraft, controlled by the deputy pilot, and nine crew, in addition, capable of carrying 20 crew, or 12 stretchers.

    According to analysis, the new and the sell to India, SS-3I type, may be upgraded from the latest models on the basis of SS-2. Similar aircraft of the Japanese Maritime Self-Defense Force equipment, perform search and rescue and anti-submarine missions.

    “Indian Express”, the Japanese model of the intention of India’s exports, but also the implementation of electronic warfare task “. Although the new production amphibious aircraft have civilian number, but, if and India finally signed the sales contract will be a downright arms deal.

    Pathfinder is open to export arms

    Some analysts believe that Japan and India to promote the amphibious aircraft transactions, is what they want. In recent years, the Indian Navy with a lot of dollars, in exchange for a number of advanced surface ships and submarines, are eager to buy navy fighters, large-scale, long-range naval and air combat platforms, especially sought after.

    Indian Navy from the United States, ordered a number of P-8I anti-submarine patrol aircraft, but the cost of these aircraft, mainly for the implementation of the ocean reconnaissance, ocean anti-submarine and other high-end tasks, regular patrols, search and rescue and transport missions expect on these high-end platform.

    Sun Ming and SS-1 amphibious aircraft can take off and land on the sea, and space inside the aircraft, executable routine anti-submarine patrols, search and rescue missions, personnel, equipment and materials can be transported to the deployment of the outer islands of the Indian naval base is cost-effective “sea carriage.”

    Not long ago, the Japanese government just to relax the arms export restrictions had been discussed, it was no objection to the general direction of relaxation of the arms exports. However, the sudden export of missiles, artillery, too unassuming, military attributes the relative weakening of amphibious aircraft, is clearly more suitable to act as a pathfinder stone.

    More importantly, relax arms export restrictions reaction amphibious aircraft exports to India, Japan to test other countries to Japan for the follow-up action, provide a reference.

    Some analysts pointed out that Japan is trying to export the SS-3I amphibious aircraft to the Indian, in fact, is in disguise arms sales, military procurement appetites of India and Japan as its arms supplier, the two sides to promote the amphibious aircraft transactions, each has its own, what they want.

    Japanese media: Japanese intend to India to sell the seaplane: 2012-04-28
    “Japanese Economic News” reported that in Japan’s defense ministry announced: converted to civilian use and export, and industrial companies to fight for India’s exports to allow defense equipment “US-2 seaplane. If the goal is a Japanese company’s first export of defense equipment.

    Japan’s Maritime Self-Defense Force “US-2 seaplane

    April 28

    In view of the Government to relax restrictions on exports of defense equipment, the new Japanese and industrial company plans to sell to India’s rescue seaplane. If the goal is a Japanese company’s first export of defense equipment.

    “Japanese Economic News” reported that last summer, Japan’s defense ministry announced: converted to civilian use and export, and industrial companies to fight for India’s exports to allow defense equipment “US-2 seaplane. Recently, the new Ming and industrial companies and Kawasaki heavy industry companies such as parts manufacturers, the establishment of a joint project group, and in New Delhi, to establish a marketing point, the marketing team a total of five people, which, one is India’s former naval officials, the marketing group will connections, former officials and defense of people in India for marketing. Project team to fight for the fastest three years, to obtain orders.

    US-2 seaplane amphibian, apply to coastal rescue and search, after the Japanese Maritime Self-Defense Force procurement 5. The type of aircraft, priced at about 10 billion yen (about $ 124 million). According to reports, India in the Bay of Bengal and other waters, many offshore islands, seaplane quite interested.

    Reported that other companies in preparation for the export of defense equipment. Kawasaki Heavy Industries in the United Kingdom Farnborough International Air Show in July this year, the exhibition of “C-2” large transport aircraft. Japan’s defense ministry to allow the defense equipment for civilian end of last year, the Government announced a relaxation of the three principles of arms exports. Japanese companies involved in weapons production of the international joint research and development, and to move overseas – limit for peaceful humanitarian purposes weapons opens the door.

    Contact:
    http://www.billionairesdesire.com (site value assessment: over a hundred million);
    http://www.billionairesParty.com (site value assessment: over a hundred million);
    http://www.billionairesGroup.com (site value assessment: over a hundred million);

    http://www.helicoptersbuyers.com (site value assessment: over a hundred million);

    Chinese name automatically translated by Google, and special note

    blonde billionaires empire inc. Chinese translation _ Baidu translation
    [Translations] blonde billionaire Empire Co., Ltd.

    The results are for reference only translation of

    Automatically detect the language translation of the English Translation of Chinese Baidu translation in the translation of the day away
    fanyi.baidu.com

    Contact:
    http://www.billionairesdesire.com (site value assessment: over a hundred million);
    http://www.billionairesParty.com (site value assessment: over a hundred million);

    http://www.billionairesGroup.com (site value assessment: over a hundred million);

    http://www.helicoptersbuyers.com (site value assessment: over a hundred million);

    Chinese name automatically translated by Google, and special note

    日本水上飛機母艦

    水上機母艦  

    瑞穗大日本帝國海軍(以下簡稱為“帝國海軍”)的水上飛機母艦(すいじょうきぼかん)是專門使用-來運送水上飛機或飛行艇的艦艇,於帝國海軍中的艦種分類為軍艦。
    帝國海軍中的水上機母艦,通常擁有搭載・整備水上機的施設,部分更擁有彈射器。能支援運送飛行艇的飛行艇母艦-秋津洲,包括補給的功能,雖然,飛行艇母艦與水上機母艦有不少明顯的分別,但,該類艦在帝國海軍分類上,為水上機母艦的一種。除運送水上機或飛行艇外,亦擁有作為甲標的母艦・高速給油艦的能力,並在有需要時,可考慮改裝成航空母艦。帝國海軍在海上使用水上機,只是作為對航空母艦的補充。

    歷史
    日本第一隻水上機母艦  

    若宮帝國海軍的第一隻水上機母艦為若宮,其前身,本為輸送船,後來,於大正3年(1914年),改裝成為水上機母艦。正式建造的為千歲型,其原因是:帝國海軍為了消解倫敦海軍裁軍條約下,與英國美國的戰力差距,而建造特殊的水上機母艦。在第二次世界大戰爆發後,各艦,因帝國海軍的需要,而進行改裝。例如,日進本來在計劃中,為敷設艦,後來,更改為水上機母艦,其後,再改成甲標的母艦。千歲型兩艦,因為中途島戰役的戰損,而改裝成航空母艦。隨戰事的演進,大部分水上機母艦,已不是進行運送水上機的任務。

    在第二次世界大戰終戰後,由於帝國海軍的解散、水上機能力與價值薄弱,再者,直升機的技術進步等因素,令水上機母艦的身影逐漸消失。

    水上機母艦列表

    沒有同型艦若宮
    1901年10月竣工,1914年,改裝成為水上機母艦,1932年被解體。
    能登呂
    1920年8月10日竣工,原為給油艦。 1924年,改裝成水上機母艦,1947年1月12日,被海沒處分。
    神威
    1922年9月12日竣工,原為給油艦。 1932年,改裝成水上機母艦,終戰時,在香港為嚴重損毀狀態,其後,被英軍解體。
    瑞穗
    1939年2月25日竣工,1942年5月2日,被美國擊沉,為帝國海軍第一隻沉沒的軍艦。
    日進
    1942年2月27日竣工,1943年7月22日戰沒。
    秋津洲
    1942年4月29日竣工,為帝國海軍唯一的飛行艇母艦。 1944年9月24日戰沒。
    千歲型
    水上機母艦  千歲千歲
    1938年7月25日竣工,1943年,改裝成航空母艦,1944年10月25日戰沒。
    千代田
    1938年12月15日竣工,1943年,改裝成航空母艦,1944年10月25日戰沒。

    印度海軍招標兩棲飛機,日本企業積極參與競爭
    2011年12月16日

    日本新明和工業株式會社是海上自衛隊新式水上​​飛機US-2的生​​產商

    《 印度快報》不久前披露,印度海軍即將在全球範圍內,就採購兩棲飛機進行招標,除了加拿大龐巴迪和俄羅斯別里耶夫這兩家業內知名公司外,此前,名不見經傳的日本新明和工業株式會社,向印度海軍,提供了SS-3I型兩棲飛機的資料。

    在“軍用”和“民用”之間

    報導稱,印度國防部長安東尼,此前訪問日本期間,日方表達了同印度分享高端軍事技術、聯合開發項目的意願。印度對日方的提議很感興趣,並認為:日本生產的水陸兩棲飛機可參與其採購招標。

    據悉,日本政府已經允許新明和工業株式會社回應印度海軍索取資料的請求。隨後,有消息來源透露,新明和已向印度海軍交付SS-3I型兩棲飛機的資料。

    事實上,早在今年9月,新明和公司就曾在2011年度,印度海事防務展上,亮出兩款SS-3I型兩棲飛機模型,強烈的對印度出口意向,不言自明。

    新明和的主打機型,是SS-1型兩棲飛機,這種採用船型機身的大塊頭,長30多米,高約10米,翼展33米,重23噸,裝備有4具渦輪螺旋槳,最大起飛重量4.5噸,具備海面短距起飛的能力。 SS-1型兩棲飛機,由正副駕駛員等9名機組成員操控,另外,可搭載20名乘員或12副擔架。

    據分析,新明和此次向印度推銷的SS-3I型,可能是在SS-2基礎上升級而來的最新型號。日本海上自衛隊裝備的同類戰機,主要執行搜救及反潛任務。

    《印度快報》認為,日本有意向印度出口的型號“還能執行電子戰任務”。雖然,新明和生產的兩棲飛機都有民用編號,但,如果其與印度最終簽署銷售合同,將是一筆徹頭徹尾的軍火交易。

    為公開出口武器探路

    有分析認為,日本和印度推動兩棲飛機交易,是各取所需。最近幾年,印度海軍用大把美元,換來了不少先進水面艦艇和潛艇,熱衷於購買海軍專用戰機,大型化、遠程化的海空作戰平台,尤其受追捧。

    印度海軍已從美國,訂購了一批P-8I大型反潛巡邏機,但,這些飛機造價昂貴,主要用於執行遠洋偵察、遠洋反潛等高端任務,普通的巡邏、搜救和運輸任務,指望不上這些高端平台。

    新明和的SS-1型兩棲飛機,可在海面上起降,並且,飛機內空間大,可執行日常的反潛、巡邏、搜救任務,能向部署在外島的印度海軍基地運送人員、裝備和物資,是高性價比的“海上馬車”。

    不久前,日本政府剛剛就放寬武器出口限制問題進行過討論,與會者對放寬武器出口的大方向沒有異議。不過,突然出口導彈、大砲,過於張揚,軍事屬性相對淡化的兩棲飛機,顯然更適合充當探路石。

    更重要的是,通過向印度出口兩棲飛機,日本可試探別國對日本放鬆武器出口限制的反應,為後續動作,提供參考。

    有分析指出,日本試圖向印度出口SS-3I型兩棲飛機,實際上,就是喬裝改扮的售武器行為,軍購胃口大開的印度,希望日本成為其武器供應商,因此,雙方推動兩棲飛機交易,是各有盤算、各取所需。

    日本媒體:日本擬向印度推銷水上飛機: 2012-04-28
    《 日本經濟新聞》報導,在日本防​​衛省宣布:允許防衛裝備轉為民用和出口,新明和工業公司爭取對印度出口“US-2”水上飛機。如果該目標實現,將是日本企業首次出口防衛裝備。

    日本海上自衛隊的“US-2”水上飛機

    4月28日

    鑑於政府放寬了對防衛裝備的出口限制,日本新明和工業公司計劃向印度推銷救援水上飛機。如果該目標實現,將是日本企業首次出口防衛裝備。

    《 日本經濟新聞》報導,去年夏天,日本防衛省宣布:允許防衛裝備轉為民用和出口,新明和工業公司爭取對印度出口“US—2”水上飛機。日前,新明和工業公司和川崎重工業公司等零部件廠商,成立了一個聯合項目組,並在新德里,建立了營銷點,營銷團隊共5人,其中,一人是印度前海軍官員,營銷團將利用這名前官員和印度國防人士的人脈關係,開展營銷。項目組爭取最快3年後,取得訂單。

    “US—2”水上飛機水陸兩用,適用於沿海救援和搜索,此前,日本海上自衛隊共採購了5架。該型號飛機,單價約100億日元(約合1.24億美元)。據介紹,印度在孟加拉灣等海域,有許多外島,對水上飛機頗感興趣。

    報導稱,其他企業在準備出口防衛裝備。川崎重工計劃在今年7月的英國法恩伯勒國際航空展上,展出“C—2”大型運輸機。日本防衛省允許防衛裝備民用後,去年底,政府宣布放寬武器出口三原則。這為日本企業參與武器國際聯合研發生產,以及向海外轉移-限用於和平、人道目的的武器開啟了大門。

    聯繫人:
    http://www.billionairesdesire.com (網站價值評估:超億元);
    http://www.billionairesParty.com (網站價值評估:超億元);
    http://www.billionairesGroup.com (網站價值評估:超億元);

    http://www.helicoptersbuyers.com (網站價值評估:超億元);

    漢語名稱由谷歌自動翻譯,特注

    blonde billionaires empire inc.的中文翻譯_百度翻譯
    [翻譯結果]金發碧眼的億萬富豪帝國有限公司

    該結果僅供參考翻譯更多

    自動檢測語言中譯英英譯中中譯日日譯中百度翻譯收起
    fanyi.baidu.com

    聯繫人:
    http://www.billionairesdesire.com (網站價值評估:超億元);
    http://www.billionairesParty.com (網站價值評估:超億元);

    http://www.billionairesGroup.com (網站價值評估:超億元);

    http://www.helicoptersbuyers.com (網站價值評估:超億元);

    漢語名稱由谷歌自動翻譯,特注

    日本の水上機母艦

    水のマシンの母船

    帝国海軍、軍艦として分類艦艇、水上飛行機または船の飛行艇の配信に – 水上マザーのみずほ大日本帝国海軍(以下、 “帝国海軍”と呼ばれる)(desuいじょう気ぼKAさんが)を使用するように専用されている。
    帝国海軍キャリアの水のマシンは、通常、水·マシンの準備を備えた施設を持って、いくつかのもカタパルトを持っています。電源の機能を含む、akitsushima、飛行艇の母船水機母船違いの多くを持っていますが、水の帝国海軍の分類でこのような船 – 飛行艇飛行艇の母船の配信をサポートすることができるマシンの母船。水機や飛行艇を輸送に加えて、それはまた、高速油船能力の対象として母船を持っており、必要なときに、空母に変換することが考えられる。唯一の空母を補完するものとして、海、水のマシンでは帝国海軍、。

    歴史
    日本初の水のマシンの母船

    水機母艦になるように変更後の大正3(1914)の宮殿帝国海軍初の水のマシン母船の若宮、その前身は、輸送船、そして、。千歳型の正式な建設は、その理由は、次のとおりです。消化ロンドン海軍軍縮条約、英国、米国の戦闘力とのギャップ、に帝国海軍は、水の母船を構築しました。第二次世界大戦は、Ge建の勃発後、帝国海軍のニーズのために変更されます。例えば、その日はその後、もともと船の敷設のための計画では、以降では、その後、水のマシン母船を変更したり、母船のテーマに変更されました。千歳市は、2つの船、ミッドウェー海戦、戦闘ダメージを入力し、空母に変換されます。戦争の進化と、水のマシンのキャリアのほとんどは、水の機械の輸送作業ではありません。

    しかし、また帝国海軍、水機の弱い能力と価値、ヘリコプターの技術的進歩やその他の要因の溶解に起因する第二次世界大戦の戦争の後、水機母船の図が徐々に消えるように。

    水のマシンの母船リスト

    船若宮同じタイプの
    1901年10月、1914年に完成し、水のマシンの母船に変換され、1932年に解散しました。
    登吕ことができます
    1920年8月10日、元の油船が完成することができます。 1924年、ウォーターマシンの母船、1947年1月12日に変換され、海は罰ではありません。
    神性
    1922年9月12日までに完成、元のオイルが付属しています。 1932年、香港のイギリス軍の崩壊に続いて水のマシンの母船、状態への最終的な戦時重大な損害、に変換されます。
    みずほ
    帝国海軍の最初の沈没軍艦のための米国によって撃沈1939年2月25日1942年5月2日、で完了しました。
    日進
    1942年2月27日、7月22日までに完了、1943年戦争はしませんでした。
    Akitsushima
    1942年4月29日、海軍、唯一の飛行艇の母船で完了しました。 1944年9月24日戦争はしませんでした。
    千歳型
    水機母艦千歳
    1938年7月25日、1943年に完成する、1944年10月25日空母戦闘に変換しませんでした。
    千代田区
    1938年12月15日、1943年に完成する、1944年10月25日空母戦闘に変換しませんでした。

    インド海軍の入札水陸両用の航空機は、日本企業は積極的に競争に参加する
    2011年12月16日

    日本の新産業株式会社は、US-2、海上自衛隊の新たな水上飛行機の製造メーカーです

    “インディアン·エクスプレス”最近世界的に、カナダのボンバルディア社とロシアはLiyeカンフー、業界では2つの有名な企業が、未知の新しいインド海軍はすぐに水陸両用航空機の調達の入札を招待することはありません開示や工業株式会社は、インド海軍は、SS-3I水陸両用の航空機に関する情報を提供します。

    “軍事”と “民間人”の間

    インドの国防相AKアントニーことを報告し、日本を訪問した後、日本側は、インドのハイエンド軍事技術、共同開発プロジェクトと共有する意思を表明した。インドは日本側の提案に非常に興味があると述べた:水陸両用飛行機が、その調達の入札に参加するために日本で生産。

    それは日本政府が新たな明工業株式会社は、情報のインド海軍の要求に応答することができましたことが報告されている。その後、ソースは新しい明と言ったSS-3I水陸両用航空機のインド海軍の配信を持っています。

    実際、今年9月には早く、新しい、同社は、2011年にインドの海上防衛展示会があったが、2 SS-3I水陸両用航空機モデル、インドに輸出するために強い意志ではなく、自明であった。

    新明とフラッグシップモデル、SS-1水陸両用の航空機が、この船は胴体の大きな男が、30メートル以上の長さ、33メートルと翼幅約10メートルの高さは、4つのターボプロップを装備し、最大23トンの重さ短い離陸能力の海と、4.5トンの重量を離陸。 20乗組員、または12担架を運ぶことができるだけでなく、副パイロット、乗務員9によって制御されるSS-1水陸両用機、、。

    分析によれば、新しい、インドに販売、SS-3Iタイプは、SS-2に基づいて最新のモデルからアップグレードすることができます。日本の海上自衛隊機の類似した航空機は、捜索救助と対潜水艦任務を実行します。

    また、 “インディアン·エクスプレス”、インドの輸出の意図の日本モデルが、電子戦のタスクの実装 “。新しい生産水陸両用航空機は民間の番号を持っていますが、が、最終的に署名された場合、インドの販売契約は、紛れもない武器取引となります。

    Pathfinderは、武器を輸出するために開いている

    一部のアナリストは日本とインドが水陸両用航空機の取引を促進すると信じて、彼らが何をしたいです。近年では、ドルの多くのインド海軍は、高度な表面船や潜水艦の数を交換では、特に求められた海軍の戦闘機、大規模、長期の海軍と空軍の戦闘プラットフォームを購入すること熱望している。

    米国からインド海軍は、P-8I対潜哨戒機の数を命じたが、これらの航空機のコストは、主に海洋偵察を実施するための、海対潜水艦やその他のハイエンドタスク、定期的なパトロール、捜索や救助や輸送任務に期待これらのハイエンドプラットフォーム上で。

    日明とSS-1水陸両用の航空機が離着陸海に、航空機内のスペースができ、実行可能なルーチン対潜水艦パトロール、捜索救助任務、人員、設備及び材料はインドの海軍基地の外側の島々の展開に輸送することができる費用対効果の高い “海の馬車”です。

    少し前までは、日本政府は単に武器輸出規制が議論されていたリラックスするためには、武器輸出の緩和の一般的な方向に異議なくありませんでした。しかし、ミサイルの突然の輸出、大砲、あまりにも控えめな、軍事的属性水陸両用航空機の相対的な弱体化は、明らかにパスファインダー石として作用することに適しています。

    さらに重要なことは、インド、日本への水陸両用航空機の輸出はリファレンスを提供し、フォローアップアクションのために日本に他の国々をテストするために輸出規制の反応が腕をリラックスしてください。

    一部のアナリストは、日本がインドにSS-3I水陸両用航空機を輸出しようとしている、実際には、水陸両用航空機の取引を促進するための変装の武器売却は、その武器のサプライヤーとしてのインドと日本の軍事調達の食欲、両側にあることが判明しましたそれぞれは、彼らが望むものを、独自のを持っています。

    日本のメディアは日本は水上飛行機を販売してインドに予定:2012年4月28日
    防衛装置 “US-2水上飛行機を可能にするためにインドの輸出のために戦うことを民生用と輸出、産業企業への変換:”日本の経済ニュースは “日本の防衛省に発表されたことを報告した。目標は、防衛装備品の日本企業初の輸出である場合。

    日本の海上自衛隊 “US-2水上飛行機

    4月28日

    防衛装備品の輸出に関する規制を緩和する政府の見解では、新しい日本と産業の企業は、インドの救助飛行機への販売を計画しています。目標は、防衛装備品の日本企業初の輸出である場合。

    “日本の経済ニュース”はその最後の夏に報告され、日本の防衛省が発表した防衛装置 “US-2水上飛行機を可能にするためにインドの輸出のために戦うことを民生用とエクスポート、および工業企業に変換されます。最近、新しい明と産業企業とこのような部品メーカーとして、川崎重工業会社、共同プロジェクトグループの設立、ニューデリーで、マーケティング·チームは、5人の合計をマーケティングポイントを確立するために、人はインドの旧海軍関係者で、マーケティンググループがなります接続は、元職員およびマーケティングのためのインドの人々の防衛。受注を得るために、最速の三年間のために戦うためのプロジェクトチーム。

    US-2水上飛行機の両生類、日本の海上自衛隊の調達5の後、海岸の救助、検索に適用されます。航空機の種類は、約100億円(約1.24億ドル)で販売。非常に興味を持ってレポート、ベンガル湾や他の海域で、インドは、多くの沖合の島、水上による。

    報告された防衛装備品の輸出の準備のために他の企業。 7月にイギリスファーンバラ国際航空ショーで川崎重工業今年、 “C-2″大型輸送機の展示。昨年の民間の終わりのために防衛装備品を可能にするために日本の防衛省は、政府が武器輸出三原則の緩和を発表しました。日本企業の国際的な共同研究開発の兵器製造に関与しており、海外に移動するには – 平和人道目的の武器の制限は扉を開きます。

    お問い合わせ:
    http://www.billionairesdesire.com(サイト価値評価:億以上);
    http://www.billionairesParty.com(サイト価値評価:億以上);
    http://www.billionairesGroup.com(サイト価値評価:億以上);

    http://www.helicoptersbuyers.com(サイト価値評価:億以上);

    自動的にGoogleによって翻訳され、中国名、および特別な注意

    金髪の億万長者の帝国株式会社。中国語翻訳_ Baiduの翻訳
    [翻訳]金髪の億万長者帝国株式会社

    結果は、参照のみの翻訳のためのものです

    自動的に離れて一日の翻訳、中国のBaiduの翻訳の英語翻訳の言語の翻訳を検出
    fanyi.baidu.com

    お問い合わせ:
    http://www.billionairesdesire.com(サイト価値評価:億以上);
    http://www.billionairesParty.com(サイト価値評価:億以上);

    http://www.billionairesGroup.com(サイト価値評価:億以上);

    http://www.helicoptersbuyers.com(サイト価値評価:億以上);

    自動的にGoogleによって翻訳され、中国名、および特別な注意

    (米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    (米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    ブロンド、億万長者帝国Inc.Of米国
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    ブロンドの億万長者帝国Inc.Ofアメリカ合衆国
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    (米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    (米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    ブロンド、億万長者帝国Inc.Of米国
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    ブロンドの億万長者帝国Inc.Ofアメリカ合衆国
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    (米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    (米国)ブロンド、帝国は株式会社である億万長者
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    ブロンド、億万長者帝国Inc.Of米国
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    ブロンドの億万長者帝国Inc.Ofアメリカ合衆国
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    億万長者帝国カンパニー(米国)ブロンド(女の子、女の子、若い女性)
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    (米国)金髪の億万長者の帝国会社
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    金髪の億万長者帝国Inc.Of米国
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    ブロンドの髪とアメリカの(女の子、女の子、女の子)億万長者帝国Inc.Of米国の青い目
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    (米国)金髪の億万長者の帝国会社
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com
    (米国)金髪の億万長者の帝国会社
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    金髪の億万長者帝国Inc.Of米国
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    金髪の億万長者帝国Inc.Ofアメリカ合衆国
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    自動的にGoogleによって翻訳され、中国名、および特別な注意
    億万長者帝国カンパニー(米国)ブロンド(女の子、女の子、若い女性)
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

    ブロンドの髪とアメリカの(女の子、女の子、女の子)億万長者帝国Inc.Of米国の青い目
    QQ:1779642876
    E-メール:1779642876@qq.com

评论已关闭。