數據中心計劃向知名網絡一級IDC服務品牌努力,爭取成為擁有ICP資質的服務商,IDC優質服務商。

數據中心計劃向知名網絡一級IDC服務品牌努力,爭取成為擁有ICP資質的服務商,IDC優質服務商。
專注於為大,中,小企業、個人,提供互聯網全面解決方案,服務範圍,有:虛擬主機、域名註冊、企業電子郵局、服務器租用、VPS主機、客服等各類電信增值服務項目,並精心定做:多款高性價比產品,以及擁有N個自主產權服務器提供服務。

IDC(Internet Data Center),即互聯網數據中心。是指在互聯網上提供的各項增值服務服務。他包括:申請域名、租用虛擬主機空間、主機託管等業務的服務。

優勢

1、努力耕耘,奉行質量第一、客戶為本、人性化服務的企業精神,堅持誠信經營、科技創新的企業宗旨,在業內建立起了強大的網絡運行管理體系和軟件開發團隊。
憑藉優秀的運營管理隊伍,強大的資金、技術、網絡資源的優勢,為國內外數以萬計的企業和個人用戶,提供優秀的互聯網服務,遍布歐洲美國俄國等各國企業加盟。至今,名網將是N萬用戶的長期服務商。

2、多樣產品、良好的性價比,我公司將堅持以客戶需求為原則,定制了多款高品質產品,特別是虛擬主機、域名、vps方案,深受客戶歡迎。虛擬主機,開放月付,全面升級容量,到1G以上,不增加費用,購買一個空間,就可以建2個以上獨立站點,讓大家充分享受到了新一代空間的好處。
不定期舉行-對域名、vps、服務器租用等促銷,讓利活動,讓大家真正感受到實惠。

3、領先的技術優勢,從系統工程師、高級程序人員,到網絡安全專家,公司擁有多位行業資深工程師,以及強大的售後團隊,並堅持設計大多數人適合的產品。自主開發的硬件防火牆、網絡加速器(cdn)、郵件系統,以及獨創的多重數據備份系統等。擁有多項專利,從基礎的虛擬主機產品,到防禦網絡攻擊、病毒入侵,以及客戶文件的保護,都一應俱全。

4、品質卓越的機房服務公司,堅持以優質的網絡為依托,將與國際等多家頂級機房合作,優質網絡覆蓋各地,為大,中,小企業,保證了最優秀的網絡資源與機房服務。

5、投訴保障-強大的售後團隊的技術支持,公司專門安排多渠道,接受投訴建議處理,確保客戶利益,得以保障。
  
IDC,即是Internet Data Center,是基於INTERNET網絡,為集中式收集、存儲、處理和發送數據的設備提供運行維護的設施基地並提供相關的服務。 IDC提供的主要業務包括主機託管(機位、機架、VIP機房出租)、資源出租(如虛擬主機業務、數據存儲服務)、系統維護(系統配置、數據備份、故障排除服務)、管理服務(如帶寬管理、流量分析、負載均衡、入侵檢測、系統漏洞診斷),以及其他支撐、運行服務等。對於IDC的概念,目前,還沒有一個統一的標準,但從概念上可以將其理解為公共的商業化的Internet機房,同時它也是一種IT專業服務,是IT工業的重要基礎設施。 IDC是一個服務概念,而且是一個網絡的概念,它構成了網絡基礎資源的一部分,就像骨幹網、接入網一樣,提供了一種高端的數據傳輸(DataDelivery)的服務和高速接入服務。

IDC發展
起源
IDC起源於ICP對網絡高速互聯的需求,而且,美國仍然處於世界領導者位置。在美國,運營商為了維護自身利益,將網絡互聯帶寬設得很低,用戶不得不在每個服務商處都放一台服務器。為了解決這個問題,IDC應運而生,保證客戶託管的服務器從各個網絡訪問速度都沒有瓶頸。  
IDC是數據存儲的中心,而且是數據流通的中心,它應該出現在Internet網絡中數據交換最集中的地方。它是伴隨著人們對主機託管和虛擬主機服務提出了更高要求的狀況而產生的,從某種意義上說,它是由ISP的服務器託管機房演變而來的。具體而言,隨著Internet的高速發展,網站系統對帶寬、管理維護日益增長的高要求對很多企業構成了嚴峻的挑戰。於是,企業開始將與網站託管服務相關的一切事物交給專門提供網絡服務的IDC去做,而將精力集中在增強核心競爭力的業務中去。可見,IDC是Internet企業分工更加細化的產物。
早期數據中心
數據中心在早期巨大房間內的計算產業中是有根源的。早期的計算機系統操作和維護都複雜,需要一個特殊的環境來操作。連接所有的組件需要很多電纜,進而產生了供應和組織的方法,例如標準支架來安放設備,提高的地板,以及電纜盤子(被安裝在頭頂上或升高的地板下)。同樣,舊的計算機需要大量的電源,不得不被冷卻以防止過熱。安全非常重要-計算機非常的貴,並且常常被用於軍事目的。控制計算機房間訪問權限的基本設計方針因此被設計。  
在繁榮的微型計算機行業,尤其是在20世紀80年代,計算機開始四處發展,在很多案例中很少有或沒有操作需求。然而,隨著信息技術(IT)的發展,操作開始變得複雜,公司漸漸地認識到需要控制IT資源。隨著客戶端-服務器計算的出現,在20世紀90年代微型機(被稱為servers)開始在舊計算機房間中尋找他們的位置。便宜的網絡設備的可用性,外加網絡電纜的新標準,使得在公司內的一個房間中,使用分層設計來放置服務器這種可能,在這個時刻被公認,並不斷流行開來。
現代數據中心
數據中心的繁榮在dot-com泡沫中來臨了。公司需要快速的Internet連接,以及不斷的部署系統並出現在Internet上。安裝這種設備對於許多小公司是不可行的。許多公司開始建立非常大的設備,被稱為Internet數據中心(IDCs),它提供了商業上的系統部署和操作的解決方案。新技術和實踐被設計用來處理測量和如此巨大測量操作的操作需求。從2007年起,數據中心設計、構建和運作是一個眾所周知的學科。標准文檔來自於可信任的專家組,如電訊產業聯合會,詳細說明數據中心設計的需求。眾所周知數據中心可用性的操作韻律學能夠用來評估商業中斷的影響。有許多開發在操作實踐中被完成,並且設計了友好環境的數據中心。  
IT業務是大部份組織的業務中最關鍵的一個方面。主要的一個關注點是商業連續性;公司依靠他們的信息系統來運作他們的業務。如果一個系統變的不可用,公司運作可能被削弱或被完全停止。針對IT業務保證一個可靠的基礎構造組織,將破壞的可能減到最小,是很必要的。信息安全也是一個關注點,為了這個原因,一個數據中心不得不提供安全的環境以保證最小化一個安全突破口的可能性。一個數據中心為了它的主機環境的完整性和功能性,必須因此保持高標準。這個通過雙份冗餘的光纖光學電纜和包含應急備份發電電源被完成。
數據中心分類
TIA-942:Data Center Standards Overview描述了數據中心基礎架構的需求。最簡易的是Tier1數據中心,他基本上是個計算機房間,有基本的計算機系統安裝指引。大部份迫切需求的是Tier4數據中心,被設計為主機的任務評價在於計算機系統,這種系統要完全的冗餘並且要被劃分安全區域,這個安全區域要由生物學測量來控制訪問。另一個考慮是數據中心地下內容的佈置,為了數據安全也為了環境考慮,例如冷卻需求。
物理佈局
一個數據中心佔用一幢大樓的一個房間,一層或多層,甚至整棟大樓。大部份的設備常常放在具有19英寸的隔層的機架中。這些機架成排放置,形成一個走廊。這允許人們從前面或後面訪問隔層。服務器從1U的服務器到獨立筒倉的存儲設備在尺寸上有很大的不同,存儲設備要佔掉很多塊地磚。一些設備,像大型計算機和存儲設備常常像他們的機架那麼大,並被放在他們的旁邊。非常大的數據中心可以使用集裝箱來放置,每個集裝箱可以放置1000或著更多的服務器;當有維修或升級需要的時候,整個集裝箱會被替換而不是維修單個的服務器。本地編譯的代碼,可以控制最小的上升限度。數據中心的物理環境是嚴格受控的: × 空調控制數據中心的溫度和濕度。 ASHRAE’s “數據處理環境的熱量指導” 建議溫度在20-25 °C(68-75 °F) ​​並且濕度在40-55%,以數據中心最佳條件17 °C作為最大露點。電源會加熱數據中心裡的空氣。除非熱量被移走,否則溫度會持續上升,導致電源設備故障。通過控制空氣溫度,服務器組件在擱板層保持著製造商說明的溫度/濕度範圍。空調系統通過冷卻來回的在露點以下的空間空氣,幫助控制濕度。太濕的話,水開始在內部組件上濃縮。假使空氣乾燥,輔助潮濕系統會增加水蒸氣,如果濕度太低,將導致靜電放電問題,那將損壞組件。地下的數據中心比起常規的設計,能夠花費更少而保持計算機設備冷卻。  
現代數據中心試圖使用節約裝置冷卻,在那裡他們使用外界空氣來保證數據中心冷卻。華盛頓州現在有幾個的數據中心,一年11個月使用外部空氣冷卻所有的服務器。他們沒有使用冷卻機或空調,他們創造了勢能節省了數百萬。  
備份電源由一個或多個不間斷電供應和、或者柴油機組成。  
為了防止單點故障,所有的電系統元素,包括備份系統,都典型的完全複製,並且關鍵服務器連接兩個電源(“A-Side” and “B-Side”)區域。這種安排常常用於完成系統的N+1冗餘。靜態電閘有時被用於在電源故障事件中保證瞬時轉換一個到另一個。  
數據中心典型地使用升高60cm(2 ft)的地面,可移動的方塊磚。現在的趨勢是80-100cm(31.5-39.4in),空閒區域的增加是為了更好的保證空氣流通。這種供應是為了空氣在地下充分流通,作為條件系統的一部分,也是為電力電纜提供空間。在現代數據中心中數據電纜典型是使用架空電纜。但是,有些出於安全原因還是將他們置於地板下,並且有必要增加在架子上的冷卻系統。更小/更少花費的數據中心沒有升高地面而是使用相反的靜態地磚在地面上。計算機電纜常常放置在走廊中,以保證最大化的氣流效率。  
數據中心的一個特徵是防火系統,包含被動的和主動的設計元素,以及在業務中防火程序的執行。煙檢測器都會被安裝,它可以在有火焰之前檢測到燜燒產生的煙的源點,而發出警報。這允許調查,中斷電源,並使得能夠在火災變大之前,讓人使用滅火器滅火。一個自動噴水滅火系統常常被用來控制火勢發展為大範圍的火災。自動噴水滅火系統要求在噴水滅火器下的清除的18”。和噴水滅火系統相比,清除事件滅火氣體系統有時被安裝用於早期火災。被動的消防保護元素包括在數據中心周圍的防火牆,所以大火能夠在大火保護系統失敗或沒有安裝的情況下較容易地控制在一定的範圍內。   
物理安全在數據中心裡也表演了一個大角色。物理的訪問地點常常限制於被選擇的人員,包含安全控制系統。視頻監視和永久安全警報,常常用於大數據中心或者包含機密信息的數據中心。
網絡基礎架構
今天在數據中心中的通信,常常基於網絡,運行IP控制組。數據中心包含一系列路由器和交換機,它們在服務器於外界之間傳送通信量。 Internet連接的冗餘常常通過兩個或多個上由服務供應者來提供(參見Multihoming)。一些數據中心服務器被用於運行基本的組織中的內部用戶需要的英特網和企業網服務,例如電郵服務器,代理服務器,和DNS服務器。網絡安全元素也常常被配置:例如,防火牆,VPN網關,侵入檢測系統。也有網絡和一些應用軟件的監視系統。額外的非工作場所監視系統也很典型,以防數據中心內部通信失敗。
應用
一個數據中心的主要目的,是運行應用來處理商業和運作的組織的數據。這樣的系統屬於並由組織內部開發,或者從企業軟件供應商那裡買。像通用應用有ERP和CRM系統。一個數據中心也許只關注於操作體系結構或者也提供其他的服務。常常這些應用由多個主機構成,每個主機運行一個單一的構件。通常這種構件是數據庫,文件服務器,應用服務器,中間件以及其他的各種各樣的東西。數據中心也常常用於非工作站點的備份。公司也許預定被數據中心提供的服務。這常常聯合備份磁帶使用。備份能夠將服務器本地的東西放在磁帶上,然而,磁帶存放場所也易受火災和洪水的安全威脅。較大的公司也許發送他們的備份到非工作場所。這個通過回投而能夠被數據中心完成。加密的備份能夠通過Internet發送到另一個數據中心,安全保存起來。為了災難恢復,各種大的硬件供應商開發了移動設備解決方案,能夠安裝並在短時間內可操作。供應商像思科系統,Sun微系統,IBM和HP開發的系統能夠用於這個目的。
服務項目
  
IDC可以為用戶提供以下一些具體的服務項目。服務器負載均衡服務:隨著網站內容的增加,功能的增多,使得支撐網站的服務器數量開始增多,網站的服務器負載均衡服務可以根據實際的服務器響應時間平衡服務器群中所有服務器之間的通信負載,從而提高站點性能和響應能力,同時,減少錯誤的發生。網站加速服務:網站加速服務可以使服務器處理安全套接層協議(SSL)的加密/解密工作時的效率提高數十倍到上百倍,從而提高網站安全交易的響應速度。採用這種服務,網站可以最大限度地利用互聯網服務器投資,在不犧牲網站訪問速度的前提下,確保電子商務交易的安全性。  
隨著中國互聯網以超常的速度向前發展,企業用戶對IDC的需求也日益增長,而隨著電信運營商業務轉型,各種數據業務也層出不窮,比如中國電信開展的互聯星空計劃的實施、中國移動的IDC業務系統等也受到越來越多的用戶認可,作為其主要業務平台IDC也受到越來越多的關注,而安全性則是焦點之一。如今,不僅國內IDC業務增長迅速,國際IDC企業在蓬勃發展,隨著中國加入世貿組織,中國對外貿易日益增多,海外IDC需求日益增強,這些國際化的IDC企業能幫助客戶找到合適的海外資源,開展貿易,極大的促進了我國對外貿易的發展進程! !
IDC含義
互聯網數據中心(Internet Data Center)簡稱IDC。就是電信部門利用已有的互聯網通信線路、帶寬資源,建立標準化的電信專業級機房環境,為企業、政府提供服務器託管、租用以及相關增值等方面的全方位服務。即擁有服務器的公司把服務器放到數據中心,就是我們平常所說的服務器租用和託管以及相關的其他業務。  
通過使用電信的IDC服務器託管業務,企業或政府單位無需再建立自己的專門機房、鋪設昂貴的通信線路,也無需高薪聘請網絡工程師,即可解決自己使用互聯網的許多專業需求。  
IDC主機託管主要應用範圍是網站發布、虛擬主機和電子商務等。比如網站發布,單位通過託管主機,從電信部門分配到互聯網靜態IP地址後,即可發布自己的www站點,將自己的產品或服務通過互聯網廣泛宣傳;虛擬主機是單位通過託管主機,將自己主機的海量硬盤空間出租,為其他客戶提供虛擬主機服務,使自己成為ICP服務提供商;電子商務是指單位通過託管主機,建立自己的電子商務系統,通過這個商業平台來為供應商、批發商、經銷商和最終用戶提供完善的服務。  
IDC即互聯網數據中心。它是伴隨著互聯網不斷發展的需求而迅速發展起來的,成為了新世紀中國互聯網產業中不可或缺的重要一環。它為互聯網內容提供商(ICP)、企業、媒體和各類網站提供大規模、高質量、安全可靠的專業化服務器託管、空間租用、網絡批髮帶寬以及ASP、EC等業務。  
目前對IDC(互聯網數據中心)還沒有一個權威的定義,但它比傳統的數據中心有著更深層次的內涵,它是伴隨著互聯網不斷發展的需求而發展起來的對為ICP、企業、媒體和各類網站提供大規模、高質量、安全可靠的專業化服務器託管、空間租用、網絡批髮帶寬以及ASP、EC等業務。數據中心在大型主機時代就已出現,那時是為了通過託管、外包或集中方式向企業提供大型主機的管理維護,以達到專業化管理和降低運行成本的目的。  
IDC是對入駐(Hosting)企業、商戶或網站服務器群託管的場所;是各種模式電子商務賴以安全運作的基礎設施,也是支持企業及其商業聯盟其分銷商、供應商、客戶等實施價值鏈管理的平台。  
IDC有兩個非常重要的顯著特徵:在網絡中的位置和總的網絡帶寬容量,它構成了網絡基礎資源的一部分,就像骨幹網、接入網一樣,它提供了一種高端的數據傳輸( Data Delivery)的服務,提供高速接入的服務。
國際數據公司
IDC:作為公司名稱是指International Data Corporation (國際數據公司),全球著名的信息技術、電信行業和消費科技市場諮詢、顧問和活動服務專業提供商。在IT領域的市場跟踪數據已經成為行業標準。 IDC於1982年正式在中國設立分支機構,是最早進入中國市場的全球著名的市場研究公司。 IDC是IDG(International Data Group)(國際數據集團)旗下子公司。 IDG是首家進入中國的美資風險投資公司,大家經常見到的熊曉鴿,就是來自IDG中國。

IDC的其它義項
  
1、在汽車領域常指:點火用診斷接頭,即ignition diagnostic connector的縮寫。 2、在法律和財經貿易領域常指:初始直接費用,即initial direct costs的縮寫。 3、在石油化工領域常指:瞬時偏移控制,即Instantaneous Deviation Control的縮寫。  
4、在電子工程領域常指:智能磁盤控制器,即Intelligent Disk Controller的縮寫。 5、蘋果產品愛好者經常說:idc 即i don’t care的縮寫。
IDC的常見接入方式
雙IP雙線路實現方式
  
雙IP雙線路實現方式是指在一台服務器上安裝兩塊網卡,分別接入電信網線與網通網線並設置一個網通IP與一個電信IP,這樣一台服務器上就有了兩個IP地址,需要在服務器上添加網通或電信的路由表來實現網通用戶與電信用戶分別從不同的線路訪問。雙IP雙線路具有常用的兩種使用方式:   
1. ICP用戶在網站設置兩個IP地址不同的鏈接,網通用戶點擊網通IP訪問服務器,電信用戶點擊電信IP訪問。  2.使用BIND9(DNS服務器軟件)對不同的IP地址請求返回不同的服務器IP的功能來實現網通用戶請求域名時返回網通的IP,電信用戶請求域名時返回電信的IP,這個方式就是一些IDC提出的智能DNS的方案。  
雙IP雙線路在一定程度上提高了網通與電信用戶訪問網站的速度,但缺點是由於服務器接入的是雙網卡必須在服務器上進行路由表設置,這給普通用戶增加了維護難度,並且所有的數據包都需要在服務器上進行路由判斷然後再發往不同的網卡,當訪問量較大時服務器資源佔用很大。此方案是最簡單的雙線解決方案,一般限於規模較小的IDC提供商使用。
單IP雙線路
普通的單IP雙線路是指在服務器上設置一個IP,此IP是網通IP或是電信IP,通過路由設備設置數據包,是通過是電信網絡或是網通網絡發出來實現的雙線技術。此方案,可以提高網通用戶與電信用戶的訪問速度,解決了雙IP雙線需要在服務器上設置路由的問題,由於IP地址採用的是網通或電信的IP,訪問用戶在發送請求數據包時,不會自動判別最好的路由。所以,這種解決方案,只能說是半雙線的技術方案、是一種過渡形式的解決方案。此方案,一般為單線IDC服務商往雙線IDC服務商轉型期所採用的臨時方案。
BGP實現的單IP雙線路
BGP(邊界網關協議)協議主要用於互聯網AS(自治系統)之間的互聯,BGP的最主要功能在於控制路由的傳播和選擇最好的路由。中國網通與中國電信都具有AS號(自治系統號),全國各大網絡運營商,多數都是通過BGP協議與自身的AS號來互聯的。使用此方案,來實現雙線路需要在CNNIC(中國互聯網信息中心)申請IDC自己的IP地址段和AS號,然後,通過BGP協議,將此段IP地址廣播到網通、電信等其它的網絡運營商,使用BGP協議互聯後,網通與電信的所有骨幹路,由設備將會判斷到IDC機房IP段的最佳路由,以保證網通、電信用戶的高速訪問。  
使用此方案具體以下優點:   
1.服務器只需要設置一個IP地址,最佳訪問路由是由網絡上的骨幹路由器根據路由跳數與其它技術指標來確定的,不會佔用服務器的任何系統資源。服務器的上行路由與下行路由都能選擇最優的路徑,所以能真正實現高速的單IP雙線訪問。  
2.由於BGP協議本身俱有冗餘備份、消除環路的特點,所以當IDC服務商有多條BGP互聯線路時可以實現路由的相互備份,在一條線路出現故障時路由會自動切換到其它線路。  
3.使用BGP協議還可以使網絡具有很強的擴展性可以將IDC網絡與其他運營商互聯,輕鬆實現單IP多線路,做到所有互聯運營商的用戶訪問都很快。這個是雙IP雙線無法比擬的。雖然BGP方案是最好的解決方案但由於此方案需要IDC提供商的設備投入與帶寬投入方面較大並且技術上較為複雜,所以目前國內採用此方案僅限於實力較強的專業IDC服務商。綜上所述,以上各種雙線實現的方式各有優缺點,雙IP雙線成本較低,但網絡不夠穩定並且佔用大量的服務器資源,普通單IP雙線路只是實現了部分雙線路的效果所以訪問速度不佳,CDN方式對靜態網頁效果很好但對交互性很強的網頁效果不太理想,BGP單IP雙線路解決了以上所有的問題是最好的實現方式但國內採用此種方案的IDC服務商較少,如果能將BGP單IP雙線與CDN加速結合起來將會是最優的解決方案。全國已有不少合用BGP技術方案的數據中心,但大多為特殊客戶提供服務,很少有針對普通用戶和IDC商的機房。
IDC相似詞組:
  
WDC=web data center 網絡數據中心   
NDC=network data center 網絡數據中心:相對於傳統IDC,NDC引入了廣域網絡平台,並通過雲計算、雲存儲技術,整合帶寬、存儲、計算能力等分散資源,構建集約化的運營商級綜合內容服務平台,大幅緩解公司互聯網出口成本壓力,短期內以低成本極大豐富網內內容資源,改善用戶服務質量,提高客戶滿意度,開闢新型網絡增值服務,促進公司互聯網業務的全面、可持續發展。

ICP:網絡內容服務商英文為Internet Content Provider 簡寫為ICP,即向廣大用戶綜合提供互聯網信息業務和增值業務的電信運營商。其必須具備的證書即為ICP證。 ICP由一個減排東道國(發展中國家)和一個或多個夥伴國在合作的基礎上形成。首先由發展中國家即東道國提出自己國家的自願減排方案

國際比較項目法ICP(International Comparison Program),可以稱為購買力平價法,是以國內商品價格同基準國家同種商品價格比率的加權平均值為購買力平價計算的。 ICP是由聯合國統計局、世界銀行等組織主持的,一項旨在提供GDP及其組成部分的國際一致價格和物量的跨國比較體系。 ICP經歷了由雙邊到多邊,再到分區域比較(區域內多邊比較,再聯合成全球性比較)的發展過程,其研究的基本思路,就是通過價格調查並利用支出法計算的GDP作為基礎,測算不同國家貨幣購買力之間的真實比率(以PPP為貨幣轉換係數),從而取代匯率,把一國的GDP,轉換成以某一基準貨幣或國際貨幣表示的GDP。

データセンターは、よく知られたネットワークへのIDCサービスのブランドへの取り組みを計画しており、ICP認定サービスプロバイダ、IDC品質·サービス·プロバイダーを目指します。
インターネットの包括的なソリューションを提供するために、大、中、小企業や個人に焦点を当て、サービスの範囲は、次のとおりです。ウェブホスティング、ドメイン名の登録、企業の電子郵便局、専用サーバー、VPSホスティング、顧客サービスと付加価値通信サービスの他の様々なタイプを、慎重にオーダー:費用対効果の高い様々な製品やサービスを提供する独立した財産権のサーバをNしています。

IDC(インターネットデータセンター)、インターネットデータセンター。インターネット上での付加価値サービスを指します。含まれます:アプリケーションのドメイン名を、スペース、専用ホスティングおよび他のビジネスサービスをホストしている。

優位性

ハードワーク、品質第一を追求し、顧客志向、人間サービス、企業の精神は、経営の整合性に付着し、業界の科学と技術革​​新の企業の目的は、強力なネットワーク運用管理システムとソフトウェア開発チームを確立します。
参加するヨーロッパ、アメリカ、ロシアおよびその他の国全体に優れたインターネットサービスを提供する企業や個々のユーザーの数千人の国内および国際的な数のための優れた運用管理チームは、強力な資本、技術、ネットワークリソース、。現在までに、名前はNユーザーの長期的なサービスプロバイダとなります。

2、製品、良い価格の多様な範囲が、私は顧客のニーズの原則に準拠して、顧客に歓迎され、高品質な製品の様々な、ホスティング、ドメイン名、VPSプログラムをカスタマイズします。仮想ホストは、オープン毎月の支払い、1G以上の容量の包括的なアップグレードは、スペースを購入するため、追加コストなしで、私たちは完全に空間の新世代の恩恵を享受できるように、以上の2つの独立したサイトを構築することができます。
私たちは本当にメリットを感じているドメイン、VPS、サーバーのレンタル、販売促進、なしその他の活動 – 時々開催しました。

3、技術、システムエンジニア、プログラマー、ネットワークセキュリティの専門家のリーディングエッジは、同社は、シニア業界エンジニアの数だけでなく、強力なセールスチームを持ち、最も適した製品を設計に準拠しています。自社開発のハードウェアファイアウォール、Webアクセラレータ(CDNの設定)、メールシステム、元の複数のデータ·バックアップ·システムなど。ベースの仮想防衛ネットワーク攻撃、ウイルス攻撃、ホスト、および顧客ファイルの保護が容易に利用できるいくつかの特許を取得しています。

4、高品質、ルームサービス企業は高品質なネットワークのバッキングに付着し、大、中、小企業全体の国際化及び他の多くのトップレベルのエンジンルーム、高品質のネットワークのカバレッジと協力し、最適なネットワークリソースとルームサービスを確保するために。

保護するために苦情 – 強力な営業チーム、テクニカルサポート、マルチチャンネルのための特別な取り決めは、クライアントの利益が保護されていることを確認するために苦情の勧告を受ける。

IDC、インターネットデータセンターは、施設の運営·維持管理の基本、インターネットのネットワークに基づいており、集中型の収集、保管、処理およびデータ送信装置を提供するために関連サービスを提供しています。 IDCの主な活動は、(システム構成、システムの保守、データのバックアップ、トラブルシューティング、サービス()などの仮想ホスティング事業として、データストレージサービス)リソース家賃、(シート、ラック、VIPルームのレンタル)をホストする管理サービス(含む帯域幅管理、トラフィック分析、ロードバランシング、侵入検知、脆弱性診断)、およびサービスを実行するには、他のサポートなど。 IDCの概念だけでなく、統一的な基準を持っていないが、コンセプトは、インターネット、コンピュータルームの公共事業として理解することができ、それはまた、ITプロフェッショナル·サービスは、IT産業の重要なインフラである。 IDCは、サービスの概念であり、ネットワークの概念は、それはハイエンドのデータ伝送(DataDelivery)と高速アクセスサービスのサービスを提供するため、バックボーンネットワーク、アクセスネットワークのように、ネットワークインフラストラクチャのリソースの一部を構成します。

IDC開発
起源
IDCは、ICPのネットワークの高速相互接続の需要で生まれ、米国が世界のリーダーの位置に残っています。米国では、オペレータが、自分の利益を保護するために、ネットワークの相互接続の帯域幅に非常に低く設定されている場合、ユーザはサーバを配置する各サービスプロバイダにあった。この問題を解決するために、IDCは、顧客がネットワークのアクセス速度のボトルネックからサーバーを管理することを保証するために生まれました。
IDCは、データ·ストレージ·センターであり、データセンターの流れは、それはほとんどのインターネットのネットワークのデータ交換に集中する必要があります。これは、ホスティングとバーチャルホスティングサービス、条件のより高い要求を伴っている、ある意味では、ISPのサーバーホスティング部屋によって進化しています。具体的には、インターネットの急速な発展により、Webサイトのメンテナンスを行うのは、システム帯域幅を増大、管理の要件は、多くの企業にとって重大な挑戦を構成しています。したがって、IDCのWebホスティングサービスに関連するすべてのものは、実行するネットワークサービスを提供に特化したが、ビジネスのコア競争力を強化に焦点を当てます。目に見える、IDCは、インターネット·エンタープライズ部​​門のより洗練された製品です。
初期のデータセンター
初期のコンピューティング業界の素敵な部屋にデータセンターはrootです。複雑な初期のコンピュータシステムの運用と保守は、動作するように特別な環境が必要です。すべてのコンポーネントを接続するケーブルの多くを必要とし、したがって、そのような位置に機器に標準ブラケット、改良された床と同様に、ケーブルプレート(インストールされているオーバーヘッドや高架フロア)などの電源と組織。同様に、古いコンピュータは、多くの電力を必要とし、過熱を防ぐために冷却する必要がありました。セキュリティは非常に重要である – コンピュータは非常に高価であり、しばしば軍事目的に使用されます。設計の基本的な設計原理への制御コンピュータルームにアクセスできます。
マイクロコンピュータ業界の繁栄には、特に1980年代に、コンピュータは多くの場合、ほとんど、あるいは全くの運用上の要件では、4つの開発を始めました。しかし、情報技術(IT)の発展とともに、操作が徐々にITリソースを制御する必要性を認識し、複雑になった。クライアントと – サーバコンピューティング、1990年代のマイコンは、(サーバとして知られている)古いコンピュータルームに自分の居場所を見つけるために始めました。安価なネットワーク機器の可用性に加えて、ネットワークケーブルのための新しい標準、企業内の部屋を作るには、サーバを配置する階層的な設計の使用は、これはこの時点で認識し、でキャッチし続けることができます。
現代のデータセンター
データセンターの繁栄ドットコム·バブルの出現。企業は、高速なインターネット接続を必要とし、システムやインターネットの出現の展開を続けています。そのような機器の設置は、多くの中小企業のために現実的ではありません。多くの企業がインターネットデータセンター(IDC)ととして知られている非常に大規模なデバイスを構築し始め、それがシステムの導入と商用ソリューションの動作を提供します。新しい技術や慣行は、測定およびそのような巨大な測定操作のための運用要件を処理するように設計されています。 2007年以来、データセンターの設計、構築、よく知られている科目を運営しています。データセンターの設計者のニーズを詳述したような通信産業協会などの専門家の信頼されたグループは、より標準的なドキュメント。データセンターの可用性メトリックの既知の動作は、事業中断の影響を評価するために使用することができます。そこに多くの開発者がオペレーティング·実際に行われており、データセンターのフレンドリーな環境を設計します。
ITビジネスは、組織のビジネスの大部分の最も重要な側面の一つです。主要な関心事は、ビジネスの継続性であり、企業が自社のビジネスを動作させるために、情報システムに依存しています。システムが使用できなくなった場合、会社の業務が低下または完全に停止することができます。 IT運用の建設組織の信頼できる基盤を確保するために、破壊を最小限に抑えることができ、それが必要である。情報セキュリティの懸念であり、この理由で、データセンターは、セキュリティ侵害の可能性を最小限確保するために安全な環境を提供する必要がありました。そのホスト環境の整合性と機能に、データセンター、したがって、高い水準を維持する必要があります。この二重の冗長な光ファイバケーブルや緊急時のバックアップ電源が完了するが含まれています。
データセンターの分類
TIA-942:データセンター、規格の概要は、データセンターインフラストラクチャの要件について説明します。最も簡単にはTier1のデータセンターである、と彼は基本的にはコンピューター室、基本的なコンピュータシステムのインストールガイドです。 Tier4のデータセンターの緊急のニーズの大部分は、ホストの評価のタスク用に設計されてアクセスを制御するために生物学的な測定により、このセキュリティゾーン、完全に冗長化するコンピュータシステムなどのシステムであり、セキュリティゾーンに分割されています。別の考慮事項は、データセキュリティと同様に、冷却需要環境配慮へのデータ·センターの地下のコンテンツのレイアウトです。
物理的な配置
データルームの中心に、建物の職業の一つまたは複数の層、あるいは建物全体。機器のほとんどは、多くの場合19インチのコンパートメントでラックに配置されます。これらのラックの行は、回廊を形成するために配置されます。これは、人々が前面または背面コンパートメントからアクセスすることができます。大きさのブロックのタイルの多くを占めるように独立したサイロのストレージデバイスは非常に異なるストレージデバイスをサーバーから1Uサーバ。そのようなメインフレームコンピュータやストレージデバイスなどの一部の機器は、しばしば彼らのラックでとても大きく見て、次のそれらを置いた。非常に大規模なデータセンターは場所にコンテナを使用することができ、各コンテナは、サーバが1000以上に配置することができます。時の修理やアップグレードのニーズに、コンテナ全体ではなく、単一のサーバーのメンテナンスよりも置換されます。ローカルでコードをコンパイルすると、最小の上昇限界を制御することができます。データセンターの物理的な環境が厳密に制御されます。x空調制御、データセンターの温度と湿度を。 ASHRAEのデータ処理環境、熱の推奨温度の指導20-25°C(68から75°F)、湿度40から55までパーセントで、データセンタ17の最高の条件°C最大露点として。電力は、データセンター内の空気を加熱します。熱が削除されない限り、それ以外の温度は、電源の障害が発生し、その結果、上昇していきます。空気の温度を制御することによって、棚層のサーバーコンポーネントは、製造元の指示に従って、温度/湿度範囲を維持しています。冷却空気を介して前後に露点の下のスペースに空調システム、制御湿度を支援する。あまりにもウェット、その後、水が内部コンポーネントに集中し始めた。乾燥空気の場合湿度が低すぎる場合、湿度の高い補助システムは、水蒸気を増加させるには、コンポーネントを損傷する静電放電の問題が発生します。従来の設計に比べて少なく過ごし、コンピューター機器の冷却を維持することができる地下のデータセンター。
彼らはそのデータセンターの冷却を確保するために外気を使用する場所、デバイスを保存しようとする現代のデータセンターは、冷却します。ワシントン州は現在、いくつかのデータセンターを持っており、サーバを冷却するために外気を使用して11年。彼らはクーラーやエアコンを使用していない、彼らは何百万を保存するための潜在性を作成します。
つまたは複数の無停電電源装置またはディーゼルからバックアップ電源。
領域( “サイド”と “B-サイド”)、シングルポイント障害を防止し、バックアップシステムを含むすべての電源システムの要素は、完全に複製の典型であり、2つの電源を接続するための鍵サーバーにするためである。このような配置は、多くの場合、N +1の冗長構成のシステムを完成するために使用されます。静的ゲートは時々停電が発生した場合に別のものに瞬時に変換1を保証するために使用されています。
データセンターでは、通常使用する可動側のレンガは、地上60センチメートル(2フィート)に増加した。傾向は今より良い空気循環を確保するために、アイドル領域の増加80〜100センチメートル(31.5-39.4in)です。この電源はシステムの条件の一部として地下の空気を十分に循環ですが、また、電源ケーブル用のスペースを提供しています。現代のデータセンターでは、データケーブルは、通常、オーバーヘッドケーブルを使用してください。ただし、セキュリティ上の理由の一部または床の上に配置すると、棚の上に冷却システムを向上させる必要がある。小さい/少ないデータセンターで消費された地面が地面に反対静的タイルの使用に上昇していませんでした。コンピュータケーブルは、多くの場合、最大の空気の流れの効率を確保するために、廊下に置かれます。
パッシブとアクティブのデザイン要素と同様、ビジネスにおける火災の予防プログラムの実施を含むデータセンターの防火システムの機能、。煙探知機が取り付けられている、それはシチューの煙のソースをポイントして、アラートへの火炎の前に検出することができます。これは調査、電源の中断、火が大きく、人々は消火器を使用する前に行うことができます。自動スプリンクラー·システムは、しばしば火災の広い範囲の火災の開発を制御するために使用されています。 18 “はっきりとスプリンクラーシステム、ガスシステムを消火クリアイベントに比べてスプレー消火器用の自動スプリンクラー·システムの要件は、しばしば初期の火災にインストールされます。受動的防火要素が周りに、データセンター内のファイアウォールが含まれてい防火システムは、失敗した場合、またはインストールされていないので、火災は容易に特定の範囲内に制御することができます。
データセンター内の物理的なセキュリティは、役割を実行しています。訪問する物理的な場所は、多くの場合、安全制御システムなど、選択した人員に制限されています。しばしば大規模なデータセンターやデータセンターで使用されているビデオ監視および永久的なセキュリティ警告は、機密情報が含まれています。
ネットワークインフラ
今日は、しばしばネットワークに基づいて、データセンター内の通信は、IPコントロールグループを実行します。データセンターは、外の世界からのサーバー間でトラフィックをルーティングするルータやスイッチのシリーズが含まれています。頻繁に提供する2つ以上のサービスプロバイダによる冗長化インターネット接続(マルチホーミングを参照してください)​​。内部ユーザーのために、データセンターのサーバのいくつかはインターネットの基本的な組織とそのような電子メールサーバー、プロキシサーバー、およびDNSサーバーとして、企業のネットワークサービスを実行する必要があります。ネットワークセキュリティの要素も頻繁に設定されています:例えば、ファイアウォール、VPNゲートウェイ、侵入検知システム。ネットワークとアプリケーションの監視システム。追加の非職場監視システムは、データセンター内部の通信障害を防ぐためにも非常に典型的である。
アプリケーション
データセンターの主な目的は、組織のデータのビジネスと操作を処理するアプリケーションを実行することです。このシステムは、内部組織によって開発された、またはエンタープライズソフトウェアプロバイダーから、ここで購入することです。汎用アプリケーションのようなERPおよびCRMシステム。データセンターは唯一のオペレーティングシステムの構造が心配であるか、または他のサービスを提供することがあります。複数のホストから、しばしば、これらのアプリケーションは、各ホストは、単一のコンポーネントを実行しています。通常、このコンポーネントは、データベース、ファイルサーバ、アプリケーションサーバ、ミドルウェア、物事の他の種類です。データセンターは、しばしば非サイトのバックアップに使用されています。同社はデータセンターが提供するサービスのためにスケジュールすることができます。これは多くの場合、バックアップテープです。火災や洪水のセキュリティの脅威に対する脆弱性テープ、テープ·ストレージの分野には、ローカルサーバーをバックアップすることができる。大企業は、職場へのバックアップを送信する場合があります。バックデータセンターをキャストするためには、完了することができます。暗号化されたバックアップを別のデータセンターにインターネット経由で送信することができ、セキュリティが保存されます。災​​害復旧、モバイルデバイスソリューションを開発するハードウェア·ベンダーの多種多様な、短時間でインストール、運用することができます。このようなシスコシステムズ、サン·マイクロシステムズ、IBM、およびHPが開発したシステムとして、サプライヤーは、この目的のために使用することができます。
サービス

IDCは、以下の特定のサービスをユーザーに提供することができます。サイトのコンテンツの増加に伴い、増加した機能性、サイトのサーバーのサポートの数は、サイトのサーバーの負荷分散サービスを増加し始めながら、時間のバランスのサーバーグループ内のすべてのサーバー間の実際のサーバーの応答トラフィックの負荷に基づいてすることができます。サーバーの負荷分散エラーの発生を削減しながら、サイトのパフォーマンスと応答性を向上させることができます。ウェブアクセラレーションサービス:サイトAcceleratorサービスは、それによってサイトの安全なトランザクションの応答速度を向上させ、サーバは数百回に回数を増やすためにコンドームソケットレイヤ(SSL)暗号化/復号化、作業効率を処理することができます。このサービスでは、サイトでは、eコマーストランザクションのセキュリティを確保するため、ウェブサイトのアクセス速度を犠牲にすることなく、その前提の下で、インターネットサーバーへの投資を最大限に活用することができます。
前方に異常な速度を持つと、中国のインターネットはまた、通信事業者のビジネスの変革と、IDCのビジネスユーザー向けの需要が高まっているデータの様々なサービスも浮上して、次のような中国電信Megauploadのは、中国のインプリメンテーションを実施する予定そのような携帯電話でも、権限のあるユーザーが増えてきたようにIDCのビジネス·システムはまた、その主な事業プラットフォームIDCとしてますます注目されている、セキュリティが焦点の一つです。今日、中国のWTO加盟で急成長国際IDCのエンタープライズで急速に国内のIDCのビジネスの成長だけでなく、海外のIDCの需要は、中国の対外貿易の成長数は成長しており、IDCのエンタープライズの国際化は右海外のリソースを見つけるために顧客を可能にします。大幅に中国の対外貿易の開発プロセスを促進し、貿易を行うために、! !
IDCの意味
インターネットデータセンター(インターネットデータセンター)は、IDCと呼ばれます。電気通信部門は、既存のインターネット通信回線の帯域幅のリソース、標準化された電気通信専門の教室環境の整備、サーバホスティング、リースだけでなく、企業へのサービスの全範囲の関連付加価値の側面は、政府の使用です。つまり、データセンターのサーバー会社にサーバーは、我々は通常、サーバーレンタル、ホスティングおよび他のビジネスと呼んでいます。
IDCのサーバーは、もはや自分専用のコンピュータルーム、高価な通信回線の敷設を構築する必要はありません、通信企業や政府機関を使用してビジネスをホスティングし、ネットワークエンジニアを雇ってする必要はありませんが、あなたは、インターネットの利用の専門家の要件の多くを解決することができます。
IDCホスティングウェブサイトの主な応用分野は、Webホスティング、電子商取引。ウェブサイトのような、ユニットが通信分野からインターネット静的IPアドレスの割り当てにホストを管理するには、広く公表され、インターネットを通じて、自社製品やサービスを、独自のWWWサイトを公開することができます。管理対象ホストを介して仮想ホスト単位で独自のをホストする巨大なハードドライブの空き容量のレンタルは、仮想ホスティングサービスを提供する他の顧客のために、ICP、ISPになって、eコマースは、独自のeコマースシステム、サプライヤー、卸売業者のための商業プラットフォームを確立するために、管理対象ホストを介して単位を指し、リセラー、エンドユーザは、より良いサービスを提供します。
すなわち、IDC、インターネットデータセンター。それはインターネットの発展のニーズが付属しています急速に発展し、新世紀における不可欠となり、中国のインターネット産業である。インターネットコンテンツプロバイダ(ICP)、大規模、高品質で安全かつ信頼性の高い特殊なサーバホスティング、レンタルスペース、卸売、ネットワークの帯域幅だけでなく、ASP、EC事業を提供するために、ビジネス、メディア、さまざまなウェブサイト。
IDC(インターネットデータセンター)は、正式な定義はありませんが、従来のデータセンターよりも深い含蓄があり、それはメディア、ICP、企業によって開発されたインターネットの進化のニーズに沿ってあり、大規模、高品質で安全かつ信頼性の高い特殊なサーバホスティング、レンタルスペース、卸売ネットワーク帯域幅、およびASP、EC事業を提供するクラスのWebサイトを参照してください。データセンターは、メインフレームの時代にあった、専門的な経営を実現し、運用コストの目的を減らすために、メインフレームのホスティング、アウトソーシング、または集中管理とメンテナンスを提供することでした。
、およびその代理店、サプライヤー、顧客と企業との事業提携をインフラの安全な操作をサポートしている電子商取引の様々なモード、IDCは、(ホスティング)企業、テナントまたはサーバーグループ主催サイトを決済されるバリューチェーンの管理プラットフォームの実装など。
ネットワークの位置と(ハイエンドのデータ転送を提供するバックボーンネットワーク、アクセスネットワークのように、ネットワークインフラストラクチャのリソースの一部を構成するネットワークの帯域幅容量:IDC二つの非常に重要な機能がありますデータ配信)サービスを、高速アクセスサービスを提供しています。
インターナショナル·データ·コーポレーション
IDC:会社名は、インターナショナル·データ·コーポレーション(インターナショナルデータコーポレーション)は、世界のITをリードしている、通信業界、消費者テクノロジー市場のコンサルティング、コンサルタント、専門的なサービスプロバイダの活動を指す。 IT分野の市場トラッキングデータは、業界標準となっています。正式に中国の枝に設立された1982年のIDCは、世界有数の市場調査会社、中国市場に参入する最初のものです。 IDCは、IDG(インターナショナル·データ·グループ)(インターナショナル·データ·グループ)の子会社である。 IDGがShong、米国の資金のベンチャーキャピタルを入力する最初のものです、私たちはしばしば、IDG、中国から、つまり、参照してください。

IDCの他の意味

多くの場合、自動車セクターでを指します。診断コネクタを使用して点火、点火診断コネクタの省略形。 2、法的および金融取引の分野でしばしば意味:初期直接費用は、初期直接費用の略称です。 3、石油化学業界で頻繁に参照します。瞬時オフセット制御、瞬時偏移制御略語を。
インテリジェントディスクコントローラの略で、インテリジェントなディスクコントローラ、4は、多くの場合、電子工学の分野を指します。 5、アップル愛好家はしばしば言う:IDC私は省略形を気にしない。
IDCの一般的なアクセス方法
デュアルIPおよびデュアルラインの実装

デュアルIPラインの実装は、単一のサーバー上に2つのIPアドレスがあるように、2つのネットワークカード、電気通信ネットワークへのアクセス、ケーブルとネットコムのネットワークケーブルを使用してサーバーにインストールされており、ネットワークのIPテレコムのIPアドレスを設定されていますネットコムや通信はチャイナ·ネットコムのユーザーと通信のユーザーに別のラインからのアクセスを追加するには、サーバー上のルーティングテーブルを。デュアルIPおよびデュアルラインは、一般的に二つの方法で使用しました。
A. ICPユーザーは、次の2つの異なるIPアドレス、ネットコム、サーバーへのネットコムのIPアクセスをユーザーがクリックすると、テレコムのIPアクセスの通信をユーザーがクリックするサイトのリンクを設定します。二つ。 BIND 9(DNSサーバソフトウェア)は、異なるサーバのIP網通、バックネットコムのIP通信のユーザーにドメイン名が異なるIPアドレスへの通信のIP要求に戻ってドメイン名を要求するユーザーの要求、このようにいくつかのスマートIDCに戻ります。 DNSプログラム。
ある程度のデュアルIPライン、チャイナ·ネットコムとテレコムのユーザーサイトにアクセスする速度が向上しますが、欠点は、アクセス·サーバが一般ユーザのメンテナンスが困難にテーブルの設定ルーティングサーバ上のデュアルNICがあることであり、すべてのデータパケットは、別のネットワークカードに送られ、ルーティング、サーバー上の意思決定と、訪問したサーバリソースの消費を確認する必要があります。このプログラムは、最も単純な2線式のソリューションは、一般的に小さいプロバイダが使用IDCに限定されます。
単一のIPデュアルライン
通常の単一のIP回線がサーバー上にIPアドレスを設定することで、ルーティングデバイスを介してこのIPネットコムのIP通信のIPパケットは、2線式技術を達成することによって設定したり、通信ネットワークまたはネットコムのネットワークによって発行されます。このプログラムは、デュアルIP車線を解決するために、チャイナ·ネットコムのユーザーと通信のユーザのアクセス速度を向上させることができ、サーバー上のルーティングの問題を設定する必要があり、ユーザにIPアドレスを使用·ネットコムとテレコムのIPアクセスは、要求パケットを送信し、自動的に最適なルートを決定するものではありません。したがって、このソリューションは、その半分のワイヤ技術プログラム、ソリューションの移行形態と言うことができます。移行にIDCサービスプロバイダを配線するシングレットIDCのサービスプロバイダ向けの一般的に使用されるこのプログラムのための暫定的なプログラム。
BGPのデュアルライン、単一のIPを達成するために
BGP(ボーダーゲートウェイプロトコル)プロトコルは、主に、インターネットとの間の相互接続(自律システム)に使用され、BGPの最も重要な機能は、ルートの拡散を制御し、最適な経路を選択することです。相互接続するためにAS番号、チャイナ·ネットコムとチャイナテレコムは、AS番号(自律システム番号)、主要なネットワークオペレーター、BGPプロトコル、独自で、それらのほとんどを持っています。 BGPプロトコルは、網通、中国電信および他のネットワークオペレータに、このセクションのIPアドレスをブロードキャストして、IDC独自のIPアドレスおよびAS番号のデュアルラインCNNIC(中国インターネットネットワークインフォメーションセンター)を達成するために、このプログラムを使用して、デバイスによって、BGPプロトコルインターネット·ネットコムとテレコムのバックボーン道路を使用すると、その網通、中国電信のユーザーは、高速アクセスを保証する最適なルートのIDC室のIPセクションに判断されます。
このプログラムは、以下の利点を使用する:
A.サーバはIPアドレス、サーバーのすべてのシステムリソースを取るか決定するために、他のテクニカル指標とホップルーティングネットワークのバックボーンルータからの最適なアクセスルートを設定する必要があります。サーバーのルーティングアップルーティングと下流のが最適パスを選択することができ、彼らは本当に高速な単一IP 2車線にアクセスすることができます。
二つ。 BGPプロトコル自体は、ループの特性を除去するために冗長バックアップを持っているので、複数のBGPの相互接続線IDCのサービスプロバイダーが相互バックアップルーティングを実現することができたときに、ルーティングが自動的に回線の障害で、他の行に切り替わります。
3。 BGPプロトコルは、他の演算子と拡張性の高いIDCのネットワークがインターネット事業者のすべてのユーザーがすぐにアクセスできるように、マルチラインを簡単に単一のIPを相互接続できるネットワークを作ることができます。これは、デュアルIP車線を比較することはできません。 BGPプログラムは、最善の解決策ですが、このプログラムの設備投資や帯域幅に起因する大規模かつ技術的に、より複雑にIDCのプロバイダに必要があるため、このプログラムは強力なプロフェッショナルIDCのサービスプロバイダーに制限されています。要約すると、様々な独自の方法を達成するには、2つのレーンの長所と短所デュアルIPレーンの低コスト化が、ネットワークが十分に安定していないと、サーバーリソースの多くを取り、通常の単一のIP回線二重線の効果のほんの一部貧しいアクセス速度、強い相互作用の静的なページ効果ページ効果のCDNは、理想的な非常に良いされていませんが、上記のすべての問題を解決するためにBGP単一のIPラインはこのようなプログラムの国内使用を達成するための最良の方法です。コンバインを加速するためのBGP、単一のIPレーンとCDNが少ないことがIDCのサービスプロバイダーは、最適なソリューションとなります。国はBGPテクニカルソリューションデータセンターを組み合わせていますが、主に特別な顧客のためにサービスを提供するために、普通のユーザーとエンジンルームのIDC事業のほとんどがあります。
IDC同様のフレーズ:

WDC =ウェブデータセンターネットワークデータセンター
NDC =ネットワークデータセンター、ネットワークデータセンター:としてIDCの伝統とは対照的に、ワイド·エリア·ネットワーク·プラットフォームとクラウドコンピューティングを導入するためのNDCは、クラウドストレージ技術、帯域幅の統合、ストレージ、およびコンピューティングパワーは、リソースを分散し、集中的なキャリアグレードの構築実質的にサービス品質を向上させ、顧客満足度を高め、新しい付加価値ネットワーク·サービスを開き、同社のインターネットビジネスの総合的かつ持続可能な開発を促進するため、低コストを大幅に富むネットリソースの内容に、同社のWeb輸出コスト圧力、短期を容易にするためのサービスプラットフォーム。

ICP:プロバイダがICPと略すインターネットコンテンツのための英語でインターネットコンテンツ·サービス·プロバイダー、すなわちユーザーの大半は、通信事業者のための包括的なインターネット情報サービスや付加価値サービスを提供しています。証明書は、ICPライセンスである必要があります。 ICPは、ホスト国(途上国)と協力の基礎の1つまたは複数の相手国の削減によって形成される。まず、途上国が自国の自主的な排出量削減プログラムについて、そのホスト国

国際比較プログラム法ICP(国際比較プログラム)は、ベンチマーク国の加重平均と力平価条件を購入するための一次産品価格の比率と国内商品価格に基づいて、力平価メソッドを購入し呼び出すことができます。 ICPは、価格とクロスカントリーの比較システムのボリュームに関する国際協定のGDPとそのコンポーネントの一部を目指し、国連統計局、世界銀行やその他の組織でホストされている。 ICP(グローバル比較に結合し、地域内など)多国間、そして、サブ地域の多国間比較に両側を経験している基礎として支出アプローチによって算出した価格調査と国内総生産(GDP)を介して、開発プロセス、基礎研究のアイデアを、基本通貨または国際通貨GDPに変換することにより、為替レートを置き換える別の国の通貨の購買力(PPP通貨換算係数)、国のGDP、間の真の比の推定値。