日本京都中国研修生学习日本传统舞蹈 http://blog.163.com/chensihong1961@126/blog/static/165069785201162281036621/

日本京都中国研修生学习日本传统舞蹈

2011年07月20日.http://blog.163.com/chensihong1961@126/blog/static/165069785201162281036621/

  据日本新华侨报网报道,为了8月15日,即将举办的“宫津舞蹈大会”,日本京都府宫津市的舞蹈大会执行委员会,提前为即将参加舞蹈到会的参加者,举办了舞蹈讲习会。

  7月15日,50余名当地市民,及在当地生活的外国人,参加了在当地市民体育馆内,在教练的带领下,学习当地从丹后古国,流传至今的传统舞蹈。目前,距离2011年的“宫津舞蹈大会”,有一个月的时间,筹备工作,已经紧锣密鼓地开展起来。

  讲习会,第一天,来自丹后郡某工厂的12名中国研修生,参加到学习行列中。现场,当人舞艺指导的,是当地舞蹈大会振兴委员会的会员,主要讲授-节日期间的礼节、历史、文化等背景。

  每年的8月15日前后一,两日内,举办“舞蹈大会”,是宫津市的传统。这一传统,传自日本历史上的丹后国。丹后国的势力范围,包括了现今-京都府北部的丹后半岛,及半岛附近的地方。“宫津舞蹈大会”举办的时候,正是日本一年中,除了元旦以外的,重大节日——盂兰盆节。大会期间,8月14-16日,宫津市内,将被人流堵得水泄不通

转载人:China周口境外就业服务公司*海外(Japan,Japanese boss)雇主拓展部陈部长,手机:+0086-13901623260; E-Mail: chensihong1961@126.com ; George13901623260@163.com ;

据日本新华侨报网报道,7月21日,7名中国研修生,站到了日本北海道函馆地方法院的法庭上,与欠了他们1600万日元工资的日本雇主,当庭抗礼,展开第一次口头辩论。

  与这7名研修生被侵权有关的,函馆市的水产加工公司、北海道道南地区,负责接收研修生的机构,以及总部设在东京的财团法人国际研修协作机构等三方,站在了被告席上。

  这7名中国研修生,于2008年5月,按照日本政府颁布的《 外国人技能实习·研修制度》,来到北海道,并被分配到北斗市内,一家水产品加工工厂工作。他们的工作内容,主要是加工墨斗鱼。但是,工厂主,每月,只向他们支付5~6万日元的工资,如果换算计时工资,数额,远低于当地相关劳动法律规定的600多日元的,最低计时工资;正常劳动时间以外的加班工作,只有每小时400~700日元不等,与当地劳动法律规定的正常工作时间以外的,最低劳动报酬,每小时800余日元的计时,也要低。

  在辩论过程中,负责指导接收研修生工作的财团法人国际研修协作机构,在答辩书中主张:“原告一方,提出的观点和请求,都属于不正当的。”在第一次当庭辩论中,没来得及发言的水产加工工厂一方表示:“下一次法庭辩论,要反击原告的观点”。

转载人:China周口境外就业服务公司*海外(Japan,Japanese boss)雇主拓展部陈部长,手机:+0086-13901623260; E-Mail: chensihong1961@126.com ; George13901623260@163.com ;

将中文译成日语

京都、日本、中国は伝統的な日本舞踊の研修生を学ぶために

2011年7月20日

日本における新華中国のプレス報道によると、8月15日に、”宮津ダンス会議”今度、京都府宮津市ダンス大会実行委員会、会議への参加者は事前に踊りに参加します、開催されたダンスワークショップ。

地元の生活の中で7月15日50以上の市民や外国人、地元の人々は伝統的なダンスから人気の、古代からローカルを学習した後、ダン、コーチの指導の下、体育館に参加しました。現在、2011の”宮津市のダンス会議”から、今月の時間、準備作業は、その途中でフルスイングで既にです。

ワークショップ、初日、試験のランクに参加するデンマーク12中国人研修生の工場からの郡の後に。サイト、時々ダンスの指導、総会の活性化委員会のメンバーは、メイン教材の地元のダンス – 祭りのエチケット、歴史、そして文化背景中。

1つまたは2つの日後毎年8月15日までに、”総会のダンス”開催は、宮津市の伝統です。この伝統は、タンゴの国の歴史の中で日本から来た。京都府丹後半島の北部、および場所の近くに半島 – 現在を含めて影響力のタンゴ国民の球、。お盆 – “宮津市のダンス会議”は大祭りの元旦の外を除いて、日本に1年のときに、開催。議会8月14〜16日宮津、ブロックは、観客をパックされます

再現された:中国周口海外雇用サービス*海外(日本、日本のボス)大臣陳雇用開発部、電話:0086〜13901623260、E -メール:chensihong1961@126.com、George13901623260@163.com。

裁判所のための北海道函館地方裁判所の日本の島の上に立つ日本のニュースレポート新華チャイナプレス7月21、七中国人研修生、によると、それらに日本の雇用主の給与を16万円を負って、開始するために抗裁判所式典第一口頭弁論。

と関連seven研修生の侵害、函館市、北海道南部、研修生を受信するための責任、および東京財団と他の国際研修機関三者協力に本社を置く代理店の企業を処理する水産物、被告が立っていたギャラリー。

この7中国人研修生は、2008年5月に、発行された日本政府によると”外国人のための実践的なスキルのトレーニングシステムを、”北海道に来て、北斗七星の都市、水産加工工場に配属されました。自分の仕事の内容は主にイカを処理されます。しかし、工場の所有者、毎月のは、単に彼らに賃金5〜6万円、時給を支払うために、変換量、よく関連する現地の労働法下以上600円、最低時給場合、通常の労働時間低いにも時間外労働以外の、および時間範囲ごとに400〜700円、執務時間外現地の労働法、最低報酬、時間、時間のあたりの800以上の円で、しかし。

討論会で、国際研修協力機関財団、防衛の本の主張を受信する研修生の作業を監督する責任があります:”原告は意見ご要望は、不適切な前方に置く。”初めての討論で、最高裁は、 one魚の加工工場を話す時間がなかった、言った:”次の裁判所の論争は、ビューの原告の点に対抗する。”

再現された:中国周口海外雇用サービス*海外(日本、日本のボス)大臣陳雇用開発部、電話:0086〜13901623260、E -メール:chensihong1961@126.com、George13901623260@163.com。