日本印度首脑签署联合声明,2011.’12月27日至29日,日本首相野田佳彦到访印度。在此期间,野田与印度总理辛格举行会谈,两国签署联合声明,宣布了多项政治和经济合作成果。这是2005年,日本印度两国建立首脑互访机制以来,辛格总理会见的第六位日本首相,两国首脑继续为双边关系加温。

日本印度首脑签署联合声明,2011.’12月27日至29日,日本首相野田佳彦到访印度。在此期间,野田与印度总理辛格举行会谈,两国签署联合声明,宣布了多项政治和经济合作成果。这是2005年,日本印度两国建立首脑互访机制以来,辛格总理会见的第六位日本首相,两国首脑继续为双边关系加温。

此次日本印度首脑签署的联合声明,从内容上,分为政治和经济两个层面。

声明称,明年,是日印建交60周年,两国将加强全球战略伙伴关系,还将首次进行海上联合军演。双方就进一步扩大海上安全领域的合作,达成了共识。辛格接受了明年访问日本的邀请并表示,两国合作,已从经济领域,逐渐拓展到政治、安全以及高技术领域,在打击海盗和应对海洋安全方面的合作,有显著加强。

从经济层面上看,野田表示:将在今后5年,提供相当于45亿美元的日元贷款,支援“新德里—孟买工业走廊”构想,希望印度在高速铁路建设计划中,引进日本新干线技术。印度希望:在太阳能发电、海水淡化等新技术领域得到日本支持。双方以8月生效的日本印度全面经济合作伙伴协定为基础,重申了尽早启动两国部长级经济对话的必要性。双方就加强金融合作达成共识,同意把两国的货币互换最高额度,从现行的30亿美元,增至150亿美元。双方就推进稀土生产合作达成协议。会谈确认将扩大日方对印度基建项目的支援,加速旨在重启日本印度核能协定谈判的工作磋商。

日本很看重印度巨大的市场。印度庞大的人口基数,决定了其经济前景,这将是日本企业扩大海外投资范围、实现制造业转移的理想市场。印度对提升印度日本关系,表现出更多的自信。印度媒体对日本抛出的经济合作“大礼包”津津乐道,并指出:日本拥有高新技术和资金,印度是正在努力实现经济飞跃的新兴市场,两国经济互补性强。印度作为地区大国,其战略重要性的上升,是促成日本与印度走近的重要因素。

印度对野田佳彦的来访,有着很高的期待。两国关系的加深,有利于印度从日本获得经济发展需要的资金和技术,而且,有利于印度在地区发挥其战略平衡力量的角色,提升其影响力。印度外交部称,印度日本关系已超越双边范畴,在维护地区乃至全球和平与安全方面也形成了共识。

日本インド首脳会議、2011年に署名された共同声明。29〜’12 27、日本の総理大臣野田佳彦訪問インド。その間に、野田は、インドのマンモハンシン首相と会談、両国は政治的、経済協力の様々の結果を発表する共同声明に署名した。これは、首脳訪問のメカニズムを確立し、両国以来、2005年、日本とインドにあった、日本のシン首相の6番目の首相、両首脳間の二国間関係は暖かいし続けます。

日本とインドの頭部は、政治的、経済的なレベルに分かれて、コンテンツから共同声明に署名した。

声明は、両国がグローバルな戦略的パートナーシップを強化する、海で合同軍事演習が初めてになると、来年は日本とインドの国交60周年である、と述べた。双方はさらに、海洋安全保障協力を展開し、合意に達した。 Singh氏は来年日本を訪問する招待を受け入れ、その二国間協力を述べ、経済分野から、そして徐々に政治、安全保障とハイテク分野への拡張、海賊との戦いで、海上の安全保障協力、大幅な強化に対応する。

経済的なレベルから、野田は言った:今後5年間で、”ニューデリー – ムンバイ間産業大動脈”をサポートするために円借款45億ドルと同等のものを提供するコンセプト、目的のインドでの高速鉄道建設プロジェクト、日本の新幹線の導入を技術。インドは期待している:太陽光発電、海水淡水化などの新技術で日本の支持を得るために。双方は、両国の早期開始に基づいて、8月、日本とインド包括的経済連携協定の発効閣僚級経済対話の必要性を再確認した。双方は、金融協力の強化で合意に達し、両国は現在の30億ドルから150億米ドルに、お金の最大量を交換することに合意した。双方は、希土類の生産を促進するための協力に関する合意に達した。日本は交渉が動作して協議のための交渉を再開するために原子力協定を加速するインド、日本とインドでのインフラプロジェクトのためのサポートを拡大することを確認した。

日本はインドの巨大な市場価値である。インドの巨大な人口ベースでは、その経済的将来を決定する、それは理想的な市場を達成するために海外投資、製造業の移転を拡大する日本企業の範囲になります。インド、日本、インドの関係を強化し、より多くの自信を示す。スロー日本の経済協力で、インドのメディアは”大きな贈り物は、”話を、と指摘:日本は高い技術と資本を持って、インドは新興市場で急速な経済成長を達成するために努力され、両国の経済は非常に補完的です。地域大国としてのインド、その戦略的重要性の上昇が、日本とインドが重要なファクターに近づく促進することである。

大きな期待とインドへの野田佳彦の訪問、。 、二国間関係を深め、資本と技術の経済発展のニーズに合わせて日本からインドに資するだけでなく、インドに資する、そのインパクトを高めるために、その役割の力を再生する地域の戦略バランス。インド外務省はまた、コンセンサスを形成しているインドと日本の関係は、地域と世界の平和と安全を守るには、二国間の範囲を超えていると述べた。

Japan India Summit Joint Statement signed in 2011. ’12 27 to 29, Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda visit India. In the meantime, Noda held talks with Indian Prime Minister Manmohan Singh, the two countries signed a joint statement announcing the results of a variety of political and economic cooperation. This was in 2005, Japan and India since the two countries established mechanisms of summit visits, Prime Minister Singh’s sixth Prime Minister of Japan, the two heads of bilateral relations continue to warm.

The head of Japan and India signed a joint statement from the content, divided into political and economic levels.

Statement said, next year is the 60th anniversary of diplomatic relations between Japan and India, two countries will strengthen global strategic partnership, joint military exercises at sea will be the first time. The two sides further expand maritime security cooperation, and reached consensus. Singh accepted the invitation to visit Japan next year and said that bilateral cooperation, from the economic field, and gradually extended to the political, security and high-tech field, in the fight against piracy and respond to maritime security cooperation, a significant strengthening.

From an economic level, Noda said: in the next five years, provide the equivalent of $ 4.5 billion in yen loans to support the “New Delhi – Mumbai Industrial Corridor” concept, want high-speed railway construction project in India, the introduction of Japan’s Shinkansen technology. India hopes: in solar power generation, desalination and other new technologies to get Japanese support. Both sides came into effect in August, Japan and India Comprehensive Economic Partnership Agreement, based on early start of the two countries reaffirmed the need for ministerial-level economic dialogue. The two sides reached consensus on strengthening financial cooperation, the two countries agreed to exchange the maximum amount of money, from the current $ 3.0 billion to 150 billion U.S. dollars. The two sides reached an agreement on cooperation to promote the production of rare earth. Japan confirmed the talks will expand support for infrastructure projects in India, Japan and India to accelerate nuclear energy agreement to restart negotiations for working consultations.

Japan is India’s huge market value. India’s huge population base, determine its economic future, it will be the scope of Japanese enterprises to expand overseas investment, transfer of manufacturing to achieve the ideal market. India, Japan, India to enhance the relationship and show more self-confidence. Indian media on Japan’s economic cooperation thrown “big gifts” talked about, and pointed out that: Japan has high technology and capital, India is striving to achieve rapid economic growth in emerging markets, the two economies are highly complementary. India as a regional power, the rise of its strategic importance, is to promote Japan and India approached the important factor.

Yoshihiko Noda’s visit to India, with high expectations. The deepening of bilateral relations is conducive to economic development, India needs to obtain from the Japanese capital and technology, and will help India in the regional balance of power to play its strategic role, to enhance its influence. Indian Foreign Ministry said India Japan relations have exceeded bilateral scope, in safeguarding regional and global peace and security has also formed a consensus.

《日本印度首脑签署联合声明,2011.’12月27日至29日,日本首相野田佳彦到访印度。在此期间,野田与印度总理辛格举行会谈,两国签署联合声明,宣布了多项政治和经济合作成果。这是2005年,日本印度两国建立首脑互访机制以来,辛格总理会见的第六位日本首相,两国首脑继续为双边关系加温。》有2个想法

  1. 美联社报道说,印度政府即将启动一项史无前例的铁路建设计划,其规模,将大大超过英国殖民统治时代留给印度的铁路遗产。

    拥挤嘈杂的车厢、人和牲畜随意穿越铁路的现象,在印度即将成为历史。新德里计划在印度主要城市和铁路干线之间,实现高铁连接。

    印度国会正在审议这项雄心勃勃的计划,印度政府希望国会能够允许为该项目筹集资金。计划中提出了建设六条高铁走廊的具体方案,与以往的提议相比,这个建设方案,已经完成可行性论证,因此,获得通过的可能性很高。

    美联社的报道中说,日本高铁技术专家已经抵达新德里开始提供专业技术咨询。印度铁道部发言人 Anil Saxena说:“我们是在为印度的未来修建铁路,印度经济高速增长意味着建设高速铁路已经成为必须。”他说:“即使这些规划中的高铁没有立即动工的话,未来几年内也将开建。”

      这项高铁建设计划中最具野心的部分,是修建连接东部港口城市加尔各答和新德里的高速铁路。这条铁路,将经过恒河沿岸的圣城瓦拉纳西( Varanasi)和泰姬陵所在地亚格拉(Agra)。目前,从新德里到加尔各答的行程,大约需要36个小时,高铁开通后时间,可望缩短至8个小时。印度政府已经委托一家英国公司负责线路勘探调查。

      印度计划修建连接西南部城市艾哈迈达巴德(Ahmadabad,又译阿默达巴德)和孟买的高速铁路。

      美联社的报道中说,许多海外专家对印度大规模修建高速铁路的能力表示怀疑。目前,法国TGV高铁每英里造价高达1500万英镑。英国HS2高铁项目的造价已经超过330亿英镑,美国加州高铁的造价估算超过了700亿英镑。如何筹集建设高铁所需的巨额资金,是印度面临的一大难题。

    The Associated Press reported that the Indian government will soon launch an unprecedented program of railway construction, its size, will greatly exceed the British colonial rule left India’s railway heritage.

    Crowded noisy car, and the phenomenon of crossing the railway free of livestock in India is about to become history. New Delhi in India between the major cities and railway lines, to achieve high-speed rail connection.

    India’s Congress is considering the ambitious plan, the Indian government hopes that Congress will allow the project to raise funds. Plan proposed the construction of six specific high-speed rail corridor program, compared with the previous proposal, this building program, has completed the feasibility study, therefore, passed a high possibility.

    Associated Press reports that the Japanese high-speed rail technology experts have arrived in New Delhi started to provide professional and technical advice. Indian Ministry of Railways spokesman Anil Saxena said: “We are the future of the construction of railways in India, India’s rapid economic growth means building high-speed rail has become a must.” He said: “Even these high-speed rail plan would not start immediately, will be open within the next few years to build. ”

    The high-speed railway construction project in the most ambitious part of the building to connect the eastern port city of Calcutta and New Delhi’s high-speed rail. This railway will go through the holy city of Varanasi along the Ganges (Varanasi) and Agra where the Taj Mahal (Agra). Currently, the trip from New Delhi to Calcutta, about 36 hours after the opening time of high-speed rail is expected to be shortened to eight hours. The Indian government has commissioned a British company responsible for exploration survey line.

    India plans to build to connect the southwestern city of Ahmedabad (Ahmadabad, also translated Ahmedabad) and Mumbai-speed railway.

    Associated Press reports that the large number of overseas experts to India to build high-speed rail’s ability to doubt. Currently, the French TGV high-speed rail cost per mile up to 15 million pounds. UK HS2 high-speed rail project cost has more than 33 billion pounds, the United States estimated the cost of high-speed rail in California more than 700 billion pounds. How to build high-speed rail to raise huge amounts of money needed is a major challenge facing India.

    AP通信は、インド政府は、すぐに鉄道建設の前例のないプログラムを起動することを報告、そのサイズは、大幅にインドの鉄道遺産を残したイギリスの植民地支配を超えてしまいます。

    混んでいる騒々しい車、そしてインドで家畜の自由な鉄道の交差の現象は、歴史になろうとしています。主要都市と鉄道の間にインドのニューデリーでは、高速鉄道の接続を実現する。

    インドの議会は野心的な計画を検討している、インド政府は、議会がプロジェクトに資金を調達できるようになることを期待している。計画は、、前回の案と比較して、この建物のプログラムを6つの特定の高速鉄道回廊のプログラムの構築を提案し、そのため、フィージビリティスタディを完了した可能性が高い合格しています。

    日本の高速鉄道技術の専門家がニューデリーに到着したことをAP通信のレポートには、専門家と技術的なアドバイスの提供を開始しました。鉄道スポークスマンアニルセナのインド省は言った:”我々は、インドにおける鉄道の建設の未来である、インドの急速な経済成長を構築する高速鉄道が必要になっていることを意味。”彼は言った:”であっても、これらの高速鉄道計画がすぐに起動しないだろう、構築するために今後数年以内にオープンになります。”

    カルカッタとニューデリーの高速鉄道の東の港湾都市を接続するための建物の中で最も野心的な部分での高速鉄道建設プロジェクト。この鉄道は、ガンジス川沿いのバラナシの聖地(バラナシ)を通過し、タージマハール(アグラ)アグラになります。現在、ニューデリーからコルカタへの旅行は、高速鉄道開極時間後に約36時間は8時間に短縮される予定です。インド政府は、探査測線の責任英国の会社に委託しています。

    インドは、南西部アーメダバード市(アーメダバード、アーメダバードにも翻訳さ)とムンバイ高速鉄道を接続するために構築する計画だ。

    疑うに高速鉄道の能力を構築するためにインドへの海外専門家の数が多いというAP通信のレポート。最大15万ポンドにマイルあたりの現在、フランスのTGV高速鉄道のコスト。英国HS2高速鉄道事業費が33以上億ポンド持っている、米国ではカリフォルニアの高速鉄道700以上の億ポンドのコストを推定した。必要な巨額の資金を調達するために高速鉄道を構築する方法をインドが直面する大きな課題です。

  2. 日本印度首脑签署联合声明,2011.’12月27日至29日,日本首相野田佳彦到访印度。在此期间,野田与印度总理辛格举行会谈,两国签署联合声明,宣布了多项政治和经济合作成果。这是2005年,日本印度两国建立首脑互访机制以来,辛格总理会见的第六位日本首相,两国首脑继续为双边关系加温。

    此次日本印度首脑签署的联合声明,从内容上,分为政治和经济两个层面。

    声明称,明年,是日印建交60周年,两国将加强全球战略伙伴关系,还将首次进行海上联合军演。双方就进一步扩大海上安全领域的合作,达成了共识。辛格接受了明年访问日本的邀请并表示,两国合作,已从经济领域,逐渐拓展到政治、安全以及高技术领域,在打击海盗和应对海洋安全方面的合作,有显著加强。

    从经济层面上看,野田表示:将在今后5年,提供相当于45亿美元的日元贷款,支援“新德里—孟买工业走廊”构想,希望印度在高速铁路建设计划中,引进日本新干线技术。印度希望:在太阳能发电、海水淡化等新技术领域得到日本支持。双方以8月生效的日本印度全面经济合作伙伴协定为基础,重申了尽早启动两国部长级经济对话的必要性。双方就加强金融合作达成共识,同意把两国的货币互换最高额度,从现行的30亿美元,增至150亿美元。双方就推进稀土生产合作达成协议。会谈确认将扩大日方对印度基建项目的支援,加速旨在重启日本印度核能协定谈判的工作磋商。

    日本很看重印度巨大的市场。印度庞大的人口基数,决定了其经济前景,这将是日本企业扩大海外投资范围、实现制造业转移的理想市场。印度对提升印度日本关系,表现出更多的自信。印度媒体对日本抛出的经济合作“大礼包”津津乐道,并指出:日本拥有高新技术和资金,印度是正在努力实现经济飞跃的新兴市场,两国经济互补性强。印度作为地区大国,其战略重要性的上升,是促成日本与印度走近的重要因素。

    印度对野田佳彦的来访,有着很高的期待。两国关系的加深,有利于印度从日本获得经济发展需要的资金和技术,而且,有利于印度在地区发挥其战略平衡力量的角色,提升其影响力。印度外交部称,印度日本关系已超越双边范畴,在维护地区乃至全球和平与安全方面也形成了共识。

    日本インド首脳会議、2011年に署名された共同声明。29〜’12 27、日本の総理大臣野田佳彦訪問インド。その間に、野田は、インドのマンモハンシン首相と会談、両国は政治的、経済協力の様々の結果を発表する共同声明に署名した。これは、首脳訪問のメカニズムを確立し、両国以来、2005年、日本とインドにあった、日本のシン首相の6番目の首相、両首脳間の二国間関係は暖かいし続けます。

    日本とインドの頭部は、政治的、経済的なレベルに分かれて、コンテンツから共同声明に署名した。

    声明は、両国がグローバルな戦略的パートナーシップを強化する、海で合同軍事演習が初めてになると、来年は日本とインドの国交60周年である、と述べた。双方はさらに、海洋安全保障協力を展開し、合意に達した。 Singh氏は来年日本を訪問する招待を受け入れ、その二国間協力を述べ、経済分野から、そして徐々に政治、安全保障とハイテク分野への拡張、海賊との戦いで、海上の安全保障協力、大幅な強化に対応する。

    経済的なレベルから、野田は言った:今後5年間で、”ニューデリー – ムンバイ間産業大動脈”をサポートするために円借款45億ドルと同等のものを提供するコンセプト、目的のインドでの高速鉄道建設プロジェクト、日本の新幹線の導入を技術。インドは期待している:太陽光発電、海水淡水化などの新技術で日本の支持を得るために。双方は、両国の早期開始に基づいて、8月、日本とインド包括的経済連携協定の発効閣僚級経済対話の必要性を再確認した。双方は、金融協力の強化で合意に達し、両国は現在の30億ドルから150億米ドルに、お金の最大量を交換することに合意した。双方は、希土類の生産を促進するための協力に関する合意に達した。日本は交渉が動作して協議のための交渉を再開するために原子力協定を加速するインド、日本とインドでのインフラプロジェクトのためのサポートを拡大することを確認した。

    日本はインドの巨大な市場価値である。インドの巨大な人口ベースでは、その経済的将来を決定する、それは理想的な市場を達成するために海外投資、製造業の移転を拡大する日本企業の範囲になります。インド、日本、インドの関係を強化し、より多くの自信を示す。スロー日本の経済協力で、インドのメディアは”大きな贈り物は、”話を、と指摘:日本は高い技術と資本を持って、インドは新興市場で急速な経済成長を達成するために努力され、両国の経済は非常に補完的です。地域大国としてのインド、その戦略的重要性の上昇が、日本とインドが重要なファクターに近づく促進することである。

    大きな期待とインドへの野田佳彦の訪問、。 、二国間関係を深め、資本と技術の経済発展のニーズに合わせて日本からインドに資するだけでなく、インドに資する、そのインパクトを高めるために、その役割の力を再生する地域の戦略バランス。インド外務省はまた、コンセンサスを形成しているインドと日本の関係は、地域と世界の平和と安全を守るには、二国間の範囲を超えていると述べた。

    Japan India Summit Joint Statement signed in 2011. ’12 27 to 29, Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda visit India. In the meantime, Noda held talks with Indian Prime Minister Manmohan Singh, the two countries signed a joint statement announcing the results of a variety of political and economic cooperation. This was in 2005, Japan and India since the two countries established mechanisms of summit visits, Prime Minister Singh’s sixth Prime Minister of Japan, the two heads of bilateral relations continue to warm.

    The head of Japan and India signed a joint statement from the content, divided into political and economic levels.

    Statement said, next year is the 60th anniversary of diplomatic relations between Japan and India, two countries will strengthen global strategic partnership, joint military exercises at sea will be the first time. The two sides further expand maritime security cooperation, and reached consensus. Singh accepted the invitation to visit Japan next year and said that bilateral cooperation, from the economic field, and gradually extended to the political, security and high-tech field, in the fight against piracy and respond to maritime security cooperation, a significant strengthening.

    From an economic level, Noda said: in the next five years, provide the equivalent of $ 4.5 billion in yen loans to support the “New Delhi – Mumbai Industrial Corridor” concept, want high-speed railway construction project in India, the introduction of Japan’s Shinkansen technology. India hopes: in solar power generation, desalination and other new technologies to get Japanese support. Both sides came into effect in August, Japan and India Comprehensive Economic Partnership Agreement, based on early start of the two countries reaffirmed the need for ministerial-level economic dialogue. The two sides reached consensus on strengthening financial cooperation, the two countries agreed to exchange the maximum amount of money, from the current $ 3.0 billion to 150 billion U.S. dollars. The two sides reached an agreement on cooperation to promote the production of rare earth. Japan confirmed the talks will expand support for infrastructure projects in India, Japan and India to accelerate nuclear energy agreement to restart negotiations for working consultations.

    Japan is India’s huge market value. India’s huge population base, determine its economic future, it will be the scope of Japanese enterprises to expand overseas investment, transfer of manufacturing to achieve the ideal market. India, Japan, India to enhance the relationship and show more self-confidence. Indian media on Japan’s economic cooperation thrown “big gifts” talked about, and pointed out that: Japan has high technology and capital, India is striving to achieve rapid economic growth in emerging markets, the two economies are highly complementary. India as a regional power, the rise of its strategic importance, is to promote Japan and India approached the important factor.

    Yoshihiko Noda’s visit to India, with high expectations. The deepening of bilateral relations is conducive to economic development, India needs to obtain from the Japanese capital and technology, and will help India in the regional balance of power to play its strategic role, to enhance its influence. Indian Foreign Ministry said India Japan relations have exceeded bilateral scope, in safeguarding regional and global peace and security has also formed a consensus.

评论已关闭。