印度与日本表示:要加强战略与全球伙伴关系,2011-12-28 ,印度总理辛格与到访的日本首相野田佳彦举行会谈,双方表示:要加强外交、安全和经济等各领域的战略与全球伙伴关系。

印度与日本表示:要加强战略与全球伙伴关系,2011-12-28 ,印度总理辛格与到访的日本首相野田佳彦举行会谈,双方表示:要加强外交、安全和经济等各领域的战略与全球伙伴关系。
  
印度总理辛格,28日与到访的日本首相野田佳彦举行会谈,双方表示:要加强外交、安全和经济等各领域的战略与全球伙伴关系。

  日本宣布:向印度提供45亿美元援助,用于建设德里-孟买铁路货运沿线的工业基础设施。两国决定:将货币互换协议额度提升到150亿美元,并将在2012年,首次启动部长级经济对话,讨论高速铁路合作等问题。

  辛格与野田讨论了拓展打击海盗和海洋安全的合作,以及联合国改革、气候变化、核不扩散以及阿富汗和朝鲜局势等问题。

  辛格在会后举行的记者会上表示,印度日本是战略与全球伙伴关系,“已经超越了传统的经济领域,现在,包括政治、安全和高科技层面的合作”,两国尤其强化了在反海盗和海洋安全等地区和全球问题上的合作。野田表示“决心继续推进两国在安全和经济方面的合作”。

  两国领导人表示:要进一步推动因福岛核事故而暂停的印度日本民用核能谈判。虽然,尚未明确恢复谈判的日期,双方都表示:工作层面的谈判,正在向正确的方向进行。由于日本公司控股美国核能设备生产商,与日本的核能协议,将影响印度与美国民用核能的合作。

  两国希望双边贸易总额,在2014年达到250亿美元。今年前9个月,印度日本双边贸易实现了24%的增长,达到132亿美元。

  辛格同时指出,目前,日本对印度的海外直接投资,只约占日本海外投资总额的1%,希望日本对印度进行更多投资和技术转移。野田表示:两国关系“互补”,日本具有技术和资金,印度有年轻的劳动力和对基础设施的巨大需求,有丰富的互利合作的潜力。

  辛格感谢日本在灾后,保持了对印度的官方援助水平。目前,印度是日本最大政府开发援助接受国。

  日本首相野田佳彦,27日晚,抵达印度首都新德里,开始对印度进行为期三天的首次国事访问。

India and Japan, said: To strengthen the strategic and global partnership ,2011 -12-28, Indian Prime Minister Manmohan Singh and visiting Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda held talks said: to strengthen the diplomatic, security and economic and other fields of strategy and global partnership.

Indian Prime Minister Manmohan Singh, 28, and Yoshihiko Noda visiting Japanese Prime Minister held talks said: to strengthen the diplomatic, security and economic and other fields of strategic and global partnership.

Japan announced: India 4.5 billion dollars in aid for the construction of Delhi – Mumbai rail freight along the industrial infrastructure. Two decisions: to raise the amount of currency swap agreement to $ 15 billion and in 2012, the first ministerial-level economic dialogue started to discuss the high-speed railway cooperation.

Singh and Noda discussed the expansion of piracy and maritime security cooperation, as well as UN reform, climate change, nuclear non-proliferation and the situation in Afghanistan and North Korea and other issues.

Singh in a press conference after the meeting said that India Japan Strategic and Global Partnership, “has gone beyond the traditional sectors of the economy, and now, including political, security and high-tech level of cooperation” between the two countries in particular, to strengthen anti-piracy and maritime security issues and other regional and global cooperation. Noda said, “determined to continue to promote cooperation in security and economic cooperation.”

The two leaders said: To further promote the Fukushima nuclear accident due to the suspension of India, Japan, civilian nuclear negotiations. Although a date has not been clear to resume negotiations, both sides said: working-level talks are in the right direction. As Japanese companies holding U.S. nuclear equipment manufacturers, nuclear energy agreement with Japan, India and the United States will affect the civilian nuclear energy cooperation.

Total bilateral trade between the two countries hope, in 2014 to $ 25 billion. The first nine months of this year, bilateral trade between India and Japan to achieve a 24% growth, reaching $ 13.2 billion.

Singh also pointed out that Japan’s foreign direct investment in India, Japan, only about 1% of total overseas investment, hoping for more Japanese investment in India and technology transfer. Noda said: bilateral relations, “complementary,” Japan has the technology and capital, India has a young workforce and a huge demand for infrastructure, there is abundant potential for mutually beneficial cooperation.

Singh thanked Japan after the disaster, maintaining the level of official aid to India. At present, India is Japan’s largest official development aid recipients.

Prime Minister of Japan Yoshihiko Noda, 27 the evening, arrived in the Indian capital New Delhi, India began a three-day state visit for the first time.

インドと日本を、言った:戦略とグローバルパートナーシップを強化するため、2011 -12-28、インドのマンモハンシン首相と訪問が日本の総理大臣野田佳彦氏は会談:戦略の外交、安全保障、経済及びその他の分野を強化し、グローバルパートナーシップ。

インドのマンモハンシン首相、28、野田佳彦訪問日本の総理大臣が会談し、言った:戦略的かつグローバルなパートナーシップの外交、安全保障、経済及びその他の分野を強化する。

日本発表:インドデリーの建設のための援助で45億ドル – ムンバイの鉄道貨物輸送産業インフラに沿って。二つの決定:150億ドルの通貨スワップ協定の額を上げ、2012年に、初の閣僚レベルの経済対話は、高速鉄道の協力について議論を開始する。

シンと野田氏は海賊行為と海上安全保障協力の拡大だけでなく、国連改革、気候変動、核不拡散やアフガニスタン、北朝鮮やその他の問題の状況を議論した。

会談後の記者会見でシンは強化するため、インド、日本戦略的グローバルパートナーシップは、特に両国間の”協力の政治、安全保障とハイテクレベルを含めて、今の経済の伝統的なセクターを越えて、としている”と言った反海賊行為及び海上セキュリティの問題や他の地域と地球規模の協力。野田氏は”安全保障と経済協力の協力を促進し続けることが決定した”と述べた。

両首脳は言った:さらにインドの停止による福島原発事故、日本、民間の核交渉を促進する。日付が交渉を再開するために明らかになっていないものの、両側は言った:実務者協議では、正しい方向にあります。米国の原子力機器メーカーを保持している日本企業として、日本、インドと米国との原子力協定は、民生用原子力エネルギー協力に影響を与えます。

二国間の総貿易は2014年に250億ドルを、願っています。今年の最初の9ヶ月間、132億ドルに達し、24%の成長を達成するためにインドと日本の二国間貿易。

シンはまた、インドにおける日本の対外直接投資、日本、総海外投資の約1%が、インドと技術移転のより多くの日本の投資を期待していることを指摘した。野田は言った:二国間関係を、”補完的な、”日本は技術と資本を持って、インドは若い労働力やインフラ整備のための巨大な需要を持って、互恵協力のための豊かな可能性があります。

Singhはインドへの公式援助のレベルを維持し、災害後の日本に感謝した。現在のところ、インドは日本最大の政府開発援助の受信者です。

日本野田佳彦の総理大臣、27夜は、インドの首都ニューデリーに到着した、インドでは初めて3日間の公式訪問を始めました。