中國周口境外就業服務公司*海外(日本)雇主拓展部陳經理(Mr.Geoorge S.Chen) ; E-Mail: George13901623260@163.com ; chensihong1961@126.com ; http://www.BillionairesDesire. com ; http://www.HelicoptersBuyers.com ; http://www.BillionairesParty.com ; http://www.BillionairesGroup.com ; 出国劳务;境外就业;海外打工,出国做工…

中國周口境外就業服務公司*海外(日本)雇主拓展部陳經理(Mr.Geoorge S.Chen) ; E-Mail: George13901623260@163.com ; chensihong1961@126.com ; http://www.BillionairesDesire. com ; http://www.HelicoptersBuyers.com ; http://www.BillionairesParty.com ; http://www.BillionairesGroup.com ; 出国劳务;境外就业;海外打工,出国做工…

研修生在日本-研修生,是特殊的劳务输出形式

中国,日本研修生合作,始于1979年。当时,正值日本经济快速发展的时期,日本国内劳动力匮乏。为保护日本本国的劳务市场,减少日本国内失业,日本法律明文禁止引进外国劳动力。为解决这一矛盾,日本政府采取了一种变通的做法,以帮助发展中国家培养技术人才为名,创立了“研修制度”,从国外,招收“产业留学生”。“研修生”,特殊的劳务输出形式形成。按照规定,研修生拿的津贴,比一般日本工人的工资低,可以直接到有技术含量的岗位上,工作。这种措施,解决了日本的劳动力缺乏问题,又帮助发展中国家,培养了技术人才。  

1992年,为加强中国,日本研修生的合作,原中国外经贸部,成立了中国,日本研修生协力机构,专门负责向日本,输出中国研修生。目前,该机构的合作单位,已发展到164家,是向日本输出研修生的主要机构。据日本有关部门统计,自1998年以来,中国研修生,去日本的人数,每年的增长率,都在两位数以上,其中,2001—2002年度的增长速度最快,达到30%。2004年,头9个月,同比增长24%。中国研修生,在日本的总人数,已经达到七,八万人。日本,已经成为中国对外劳务合作的第二大市场。  
日本,为研修生制度,制定了一套完整的法律规范。按照规定,接收研修生的单位,应配备研修指导员,和生活指导员,无偿向研修生提供住宿,并负责为研修生投“研修生综合保险”等;研修生的月津贴,一般在6万日元以上,最高,不得超过9.5万日元;研修期内,技能实习,可加班并发加班费,其他时间,不得安排加班。企业招收的研修生,工作一年后,如果通过日方的技能考试,可以延长留在日本的资格,一般为1—2年,最长,可到3年。 

尽管研修生在日本,被称为“受培训人才”,但其扮演的角色,实际是劳动者。根据日本现有的规定,研修生的权益和身份,都不受日本劳动法的保护。  

目前,为了解决中国研修生权益受侵害的问题,中国驻日本大使馆和领事馆采取了很多维权措施。据介绍,使馆经商处,接到研修生合法权益受到侵害的投诉电话后,会立即全力以赴核实情况,积极与日方进行交涉,责成国内派遣机构,妥善处理,最大限度地对研修生进行保护。一旦发生研修生伤亡事故,使馆工作人员,都会在第一时间,了解情况,并赶到现场,慰问伤者。发生在德岛的事件,就是因使馆出面,而得到顺利解决的。 

研修生制度依然是个双赢的制度-中国研修生,在日本,中国研修生在日本的现状-许多中国研修生,对在日本的工作,生活状况,非常满意,多数日本企业的老板,和员工,能对中国研修生,坦诚相待。很多研修生,经过几年的生活,与日本人,成为要好的朋友,回国后,仍然保持联系。从整体上看,中日研修合作,对中日两国而言,是双赢,乃至多赢的一项积极的事业。  

中国的研修生,到日本学习了先进的技术。不少驻日研修生派遣机构的负责人说,中国研修生,在回国时,带回了日本的优良种子和先进机械,提高了当地的生产力;一些研修生,利用在日本积攒的资金,回国办厂,开店,一定程度上,缓解了地方政府的就业压力。  

中国研修生,在日本学习了外语,增加了择业的本领,和学习深造的机会。据介绍,大部分中国研修生,经过3年的时间,都通过了日本的技能考试,能够熟练地使用日语。有的研修生,在日本公司老板的担保下,留在日本留学,改变了自己的人生之路。  

研修生是增进中国,日本友谊的纽带。2001年,一位河南洛阳的小姑娘,来到东洋新虹株式会社,做研修生。一年后,她不幸患上了乳腺癌。对这个家境本不富裕的女孩来说,在异国他乡,患上重病,简直就是被宣判了死刑。但是,日本公司的同事们向她伸出了友爱之手,自发地捐出了几十万日元,公司老板把她接到自己家中,一边照顾她的生活,一边为她联系看病。后来,在这个女孩父母的要求下,日本公司将她送回中国,进行了手术,她全部的手术费,都是日本公司承担的。像这样的故事,有很多。  

被批准从事研修生派遣业务的公司之一。日本事务陈代表说,历史上,行业内,有一位小伙子,来到日本做研修生,踏实肯干、热情随和,很快赢得了日方公司老板的赏识。一年后,小伙子回国办喜事。婚礼当天,他所在的日本公司,特意派了4位日本员工,到他家中,表示祝贺。在日本的生活经历,让这个小伙子终生难忘。  

日本农业领域,迫切需要外国劳动力-中国,日本之间的研修生合作,符合两国实际利益,有广阔的发展前景。日本劳动力短缺的问题,不是短期内可以解决的,日本经济界和产业界,已经认识到问题的严重性,目前,正敦促日本政府开放劳务市场。从行业来看,日本农业领域的劳动力,最为缺乏,中国农村,有大量剩余人口,双方之间,有较强的互补性。  

日本存在一定程度的失业率,但中国研修生的引入,并不会与之发生冲突。日本的中,小企业,经营不稳定,待遇与较大公司,相差甚远,普通日本人,都不愿选择这样的公司就职。中国研修生能吃苦,劳动技能,远强于其他亚洲国家的劳务人员。中国,日本,在文化、生活习惯等方面,十分相近,雇中国研修生,能降低日本的生产成本,增强其市场竞争力,能对日本的人才结构,进行补充。中国,日本之间的研修生交流,依然有广阔的前景。

研修生制度-日本相关法律,对研修生制度的解释为,发展中国家的人,通过进修的方式,学习日本先进的技术技能,回国后,为祖国的技术发展,做出贡献,美其名曰“日本对国际做出的贡献”。日本实行研修生制度,为了解决日本劳动力不足的 问题,为了解决日本一些行业,没有日本人愿意去从事的问题。有关资料介绍,从20世纪60年代末起,日本企业开始单独引进研修生。当时,正值日本经济的高速发展期,引进研修生的,主要是进驻海外的国际企业和合资企业,这些企业,为了加强公司在海外的竞争优势,把在当地雇佣的员工,接到日本进行短期培训,研修生大多从事的,是日本人不愿从事的“3K工作”(危险kiken,肮脏kitanai,吃力kitsui),工种,集中分布在:服装制作、金属加工、农耕等行业。

日本上个世纪经济高速发展,主要得益于外向型经济的发展——出口,为了取得出口产品价格优势,日本企业需要廉价劳力,但是,日本法律禁止引进这类劳工。为了降低成本,日本企业研修生制度,从研修生身上赚取更多利益。日本一些人,为了自己的利益,为了获取超额利润,研修生。

日本实行的外国人研修·实习制度,原本不允许企业把外国研修生、实习生,作为单纯劳动力来使用的,严格规定,只有制作鱼糕、火腿、香肠等6种食品的关联企业,可以接收外国研修生,制作西式糕点的企业,根本不在此列;为了超额利润,一些日本的企业,引进研修生。在日本,绝大部分的研修生,都分布在纺织、机械、农业等体力劳动行业,工作环境差,超时加班,拿不到法律规定的工资。

日本岐阜县劳动局,在2010年4月,到10月期间,对146家研修生接收单位,进行了调查。结果表明,在接受调查的企业中,90%以上的单位,都在不同程度上,存在违法行为。有的研修生,加班后,拿不到津贴,也有的研修生收入,达不到法定最低工资线。目前,该县劳动局已责令51家企业,向197位研修生,补发工资1.1533亿日元(1元人民币,约合15日元),并规定:用人单位必须以母语形式,向外国研修生,出示工资和津贴的明确规章。

日本,1993年,日本厚生劳动省,设立了外国人研修、技能实习制度,按照厚生劳动省的规定:外国人研修生,可在日本研修1年、技能实习2年。

1998年8月3日,千叶县铫子市,中国研修生工资。219名中国研修生,在繁重的劳作中,每月,获得3.6万日元的报酬。

日本的政府部门,研修生制度-日本厚生劳动省提出了修正方案:废除为期1年的研修制度,统一为:可适用于《 劳动基准法》,及《 最低工资法》等劳动法的,为期3年实习制度;实习结束时,让实习生们接受技能评估考试,并在可正常开展工作的条件下,允许实习生,延长至5年;如果是不经过中介机构,由劳务管理严格的大企业直接雇佣的话,允许:再实习2年,是3年的实习结束后,回国一次,然后再来日本实习。厚生劳动省表示:在2009年,向国会提出该法案。

日本经济产业省提出的报告书,希望维持现有的“外国人研修、技能实习制度”,适当强化现有的规制,及指导方针,与厚生劳动省修正案相对立,改革的前路,仍然阻力重重。

日本经济界人士对厚生省“厚生”外国人,表示很不赞同。日本经济主管部门和日本经济界,重视给日本带来的超额利润,和廉价劳动力,这些好处。

中國周口境外就業服務公司*海外(日本)雇主拓展部陳經理(Mr.Geoorge S.Chen) ; E-Mail: George13901623260@163.com ; chensihong1961@126.com ; http://www.BillionairesDesire. com ; http://www.HelicoptersBuyers.com ; http://www.BillionairesParty.com ; http://www.BillionairesGroup.com ; 出国劳务;境外就业;海外打工,出国做工…

将中文译成日语

中国周口海外雇用サービス*海外(日本)省チェン(Mr.Geoorge S.チェン)拡大する雇用者の、E -メール:George13901623260@163.com、chensihong1961@126.com、http://www.BillionairesDesireを。 COM、http://www.HelicoptersBuyers.com、http://www.BillionairesParty.com、http://www.BillionairesGroup.com、外国人労働者のサービス、海外雇用、海外の仕事、海外で働く…

日本での研修生 – 研修生、労働輸出の特殊形

中国、日本、共同訓練は、1979年に始まった。その時、時間、日本の急速な経済発展の期間、日本の労働力不足。日本では国の労働市場を保護するために、日本では失業を減らすために、日本の法律では、明示的に外国人労働者の導入を禁止する。この問題を解決するために、日本政府は途上国が募集し、海外からの、、名前に”研修システム”の作成を技術者を養成するための柔軟なアプローチを採用し、”業界の学生を。” “研修生”、労働輸出の特殊な形態の形成。規定によると、研修生は手当を得るため、平均的に低いよりも、日本の賃金は、お仕事、ポストのテクニカルコンテンツに直接行くことができます。日本の労働力不足の問題に対処するだけでなく、途上国を支援するなどの措置、訓練を受けた技術者。

1992年、中国、日本、共同研修、外国貿易のかつての中国の省、中国に設立された、日本に特化した日本研修生協力機構、、中国人研修生の出力を強化する。現在、代理店の協力は、研修生の出力は、日本、本体に、164に成長しました。日本、30%に達する最も急速に成長しているのは2001年から2002年二桁の年間成長率の数、、に日本の統計、1998年以来、中国の研修生によると。 2004年に、最初の9ヶ月間、24%の増加。日本における中国人研修生、総数は、80,000を7つに達している。日本は、労働サービスの二番目に大きい市場の中国の対外協力となっています。
日本、研修生システムのための、法的規範の完全なセットを開発する。規定によると、研修生受信部は、研修インストラクター、そして人生のインストラクター、無料宿泊を提供するために、研修留学生を搭載し、”研修生総合保険”のように投票する研修生を担当すべきである。研修生のための毎月の手当、通常6万日間を元、最高ではなく、以上の95000円、訓練、技能訓練中に、残業は残業に複雑になることは、他の回で、残業することはできません。技能試験を通じて、日本側なら研修生を雇用する企業は、一年のために働いて、、あなたは、1〜2年、通常、日本に滞在する3年間で使用可能な最長の適格性を拡張することができます。

日本での研修生が、”訓練を受けた専門家”として知られているが、その役割は、実際に働いている。日本における既存の規制によると、研修生の権利とアイデンティティーは、日本の労働法の対象にはなりません。

現在、問題に対する研修生の中国の権利と利益を解決するために、中国大使館と領事館は、日本での権利の措置の多くを取る。レポート、大使館商務部によると、研修員の合法的権益が電話に対する訴状を受け取った、それはすぐに状況を確認し、積極的に日本側との交渉に全力を行く、政府機関を送信する国を指示し、適切に処理、研修生の最大保護。研修生の死傷者、大使館員のイベントでは、、初めてとなる状況を理解し、現場に運ばれる、共感が負傷した。事件が徳島で開催された、前方に来て大使館によるもので、正常に解決されています。

日本における中国人研修生、日本における中国人研修生、現状 – – トレーニー制度は、まだWin – Winのシステムである日本の起業家、および従業員の大半、労働条件や生活、日本では、非常に満足して多くの中国人研修生、中国人研修生、率直に。多くの研修生は、人生、そして日本の数年後、帰国した後良い友達になり、まだ連絡を取り合う。全体的に、中日研修生協力、中国と日本、それはWin – Winの状況だけでなく、正のキャリアの勝利です。

高度なテクニックを学ぶために日本への中国人研修生。研修生のいくつか、日本に蓄積された資金の使用、家庭、日本でも多くの研修生は、代理店の頭が、良い種子や地元生産性を向上させるために日本の先進的な機械に、中国人研修生、帰国といわ送信ある程度までの工場、ショップ、、地方自治体の雇用上の圧力を緩和する。

日本における中国人研修生は、言語を学んでキャリアスキルを高め、さらなる研究の機会を学習。報告によると、中国の研修生の大半は、三年後、日本での技能試験に合格した、日本語に堪能です。勉強に日本に滞在する所有者の保証の下で日本の一部の研修生は、その生活様式を変える。

研修生は中国、日本と友好の絆を強化することです。 2001年には、少女の洛陽、河南省は、新しい香港東陽テクニカに来て、研修生の操作を行います。一年後、彼女は残念ながら乳がんに苦しんでいた。外国では、裕福ではないこの少女の家族、重篤な病気は、単に死刑宣告です。彼女の生活の世話をしながら、彼女は医者に連絡するための一方しかし、日本の同僚は、彼女のために千円の自発的寄付百の友情の手を伸ばし、会社の上司は、彼女自身の家を受け取った。後、女の子の要求の両親は、彼女はすべて彼女の手術、手術で、中国に日本に戻って、日本企業が負担する。このような話、多くのがあります。

企業の業務に従事する研修生を送信するために承認されて。陳は、気楽な暖かい、日本事情、歴史、産業、若い男性一人、研究生を行うために日本に来た、実用的な仕事ハードだ、とすぐに日本側はボスを感謝勝った。一年後、若い男が結婚式を返しました。結婚式の日、彼の日本企業は、特に日本ではお祝い、彼の家に4つのスタッフを送っている。日本での生活体験を、この人が決して忘れていないので。

日本の農業部門、外国人労働者のための緊急の必要性 – 中国、日本、研修生間の協力、二つの実の利益は、開発のための広範な展望を持っている。日本の労働力不足の問題ではなく、短期的に解決することができる、日本の経済社会や産業界は、、現在では、問題の深刻さを認識している労働市場を開放するために日本政府を促している。業界の観点から、日本の農業部門の労働力、中国農村部のほとんどの欠如、残りの人口の多数は、当事者間で、強い補完性がある。

日本が失業のある程度が、中国の研修生の導入は、とと競合することはありません。日本の中小企業、事業の不安定性、大規模な企業での治療、普通の日本人からは程遠いが、そのような会社のオフィスを選ぶには消極的である。他のアジア諸国の労働者よりはるかに強力な苦難に耐えるために中国人研修生、労働力、。中国、日本、文化、習慣、等は、補うために、日本の人事構造に、その市場競争力を高めるために、日本の生産コストを削減するため、非常に似て、自営業中国人研修生です。中国、日本、研修生との交流は、見通しが残っています。

トレーニー制度 – 日本関連の法律、口実の下に、貢献する、技術開発の祖国に帰国後、日本の先進的な技術的なスキルの習得、学習を通じて、研修生のシステムの説明、途上国、 “国際的に日本の貢献は”と述べた。日本はいくつかの日本の産業を解決するために、日本における労働力不足の問題を解決するためには、研修生制度を導入し、日本では問題に従事して喜んでであるではない。に関する情報は、1960年代後半から、日本企業が単独で研修生を導入し始めた。その当時、日本の急速な経済発展の期間、研修生の導入は、主に海外で同社の競争上の優位性を強化するために海外の国際企業と合弁事業、これらの企業を、駐留するときに、現地採用のスタッフは、日本を受賞衣類製造、金属加工、農業やその他の産業:短期研修は、研修生は主に従事している、日本人が”3Kの仕事”(危険kiken、汚いkitanai、難しいkitsui)を取るために不本意ですが、ジョブが集中している。

輸出志向型経済の発展等により、前世紀の日本の急速な経済発展は、 – 輸出、輸出価格の優位性を得るために、日本企業が安い労働力を必要とする、しかし、日本の法律はそのような労働力の導入を禁止している。コストを削減するために、日本企業トレーニー制度は、研修生から多くの恩恵を享受する。自分自身の利益のための日本の一部の、、スーパーの利益を享受するために、研修生。

日本の外国人研修生は、システムのインプリメンテーションの練習を、単純な労働力として外国人研修生、インターン、に企業が使用を許可していた、と厳格なルール、魚のケーキの唯一の生産、ハム、ソーセージ、食品関連企業の6種類は、受け取ることができます西洋風の菓子事業を行う外国人研修生は、、このコラムではなかった、超過利潤のために、一部の日本企業、研修生の導入。日本では、研修生のほとんどの、劣悪な労働条件は、繊維、機械、農業と他のマニュアル取引に配置されている、残業、法律は、給与を得ることができません。

10ヶ月の期間に2010年4月に岐阜、日本労働局、、、受信部146研修生は、検討した。結果は、調査対象者は、様々な程度の単位の90%、、違法があることを示した。いくつかの研修生は、残業の後、利益を得ることができない、といくつかの研修員の収入、法定最低賃金よりも小さい。雇用主が外国人研修生に、ネイティブ形式である必要があります:現在のところ、労働局が提供する197研修生、未払いの給料11.533億円(1元、約15円)、に51社を命じた明確な規則を生成するために、健康、賃金と手当。

外国人研修生、2年1年間の日本における研修、技能訓練:保健省の規定に従って、日本、1993年、厚生労働省、外国人研修、技能訓練システムの確立、。

1998年8月3日、銚子、千葉県、中国研修生の賃金。重労働219の中国人研修生は、月額報酬は、36,000円を受け取った。

日本の政府、研修生システム – プログラムへの厚生労働省の改正提案:トレーニングのシステムの一年間の廃止、統合された:”労働基準法、”との期間のための”最低賃金法”とその他の労働法に適用3年間のインターンシップ、練習の最後に、スキル評価テストを受け、そしてインターンは、インターンは、5年に延長することが可能な条件下で正常に動作することができるように、それは仲介者を介してではない場合、大規模な労働の厳格な管理により、直接採用企業は、その後許可:別の2年間のインターンシップ、インターンシップは再び、かつて三年帰国後日本の習慣です。保健省は、言った:2009年には、法案を議会に。

経済産業省の報告書、既存の規制を強化するため、”外国人研修、技能訓練システム”適切に保つことを望んだ、とガイドライン、及び保健省、労働省が改正に反対し、方法の改革、依然として重い抵抗。

保健省の日本の経済界、外国人の”伝播”、に同意しない。日本経済と日本の経済界、日本の超過利益に注意を喚起するために、そして安価な労働力、これらの利点を担当する部署。

中国周口海外雇用サービス*海外(日本)省チェン(Mr.Geoorge S.チェン)拡大する雇用者の、E -メール:George13901623260@163.com、chensihong1961@126.com、http://www.BillionairesDesireを。 COM、http://www.HelicoptersBuyers.com、http://www.BillionairesParty.com、http://www.BillionairesGroup.com、外国人労働者のサービス、海外雇用、海外の仕事、海外で働く…