俄罗斯给日本新首相,来了个下马威,2011年,俄罗斯战略轰炸机,9月8日“罕见”地围着日本领海上空,转了一个圈;之后,俄罗斯军舰,9月9日,又“罕见”地穿越了北海道以北的宗谷海峡,画了一条线。走马上任不久的日本新首相野田佳彦,就这样,被俄罗斯人,用“一个圈”,加“一条线”,来了个“下马威”。

俄罗斯给日本新首相,来了个下马威,2011年,俄罗斯战略轰炸机,9月8日“罕见”地围着日本领海上空,转了一个圈;之后,俄罗斯军舰,9月9日,又“罕见”地穿越了北海道以北的宗谷海峡,画了一条线。走马上任不久的日本新首相野田佳彦,就这样,被俄罗斯人,用“一个圈”,加“一条线”,来了个“下马威”。

俄罗斯国防部,9日宣布,将从9月中旬起,在堪察加半岛附近,实施大规模海上军事演习,参加演习的,约有1万名俄国士兵和50艘以上的俄国舰艇。预计,俄国军事演习科目,极可能为-反潜巡逻训练、登陆训练。

俄罗斯总理普京,9日宣布,为了有效促进开发南千岛群岛(日本称“北方四岛”),俄罗斯准备于今年内,追加12亿卢布资金投入。随后,俄罗斯国家安全会议秘书-帕特鲁舍夫,于11日,视察了南千岛群岛的国后岛和齿舞岛(日本人认为:北方四岛),了解当地的基础设施建设进展情况。

对于俄罗斯这一系列举措,日本外相玄叶光一郎,于9日,给俄罗斯外长拉夫罗夫打电话,要求俄罗斯不要采取刺激性军事行动。
玄叶光一郎说:“日本人民,对俄罗斯的意图,表示怀疑。我们请求贵方-停止这种骚扰活动。”日方要求俄罗斯-向其通报军用飞机的飞行目的和路线。
拉夫罗夫回答说:“俄罗斯轰炸机的飞行,没有违反国际法。”对此,日本官房长官藤村修,当天表示:“这种情况,非常特殊。日方将根据俄方的行动,妥善采取应对措施。”

日本外务省欧洲局长小寺次郎,12日,约见俄罗斯驻日本大使-别雷,抗议俄国国家安全会议秘书-帕特鲁舍夫,日前视察北方四岛的行为。
据日本媒体报道,小寺在约见时,说:“北方四岛,是日本的固有领土,日方不能接受俄罗斯高官视察。”
别雷强调:“俄罗斯高官视察,不存在任何问题。”据悉,小寺,对俄罗斯轰炸机,近日,在日本周边空域飞行;俄罗斯4艘舰艇,经过宗谷海峡,提出抗议,表示-不能容忍俄国这样的行为。

俄罗斯外交部,12日,发表声明说,俄国空军两架轰炸机,日前,在太平洋海域上空巡航,没有对日本安全构成威胁。声明说,俄国轰炸机,严格按照国际法,在太平洋的公海海域上空巡航,并没有侵犯其他国家的领空。两架俄国轰炸机,当时,执行的,是飞行教练任务,“对任何国家而言,这种飞行,都是很正常的事情”。而且,按照国际惯例,俄方事先将巡航一事,告知了日方;因此,巡航不会对日本安全构成威胁;俄罗斯,也没有针对日本的“敌对计划”。

如果日本战机也沿着俄国领土外圈,飞行几圈-含义如何呢?不要欺人太甚!

俄国武装力量总参谋长、国防部第一副部长-尼古拉·马卡罗夫大将,12日,强调:“美国人想何时何地飞,就可以何时何地飞。尽管个别国家有所不满;但,俄罗斯不会放弃空军航空兵的飞行。俄罗斯空军,向来遵守,并将继续遵守-对这些飞行有所限定的国际法律。”

自2010年11月,俄国总统梅德韦杰夫“登岛视察”以来,俄国,日本之间,多年悬而未决的“领土问题”,再次被两国政界和民间“翻炒”。在此过程中,俄罗斯一直占据着这场“外交秀”的绝对主动权-只要俄罗斯想,它随时,都在南千岛群岛,以他们喜欢的方式,秀一秀肌肉;俄罗斯这么一“秀”,日本,就不得不,硬着头皮,在口头上,抗议一阵子,最多,也就是“空中俯瞰”,或者“隔海相望”北方四岛。

今年3月,日本大地震后,俄罗斯对日本伸出什么援助之手?

几天之前的9月6日,俄罗斯总统梅德韦杰夫,与日本新首相野田佳彦,通了电话,祝野田佳彦成功当选,双方表示-赞同发展双边关系。很显然,按俄罗斯人的逻辑,“援助归援助、领土归领土”。日本地震期间,俄国有何援助? 电话中的寒暄,化解不了俄国,日本两国,在领土上的“死结”。在俄国杜马选举和俄国总统选举的大背景下,俄罗斯当局,很可能想借这一套密集的组合拳,让日本应接不暇;再次显示俄罗斯的“强势外交实力”。俄罗斯的这一系列动作,试探日本新首相野田佳彦的主权意识,外交姿态;在领土问题上,旁敲侧击一下日本新政府,并进一步推进俄国的“亚太战略”。

日本,俄国关系,并不是野田佳彦上任伊始需要第一批解决的问题;经俄罗斯这么一折腾,野田佳彦无法回避俄国,日本领土问题了。俄罗斯人似乎已吃透了日本人的心思。
野田佳彦,9月13日,首次在国会发表施政演说时说:“我努力与俄罗斯,建立亚太地区的伙伴关系。在日本,俄国关系中,我将积极推动两国关系的中最大问题——北方领土问题的解决,取得进展。”
分析人士指出,对俄方此轮“宣示主权”的系列举动,野田佳彦,对此并没有“尖锐批评”。
俄罗斯观察家分析-目前,日本新政府对俄国的“霸道举动”,似乎只能是“保持克制”,因为,日本人当前,对俄国的“霸气外露”,只有招架之功,并无还手之力。

沙皇俄国趁人之危之举动也!

日语由谷歌自动翻译;以汉语为准!

ロシアの軍艦、9月9日と”珍しい、日本の新首相にロシアは、円を回転2011、ロシアの戦略爆撃機、スカイ周辺の日本領海で”珍しい”9月8日に荒いプレーを来”北海道の宗谷海峡、北を通過するために、線を引きます。日本の新首相は”円”、プラスの”線”で、ロシアの人々によって、このようにすぐに野田佳彦を就任した、と”荒い演奏。”

ロシア国防省は、10,000ロ​​シアの兵士と50以上のロシア船については、練習に参加し、カムチャッカ半島、海で大規模な軍事演習の実施では、9月中旬から、明らかにした。予想される、ロシアの軍事演習は、最も可能性があります – 対潜哨戒の訓練と着陸訓練。

ロシアのプーチン首相は、事実上、南千島列島、ロシアは、設備投資の追加12億ルーブルは、年内に準備ができている(日本は”北方四島”と言った)の開発を促進するためには、明らかにした。その後、ロシアの国家安全保障会議書記 – ニコライPatrushevは、11時、島と歯舞島(日本の考え:北方四島)、南千島列島の後、国を訪問、地元のインフラ整備の進行状況を理解しています。

ロシア、取り組みのこのシリーズでは、日本の外務大臣Genba小泉が、9日、ロシア外務大臣セルゲイラブロフが呼ばれるために、軍事行動の刺激を行わないことをロシアに求めた。
“懐疑的な、ロシアの意図のために、日本の人々、そして私たちはあなたの味方を要求する – この嫌がらせの活動を停止する。”日本はロシアを促した – 軍用機と飛行ルートの目的を知らせるために:Genba小泉は言った。
日本の官房長官藤村の修理、この点で、同日は言った、”国際法に違反しないと、ロシアの爆撃機が飛んで。”::ラブロフは言った”これは非常に特殊であり、日本側は、ロシアの行動に基づいて行われる、適切な対応措置を取る。”

ロシア国家安全保障会議事務局長に抗議するために私のものではない – – 日本へのロシア大使と会談欧州、日本、外務省事務二郎小寺、12、ニコライPatrushevは、最近、北方四島の動作を訪れた。
日本のメディアの報道によると、インタビューではほとんどの寺院は、彼は言った:”北方四島は、日本側がロシアの公式訪問を受け入れることができない、日本の領土です。”
“ロシア当局は、検査、何の問題もない。”それは周囲の空域日本では、最近、ロシアの爆撃機で、その小さな寺院が報告され、ていることに抗議、ロシア4隻は、宗谷海峡後、 – ロシアにこれを容認することはできません。ベールイ強調行動。

ロシア外務省、12は、ロシア空軍、二つの爆撃機は、数日前、声明で、巡航以上太平洋で、日本へのセキュリティの脅威はありません。文では、太平洋クルーズの公海上の国際法に厳密に従い、そのロシアの爆撃機を述べ、及びその他の国の領空に違反していない。実行された2つのロシア爆撃機、飛行教官のタスク、”どの国のため、この便は通常のものです。”また、国際慣行に従い、クルーズ問題へのロシアの前進、日本側に語った、そのため、クルーズは日本に脅威を与えることはありません。、また日本の中のロシア”敵対的計画。”

場合、ロシア領土の外側のリングに沿って日本の戦闘機、飛行周 – ?意味が行う行き過ぎてはいけない!

参謀長、ロシアの軍隊は、まず国防副大臣は – 尼古拉马卡ラブロフ一般、12、強調した:”アメリカ人はいつ、どこで飛行したい、いつ、どこで飛ぶことができる、個々の国が不満を持って、しかし、ロシアは常に準拠するようになっている空軍ロシア空軍の飛行あきらめないし、遵守していきます – これらの便は国際法のために資格がある”。

2010年11月以来、以来、ロシアのメドベージェフ大統領”着陸の検査”、ロシア、日本、再び傑出した”領土問題”、二つの政治家と市民の長年の間に”炒める。” 、ロシアなどの”ショー”、ロシアはいつでもそれを望む限り、南千島列島で、彼らは好きなように、ショーの筋肉を表示 – このプロセスでは、ロシアがこの”外交ショー”絶対的なイニシアチブによって支配されています日本は、一方、ほとんどの、または”空気が見渡せる”または”海を渡って、”北方四島に抗議するために、言葉では、弾丸をかむ、する必要があります。

月、日本の地震では、日本、ロシアは何に救いの手を差し伸べる?

9月6日の数日前には、ロシアのメドベージェフ大統領は、日本の新首相、野田佳彦、電話で、私は野田佳彦が選挙に勝つ希望、両側は言った – 二国間関係を発展することに合意した。明らかに、ロシア人の論理によれば、”援助の復帰支援は、地域の領土を返す。”日本、ロシアの地震時に、どのような支援?電話の挨拶、の領土で、中国、ロシア、日本ではない解決”結び目。”ロシア当局の背景にロシアとロシアの大統領選挙で下院の選挙は、この度ボクシング​​の集中的な組み合わせ、日本の圧倒を取る可能性が高いです。再びロシアのこと”強い外交的強さ。”ロシアの主権の新しい日本の首相が野田佳彦の感覚、外交姿勢をテストするには、このシリーズのアクション、;”。アジア太平洋の戦略”領土問題、日本の新政府についての当てこすり、さらにロシアのを促進する

日本、ロシアの関係は彼の最初の問題の野田佳彦の開始をする必要はなく、ハードロシア長い、、野田佳彦不可避ロシア、日本、領土問題を通して。ロシア人は日本の心を完全に理解を持っているように思われる。
野田佳彦、9月13日議会で初めて演説は、言った:”私はロシア、日本に設立されたアジア太平洋パートナーシップ、ロシア関係しようとすると、私は積極的に最大の問題で両国関係を促進する – – 進歩を遂げるために、北方領土問題、”。
アナリストは、ロシアの現在の回が、していない一連の動き、野田佳彦、”主権、宣言された”と指摘、”鋭く批判する。”
ロシアのオブザーバーの分析 – 日本の現在、ロシアが”露出高飛車、”ので、現在のところ、ロシアの”強圧的な行動”の日本の新政府は、それが戻って戦うことは強さだけ受け流し、唯一の”拘束”と思われない。

帝政ロシアの動きはまた男をリバウンド!

Google日本語による自動翻訳、中国語では、優先するものとする!

Russia to Japan’s new prime minister, came a played rough in 2011, Russia’s strategic bombers, September 8 “rare” in Japanese territorial waters around the sky, turning a circle;, the Russian warships, September 9, and “rare “to pass through the Soya Strait, north of Hokkaido, draw a line. Japan’s new prime minister took office soon Yoshihiko Noda, and thus, by the Russian people, with “a circle”, plus “a line” to a “played rough.”

Russian Defense Ministry, announced Monday, from mid-September, in the Kamchatka Peninsula, the implementation of large-scale military exercises at sea, participating in the exercise, about 10,000 Russian soldiers and more than 50 Russian ships. Expected, the Russian military drills, most likely is – anti-submarine patrol training and landing training.

Russian Prime Minister Vladimir Putin, announced Monday, in order to effectively promote the development of the South Kuril Islands (Japan said that “the four northern islands”), Russia is ready within this year, an additional 1.2 billion rubles in capital investment. Subsequently, the Russian National Security Council Secretary – Nikolai Patrushev, at 11, visited the country after the South Kuril Islands, Island and Habomai Island (Japanese think: the four northern islands), understand the local infrastructure construction progress.

For Russia, this series of initiatives, Japanese Foreign Minister Genba Koizumi, on the 9th, to the Russian Foreign Minister Sergei Lavrov called, urged Russia not to take military action irritating.
Genba Koizumi said: “The Japanese people, for Russia’s intentions, skeptical, and we request your side – to stop this harassment activities.” Japan urged Russia – to inform the purpose of military aircraft and flight routes.
Lavrov said: “Russian bombers flying, did not violate international law.” In this regard, Japanese Chief Cabinet Secretary Fujimura repair, the same day said: “This is very special and the Japanese side will be based on Russia’s actions, take appropriate response measures . ”

Europe, Japan, Foreign Ministry Secretary Jiro Kodera, 12, met with Russian Ambassador to Japan – not mine to protest against the Russian National Security Council Secretary – Nikolai Patrushev, recently visited the behavior of the four northern islands.
According to Japanese media reports, the little temple in the interview, he said: “the four northern islands, is Japan’s territory, the Japanese side can not accept Russia’s official visit.”
Bely stressed: “Russian officials inspected, there is no problem.” It is reported that a small temple, on the Russian bombers, recently, in Japan the surrounding airspace; Russia four ships, after Soya Strait, protested that – can not tolerate Russia this behavior.

Russian Foreign Ministry, 12, said in a statement, the Russian Air Force, two bombers, a few days ago, in the Pacific Ocean over the cruise, there is no security threat to Japan. The statement said that Russian bombers, in strict accordance with international law over international waters in the Pacific cruise, and did not violate the airspace of other countries. Two Russian bombers, when executed, the flight instructor tasks, “For any country, this flight is a normal thing.” Moreover, in accordance with international practice, Russia advance to cruise the issue, told the Japanese side; Therefore, the cruise will not pose a threat to Japan; Russia, nor in Japan’s “hostile plans.”

If the Japanese fighter along the outer ring of Russian territory, flying laps – meaning do? Do not go too far!

Russia’s armed forces chief of staff, first deputy defense minister – 尼古拉马卡 Lavrov general, 12, stressed: “Americans want to fly when and where, when and where you can fly, although individual countries dissatisfied; but Russia will not give up flying Air Force Russian Air Force has always been to comply, and will continue to abide by – have qualified for these flights international law. ”

Since November 2010, Russian President Dmitry Medvedev “landing inspection” since, Russia, Japan, between the years of outstanding “territorial issues”, again the two politicians and civil “fry.” In this process, Russia has been dominated by this “diplomatic show” absolute initiative – as long as Russia would like it at any time, in the South Kuril Islands, to the way they like, show a show muscle; Russia such a “show”, Japan, would have to, bite the bullet, in words, to protest a while, most, or “air overlooking” or “across the sea,” the four northern islands.

In March, Japan earthquake, Japan, Russia reach out a helping hand to what?

A few days before the September 6, Russian President Dmitry Medvedev, with Japan’s new Prime Minister, Yoshihiko Noda, the phone, I wish Yoshihiko Noda win the election, both sides said – agreed to develop bilateral relations. Obviously, according to the logic of the Russian people, “aid return assistance, return the territory of the territory.” During the earthquake in Japan, Russia, what assistance? Phone greeting, resolving not Russia, Japan, China, in the territory of the “knot.” Duma elections in Russia and the Russian presidential elections against the backdrop of the Russian authorities, is likely to take this an intensive combination of boxing, the Japanese overwhelmed; once again that Russia’s “strong diplomatic strength.” Russia’s action in this series, to test the new Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda’s sense of sovereignty, diplomatic posture; the territorial issue, the insinuations about the new Japanese government, and to further promote the Russia’s “Asia-Pacific strategy.”

Japan, Russia relations need not Yoshihiko Noda beginning of his first problem; through Russia long, hard, Yoshihiko Noda unavoidable Russia, Japan, the territorial problem. Russians seem to have thorough understanding of the Japanese mind.
Yoshihiko Noda, September 13, the first policy speech in parliament, said: “I try to Russia, Asia-Pacific partnership established in Japan, the Russian relationship, I will actively promote bilateral relations in the biggest problem – – Northern Territories problem, to make progress. ”
Analysts pointed out that the current round of Russia, “declared sovereignty,” a series of moves, Yoshihiko Noda, which does not “sharply criticized.”
Russian observers Analysis – Currently, Japan’s new government of Russia’s “high-handed action”, it seems only “restraint” because the Japanese current, the Russian “domineering exposed,” only parry, no strength to fight back .

Tsarist Russia’s move also rebound guy!

Automatic translation by Google Japanese; in Chinese shall prevail!

http://www.billionairesdesire.com/?p=1425#comment-1276

http://www.helicoptersbuyers.com/?p=8426&cpage=1#comment-28871