日本首相野田佳彦组建新一届内阁,2011年09月02日,日本首相野田佳彦,上午组建新一届内阁-藤村修,任内阁官房长官;玄叶光一郎,任外务大臣;一川保夫,任防卫大臣。

日本首相野田佳彦组建新一届内阁,2011年09月02日,日本首相野田佳彦,上午组建新一届内阁-藤村修,任内阁官房长官;玄叶光一郎,任外务大臣;一川保夫,任防卫大臣。

野田佳彦泥鳅内阁-野田佳彦启用民主党干事长代理藤村修,出任内阁官房长官,
2011年09月02日,日本新任首相野田佳彦(Yoshihiko Noda),周四(9月1日),决定启用民主党干事长代理藤村修(Osamu Fujimura),出任内阁官房长官一职。
目前,担任日本外务省次官的藤村修透露,已经接受野田佳彦的要求,出任内阁官房长官,内阁官房长官,是日本政府核心人物,同时,担任政府发言人角色。 藤村修,是野田佳彦在执政党日本民主党(Democratic Party of Japan)内,最亲密的盟友之一。
藤村,现年61岁,是野田在民主党内,议员派系”花齐会”主要人物。藤村,出生在大阪,广岛大学毕业,1993年,以当时的日本新党候选人身份,首次当选国会众议员,迄今,6次当选,从政经历,与野田相仿。
日本民主党,2009年上台后,藤村,先后出任外务副大臣,和厚生劳动副大臣。今年1月,日本时任首相菅直人(Naoto Kan),改组内阁,藤村,转任民主党干事长代理,相当于副干事长。

日本新首相野田佳彦组阁, 安住淳出任财务大臣,2011年,周五(9月2日),日本政府发言人周五表示,民主党前国会对策委员长安住淳(Jun Azumi),将担任财务大臣。
安住淳,将主导日本的汇率及财政政策。作为世界第三大经济体,日本正面临日元大幅升值,以及公共债务,达其5万亿美元经济规模两倍的艰难景况。
PINEBRIDGE INVESTMENTS固定收益投资管理主管TADASHI MATSUKAWA表示,安住淳,没有什么强有力的经济政策观点。他是来自受地震冲击的日本东北部地区,因此,这可能对重建工作,有正面影响。
MATSUKAWA表示:“他曾负责与反对党进行谈判,我认为:任命他的原因,就在于他的谈判技巧。他会听取其他人的意见,而不是一味将自己的想法强加于人。看起来,野田佳彦正任命一些善于谈判的人,可能这是考虑到与反对党的关系。”
MATSUKAWA称,任命安住淳,对公债市场,既没有正面,也没有负面影响。

据媒体报道,日本当地时间9月2日上午10时,日本新首相野田佳彦(Yoshihiko Noda),第一次作为首相,走进了首相官邸,并着手组阁工作。野田受到了官邸工作人员的列队欢迎。

日本媒体报道称,9月2日,野田佳彦内阁宣告成立。
据共同社报道,野田亲信、民主党前代理干事长藤村修(Osamu Fujimura),出任新内阁的官房长官。

日本民主党,前政调会长玄叶光一郎(Koichiro Gemba),将出任外务大臣;日本民主党前国会对策委员长安住淳(Jun Azumi),将出任新财务大臣;日本民主党议员一川保夫,将出任防卫大臣;前国对委员长钵吕吉雄(Yoshio Hachiro),将出任经济产业大臣;莲舫(Renho),将出任行政刷新兼国家公务员制度改革担当大臣;即将出任国家战略担当大臣的古川元久(Motohisa Furukawa),将兼任经济财政担当大臣。

日本新内阁成员名单公布- 藤村修入阁,莲舫留任,2011年09月02日,当地时间2日上午,日本新首相野田佳彦(54岁)敲定了新内阁成员名单,新内阁当天下午将成立。报道指,新内阁成员名单体现了野田对全党团结的重视。

野田内阁的新任官房长官藤村修(61岁),当天,在日本首相官邸,举行了第一次记者会,宣布新内阁成员名单。

藤村在记者会开始时,做了自我介绍,并请记者们今后多加关照。藤村在会上,宣布,新内阁,将在下午,经首相任命、阁僚认证仪式后,正式成立。当地时间,5点,野田将举行记者会,6点,举行首次内阁会议。

新内阁成员名单如下:

总理相(首相):野田佳彦(54岁)

内阁官房长官:藤村修(61岁),与野田关系密切

外务相:玄叶光一郎(47岁)

总务相:川端达夫(66岁)

防卫相:一川保夫(69)

财务相:安住淳(49岁)

经济产业相:钵吕吉雄(63岁)

国土交通相:前田武志(73岁)

法务相:平冈秀夫(57岁)

经济财政担当相兼国家战略担当相:古川元久(45岁)

文部科学相:中川正春(61岁)

厚生劳动相:小宫山洋子(62岁)

农林水产相:鹿野道彦(69岁),留任,曾竞选民主党新代表

行政刷新兼国家公务员制度改革担当相:莲舫(女,43岁),野田派重要人物

金融邮政改革担当相:自见庄三郎(65岁)

国家公安委员长:山冈贤次(68岁),与前党代表小泽一郎关系密切

复兴对策担当相:平野达男(57岁) 留任

环境相兼核电站事故担当相:细野豪志(40岁) ,维持并加强灾后重建和核电站安全相关措施

日本首相野田佳彦组建新内阁,2011年09月02日,东京,9月2日,日本首相野田佳彦,2日组建新一届内阁,藤村修任内阁官房长官,玄叶光一郎任外务大臣,一川保夫任防卫大臣。

  当天上午,藤村在记者会上,宣布了新内阁名单。与民主党组成执政联盟的国民新党副代表自见庄三郎,继续担任邮政改革和金融事务担当大臣。

  新内阁其他成员,包括财务大臣安住淳、文部科学大臣中川正春、厚生劳动大臣小宫山洋子、农林水产大臣鹿野道彦等。

  野田新内阁,将于当天下午,在皇宫,举行首相任命仪式,和内阁大臣认证仪式后,正式成立。

  8月29日,野田在民主党代表选举中,当选新任代表,随后,在国会众,参两院,30日举行的首相指名选举中,当选新一届日本首相。

野田佳彦内阁及党内两路人事布局浮出水面 ,2011-08-31,日本民主党党代表、54岁野田佳彦当选首相后,声言要团结全党,他在党和内阁的人事布局,初步浮现。

党的领导层人事方面,野田重视构筑全党团结的态势,决定起用75岁的参议院议员会长舆石东,出任干事长;49岁前外相前原诚司,出任政调会长;62岁前官房长官平野博文,出任国会对策委员长。野田,正为9月2号,组建有力的内阁展开工作,财务相一职,预计将由65岁代理党代表仙谷由人,或58岁干事长冈田克也出任。野田,与国民新党代表龟井静香举行会谈,双方确认,将继续联合执政。

野田佳彦“泥鳅内阁”诞生,日本,2011年9月2日, .
野田佳彦内阁正式出炉
日本首相野田佳彦,周五(9月2日),如期成立了他的内阁。

官房长官藤村修、财务大臣安住淳、外相玄叶光一郎、经济产业大臣钵吕吉雄、防卫大臣一川保夫、国土交通大臣前田武志、总务大臣川端达夫、农林水产大臣鹿野道彦、国家公安委员长山冈贤次、法务大臣平冈秀夫、环境及核电负责大臣细野豪志、复兴负责大臣平野达男、邮政改革及金融负责大臣自见庄三郎、国家战略大臣古川元久、行政刷新负责大臣莲舫、厚生劳动大臣小宫山洋子、文部科学大臣中川正春。

新内阁,预计周五,经过天皇颁发委任状等手续后,正式成立和启动。

生面孔,野田内阁的特点,正如野田本人自诩“泥鳅”一样,朴素,销量最大的报纸《 读卖新闻》形容,重量级的人物,陆续消失了。

新内阁,留任的鹿野道彦、细野豪志、莲舫、玄叶光一郎,大部分不关心政治的日本国民,可能不禁问:他们是谁?

许多大臣的面孔,互相打听,谁是谁?

两天前,野田任命党干事长輿石东、政策调整会长前原诚司,和国会对策委员长平野博文等党领导层人事,令日本传媒、舆论相当震惊。

野田形容民主党新领导层,要具备像足球前卫那样的功能,自称“前卫领导层”。

各界对他的意外人事任命评价还不错,认为,他任命前党干事长小泽一郎的亲信輿石,任党第二重要职位,的确体现了超越党内派系的意向,有利党内团结。

周五组阁,是眷顾党内各派势力,选拔党内二线、三线人材,有利刷新民主党政权形象,但不可避免,存在能否胜任的疑问。

新外相
从未涉足过的玄叶光一郎,成为日本新外相
新外相玄叶光一郎47岁,与野田一样,他也是大学毕业后再进“松下政经塾”,打造4年的新一代政客。

1991年,玄叶26岁,初次当选福岛县议员,成为县政史上,最年轻的议员,进入政界、然后加入自民党。

93年,他辞职县议和退党,在福岛选区,参选国会众议院议员当选。此后,几经政党辗转,96年,加入民主党。

可能受他的岳父、福岛县前著名反核知事佐藤荣佐久影响,玄叶精通地方分权。

04年起,先后出任党选举对策委员长、众议院财务金融委员长、政策调整会长后,去年6月,首次入阁任内阁府特命大臣,先后负责过低出生率对策、公务员制度改革、科技政策等,从未涉足外交。

玄叶间接触及外交的记录,有支持过在“松下政经塾”的同窗同学——前外相前原诚司、反对过去年日本殖民统治韩国百年时,前首相菅直人发表道歉谈话,主张已定案的赔偿、道歉问题不应复燃。

“松下政经塾”出身的政客和企业经营者几乎全走现实路线。

人物介绍:

官房长官藤村修:从幕后,走向台前

日本民主党前代理干事长藤村修,此次被提拔为新内阁官房长官,成为新首相野田佳彦的重要辅佐人物,从幕后,走向台前。据介绍,今年61岁的藤村,生于大阪府,已6次当选国会议员,但他,从未出任过阁僚,长期从事国会对策等幕后工作,并不为人们熟知。

藤村,被认为“诚实敦厚”、“不爱出风头”,朴实无华的个性,与自比“泥鳅”的野田,确有几分相似。不过,内阁新人藤村,能否发挥政权“指挥塔”的作用,尚待考验。

据介绍,藤村从政之路,始于对交通事故孤儿的援助活动。1970年代上半期,藤村就读于广岛大学汽车系。当时,被称“交通战争”时代,因交通事故死亡的人数,超过1万人,为历史最高点。藤村,在得知孤儿的悲惨境遇后,毅然决定,毕业后进入东京的“交通孤儿育英会”工作。在那里,他帮助孤儿等,远渡重洋,留学巴西,边工作,边学习语言。据称,藤村本人,也曾数十次前往巴西。

藤村的踏实,认真,赢得了选民们的青睐,1993年,他以日本新党候选人的身份,首次当选,和野田,同年步入政坛,两人交情深厚。

藤村老家-吹田市的市议员竹内忍一说:“我从没见过他生气的样子。藤村为人沉着冷静,无论遇到什么事,都不为所动”。其后援会干部称:“所谓物以类聚,人以群分。在认真这一点上,藤村和野田很像。”据藤村身边的人说,他属于那种做事,虽不张扬,但交给他的任务,总能做好的人。据称,藤村,爱喝日本酒,在卡拉ok会,模仿千昌夫唱《 北国之春》。

同能言善辩的野田形成鲜明对比的是,藤村在演讲时,多是解释说明,常常被评价为“不是在演讲,而是在解说”。能否做好一天两次记者会的内阁新闻发言人,或许对藤村来说,将是一大挑战。

华裔议员莲舫:野田派重要人物

华裔参议院议员莲舫,2日,将在野田新内阁中,担任行政改革大臣。

莲舫的父亲,是台湾人,母亲,是日本人,她,出生在东京,高中毕业后,加入日本国籍,大学毕业后,成为电视台的新闻节目主持人,并中途辞职,前往北京大学,留学两年。她生下了一对双胞胎女儿。

莲舫,其后,作为民主党候选人参加参议院议员竞选,以极高的知名度,一举当选。菅直人内阁成立后,莲舫开始担任行政改革相。

莲舫是野田派的重要人物,与野田的政治理念很相近。

外务相玄叶光一郎:外交经验“一张白纸”

野田新内阁,爆出了不少冷门,外务相玄叶光一郎,就是其中的一位。据介绍,今年46岁的玄叶,毕业于上智大学,当选为国会议员后,一直从事于地方分权自治问题的研究,外交方面的经验,简直是“一张白纸”。由于他的岳父佐藤荣佐久,担任过参议员,更是长期担任福岛县知事,因此,玄叶跟随其岳父,积极推进地方自治事业。

玄叶,迄今为止,只担任过少子化问题担当大臣。但是,野田新首相,为何会选择玄叶来负责日本外交呢?分析,其原因,可能在于两点:

玄叶,是松下政经塾毕业,与前外务大臣前原诚司,是政经塾的同班同学,更属于野田首相的后备。野田,是松下政经塾的第一期;玄叶和前原,属于第八期。因此,大家在政治理念上,有许多的相通,平时私交,也十分亲密。

玄叶,迄今为止,没有从事过任何与外交相关的工作,在外交上,是一张白纸,没有加入日美友好和日中友好议员联盟,也没有发表过-对美国、对中国的外交言论,因此,在没有自己外交主张的情况下,担任外务大臣,或许更具有灵活性和柔韧性。

玄叶没有外交经验,在近期内,他可能会延续菅直人内阁的外交方针。上任伊始,首先要做的工作,是与美国国务卿希拉里协调,安排9月下旬,野田前往联合国出席大会时,与美国总统奥巴马的首次会谈。

民主党前干事长冈田克也:未能入阁

民主党前干事长冈田克也(58岁),因其主导了给予小泽停止党员资格处分一事,在党内引发争议,最终,未能入阁。报道称,野田多次邀请刚刚离任的冈田克也,出任内阁中最重要的职务之一的财务相,冈田克也,最终拒绝了这一邀任。

日本新闻网的报道,指,日本的财务省,是官僚势力最强的中央机关,政治家出任财务相,很难控制这群财务官僚,经常会遭到愚弄。没有财务经验的冈田,要负责国家财政,显然会力不从心。

日本国家财政连年赤字,大地震的赈灾款项也还没有一个着落,日元又持续升值,要管好这个国家的财政,非一般人所能为。担任过民主党党首和外务相的冈田,显然不愿意将自己的政治生命,栽在财务相的位子上。

日本民主党中央和内阁的重要位子,都已经排满,冈田,已经没有合适的位子,可安排,对于野田来说,成为一件头疼的事。最终,野田选择了藤村修,这位自己20多年来政治生活中,最亲密的战友,来替自己掌管内阁;邀请冈田,担任财务相,冈田没有答应这一邀请,因此,最终未能入阁。

海江田,拿到了党内最大的小泽派(120人——指该派别,在国会中,拥有议席),及重要派别鸠山派(30人)的支持;
前原,除了自己的40名铁杆,还有盟友菅直人派(30人),是党内第二大阵营;
野田,只有30个跟班,有398名议员的民主党内。

当地时间2011年8月29日,日本财务大臣-野田佳彦、现任首相-菅直人,及前国土交通大臣-马渊澄夫、农林水产大臣-鹿野道彦、 经济财政大臣-海江田万里、前外务大臣-前原诚司,首相竞选结束。日本财务大臣-野田佳彦当选执政党民主党新代表,出任下一任首相。

自1986年10月,出道时开始,直到2010年,就任财务相的前一天,在24年时间里,野田风雨无阻地,每天出现在千叶县船桥火车站前,7点,准时开始演讲,向上班的人流,宣讲自己的政策主张,他因此锻炼出非常好的口才。

在日本,能像野田这么做的政治家,少之又少。在成名前,并没有人,去认真听年轻的“野田君”的演讲。偶尔,有人来和他握手,野田必定伸出厚厚的双手,紧紧握住对方,同时,头会深深地低下去,一直让人看到自己的后脑勺。这两年,忽然体重增加了10公斤,已经显得有些肥胖了,但野田,依旧会深深地低下头,让去握手的人印象深刻,感动不已。这种演说及握手的方式,在民主党内,称为“野田流”。

老资格的日本国会议员、国民新党党首-龟井静香

日本社民党党首-福岛瑞穗

奋起日本党参院干事长-片山虎之助

日本民主党议员、前总务副大臣-内藤正光

http://www.billionairesParty.com
http://www.billionairesGroup.com
http://www.billionairesdesire.com
日本の総理大臣野田佳彦は、新しい内閣を形成するために新しい内閣、2011年9月2日、午前中に日本の総理大臣野田佳彦を形成する – 藤村の修理は、彼が官房長官であった。ゲンバ小泉首相は、彼が外務大臣を務めた。川ポール甫、レン防衛大臣。

野田佳彦ドジョウキャビネット – 野田佳彦は、官房長官として、民主党事務総長代理藤村の修復を有効にする
2011年9月2日、日本の総理大臣野田佳彦(野田佳彦)、木曜日(9月1日)、官房長官のポストとして、民主党事務総長代理店籐中村(修藤村)を有効にすることを決定。
官房長官、官房長官が、日本政府の中心人物であるように、現在、日本の外務省の大臣が修理藤村、野田佳彦が要求を受け入れて言ったように、一方、政府のスポークスマンの役割を務めた。藤村修理は、日本野田佳彦(日本の民主党)の判決民主党、同盟国の最も近いのです。
藤村、61は、民主党野田内にある、メンバーの派閥は、メインキャラクター”になる一緒に過ごすために”。最初の代表の家に選出された1993年に卒業、大阪大学、広島大学で生まれた藤村、日本新党のためのその後の候補は、、これまでのところ、6倍は、政治的経験を選出し、野田類似した。
日本の民主党は、2009年に権力を握った、藤村は、外務副大臣、及び労働副大臣、および厚生を務めています。日本の首相直人(菅直人)、内閣改造、藤村は、民主党事務総長代理、副幹事長に相当する転送1月に。

日本の新首相、野田佳彦キャビネット、財務大臣、2011、金曜日(9月2日)としてすぐに生活を安全に、日本政府のスポークスマンが金曜日によると、チョンチャンを(6月あずみ)生きるために議会の応答の旧民主党のメンバーは、財務大臣として機能します。
すぐに住んで、日本の為替レートと財政政策を支配する。世界第三位の経済大国として、日本はその5000000000000ドル経済困難な状況の倍のサイズに到達する、急激な円高、および公的債務に直面している。
債券投資管理忠松川のPINEBRIDGE投資ヘッドはアンがすぐに住んでいるという、ビューのない強力な経済政策のポイントはありません。彼は日本の地震の北東の影響からなので、これは肯定的な影響を持って、再建可能性があります。
松川は言った:”彼は反対との交渉を担当していた、私は思う:彼の理由の任命は、彼の交渉力が、彼は他人の意見に耳を傾けてくれるのではなく、自分のアイデアを課すことであるルック、野田嘉ヤンはおそらく考慮反対との関係を取って、交渉が得意な人を任命することです。”
松川は、アンの任命は、どちらも正でも負の影響、、すぐに債券市場を生きている。

メディアの報道によると、日本9月2日午前10時のローカル時間は、日本の新首相野田佳彦(野田佳彦)、首相官邸に首相としては初めて、、とは、キャビネットに働き始めた。野田は、職員の住居を歓迎するためにラインアップされています。

日本のメディアは9月2日、野田佳彦内閣が形成されたことを報告した。
共同通信によると、野田の取り巻き、新しい内閣の責任者として、事務局長ガーランド中村(修藤村の)演技旧民主党を報告した。

日本の民主党、元政策チーフゲンバ一郎(一郎GEMBA)は、外務大臣として機能しますが、日本の民主党議員応答のメンバーの前に長安には、(6月あずみ)すぐに住んでいる新しい財務大臣として機能しますが、日本のメンバー一川ポールの夫の民主党を、として機能します国防相、ボウル滬機雄(義雄の八郎)のための国の元会長、経済産業大臣となる。蓮坊(Renho)、国家公務員改革リフレッシュのエグゼクティブディレクターとして再生するために大臣にサービスを提供する、長い時間のために国家戦略古川元大臣として動作する( Motohisa古川)、経済産業大臣として機能し、再生する資金を供与するものである。

日本の新閣僚名簿が発表 – 藤村修理キャビネットを、連牙滞在、2011年9月2日、2は現​​地時間の午前、日本の新首相野田佳彦(54)内閣のメンバーの新しいリストを完成、午後は新内閣となるを設立。新閣僚名簿が全体パーティ野田注目の結束を反映していることを報告した。

野田の新内閣チーフ藤村の修理(61歳)、同じ日に、日本の首相官邸は、その最初の記者会見を行い、新閣僚名簿を発表しました。

藤村は、記者会見で始まる、自分自身を導入し、将来的にもっと注意を記者に尋ねた。会議で藤村は、正式に設立された首相、閣僚の認証式、によって任命された、午後には、新内閣を発表しました。ローカル時間は、5:00、野田は、記者会見、6つのポイント、その最初の閣議を開催を開催します。

新しい内閣のメンバーは以下のとおりです。

首相相(首相):野田佳彦(54)

官房長官:藤村修理(61歳)、および野田近い

外務大臣:ゲンバ一郎(47)

一般的な相:川端ダフ(66)

国防相:川の夫ポール(69)

財務相:すぐに住んでいる(49)

経済相:ボウル滬機熊(63)

国土交通省:武前田(73)

法的位相:平岡秀夫(57)

でプレイで再生する国立経済財政戦略担当ディレクター:古川万年(45歳)

教育相の省:中川春(61)です。

労働、福祉相:洋子小宮山(62)

農林水産相:美濃加納(69)、オフィスに残っているが、民主党に代わって新たなキャンペーンを行っております

と遊ぶのがさわやかな国家公務員制度改革の事務局長:廉坊(43歳女性が、)、重要人物野田いた

で再生する金融郵政改革:(65)庄三郎を参照してから

国家公安委員長:賢治山岡(68歳)、かつての当事者と密接な関係、小沢一郎

と遊ぶのが回復の戦略:達夫平野(57)のまま

環境と原子力発電所の事故で遊ぶ:細野ホーチミン(40)、災害後の復興と原子力安全関連措置を維持強化する

日本の総理大臣野田佳彦が新しい内閣を形成するために新しい内閣、2011年9月2日、東京、9月2日日本の首相野田佳彦、2を、形成する、藤村は、官房長官のものを修復、ゲンバ小泉首相は外相を任命し、防衛大臣ポールチュアン府に任命。

午前中は、藤村は記者会見で、新内閣を発表しました。国民新党から民主党の副代表庄三郎は郵政改革の大臣と財務のプレイとして引き続き参照との連立を形成する。

財務大臣アンを含む新内閣の他のメンバーは、すぐに住んで、文部大臣中川春、厚生労働大臣洋子小宮山、農林水産大臣道彦狩野、などです。

野田新しいキャビネットには、宮殿では、正式に設立された内閣総理大臣、そして内閣大臣の認定式、で開催された任命式午後になります。

8月29日民主党の代表して野田の選挙、選挙という名前の総理大臣で30、連邦議会下院と上院で、その後、新しい代表を選出したが、日本の新首相に選出された。

野田佳彦キャビネット二面のパーティー要員の配置、2011 -08-31、日本、野田佳彦、54の民主党が、首相に選出された、、パーティーを統一するために彼の党と内閣の人事配置、初期の表面を誓った。

党指導部の職員、当事者の状況の結束を構築するために野田の注目は、として、75歳の上院社長柳世東アジアの導入を決定事務局長、49歳の元外務大臣前原、政調会長として、62年前議会の応答の会長として内閣官房平野ボーエン、。野田は、9月2日のためである、財務の後で作業を開始するために強力な内閣の形成は、事務局長岡田克也を務めた65歳のエージェントのパーティーパラダイスバレー、または58歳であることが期待されています。野田、亀井静香とハンナラ党は新たな会談、双方は、与党が引き続き確認された。

野田佳彦、”ドジョウキャビネット”が生まれた、日本、2011年9月2日、。
野田佳彦内閣は正式にリリース
野田佳彦、日本の首相は、金曜日(9月2日)で、彼のキャビネットのスケジュールを設定します。

官房藤村修理、財務大臣アンライブ春、外務大臣ゲンバ小泉、経済大臣鉢呂雄、防衛大臣伝宝の夫、国土交通大臣前田武志、事務局長川端ダフ、農林水産大臣狩野道彦、国家公安委員長山岡賢治、法務大臣平岡秀夫の大臣、環境および原子力担当大臣細野ホーチミンであり、回復が担当大臣平野達男、郵政改革と長い時間のためのSEE庄三郎、国家の戦略的な大臣古川元から大臣、行政リフレッシュ担当大臣連牙、保健省のための財務責任者洋子小宮山労働大臣、文部大臣中川春です。

金曜日期待される新内閣は、天皇提示任命証明書と他の手続きの後、正式に設立され、開始されました。

顔、私は単純なように”ドジョウ”、最大の売れ行きの新聞”読売新聞”と大物のため、別のが消えた後の一つとして主張するキャビネット機能野田、野田。

新内閣は、道彦狩野、ホーチミン細野、連牙、ゲンバ小泉に残っている、ほとんどの日本人は政治に関心がない、助けが頼むことができませんでした:彼らは誰ですか?

多くの大臣の顔は、お互いを求める人は誰ですか?

二日前、野田幹事長柳市東、政策調整前原、社長、会長と議会の反応平野ボーエン、及び他の政党の指導者や職員、日本のメディア、かなりショックを受けて世論を任命した。

野田はサッカー、自称のような最先端の機能のその種の持っている、民主党の新しい指導部を説明し、”前衛的なリーダーシップを。”

彼は党の結束を可能にする、確かにかつてのパーティー、小沢一郎、一般ゆう市、当事者の二番目に重要な仕事の親友、政党内の派閥を​​越えて移動する意向の反映を任命良いの評価に彼の驚きの任命にすべての人生の歩み、。

金曜日の内閣は、党内のさまざまな力を支持され、当事者は、民主党のイメージを更新する体制を可能にする、2番目と3番目の層の人材を選択しましたが、必然的に、疑いを実行する機能があります。

新しい外務大臣
日本の新しい外務大臣としてゲンバ小泉に帰らなかった
新しい外務大臣ゲンバ47歳幸一郎、と野田氏は、彼はまた大学からして、”政治と経済のパナソニック淑”、四年構築するために政治家の新しい世代に卒業した。

1991年には、神秘的な26歳の葉は、まず政治を入力して、最年少メンバーの歴史の中で、県政府として選出された福島のメンバー、そして自民党に入社。

93年、郡会議や福島区、代表の選挙の選出されたハウスで、彼の辞職を撤回した。それ以来、いくつかの政党が96歳、削除された、民主党に加わった。

彼の父、ゲンバ堪能分権前者の有名な反原発福島県知事佐藤栄作佐久の影響によって影響を受ける可能性があります。

2004年以来、政党の選挙戦略の会長を務めている、ハウスファイナンス会長、昨年6月以降の政策調整の社長、あらゆる臨時内閣府の最初の閣僚は、低出生率対策、公務員改革、科学技術を担当している政策は、外交に関与されていない。

ゲンバが間接的に外交的記録に触れた、でサポートされている”パナソニックの政治的、経済的淑、”同級生の同級生 – 元外務大臣前原は、昨年の日本の植民地支配、韓国、百年に反対し、元首相菅直人の謝罪の演説の支持者が確定しました補償、謝罪は、問題の復活すべきではない。

政治家とビジネスオーナーは、ほとんどすべての実行を移動する”パナソニックの政治的、経済的淑”、。

プロフィール:

官房藤村修理:の後ろから、ステージへ

日本中村元監督代行局長ガーランド、新しい内閣官房長官、民主党は、ステージに、背後から、新しい総理大臣野田佳彦重要な補助療法の図に昇格した。報道によると、61歳の藤村は、大阪で生まれた、議会の6倍に選出されたが、彼は内閣のメンバーを務めたことはないされて、このような議会の舞台裏での作業など、長期的な対策は、同様に知られていない。

確かに多少類似した”どじょう”と野田、より”正直と誠実”と”しつこい”、気取らない性格、そして自己とみなさ藤村、。しかし、藤村新しいキャビネットには、まだテストされる、政権”塔”の役割を果たすことができる。

報告によると、政治の藤村道路は、交通事故の孤児のための援助活動で始まった。広島大学、藤村カーシステムで学んで1970年代の半分、。時点で、、”交通戦争”の時代と呼ばれていますので、交通事故死者の数、100万人以上の人が、史上最高のポイント。藤村は、その内の孤児の窮状は、断固として”トラフィック玉英孤児がされる”仕事の東京を入力して卒業後に決定した。言語を学ぶ、作業中にそこに、彼は、ブラジルでの調査、海を越えて、孤児、等を助けた。伝えられるところでは、藤村私は、ブラジルに何十回もしている。

藤村の、実用的な深刻な、1993年に有権者の支持を獲得、日本新党候補の彼の地位、初当選した、と野田、同じ年には、二つの密接な関係を政治の場に入った。

藤村ホーム – 吹田市、市議会竹内の猶予は、言った:”私は彼が怒っている見たことがない藤村の男穏やかな、関係なく、心を動かされないです。。”サポートグループの幹部、言った:”。。血は水より厚い本格この時点では、藤村と野田が好き”藤村が、彼はそれらのものの一つであるその周りの人によると、アドバタイズされていないが、彼にタスク、常に善良な人々。伝えられるところでは、藤村、日本のワイン愛好家は、千チャン府、の模倣歌、カラオケでOKになる”ノースランドを。”

雄弁な対照的、音声の藤村、と野田は多くの場合として説明した詳細な説明、である”ではない演説で、しかし、論評の中で。” 1日2回、おそらく藤村、内閣のスポークスマンの記者会見を行うことができる、大きな課題となります。

連牙、中国のメンバー:野田は重要な人物を送信

連牙中国の上院議員、2は、行​​政改革の大臣として、新たな反対のキャビネットをさばいています。

連牙の父は台湾であり、母は日本人です、彼女は東京で生まれ、高校卒業後、テレビのニュースプレゼンターとして、卒業後、日本国籍に参加し、途中で辞任する、北京大学の学生に行く二年。彼女は双子の女の子を出産した。

連牙は、その後、高い評価を得て上院の選挙の民主党候補、として、一挙に選出された。菅直人、確立された内閣は、連牙は、行政改革を務めています。

連牙は学校野田、野田と政治哲学の重要人物が非常に似ています。

外務大臣ゲンバ一郎:外交政策の経験”一枚の紙。”

野田新内閣、人気の多くを破った、外務大臣ゲンバ小泉は、そのうちの一つです。報告によると、神秘的な46歳の葉は、、上智大学を卒業議会に選出された、自律の分権化は、単純である、外交経験の問題に関する研究に従事している”一枚の紙。”上院議員を​​務めた彼の父佐藤栄作佐久、、そのため長年の福島県では、彼らの父親が謎のままに従う、と積極的に地方自治の原因を促進するために、したがって、である。

ゲンバは、これまでのところ、唯一の少子化の問題劇の大臣を務めた。しかし、新首相野田、なぜ日本の外務省ゲンバそれに責任があることを選択?分析は、その理由は、二つのことにあるのかもしれない。

ゲンバは、政治的および私立学校の卒業は、元外務大臣前原とパナソニック、であり、政治的および私立高校の同級生ですが、また、首相野田バックに属します。神秘的な葉やオリジナルの前に、第8号であり、野田氏は、パナソニック初の政治的、経済的淑です。したがって、我々は政治思想で、多くの類似点はまた、通常、非常に近い個人的な友人がある。

米国、中国の外交 – 外交のこれまでのところ、外交に関わるすべての作業に従事していないゲンバは、、、日米と日本中国友好議員連盟の白ではなく、メンバー、公開されていないです。スピーチは、それゆえ、外交の不在下で外務大臣として、彼のケースを主張し、そしておそらくより機動性と柔軟性。

ゲンバのない外交経験は、近い将来に、彼は菅直人、内閣の外交政策を継続することができる。テネット、9月下旬に国務調整の取り決めのU. S.長官に、行われる最初の作品は、野田、米国オバマ大統領の最初の会合に国連総会に出席した。

旧民主党の岡田幹事長は:キャビネットに失敗しました。

その小沢を与え、元民主党の岡田幹事長(58)は、パーティーでのパーティーのメンバーシップに関するストップのアクションは、最後に含まれていないキャビネットに論争を引き起こした導いた。ちょうど野田繰り返し、最も重要なキャビネットの位置として、財務相、岡田克也、のいずれかが最終的にどちらかの招待を拒否した、岡田克也を招待しておく、と報告した。

日本のニュースネットワークは、日本の財務省は、これらの財務官僚を制御することは困難財務相のような官僚主義の中心的な器官の中で最も強力な力、政治家、、、頻繁に騙されていることを報告します。国家財政の責任ない財務経験岡田氏は、、明らかに不十分である場合がないでしょう。

国の財政赤字、日本で毎年のように、地震災害救援の支払いにも上陸していない、円高は、国の財政、非最適な、最も人々を管理し続けている。民主党のリーダーと岡田外務大臣を務め、明らかに座席の財務相に植えられ、彼らの政治的な生活を望んでいない。

日本の中央と重要なキャビネットの席の民主党、予約された、岡田氏は、頭痛になって、野田のために配置することができる適当な場所がありません。最終的に、野田は藤村修理、彼の20年間の政治生活、同盟国は、内閣の統制をバックアップするために選択した、岡田、最高財務相を招いて、岡田はこの招待に同意しなかった、従って、最終的に失敗しました。キャビネット。

海江天は、小沢氏は党内最大派閥だ(120人 – 手段をその席で議会の派閥、)、および重要な派閥鳩山派(30)サポート;
前原は、40代アイアン、そして菅直人(30)を送信するために同盟国に加えて、党内第二位のキャンプです。
野田、わずか30アテンダント、民主党の398のメンバー。

2011年8月29日の現地時間、日本の財務大臣 – 野田佳彦、現在の総理大臣 – 菅直人、そして元国土交通相 – 澄男馬渕、農林水産大臣 – 狩野道彦、経済と財務大臣 – 海江田マイル、元外務大臣 – 前原、首相のキャンペーンは終了しました。日本の財務大臣 – 野田佳彦が次期首相として、与党民主党の代表を選出。

1986年10月以来、彼のデビューは2010年までは起動時、午後7時前に24歳で前日の財務相、野田雨や輝き、船橋市の日、千葉県の鉄道駅となり、時間通りに開始作業の流れに演説、独自のポリシーのアイデアを説教は、ので、彼は非常に良好な雄弁を行使する。

日本では、野田は非常に少ない、政治家として行うことができます。名声、誰もが、本当に若い”野田王”演説を聞くために前に。時折、手を振る人、野田は、厚さを配るだろう、しっかりと同時にお互いを保持し、低ダウンヘッドが深く、自分自身の頭を見ているされます。今年は感銘を人々と握手をするので、、突然の体重増加の10キロは、少し脂肪を取得しているが、野田は、まだ深く頭を下げたが、移動。このスピーチととして知られている民主党のウェイハンドシェイク、、”野田の流れ。”

議会の日本のベテランのメンバーは、党、新党 – 亀井静香

日本の社会民主党のリーダー – 福島瑞穂

日本事務総合病院の人参の上昇 – 片山虎之助

日本のメンバーの民主党、総務の元副大臣 – 正光内藤

Googleによる日本語の自動翻訳

Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda form a new Cabinet, September 2, 2011, Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda in the morning to form a new cabinet – Fujimura repair, he was Chief Cabinet Secretary; Genba Koizumi, he served as Foreign Minister; a River Paul Fu, Ren defense minister.

Yoshihiko Noda Loach Cabinet – Yoshihiko Noda enable the Democratic Party Secretary General Agent Fujimura repair, as chief cabinet secretary,
September 2, 2011, Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda (Yoshihiko Noda), Thursday (Sept. 1), decide to enable the Democratic Party Secretary General agents rattan Nakamura (Osamu Fujimura), as chief cabinet secretary post.
Currently, as a minister of the Japanese Foreign Ministry said repair Fujimura, Yoshihiko Noda has accepted the request, as chief cabinet secretary, chief cabinet secretary, is the central figure in the Japanese government, meanwhile, served as government spokesman role. Fujimura repair, is in the ruling Democratic Party of Japan Yoshihiko Noda (Democratic Party of Japan), the closest of allies.
Fujimura, 61, is within the Democratic Party Noda, Member factions “to spend together will be” the main characters. Fujimura, born in Osaka, Hiroshima University, graduating in 1993, the then candidate for the Japan New Party, first elected to the House of Representatives, so far, six times elected political experience, and Noda similar.
Democratic Party of Japan, came to power in 2009, Fujimura, has served as Deputy Minister of Foreign Affairs, and Deputy Minister of Labor, and Welfare. In January, when Japanese Prime Minister Naoto (Naoto Kan), cabinet reshuffle, Fujimura, transferred to the Democratic Party Secretary General Agent, the equivalent of deputy secretary general.

Japan’s new Prime Minister, Yoshihiko Noda cabinet, safe to live soon as Finance Minister, 2011, Friday (September 2), Japanese government spokesman said on Friday, former Democratic member of Congress response to live Chun Chang (Jun Azumi), will serve as finance minister .
An live soon, will dominate Japan’s exchange rate and fiscal policy. As the world’s third largest economy, Japan is facing a sharp appreciation of the yen, and the public debt, reaching its $ 5 trillion economy twice the size of a difficult situation.
PINEBRIDGE INVESTMENTS head of fixed income investment management TADASHI MATSUKAWA said Ann live soon, there is no strong economic policy point of view. He is from the impact of the earthquake northeast of Japan, so this may be reconstruction, have a positive impact.
MATSUKAWA said: “He was responsible for negotiating with the opposition, I think: the appointment of his reason, is that his negotiating skills, he would listen to the views of others, rather than to impose their own ideas. Look, Noda Jia Yan is to appoint people who are good at bargaining, perhaps taking into account the relationship with the opposition. ”
MATSUKAWA said the appointment of Ann live soon, the bond market, neither positive nor negative impact.

According to media reports, Japan local time at 10:00 on September 2, Japan’s new prime minister Yoshihiko Noda (Yoshihiko Noda), the first time as prime minister, into the prime minister’s official residence, and started working cabinet. Noda has been lined up to welcome the staff residence.

Japanese media reported that on September 2, Yoshihiko Noda cabinet was formed.
According to Kyodo News agency reported, Noda cronies, former Democratic Party Acting Director-General Garland Nakamura (Osamu Fujimura), as the new cabinet chief.

Democratic Party of Japan, the former policy chief Genba Koichiro (Koichiro Gemba), will serve as Foreign Minister; Democratic Party of Japan before the congressional response members Chang’an live soon (Jun Azumi), will serve as the new finance minister; Democratic Party of Japan members Yichuan Paul husband, will serve as Defense Minister; former chairman of the country for bowl Lvji Xiong (Yoshio Hachiro), will serve as Minister of Economy; Lian Fang (Renho), will serve as the executive Director of the National Civil Service Reform refresh the Minister to play; will act as Minister of National Strategy Furukawa yuan for a long time ( Motohisa Furukawa), will serve as Minister of Economy and Finance to play.

Japan’s new cabinet list announced – Fujimura repair cabinet, Lian Fang stay, September 2, 2011, 2 am local time, Japan’s new prime minister Yoshihiko Noda (54) finalized a new list of cabinet members, the afternoon will be the new cabinet established. Reported that the new cabinet list reflects the unity of the whole party Noda attention.

Noda’s new Cabinet chief Fujimura repair (61 years), the same day, Prime Minister’s official residence in Japan, held its first press conference, announced the new cabinet list.

Fujimura, beginning at the press conference, introduced himself and asked the reporters in the future more attention. Fujimura at the meeting, announced the new cabinet, in the afternoon, appointed by the prime minister, cabinet certification ceremony, officially established. Local time, 5:00, Noda will hold a press conference, six points, held its first cabinet meeting.

New cabinet members are:

Prime Minister phase (Prime Minister): Yoshihiko Noda (54)

Chief Cabinet Secretary: Fujimura repair (61 years), and Noda close

Foreign Minister: Genba Koichiro (47)

General phase: Kawabata Duff (66)

Defense Minister: A River husband Paul (69)

Financial phase: An live soon (49)

Economic Phase: bowl Lvji Xiong (63)

Infrastructure and Transport: Takeshi Maeda (73)

Legal phase: Hiraoka Hideo (57)

Director of the National Economic and Fiscal Strategy to play with play with: Furukawa million years (45 years)

Ministry of Education phase: Nakagawa is the spring (61)

Labor, and Welfare phase: Yoko Komiyama (62)

Forestry and Fisheries phase: Michihiko Kano (69), remain in office, has a new campaign on behalf of Democratic Party

Executive Director of the National Civil Service Reform refreshing to play with: Lian Fang (female, 43 years old), were important figures Noda

Financial postal reform to play with: from See Shozaburo (65)

National Public Safety Chairman: Kenji Yamaoka (68 years), close ties with the former party, Ichiro Ozawa

Recovery strategies to play with: Tatsuo Hirano (57) remain

Environment and play with nuclear power plant accident: Hosono Ho Chi (40), post-disaster reconstruction and to maintain and strengthen nuclear safety-related measures

Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda form a new Cabinet, September 2, 2011, Tokyo, September 2, Japanese Prime Yoshihiko Noda, 2, to form a new cabinet, Fujimura repair any of the chief cabinet secretary, Genba Koizumi appointed foreign minister, a appointed defense minister Paul Chuan-fu.

In the morning, Fujimura at a press conference, announced the new cabinet. Form a coalition with the Democratic Party’s deputy representative from the National New Party see Shozaburo continue to serve as postal reform minister and finance play.

Other members of the new cabinet, including Finance Minister Ann live soon, Education Minister Nakagawa is the spring, Labor and Welfare Minister Yoko Komiyama, Forestry and Fisheries Minister Michihiko Kano, etc.

Noda new cabinet will be the afternoon, in the palace, the appointment ceremony held at the Prime Minister, and Cabinet minister certification ceremony, officially established.

August 29, Noda election on behalf of the Democratic Party, was elected new representatives, then, in the Congress House and Senate, 30 at the Prime Minister named the election, was elected the new Prime Minister of Japan.

Yoshihiko Noda cabinet and party personnel arrangement of two surface ,2011 -08-31, Democratic Party of Japan, Yoshihiko Noda, 54, was elected prime minister, vowed to unite the party, his party and cabinet personnel arrangement, the initial surface .

The party’s leadership personnel, Noda attention to build the unity of the party situation, decide on the introduction of 75-year-old Senate president Yu Shi East, as the Director-General; 49-year-old former Foreign Minister Maehara, as policy chief; 62 years ago Chief Cabinet Hirano Bowen, as chairman of Congress response. Noda, is for the September 2, the formation of a strong cabinet to start work with the post of Finance, are expected to be 65-year-old agent Party Paradise Valley, or the 58-year-old served as Director-General Katsuya Okada. Noda, Shizuka Kamei and National Party hold new talks, both sides confirmed the ruling coalition will continue.

Yoshihiko Noda, “Loach cabinet” was born, Japan, September 2, 2011,.
Yoshihiko Noda Cabinet officially released
Yoshihiko Noda, Japanese Prime Minister, on Friday (September 2), set up a schedule of his cabinet.

Chief Cabinet Fujimura repair, finance minister Ann live Chun, Foreign Minister Genba Koizumi, economy minister bowl Lvji Xiong, defense minister a River Paul Fu, Infrastructure and Transport Minister Maeda Takeshi, General Secretary Kawabata Duff, Forestry and Fisheries Minister Kano Michihiko, National Public Safety Chairman Yamaoka Kenji, the Minister of Justice Hiraoka Hideo, the environment and nuclear power is responsible Minister Hosono Ho Chi, recovery is responsible Minister Hirano Tatsuo, postal reform and financial responsible for the minister from the see Shozaburo, national strategic Minister Furukawa yuan for a long time, administrative refresh responsible Minister Lian Fang, Ministry of Health Yoko Komiyama Labor Minister, Education Minister Nakagawa is the spring.

New cabinet, expected Friday, after the Emperor presented appointment certificates and other formalities, was formally established and started.

Faces, the cabinet features Noda, Noda I claim as the “Loach” as simple, the largest-selling newspaper “Yomiuri Shimbun,” and for heavyweights, one after another disappeared.

New cabinet, to remain in Michihiko Kano, Ho Chi Hosono, Lian Fang, Genba Koizumi, most Japanese people do not care about politics, could not help but ask: Who are they?

Many ministers faces, asking each other who is who?

Two days ago, Noda appointed party secretary general Yu Shi Dong, policy adjustments Maehara, president, chairman and congressional responses Hirano Bowen, and other party leaders and personnel, the Japanese media, public opinion quite shocked.

Noda described the Democratic Party’s new leadership, to have that kind of cutting-edge features like football, self-proclaimed “avant-garde leadership.”

All walks of life to his surprise appointment to the evaluation of good, that he appointed former party, Ichiro Ozawa, a confidant of General Yu Shi, the second most important job of any party, indeed a reflection of the intention to go beyond the factions within the party, enabling the party unity.

Friday’s cabinet, is favored various forces within the party, the party selected second and third tier talent, enabling the regime to refresh the image of the Democratic Party, but inevitably, there is ability to perform the doubt.

New Foreign Minister
Never set foot in Genba Koizumi as Japan’s new Foreign Minister
New Foreign Minister Genba Koichiro 47 years old, and Noda, he also graduated from college and then into the “political and economic Panasonic Sook”, a new generation of politicians to build four years.

In 1991, the mysterious 26-year-old leaves, Fukushima members first elected as county government in the history of the youngest members, to enter politics, then joined the LDP.

93 years, county meetings and withdrew his resignation, in Fukushima constituency, elected House of Representatives election. Since then, several political parties was removed, 96 years, joined the Democratic Party.

May be affected by his father, former well-known anti-nuclear Fukushima Governor Eisaku Sato Saku impact Genba proficient decentralization.

Since 2004, has served as chairman of the party election strategies, the House Finance chairman, president of policy adjustments after last June, the first cabinet minister of any Extraordinary Cabinet Office, has been responsible for low birth rate measures, civil service reform, science and technology policy, has never been involved in diplomacy.

Genba indirectly touched diplomatic record, are supported in the “Panasonic political and economic Sook,” the classmate classmate – former Foreign Minister Maehara, opposed last year’s Japanese colonial rule, South Korea, a hundred years, the former Prime Minister Naoto Kan apology speech advocates have been finalized compensation, an apology should not be resurgence of the problem.

“Panasonic political and economic Sook”, who the politicians and business owners to go almost all real line.

Profile:

Chief Cabinet Fujimura repair: from behind, to the stage

Democratic Party of Japan Nakamura former Acting Director-General Garland, the new chief cabinet secretary, was promoted to become the new prime minister Yoshihiko Noda important adjuvant figure, from behind, to the stage. According to reports, 61-year-old Fujimura, was born in Osaka, has been elected to Congress six times, but he never served as cabinet members, long-term measures such as work behind the scenes in Congress, are not as well known.

Fujimura, considered to be “honest and honest” and “pushy”, unpretentious personality, and self than the “Loach” and Noda, indeed somewhat similar. However, Fujimura new cabinet, can play a regime “tower” role, yet to be tested.

According to reports, Fujimura road of politics, began in assistance activities for traffic accident orphans. Half of the 1970s, studying at Hiroshima University, Fujimura car system. At the time, is called “traffic war” era, because the number of traffic fatalities, more than 1 million people, the highest point in history. Fujimura, in that the plight of orphans, the resolutely decided after graduation to enter the Tokyo of “orphans Yuying traffic will” work. There, he helped orphans, etc., across the ocean, study in Brazil, while working, learning a language. Allegedly, Fujimura I, have dozens of times to Brazil.

Fujimura’s practical, serious, winning the favor of voters in 1993, his status in Japan New Party candidate, was first elected, and Noda, the same year entered the political arena, the two close relationship.

Fujimura home – Suita City, City Council Takeuchi forbearance, said: “I’ve never seen him angry. Fujimura man calm, no matter what, are unmoved.” The support group cadres, said: “The Blood is thicker than water. In earnest this point, Fujimura and Noda like.” Fujimura, according to the people around that he was one of those things, although not advertised, but to his tasks, always good people. Allegedly, Fujimura, Japanese wine drinkers, will be ok in the karaoke, singing imitation of one thousand Chang-fu, “Northland.”

Noda with eloquent stark contrast, Fujimura in speech, is more explanation, often described as “not in the speech, but in the commentary.” Twice a day can do the press conference of the Cabinet spokesman, perhaps Fujimura, would be a big challenge.

Lian Fang, Chinese Members: Noda send an important figure

Lian Fang Chinese Senators, 2, will field a new opposition cabinet as minister of administrative reform.

Lian Fang’s father is Taiwanese, my mother is Japanese, she was born in Tokyo, after graduating from high school, joined the Japanese nationality, after graduation, as television news presenters, and halfway to resign, go to Peking University students two years. She gave birth to twin girls.

Lian Fang, then, as Democratic candidates for Senate elections, with a high reputation, was elected in one fell swoop. Naoto Kan, the Cabinet established, Lian Fang has served as administrative reforms.

Lian Fang is an important figure in school Noda, Noda and political philosophy is very similar.

Foreign Minister Genba Koichiro: foreign policy experience “a piece of paper.”

Noda new cabinet, broke a lot of popular, Foreign Minister Genba Koizumi, is one of them. According to reports, the mysterious 46-year-old leaves, graduated from Sophia University, was elected to Congress, the decentralization of autonomy has been engaged in research on issues of foreign affairs experience, is simply “a piece of paper.” Because of his father Eisaku Sato Saku, served as a senator, is a longtime Fukushima Prefecture, therefore, to follow their father leaves mysterious, and actively promote the cause of local self-government.

Genba, so far, only served as Minister of declining birthrate issue play. However, the new prime minister Noda, why choose to be responsible for Japan’s Foreign Genba it? Analysis, the reason may lie in two things:

Genba, political and private school graduation is Panasonic, with the former Foreign Minister Maehara, is political and private school classmates, but also belong to the prime minister Noda back. Noda, is Panasonic’s first political and economic Sook; mysterious leaves and before the original, is the eighth issue. Therefore, we in the political ideas, there are many similarities, usually a personal friend, also very close.

Genba, so far, not engaged in any work related to foreign affairs, diplomatic, is a white, not a member of the Japan-US and Japan-China Parliamentary Friendship League, has not been published – the United States, China’s diplomatic speech, therefore, in the absence of diplomatic claims his case, as Foreign Minister, and perhaps more mobility and flexibility.

Genba no diplomatic experience, in the near future, he may continue Naoto Kan, the Cabinet’s foreign policy. Tenet, the first work to be done, with the U.S. Secretary of State Hillary coordination arrangements in late September, attended the UN General Assembly to Noda, the United States President Barack Obama’s first meeting.

Former Democratic Party Secretary General Katsuya Okada: failed to cabinet

Former Democratic Party Secretary General Katsuya Okada (58), given its Ozawa led the stop action regarding party membership in the party caused controversy in the end, not the cabinet. Reported that, just leave Noda repeatedly invited the Katsuya Okada, as the most important cabinet positions, one of the financial phase, Katsuya Okada, ultimately rejected the invitation either.

Japanese news network reports that Japan’s Finance Ministry, is the most powerful forces in the central organs of the bureaucracy, politicians, as the financial phase, difficult to control these financial bureaucracy, often being fooled. No financial experience Okada, responsible for state finances, would clearly be inadequate.

State fiscal deficits year after year in Japan, earthquake disaster relief payments also do not have a landing, the appreciation of the yen has continued to manage the country’s financial, non-best for most people. Served as a Democratic Party leader and Foreign Minister Okada, obviously do not want their political lives, planted in the financial phase of the seat.

Democratic Party of Japan’s central and important cabinet seats, have been booked, Okada, has no suitable place can be arranged for Noda, becoming a headache. Ultimately, Noda selected Fujimura repair, the political life of his 20 years, the closest ally, to back their control of the Cabinet; invited Okada, chief financial phase, Okada did not agree to this invitation, therefore, ultimately failed to cabinet.

Hai Jiang Tian, ​​Ozawa got the largest faction within the party (120 people – means that the faction in Congress, with seats), and important factions Hatoyama faction (30) support;
Maehara, in addition to their 40 irons, and allies to send Naoto Kan (30), is the second largest camp within the party;
Noda, only 30 attendant, 398 members of the Democratic Party.

Local time on August 29, 2011, Japanese Finance Minister – Yoshihiko Noda, the current Prime Minister – Naoto Kan, and the former Land and Transport Minister – Sumio Mabuchi, Forestry and Fisheries Minister – Kano Michihiko, Economy and Finance Minister – the sea Eda Miles, the former Foreign Minister – Maehara, Prime Minister campaign ended. Japanese Finance Minister – Yoshihiko Noda elected representatives of the ruling New Democratic Party, as the next prime minister.

Since October 1986, when his debut start until 2010, became the financial phase of the day before in 24 years, Noda rain or shine, day in Funabashi, Chiba Prefecture railway station before 7 pm, start on time speech to the flow of work, preaching their own policy ideas, so he exercises a very good eloquence.

In Japan, Noda can do as politicians, very few. Before the fame, no one, to really listen to the young “Noda king” speech. Occasionally, someone to shake his hand, Noda will hand out a thick, tightly holding each other at the same time, head down low will be deeply, has seen his own head. This year, 10 kilograms of sudden weight gain, is getting a little fat, but Noda, will still deeply bowed his head, so to shake hands with people impressed, moved. This speech and the way handshake, in the Democratic Party, known as the “Noda flow.”

Japanese veteran members of Congress, the National Party, New Party – Shizuka Kamei

Japan’s Social Democratic Party leader – Mizuho Fukushima

Rise of Japan Secretary General Hospital Codonopsis – Katayama Toranosuke

Democratic Party of Japan members, former Vice Minister of General Affairs – Masamitsu Naito

Japanese automatic translation by Google

《日本首相野田佳彦组建新一届内阁,2011年09月02日,日本首相野田佳彦,上午组建新一届内阁-藤村修,任内阁官房长官;玄叶光一郎,任外务大臣;一川保夫,任防卫大臣。》有3个想法

  1. 日本放送协会(NHK),周五(9月2日)报道称,新任首相野田佳彦(Yoshihiko Noda),将选定钵吕吉雄(Yoshio Hachiro)出任经济产业大臣。钵吕吉雄,曾是执政党前国会政策委员长。
    经济产业大臣,也将负责能源政策。

  2. 日本首相野田佳彦组建新一届内阁,2011年09月02日,日本首相野田佳彦,上午组建新一届内阁-藤村修,任内阁官房长官;玄叶光一郎,任外务大臣;一川保夫,任防卫大臣。

    野田佳彦泥鳅内阁-野田佳彦启用民主党干事长代理藤村修,出任内阁官房长官,
    2011年09月02日,日本新任首相野田佳彦(Yoshihiko Noda),周四(9月1日),决定启用民主党干事长代理藤村修(Osamu Fujimura),出任内阁官房长官一职。
    目前,担任日本外务省次官的藤村修透露,已经接受野田佳彦的要求,出任内阁官房长官,内阁官房长官,是日本政府核心人物,同时,担任政府发言人角色。 藤村修,是野田佳彦在执政党日本民主党(Democratic Party of Japan)内,最亲密的盟友之一。
    藤村,现年61岁,是野田在民主党内,议员派系”花齐会”主要人物。藤村,出生在大阪,广岛大学毕业,1993年,以当时的日本新党候选人身份,首次当选国会众议员,迄今,6次当选,从政经历,与野田相仿。
    日本民主党,2009年上台后,藤村,先后出任外务副大臣,和厚生劳动副大臣。今年1月,日本时任首相菅直人(Naoto Kan),改组内阁,藤村,转任民主党干事长代理,相当于副干事长。

    日本新首相野田佳彦组阁, 安住淳出任财务大臣,2011年,周五(9月2日),日本政府发言人周五表示,民主党前国会对策委员长安住淳(Jun Azumi),将担任财务大臣。
    安住淳,将主导日本的汇率及财政政策。作为世界第三大经济体,日本正面临日元大幅升值,以及公共债务,达其5万亿美元经济规模两倍的艰难景况。
    PINEBRIDGE INVESTMENTS固定收益投资管理主管TADASHI MATSUKAWA表示,安住淳,没有什么强有力的经济政策观点。他是来自受地震冲击的日本东北部地区,因此,这可能对重建工作,有正面影响。
    MATSUKAWA表示:“他曾负责与反对党进行谈判,我认为:任命他的原因,就在于他的谈判技巧。他会听取其他人的意见,而不是一味将自己的想法强加于人。看起来,野田佳彦正任命一些善于谈判的人,可能这是考虑到与反对党的关系。”
    MATSUKAWA称,任命安住淳,对公债市场,既没有正面,也没有负面影响。

    据媒体报道,日本当地时间9月2日上午10时,日本新首相野田佳彦(Yoshihiko Noda),第一次作为首相,走进了首相官邸,并着手组阁工作。野田受到了官邸工作人员的列队欢迎。

    日本媒体报道称,9月2日,野田佳彦内阁宣告成立。
    据共同社报道,野田亲信、民主党前代理干事长藤村修(Osamu Fujimura),出任新内阁的官房长官。

    日本民主党,前政调会长玄叶光一郎(Koichiro Gemba),将出任外务大臣;日本民主党前国会对策委员长安住淳(Jun Azumi),将出任新财务大臣;日本民主党议员一川保夫,将出任防卫大臣;前国对委员长钵吕吉雄(Yoshio Hachiro),将出任经济产业大臣;莲舫(Renho),将出任行政刷新兼国家公务员制度改革担当大臣;即将出任国家战略担当大臣的古川元久(Motohisa Furukawa),将兼任经济财政担当大臣。

    日本新内阁成员名单公布- 藤村修入阁,莲舫留任,2011年09月02日,当地时间2日上午,日本新首相野田佳彦(54岁)敲定了新内阁成员名单,新内阁当天下午将成立。报道指,新内阁成员名单体现了野田对全党团结的重视。

    野田内阁的新任官房长官藤村修(61岁),当天,在日本首相官邸,举行了第一次记者会,宣布新内阁成员名单。

    藤村在记者会开始时,做了自我介绍,并请记者们今后多加关照。藤村在会上,宣布,新内阁,将在下午,经首相任命、阁僚认证仪式后,正式成立。当地时间,5点,野田将举行记者会,6点,举行首次内阁会议。

    新内阁成员名单如下:

    总理相(首相):野田佳彦(54岁)

    内阁官房长官:藤村修(61岁),与野田关系密切

    外务相:玄叶光一郎(47岁)

    总务相:川端达夫(66岁)

    防卫相:一川保夫(69)

    财务相:安住淳(49岁)

    经济产业相:钵吕吉雄(63岁)

    国土交通相:前田武志(73岁)

    法务相:平冈秀夫(57岁)

    经济财政担当相兼国家战略担当相:古川元久(45岁)

    文部科学相:中川正春(61岁)

    厚生劳动相:小宫山洋子(62岁)

    农林水产相:鹿野道彦(69岁),留任,曾竞选民主党新代表

    行政刷新兼国家公务员制度改革担当相:莲舫(女,43岁),野田派重要人物

    金融邮政改革担当相:自见庄三郎(65岁)

    国家公安委员长:山冈贤次(68岁),与前党代表小泽一郎关系密切

    复兴对策担当相:平野达男(57岁) 留任

    环境相兼核电站事故担当相:细野豪志(40岁) ,维持并加强灾后重建和核电站安全相关措施

    日本首相野田佳彦组建新内阁,2011年09月02日,东京,9月2日,日本首相野田佳彦,2日组建新一届内阁,藤村修任内阁官房长官,玄叶光一郎任外务大臣,一川保夫任防卫大臣。

      当天上午,藤村在记者会上,宣布了新内阁名单。与民主党组成执政联盟的国民新党副代表自见庄三郎,继续担任邮政改革和金融事务担当大臣。

      新内阁其他成员,包括财务大臣安住淳、文部科学大臣中川正春、厚生劳动大臣小宫山洋子、农林水产大臣鹿野道彦等。

      野田新内阁,将于当天下午,在皇宫,举行首相任命仪式,和内阁大臣认证仪式后,正式成立。

      8月29日,野田在民主党代表选举中,当选新任代表,随后,在国会众,参两院,30日举行的首相指名选举中,当选新一届日本首相。

    野田佳彦内阁及党内两路人事布局浮出水面 ,2011-08-31,日本民主党党代表、54岁野田佳彦当选首相后,声言要团结全党,他在党和内阁的人事布局,初步浮现。

    党的领导层人事方面,野田重视构筑全党团结的态势,决定起用75岁的参议院议员会长舆石东,出任干事长;49岁前外相前原诚司,出任政调会长;62岁前官房长官平野博文,出任国会对策委员长。野田,正为9月2号,组建有力的内阁展开工作,财务相一职,预计将由65岁代理党代表仙谷由人,或58岁干事长冈田克也出任。野田,与国民新党代表龟井静香举行会谈,双方确认,将继续联合执政。

    野田佳彦“泥鳅内阁”诞生,日本,2011年9月2日, .
    野田佳彦内阁正式出炉
    日本首相野田佳彦,周五(9月2日),如期成立了他的内阁。

    官房长官藤村修、财务大臣安住淳、外相玄叶光一郎、经济产业大臣钵吕吉雄、防卫大臣一川保夫、国土交通大臣前田武志、总务大臣川端达夫、农林水产大臣鹿野道彦、国家公安委员长山冈贤次、法务大臣平冈秀夫、环境及核电负责大臣细野豪志、复兴负责大臣平野达男、邮政改革及金融负责大臣自见庄三郎、国家战略大臣古川元久、行政刷新负责大臣莲舫、厚生劳动大臣小宫山洋子、文部科学大臣中川正春。

    新内阁,预计周五,经过天皇颁发委任状等手续后,正式成立和启动。

    生面孔,野田内阁的特点,正如野田本人自诩“泥鳅”一样,朴素,销量最大的报纸《 读卖新闻》形容,重量级的人物,陆续消失了。

    新内阁,留任的鹿野道彦、细野豪志、莲舫、玄叶光一郎,大部分不关心政治的日本国民,可能不禁问:他们是谁?

    许多大臣的面孔,互相打听,谁是谁?

    两天前,野田任命党干事长輿石东、政策调整会长前原诚司,和国会对策委员长平野博文等党领导层人事,令日本传媒、舆论相当震惊。

    野田形容民主党新领导层,要具备像足球前卫那样的功能,自称“前卫领导层”。

    各界对他的意外人事任命评价还不错,认为,他任命前党干事长小泽一郎的亲信輿石,任党第二重要职位,的确体现了超越党内派系的意向,有利党内团结。

    周五组阁,是眷顾党内各派势力,选拔党内二线、三线人材,有利刷新民主党政权形象,但不可避免,存在能否胜任的疑问。

    新外相
    从未涉足过的玄叶光一郎,成为日本新外相
    新外相玄叶光一郎47岁,与野田一样,他也是大学毕业后再进“松下政经塾”,打造4年的新一代政客。

    1991年,玄叶26岁,初次当选福岛县议员,成为县政史上,最年轻的议员,进入政界、然后加入自民党。

    93年,他辞职县议和退党,在福岛选区,参选国会众议院议员当选。此后,几经政党辗转,96年,加入民主党。

    可能受他的岳父、福岛县前著名反核知事佐藤荣佐久影响,玄叶精通地方分权。

    04年起,先后出任党选举对策委员长、众议院财务金融委员长、政策调整会长后,去年6月,首次入阁任内阁府特命大臣,先后负责过低出生率对策、公务员制度改革、科技政策等,从未涉足外交。

    玄叶间接触及外交的记录,有支持过在“松下政经塾”的同窗同学——前外相前原诚司、反对过去年日本殖民统治韩国百年时,前首相菅直人发表道歉谈话,主张已定案的赔偿、道歉问题不应复燃。

    “松下政经塾”出身的政客和企业经营者几乎全走现实路线。

    人物介绍:

    官房长官藤村修:从幕后,走向台前

    日本民主党前代理干事长藤村修,此次被提拔为新内阁官房长官,成为新首相野田佳彦的重要辅佐人物,从幕后,走向台前。据介绍,今年61岁的藤村,生于大阪府,已6次当选国会议员,但他,从未出任过阁僚,长期从事国会对策等幕后工作,并不为人们熟知。

    藤村,被认为“诚实敦厚”、“不爱出风头”,朴实无华的个性,与自比“泥鳅”的野田,确有几分相似。不过,内阁新人藤村,能否发挥政权“指挥塔”的作用,尚待考验。

    据介绍,藤村从政之路,始于对交通事故孤儿的援助活动。1970年代上半期,藤村就读于广岛大学汽车系。当时,被称“交通战争”时代,因交通事故死亡的人数,超过1万人,为历史最高点。藤村,在得知孤儿的悲惨境遇后,毅然决定,毕业后进入东京的“交通孤儿育英会”工作。在那里,他帮助孤儿等,远渡重洋,留学巴西,边工作,边学习语言。据称,藤村本人,也曾数十次前往巴西。

    藤村的踏实,认真,赢得了选民们的青睐,1993年,他以日本新党候选人的身份,首次当选,和野田,同年步入政坛,两人交情深厚。

    藤村老家-吹田市的市议员竹内忍一说:“我从没见过他生气的样子。藤村为人沉着冷静,无论遇到什么事,都不为所动”。其后援会干部称:“所谓物以类聚,人以群分。在认真这一点上,藤村和野田很像。”据藤村身边的人说,他属于那种做事,虽不张扬,但交给他的任务,总能做好的人。据称,藤村,爱喝日本酒,在卡拉ok会,模仿千昌夫唱《 北国之春》。

    同能言善辩的野田形成鲜明对比的是,藤村在演讲时,多是解释说明,常常被评价为“不是在演讲,而是在解说”。能否做好一天两次记者会的内阁新闻发言人,或许对藤村来说,将是一大挑战。

    华裔议员莲舫:野田派重要人物

    华裔参议院议员莲舫,2日,将在野田新内阁中,担任行政改革大臣。

    莲舫的父亲,是台湾人,母亲,是日本人,她,出生在东京,高中毕业后,加入日本国籍,大学毕业后,成为电视台的新闻节目主持人,并中途辞职,前往北京大学,留学两年。她生下了一对双胞胎女儿。

    莲舫,其后,作为民主党候选人参加参议院议员竞选,以极高的知名度,一举当选。菅直人内阁成立后,莲舫开始担任行政改革相。

    莲舫是野田派的重要人物,与野田的政治理念很相近。

    外务相玄叶光一郎:外交经验“一张白纸”

    野田新内阁,爆出了不少冷门,外务相玄叶光一郎,就是其中的一位。据介绍,今年46岁的玄叶,毕业于上智大学,当选为国会议员后,一直从事于地方分权自治问题的研究,外交方面的经验,简直是“一张白纸”。由于他的岳父佐藤荣佐久,担任过参议员,更是长期担任福岛县知事,因此,玄叶跟随其岳父,积极推进地方自治事业。

    玄叶,迄今为止,只担任过少子化问题担当大臣。但是,野田新首相,为何会选择玄叶来负责日本外交呢?分析,其原因,可能在于两点:

    玄叶,是松下政经塾毕业,与前外务大臣前原诚司,是政经塾的同班同学,更属于野田首相的后备。野田,是松下政经塾的第一期;玄叶和前原,属于第八期。因此,大家在政治理念上,有许多的相通,平时私交,也十分亲密。

    玄叶,迄今为止,没有从事过任何与外交相关的工作,在外交上,是一张白纸,没有加入日美友好和日中友好议员联盟,也没有发表过-对美国、对中国的外交言论,因此,在没有自己外交主张的情况下,担任外务大臣,或许更具有灵活性和柔韧性。

    玄叶没有外交经验,在近期内,他可能会延续菅直人内阁的外交方针。上任伊始,首先要做的工作,是与美国国务卿希拉里协调,安排9月下旬,野田前往联合国出席大会时,与美国总统奥巴马的首次会谈。

    民主党前干事长冈田克也:未能入阁

    民主党前干事长冈田克也(58岁),因其主导了给予小泽停止党员资格处分一事,在党内引发争议,最终,未能入阁。报道称,野田多次邀请刚刚离任的冈田克也,出任内阁中最重要的职务之一的财务相,冈田克也,最终拒绝了这一邀任。

    日本新闻网的报道,指,日本的财务省,是官僚势力最强的中央机关,政治家出任财务相,很难控制这群财务官僚,经常会遭到愚弄。没有财务经验的冈田,要负责国家财政,显然会力不从心。

    日本国家财政连年赤字,大地震的赈灾款项也还没有一个着落,日元又持续升值,要管好这个国家的财政,非一般人所能为。担任过民主党党首和外务相的冈田,显然不愿意将自己的政治生命,栽在财务相的位子上。

    日本民主党中央和内阁的重要位子,都已经排满,冈田,已经没有合适的位子,可安排,对于野田来说,成为一件头疼的事。最终,野田选择了藤村修,这位自己20多年来政治生活中,最亲密的战友,来替自己掌管内阁;邀请冈田,担任财务相,冈田没有答应这一邀请,因此,最终未能入阁。

    海江田,拿到了党内最大的小泽派(120人——指该派别,在国会中,拥有议席),及重要派别鸠山派(30人)的支持;
    前原,除了自己的40名铁杆,还有盟友菅直人派(30人),是党内第二大阵营;
    野田,只有30个跟班,有398名议员的民主党内。

    当地时间2011年8月29日,日本财务大臣-野田佳彦、现任首相-菅直人,及前国土交通大臣-马渊澄夫、农林水产大臣-鹿野道彦、 经济财政大臣-海江田万里、前外务大臣-前原诚司,首相竞选结束。日本财务大臣-野田佳彦当选执政党民主党新代表,出任下一任首相。

    自1986年10月,出道时开始,直到2010年,就任财务相的前一天,在24年时间里,野田风雨无阻地,每天出现在千叶县船桥火车站前,7点,准时开始演讲,向上班的人流,宣讲自己的政策主张,他因此锻炼出非常好的口才。

    在日本,能像野田这么做的政治家,少之又少。在成名前,并没有人,去认真听年轻的“野田君”的演讲。偶尔,有人来和他握手,野田必定伸出厚厚的双手,紧紧握住对方,同时,头会深深地低下去,一直让人看到自己的后脑勺。这两年,忽然体重增加了10公斤,已经显得有些肥胖了,但野田,依旧会深深地低下头,让去握手的人印象深刻,感动不已。这种演说及握手的方式,在民主党内,称为“野田流”。

    老资格的日本国会议员、国民新党党首-龟井静香

    日本社民党党首-福岛瑞穗

    奋起日本党参院干事长-片山虎之助

    日本民主党议员、前总务副大臣-内藤正光

    http://www.billionairesParty.com
    http://www.billionairesGroup.com
    http://www.billionairesdesire.com
    日本の総理大臣野田佳彦は、新しい内閣を形成するために新しい内閣、2011年9月2日、午前中に日本の総理大臣野田佳彦を形成する – 藤村の修理は、彼が官房長官であった。ゲンバ小泉首相は、彼が外務大臣を務めた。川ポール甫、レン防衛大臣。

    野田佳彦ドジョウキャビネット – 野田佳彦は、官房長官として、民主党事務総長代理藤村の修復を有効にする
    2011年9月2日、日本の総理大臣野田佳彦(野田佳彦)、木曜日(9月1日)、官房長官のポストとして、民主党事務総長代理店籐中村(修藤村)を有効にすることを決定。
    官房長官、官房長官が、日本政府の中心人物であるように、現在、日本の外務省の大臣が修理藤村、野田佳彦が要求を受け入れて言ったように、一方、政府のスポークスマンの役割を務めた。藤村修理は、日本野田佳彦(日本の民主党)の判決民主党、同盟国の最も近いのです。
    藤村、61は、民主党野田内にある、メンバーの派閥は、メインキャラクター”になる一緒に過ごすために”。最初の代表の家に選出された1993年に卒業、大阪大学、広島大学で生まれた藤村、日本新党のためのその後の候補は、、これまでのところ、6倍は、政治的経験を選出し、野田類似した。
    日本の民主党は、2009年に権力を握った、藤村は、外務副大臣、及び労働副大臣、および厚生を務めています。日本の首相直人(菅直人)、内閣改造、藤村は、民主党事務総長代理、副幹事長に相当する転送1月に。

    日本の新首相、野田佳彦キャビネット、財務大臣、2011、金曜日(9月2日)としてすぐに生活を安全に、日本政府のスポークスマンが金曜日によると、チョンチャンを(6月あずみ)生きるために議会の応答の旧民主党のメンバーは、財務大臣として機能します。
    すぐに住んで、日本の為替レートと財政政策を支配する。世界第三位の経済大国として、日本はその5000000000000ドル経済困難な状況の倍のサイズに到達する、急激な円高、および公的債務に直面している。
    債券投資管理忠松川のPINEBRIDGE投資ヘッドはアンがすぐに住んでいるという、ビューのない強力な経済政策のポイントはありません。彼は日本の地震の北東の影響からなので、これは肯定的な影響を持って、再建可能性があります。
    松川は言った:”彼は反対との交渉を担当していた、私は思う:彼の理由の任命は、彼の交渉力が、彼は他人の意見に耳を傾けてくれるのではなく、自分のアイデアを課すことであるルック、野田嘉ヤンはおそらく考慮反対との関係を取って、交渉が得意な人を任命することです。”
    松川は、アンの任命は、どちらも正でも負の影響、、すぐに債券市場を生きている。

    メディアの報道によると、日本9月2日午前10時のローカル時間は、日本の新首相野田佳彦(野田佳彦)、首相官邸に首相としては初めて、、とは、キャビネットに働き始めた。野田は、職員の住居を歓迎するためにラインアップされています。

    日本のメディアは9月2日、野田佳彦内閣が形成されたことを報告した。
    共同通信によると、野田の取り巻き、新しい内閣の責任者として、事務局長ガーランド中村(修藤村の)演技旧民主党を報告した。

    日本の民主党、元政策チーフゲンバ一郎(一郎GEMBA)は、外務大臣として機能しますが、日本の民主党議員応答のメンバーの前に長安には、(6月あずみ)すぐに住んでいる新しい財務大臣として機能しますが、日本のメンバー一川ポールの夫の民主党を、として機能します国防相、ボウル滬機雄(義雄の八郎)のための国の元会長、経済産業大臣となる。蓮坊(Renho)、国家公務員改革リフレッシュのエグゼクティブディレクターとして再生するために大臣にサービスを提供する、長い時間のために国家戦略古川元大臣として動作する( Motohisa古川)、経済産業大臣として機能し、再生する資金を供与するものである。

    日本の新閣僚名簿が発表 – 藤村修理キャビネットを、連牙滞在、2011年9月2日、2は現​​地時間の午前、日本の新首相野田佳彦(54)内閣のメンバーの新しいリストを完成、午後は新内閣となるを設立。新閣僚名簿が全体パーティ野田注目の結束を反映していることを報告した。

    野田の新内閣チーフ藤村の修理(61歳)、同じ日に、日本の首相官邸は、その最初の記者会見を行い、新閣僚名簿を発表しました。

    藤村は、記者会見で始まる、自分自身を導入し、将来的にもっと注意を記者に尋ねた。会議で藤村は、正式に設立された首相、閣僚の認証式、によって任命された、午後には、新内閣を発表しました。ローカル時間は、5:00、野田は、記者会見、6つのポイント、その最初の閣議を開催を開催します。

    新しい内閣のメンバーは以下のとおりです。

    首相相(首相):野田佳彦(54)

    官房長官:藤村修理(61歳)、および野田近い

    外務大臣:ゲンバ一郎(47)

    一般的な相:川端ダフ(66)

    国防相:川の夫ポール(69)

    財務相:すぐに住んでいる(49)

    経済相:ボウル滬機熊(63)

    国土交通省:武前田(73)

    法的位相:平岡秀夫(57)

    でプレイで再生する国立経済財政戦略担当ディレクター:古川万年(45歳)

    教育相の省:中川春(61)です。

    労働、福祉相:洋子小宮山(62)

    農林水産相:美濃加納(69)、オフィスに残っているが、民主党に代わって新たなキャンペーンを行っております

    と遊ぶのがさわやかな国家公務員制度改革の事務局長:廉坊(43歳女性が、)、重要人物野田いた

    で再生する金融郵政改革:(65)庄三郎を参照してから

    国家公安委員長:賢治山岡(68歳)、かつての当事者と密接な関係、小沢一郎

    と遊ぶのが回復の戦略:達夫平野(57)のまま

    環境と原子力発電所の事故で遊ぶ:細野ホーチミン(40)、災害後の復興と原子力安全関連措置を維持強化する

    日本の総理大臣野田佳彦が新しい内閣を形成するために新しい内閣、2011年9月2日、東京、9月2日日本の首相野田佳彦、2を、形成する、藤村は、官房長官のものを修復、ゲンバ小泉首相は外相を任命し、防衛大臣ポールチュアン府に任命。

    午前中は、藤村は記者会見で、新内閣を発表しました。国民新党から民主党の副代表庄三郎は郵政改革の大臣と財務のプレイとして引き続き参照との連立を形成する。

    財務大臣アンを含む新内閣の他のメンバーは、すぐに住んで、文部大臣中川春、厚生労働大臣洋子小宮山、農林水産大臣道彦狩野、などです。

    野田新しいキャビネットには、宮殿では、正式に設立された内閣総理大臣、そして内閣大臣の認定式、で開催された任命式午後になります。

    8月29日民主党の代表して野田の選挙、選挙という名前の総理大臣で30、連邦議会下院と上院で、その後、新しい代表を選出したが、日本の新首相に選出された。

    野田佳彦キャビネット二面のパーティー要員の配置、2011 -08-31、日本、野田佳彦、54の民主党が、首相に選出された、、パーティーを統一するために彼の党と内閣の人事配置、初期の表面を誓った。

    党指導部の職員、当事者の状況の結束を構築するために野田の注目は、として、75歳の上院社長柳世東アジアの導入を決定事務局長、49歳の元外務大臣前原、政調会長として、62年前議会の応答の会長として内閣官房平野ボーエン、。野田は、9月2日のためである、財務の後で作業を開始するために強力な内閣の形成は、事務局長岡田克也を務めた65歳のエージェントのパーティーパラダイスバレー、または58歳であることが期待されています。野田、亀井静香とハンナラ党は新たな会談、双方は、与党が引き続き確認された。

    野田佳彦、”ドジョウキャビネット”が生まれた、日本、2011年9月2日、。
    野田佳彦内閣は正式にリリース
    野田佳彦、日本の首相は、金曜日(9月2日)で、彼のキャビネットのスケジュールを設定します。

    官房藤村修理、財務大臣アンライブ春、外務大臣ゲンバ小泉、経済大臣鉢呂雄、防衛大臣伝宝の夫、国土交通大臣前田武志、事務局長川端ダフ、農林水産大臣狩野道彦、国家公安委員長山岡賢治、法務大臣平岡秀夫の大臣、環境および原子力担当大臣細野ホーチミンであり、回復が担当大臣平野達男、郵政改革と長い時間のためのSEE庄三郎、国家の戦略的な大臣古川元から大臣、行政リフレッシュ担当大臣連牙、保健省のための財務責任者洋子小宮山労働大臣、文部大臣中川春です。

    金曜日期待される新内閣は、天皇提示任命証明書と他の手続きの後、正式に設立され、開始されました。

    顔、私は単純なように”ドジョウ”、最大の売れ行きの新聞”読売新聞”と大物のため、別のが消えた後の一つとして主張するキャビネット機能野田、野田。

    新内閣は、道彦狩野、ホーチミン細野、連牙、ゲンバ小泉に残っている、ほとんどの日本人は政治に関心がない、助けが頼むことができませんでした:彼らは誰ですか?

    多くの大臣の顔は、お互いを求める人は誰ですか?

    二日前、野田幹事長柳市東、政策調整前原、社長、会長と議会の反応平野ボーエン、及び他の政党の指導者や職員、日本のメディア、かなりショックを受けて世論を任命した。

    野田はサッカー、自称のような最先端の機能のその種の持っている、民主党の新しい指導部を説明し、”前衛的なリーダーシップを。”

    彼は党の結束を可能にする、確かにかつてのパーティー、小沢一郎、一般ゆう市、当事者の二番目に重要な仕事の親友、政党内の派閥を​​越えて移動する意向の反映を任命良いの評価に彼の驚きの任命にすべての人生の歩み、。

    金曜日の内閣は、党内のさまざまな力を支持され、当事者は、民主党のイメージを更新する体制を可能にする、2番目と3番目の層の人材を選択しましたが、必然的に、疑いを実行する機能があります。

    新しい外務大臣
    日本の新しい外務大臣としてゲンバ小泉に帰らなかった
    新しい外務大臣ゲンバ47歳幸一郎、と野田氏は、彼はまた大学からして、”政治と経済のパナソニック淑”、四年構築するために政治家の新しい世代に卒業した。

    1991年には、神秘的な26歳の葉は、まず政治を入力して、最年少メンバーの歴史の中で、県政府として選出された福島のメンバー、そして自民党に入社。

    93年、郡会議や福島区、代表の選挙の選出されたハウスで、彼の辞職を撤回した。それ以来、いくつかの政党が96歳、削除された、民主党に加わった。

    彼の父、ゲンバ堪能分権前者の有名な反原発福島県知事佐藤栄作佐久の影響によって影響を受ける可能性があります。

    2004年以来、政党の選挙戦略の会長を務めている、ハウスファイナンス会長、昨年6月以降の政策調整の社長、あらゆる臨時内閣府の最初の閣僚は、低出生率対策、公務員改革、科学技術を担当している政策は、外交に関与されていない。

    ゲンバが間接的に外交的記録に触れた、でサポートされている”パナソニックの政治的、経済的淑、”同級生の同級生 – 元外務大臣前原は、昨年の日本の植民地支配、韓国、百年に反対し、元首相菅直人の謝罪の演説の支持者が確定しました補償、謝罪は、問題の復活すべきではない。

    政治家とビジネスオーナーは、ほとんどすべての実行を移動する”パナソニックの政治的、経済的淑”、。

    プロフィール:

    官房藤村修理:の後ろから、ステージへ

    日本中村元監督代行局長ガーランド、新しい内閣官房長官、民主党は、ステージに、背後から、新しい総理大臣野田佳彦重要な補助療法の図に昇格した。報道によると、61歳の藤村は、大阪で生まれた、議会の6倍に選出されたが、彼は内閣のメンバーを務めたことはないされて、このような議会の舞台裏での作業など、長期的な対策は、同様に知られていない。

    確かに多少類似した”どじょう”と野田、より”正直と誠実”と”しつこい”、気取らない性格、そして自己とみなさ藤村、。しかし、藤村新しいキャビネットには、まだテストされる、政権”塔”の役割を果たすことができる。

    報告によると、政治の藤村道路は、交通事故の孤児のための援助活動で始まった。広島大学、藤村カーシステムで学んで1970年代の半分、。時点で、、”交通戦争”の時代と呼ばれていますので、交通事故死者の数、100万人以上の人が、史上最高のポイント。藤村は、その内の孤児の窮状は、断固として”トラフィック玉英孤児がされる”仕事の東京を入力して卒業後に決定した。言語を学ぶ、作業中にそこに、彼は、ブラジルでの調査、海を越えて、孤児、等を助けた。伝えられるところでは、藤村私は、ブラジルに何十回もしている。

    藤村の、実用的な深刻な、1993年に有権者の支持を獲得、日本新党候補の彼の地位、初当選した、と野田、同じ年には、二つの密接な関係を政治の場に入った。

    藤村ホーム – 吹田市、市議会竹内の猶予は、言った:”私は彼が怒っている見たことがない藤村の男穏やかな、関係なく、心を動かされないです。。”サポートグループの幹部、言った:”。。血は水より厚い本格この時点では、藤村と野田が好き”藤村が、彼はそれらのものの一つであるその周りの人によると、アドバタイズされていないが、彼にタスク、常に善良な人々。伝えられるところでは、藤村、日本のワイン愛好家は、千チャン府、の模倣歌、カラオケでOKになる”ノースランドを。”

    雄弁な対照的、音声の藤村、と野田は多くの場合として説明した詳細な説明、である”ではない演説で、しかし、論評の中で。” 1日2回、おそらく藤村、内閣のスポークスマンの記者会見を行うことができる、大きな課題となります。

    連牙、中国のメンバー:野田は重要な人物を送信

    連牙中国の上院議員、2は、行​​政改革の大臣として、新たな反対のキャビネットをさばいています。

    連牙の父は台湾であり、母は日本人です、彼女は東京で生まれ、高校卒業後、テレビのニュースプレゼンターとして、卒業後、日本国籍に参加し、途中で辞任する、北京大学の学生に行く二年。彼女は双子の女の子を出産した。

    連牙は、その後、高い評価を得て上院の選挙の民主党候補、として、一挙に選出された。菅直人、確立された内閣は、連牙は、行政改革を務めています。

    連牙は学校野田、野田と政治哲学の重要人物が非常に似ています。

    外務大臣ゲンバ一郎:外交政策の経験”一枚の紙。”

    野田新内閣、人気の多くを破った、外務大臣ゲンバ小泉は、そのうちの一つです。報告によると、神秘的な46歳の葉は、、上智大学を卒業議会に選出された、自律の分権化は、単純である、外交経験の問題に関する研究に従事している”一枚の紙。”上院議員を​​務めた彼の父佐藤栄作佐久、、そのため長年の福島県では、彼らの父親が謎のままに従う、と積極的に地方自治の原因を促進するために、したがって、である。

    ゲンバは、これまでのところ、唯一の少子化の問題劇の大臣を務めた。しかし、新首相野田、なぜ日本の外務省ゲンバそれに責任があることを選択?分析は、その理由は、二つのことにあるのかもしれない。

    ゲンバは、政治的および私立学校の卒業は、元外務大臣前原とパナソニック、であり、政治的および私立高校の同級生ですが、また、首相野田バックに属します。神秘的な葉やオリジナルの前に、第8号であり、野田氏は、パナソニック初の政治的、経済的淑です。したがって、我々は政治思想で、多くの類似点はまた、通常、非常に近い個人的な友人がある。

    米国、中国の外交 – 外交のこれまでのところ、外交に関わるすべての作業に従事していないゲンバは、、、日米と日本中国友好議員連盟の白ではなく、メンバー、公開されていないです。スピーチは、それゆえ、外交の不在下で外務大臣として、彼のケースを主張し、そしておそらくより機動性と柔軟性。

    ゲンバのない外交経験は、近い将来に、彼は菅直人、内閣の外交政策を継続することができる。テネット、9月下旬に国務調整の取り決めのU. S.長官に、行われる最初の作品は、野田、米国オバマ大統領の最初の会合に国連総会に出席した。

    旧民主党の岡田幹事長は:キャビネットに失敗しました。

    その小沢を与え、元民主党の岡田幹事長(58)は、パーティーでのパーティーのメンバーシップに関するストップのアクションは、最後に含まれていないキャビネットに論争を引き起こした導いた。ちょうど野田繰り返し、最も重要なキャビネットの位置として、財務相、岡田克也、のいずれかが最終的にどちらかの招待を拒否した、岡田克也を招待しておく、と報告した。

    日本のニュースネットワークは、日本の財務省は、これらの財務官僚を制御することは困難財務相のような官僚主義の中心的な器官の中で最も強力な力、政治家、、、頻繁に騙されていることを報告します。国家財政の責任ない財務経験岡田氏は、、明らかに不十分である場合がないでしょう。

    国の財政赤字、日本で毎年のように、地震災害救援の支払いにも上陸していない、円高は、国の財政、非最適な、最も人々を管理し続けている。民主党のリーダーと岡田外務大臣を務め、明らかに座席の財務相に植えられ、彼らの政治的な生活を望んでいない。

    日本の中央と重要なキャビネットの席の民主党、予約された、岡田氏は、頭痛になって、野田のために配置することができる適当な場所がありません。最終的に、野田は藤村修理、彼の20年間の政治生活、同盟国は、内閣の統制をバックアップするために選択した、岡田、最高財務相を招いて、岡田はこの招待に同意しなかった、従って、最終的に失敗しました。キャビネット。

    海江天は、小沢氏は党内最大派閥だ(120人 – 手段をその席で議会の派閥、)、および重要な派閥鳩山派(30)サポート;
    前原は、40代アイアン、そして菅直人(30)を送信するために同盟国に加えて、党内第二位のキャンプです。
    野田、わずか30アテンダント、民主党の398のメンバー。

    2011年8月29日の現地時間、日本の財務大臣 – 野田佳彦、現在の総理大臣 – 菅直人、そして元国土交通相 – 澄男馬渕、農林水産大臣 – 狩野道彦、経済と財務大臣 – 海江田マイル、元外務大臣 – 前原、首相のキャンペーンは終了しました。日本の財務大臣 – 野田佳彦が次期首相として、与党民主党の代表を選出。

    1986年10月以来、彼のデビューは2010年までは起動時、午後7時前に24歳で前日の財務相、野田雨や輝き、船橋市の日、千葉県の鉄道駅となり、時間通りに開始作業の流れに演説、独自のポリシーのアイデアを説教は、ので、彼は非常に良好な雄弁を行使する。

    日本では、野田は非常に少ない、政治家として行うことができます。名声、誰もが、本当に若い”野田王”演説を聞くために前に。時折、手を振る人、野田は、厚さを配るだろう、しっかりと同時にお互いを保持し、低ダウンヘッドが深く、自分自身の頭を見ているされます。今年は感銘を人々と握手をするので、、突然の体重増加の10キロは、少し脂肪を取得しているが、野田は、まだ深く頭を下げたが、移動。このスピーチととして知られている民主党のウェイハンドシェイク、、”野田の流れ。”

    議会の日本のベテランのメンバーは、党、新党 – 亀井静香

    日本の社会民主党のリーダー – 福島瑞穂

    日本事務総合病院の人参の上昇 – 片山虎之助

    日本のメンバーの民主党、総務の元副大臣 – 正光内藤

    Googleによる日本語の自動翻訳

    Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda form a new Cabinet, September 2, 2011, Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda in the morning to form a new cabinet – Fujimura repair, he was Chief Cabinet Secretary; Genba Koizumi, he served as Foreign Minister; a River Paul Fu, Ren defense minister.

    Yoshihiko Noda Loach Cabinet – Yoshihiko Noda enable the Democratic Party Secretary General Agent Fujimura repair, as chief cabinet secretary,
    September 2, 2011, Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda (Yoshihiko Noda), Thursday (Sept. 1), decide to enable the Democratic Party Secretary General agents rattan Nakamura (Osamu Fujimura), as chief cabinet secretary post.
    Currently, as a minister of the Japanese Foreign Ministry said repair Fujimura, Yoshihiko Noda has accepted the request, as chief cabinet secretary, chief cabinet secretary, is the central figure in the Japanese government, meanwhile, served as government spokesman role. Fujimura repair, is in the ruling Democratic Party of Japan Yoshihiko Noda (Democratic Party of Japan), the closest of allies.
    Fujimura, 61, is within the Democratic Party Noda, Member factions “to spend together will be” the main characters. Fujimura, born in Osaka, Hiroshima University, graduating in 1993, the then candidate for the Japan New Party, first elected to the House of Representatives, so far, six times elected political experience, and Noda similar.
    Democratic Party of Japan, came to power in 2009, Fujimura, has served as Deputy Minister of Foreign Affairs, and Deputy Minister of Labor, and Welfare. In January, when Japanese Prime Minister Naoto (Naoto Kan), cabinet reshuffle, Fujimura, transferred to the Democratic Party Secretary General Agent, the equivalent of deputy secretary general.

    Japan’s new Prime Minister, Yoshihiko Noda cabinet, safe to live soon as Finance Minister, 2011, Friday (September 2), Japanese government spokesman said on Friday, former Democratic member of Congress response to live Chun Chang (Jun Azumi), will serve as finance minister .
    An live soon, will dominate Japan’s exchange rate and fiscal policy. As the world’s third largest economy, Japan is facing a sharp appreciation of the yen, and the public debt, reaching its $ 5 trillion economy twice the size of a difficult situation.
    PINEBRIDGE INVESTMENTS head of fixed income investment management TADASHI MATSUKAWA said Ann live soon, there is no strong economic policy point of view. He is from the impact of the earthquake northeast of Japan, so this may be reconstruction, have a positive impact.
    MATSUKAWA said: “He was responsible for negotiating with the opposition, I think: the appointment of his reason, is that his negotiating skills, he would listen to the views of others, rather than to impose their own ideas. Look, Noda Jia Yan is to appoint people who are good at bargaining, perhaps taking into account the relationship with the opposition. ”
    MATSUKAWA said the appointment of Ann live soon, the bond market, neither positive nor negative impact.

    According to media reports, Japan local time at 10:00 on September 2, Japan’s new prime minister Yoshihiko Noda (Yoshihiko Noda), the first time as prime minister, into the prime minister’s official residence, and started working cabinet. Noda has been lined up to welcome the staff residence.

    Japanese media reported that on September 2, Yoshihiko Noda cabinet was formed.
    According to Kyodo News agency reported, Noda cronies, former Democratic Party Acting Director-General Garland Nakamura (Osamu Fujimura), as the new cabinet chief.

    Democratic Party of Japan, the former policy chief Genba Koichiro (Koichiro Gemba), will serve as Foreign Minister; Democratic Party of Japan before the congressional response members Chang’an live soon (Jun Azumi), will serve as the new finance minister; Democratic Party of Japan members Yichuan Paul husband, will serve as Defense Minister; former chairman of the country for bowl Lvji Xiong (Yoshio Hachiro), will serve as Minister of Economy; Lian Fang (Renho), will serve as the executive Director of the National Civil Service Reform refresh the Minister to play; will act as Minister of National Strategy Furukawa yuan for a long time ( Motohisa Furukawa), will serve as Minister of Economy and Finance to play.

    Japan’s new cabinet list announced – Fujimura repair cabinet, Lian Fang stay, September 2, 2011, 2 am local time, Japan’s new prime minister Yoshihiko Noda (54) finalized a new list of cabinet members, the afternoon will be the new cabinet established. Reported that the new cabinet list reflects the unity of the whole party Noda attention.

    Noda’s new Cabinet chief Fujimura repair (61 years), the same day, Prime Minister’s official residence in Japan, held its first press conference, announced the new cabinet list.

    Fujimura, beginning at the press conference, introduced himself and asked the reporters in the future more attention. Fujimura at the meeting, announced the new cabinet, in the afternoon, appointed by the prime minister, cabinet certification ceremony, officially established. Local time, 5:00, Noda will hold a press conference, six points, held its first cabinet meeting.

    New cabinet members are:

    Prime Minister phase (Prime Minister): Yoshihiko Noda (54)

    Chief Cabinet Secretary: Fujimura repair (61 years), and Noda close

    Foreign Minister: Genba Koichiro (47)

    General phase: Kawabata Duff (66)

    Defense Minister: A River husband Paul (69)

    Financial phase: An live soon (49)

    Economic Phase: bowl Lvji Xiong (63)

    Infrastructure and Transport: Takeshi Maeda (73)

    Legal phase: Hiraoka Hideo (57)

    Director of the National Economic and Fiscal Strategy to play with play with: Furukawa million years (45 years)

    Ministry of Education phase: Nakagawa is the spring (61)

    Labor, and Welfare phase: Yoko Komiyama (62)

    Forestry and Fisheries phase: Michihiko Kano (69), remain in office, has a new campaign on behalf of Democratic Party

    Executive Director of the National Civil Service Reform refreshing to play with: Lian Fang (female, 43 years old), were important figures Noda

    Financial postal reform to play with: from See Shozaburo (65)

    National Public Safety Chairman: Kenji Yamaoka (68 years), close ties with the former party, Ichiro Ozawa

    Recovery strategies to play with: Tatsuo Hirano (57) remain

    Environment and play with nuclear power plant accident: Hosono Ho Chi (40), post-disaster reconstruction and to maintain and strengthen nuclear safety-related measures

    Japanese Prime Minister Yoshihiko Noda form a new Cabinet, September 2, 2011, Tokyo, September 2, Japanese Prime Yoshihiko Noda, 2, to form a new cabinet, Fujimura repair any of the chief cabinet secretary, Genba Koizumi appointed foreign minister, a appointed defense minister Paul Chuan-fu.

    In the morning, Fujimura at a press conference, announced the new cabinet. Form a coalition with the Democratic Party’s deputy representative from the National New Party see Shozaburo continue to serve as postal reform minister and finance play.

    Other members of the new cabinet, including Finance Minister Ann live soon, Education Minister Nakagawa is the spring, Labor and Welfare Minister Yoko Komiyama, Forestry and Fisheries Minister Michihiko Kano, etc.

    Noda new cabinet will be the afternoon, in the palace, the appointment ceremony held at the Prime Minister, and Cabinet minister certification ceremony, officially established.

    August 29, Noda election on behalf of the Democratic Party, was elected new representatives, then, in the Congress House and Senate, 30 at the Prime Minister named the election, was elected the new Prime Minister of Japan.

    Yoshihiko Noda cabinet and party personnel arrangement of two surface ,2011 -08-31, Democratic Party of Japan, Yoshihiko Noda, 54, was elected prime minister, vowed to unite the party, his party and cabinet personnel arrangement, the initial surface .

    The party’s leadership personnel, Noda attention to build the unity of the party situation, decide on the introduction of 75-year-old Senate president Yu Shi East, as the Director-General; 49-year-old former Foreign Minister Maehara, as policy chief; 62 years ago Chief Cabinet Hirano Bowen, as chairman of Congress response. Noda, is for the September 2, the formation of a strong cabinet to start work with the post of Finance, are expected to be 65-year-old agent Party Paradise Valley, or the 58-year-old served as Director-General Katsuya Okada. Noda, Shizuka Kamei and National Party hold new talks, both sides confirmed the ruling coalition will continue.

    Yoshihiko Noda, “Loach cabinet” was born, Japan, September 2, 2011,.
    Yoshihiko Noda Cabinet officially released
    Yoshihiko Noda, Japanese Prime Minister, on Friday (September 2), set up a schedule of his cabinet.

    Chief Cabinet Fujimura repair, finance minister Ann live Chun, Foreign Minister Genba Koizumi, economy minister bowl Lvji Xiong, defense minister a River Paul Fu, Infrastructure and Transport Minister Maeda Takeshi, General Secretary Kawabata Duff, Forestry and Fisheries Minister Kano Michihiko, National Public Safety Chairman Yamaoka Kenji, the Minister of Justice Hiraoka Hideo, the environment and nuclear power is responsible Minister Hosono Ho Chi, recovery is responsible Minister Hirano Tatsuo, postal reform and financial responsible for the minister from the see Shozaburo, national strategic Minister Furukawa yuan for a long time, administrative refresh responsible Minister Lian Fang, Ministry of Health Yoko Komiyama Labor Minister, Education Minister Nakagawa is the spring.

    New cabinet, expected Friday, after the Emperor presented appointment certificates and other formalities, was formally established and started.

    Faces, the cabinet features Noda, Noda I claim as the “Loach” as simple, the largest-selling newspaper “Yomiuri Shimbun,” and for heavyweights, one after another disappeared.

    New cabinet, to remain in Michihiko Kano, Ho Chi Hosono, Lian Fang, Genba Koizumi, most Japanese people do not care about politics, could not help but ask: Who are they?

    Many ministers faces, asking each other who is who?

    Two days ago, Noda appointed party secretary general Yu Shi Dong, policy adjustments Maehara, president, chairman and congressional responses Hirano Bowen, and other party leaders and personnel, the Japanese media, public opinion quite shocked.

    Noda described the Democratic Party’s new leadership, to have that kind of cutting-edge features like football, self-proclaimed “avant-garde leadership.”

    All walks of life to his surprise appointment to the evaluation of good, that he appointed former party, Ichiro Ozawa, a confidant of General Yu Shi, the second most important job of any party, indeed a reflection of the intention to go beyond the factions within the party, enabling the party unity.

    Friday’s cabinet, is favored various forces within the party, the party selected second and third tier talent, enabling the regime to refresh the image of the Democratic Party, but inevitably, there is ability to perform the doubt.

    New Foreign Minister
    Never set foot in Genba Koizumi as Japan’s new Foreign Minister
    New Foreign Minister Genba Koichiro 47 years old, and Noda, he also graduated from college and then into the “political and economic Panasonic Sook”, a new generation of politicians to build four years.

    In 1991, the mysterious 26-year-old leaves, Fukushima members first elected as county government in the history of the youngest members, to enter politics, then joined the LDP.

    93 years, county meetings and withdrew his resignation, in Fukushima constituency, elected House of Representatives election. Since then, several political parties was removed, 96 years, joined the Democratic Party.

    May be affected by his father, former well-known anti-nuclear Fukushima Governor Eisaku Sato Saku impact Genba proficient decentralization.

    Since 2004, has served as chairman of the party election strategies, the House Finance chairman, president of policy adjustments after last June, the first cabinet minister of any Extraordinary Cabinet Office, has been responsible for low birth rate measures, civil service reform, science and technology policy, has never been involved in diplomacy.

    Genba indirectly touched diplomatic record, are supported in the “Panasonic political and economic Sook,” the classmate classmate – former Foreign Minister Maehara, opposed last year’s Japanese colonial rule, South Korea, a hundred years, the former Prime Minister Naoto Kan apology speech advocates have been finalized compensation, an apology should not be resurgence of the problem.

    “Panasonic political and economic Sook”, who the politicians and business owners to go almost all real line.

    Profile:

    Chief Cabinet Fujimura repair: from behind, to the stage

    Democratic Party of Japan Nakamura former Acting Director-General Garland, the new chief cabinet secretary, was promoted to become the new prime minister Yoshihiko Noda important adjuvant figure, from behind, to the stage. According to reports, 61-year-old Fujimura, was born in Osaka, has been elected to Congress six times, but he never served as cabinet members, long-term measures such as work behind the scenes in Congress, are not as well known.

    Fujimura, considered to be “honest and honest” and “pushy”, unpretentious personality, and self than the “Loach” and Noda, indeed somewhat similar. However, Fujimura new cabinet, can play a regime “tower” role, yet to be tested.

    According to reports, Fujimura road of politics, began in assistance activities for traffic accident orphans. Half of the 1970s, studying at Hiroshima University, Fujimura car system. At the time, is called “traffic war” era, because the number of traffic fatalities, more than 1 million people, the highest point in history. Fujimura, in that the plight of orphans, the resolutely decided after graduation to enter the Tokyo of “orphans Yuying traffic will” work. There, he helped orphans, etc., across the ocean, study in Brazil, while working, learning a language. Allegedly, Fujimura I, have dozens of times to Brazil.

    Fujimura’s practical, serious, winning the favor of voters in 1993, his status in Japan New Party candidate, was first elected, and Noda, the same year entered the political arena, the two close relationship.

    Fujimura home – Suita City, City Council Takeuchi forbearance, said: “I’ve never seen him angry. Fujimura man calm, no matter what, are unmoved.” The support group cadres, said: “The Blood is thicker than water. In earnest this point, Fujimura and Noda like.” Fujimura, according to the people around that he was one of those things, although not advertised, but to his tasks, always good people. Allegedly, Fujimura, Japanese wine drinkers, will be ok in the karaoke, singing imitation of one thousand Chang-fu, “Northland.”

    Noda with eloquent stark contrast, Fujimura in speech, is more explanation, often described as “not in the speech, but in the commentary.” Twice a day can do the press conference of the Cabinet spokesman, perhaps Fujimura, would be a big challenge.

    Lian Fang, Chinese Members: Noda send an important figure

    Lian Fang Chinese Senators, 2, will field a new opposition cabinet as minister of administrative reform.

    Lian Fang’s father is Taiwanese, my mother is Japanese, she was born in Tokyo, after graduating from high school, joined the Japanese nationality, after graduation, as television news presenters, and halfway to resign, go to Peking University students two years. She gave birth to twin girls.

    Lian Fang, then, as Democratic candidates for Senate elections, with a high reputation, was elected in one fell swoop. Naoto Kan, the Cabinet established, Lian Fang has served as administrative reforms.

    Lian Fang is an important figure in school Noda, Noda and political philosophy is very similar.

    Foreign Minister Genba Koichiro: foreign policy experience “a piece of paper.”

    Noda new cabinet, broke a lot of popular, Foreign Minister Genba Koizumi, is one of them. According to reports, the mysterious 46-year-old leaves, graduated from Sophia University, was elected to Congress, the decentralization of autonomy has been engaged in research on issues of foreign affairs experience, is simply “a piece of paper.” Because of his father Eisaku Sato Saku, served as a senator, is a longtime Fukushima Prefecture, therefore, to follow their father leaves mysterious, and actively promote the cause of local self-government.

    Genba, so far, only served as Minister of declining birthrate issue play. However, the new prime minister Noda, why choose to be responsible for Japan’s Foreign Genba it? Analysis, the reason may lie in two things:

    Genba, political and private school graduation is Panasonic, with the former Foreign Minister Maehara, is political and private school classmates, but also belong to the prime minister Noda back. Noda, is Panasonic’s first political and economic Sook; mysterious leaves and before the original, is the eighth issue. Therefore, we in the political ideas, there are many similarities, usually a personal friend, also very close.

    Genba, so far, not engaged in any work related to foreign affairs, diplomatic, is a white, not a member of the Japan-US and Japan-China Parliamentary Friendship League, has not been published – the United States, China’s diplomatic speech, therefore, in the absence of diplomatic claims his case, as Foreign Minister, and perhaps more mobility and flexibility.

    Genba no diplomatic experience, in the near future, he may continue Naoto Kan, the Cabinet’s foreign policy. Tenet, the first work to be done, with the U.S. Secretary of State Hillary coordination arrangements in late September, attended the UN General Assembly to Noda, the United States President Barack Obama’s first meeting.

    Former Democratic Party Secretary General Katsuya Okada: failed to cabinet

    Former Democratic Party Secretary General Katsuya Okada (58), given its Ozawa led the stop action regarding party membership in the party caused controversy in the end, not the cabinet. Reported that, just leave Noda repeatedly invited the Katsuya Okada, as the most important cabinet positions, one of the financial phase, Katsuya Okada, ultimately rejected the invitation either.

    Japanese news network reports that Japan’s Finance Ministry, is the most powerful forces in the central organs of the bureaucracy, politicians, as the financial phase, difficult to control these financial bureaucracy, often being fooled. No financial experience Okada, responsible for state finances, would clearly be inadequate.

    State fiscal deficits year after year in Japan, earthquake disaster relief payments also do not have a landing, the appreciation of the yen has continued to manage the country’s financial, non-best for most people. Served as a Democratic Party leader and Foreign Minister Okada, obviously do not want their political lives, planted in the financial phase of the seat.

    Democratic Party of Japan’s central and important cabinet seats, have been booked, Okada, has no suitable place can be arranged for Noda, becoming a headache. Ultimately, Noda selected Fujimura repair, the political life of his 20 years, the closest ally, to back their control of the Cabinet; invited Okada, chief financial phase, Okada did not agree to this invitation, therefore, ultimately failed to cabinet.

    Hai Jiang Tian, ​​Ozawa got the largest faction within the party (120 people – means that the faction in Congress, with seats), and important factions Hatoyama faction (30) support;
    Maehara, in addition to their 40 irons, and allies to send Naoto Kan (30), is the second largest camp within the party;
    Noda, only 30 attendant, 398 members of the Democratic Party.

    Local time on August 29, 2011, Japanese Finance Minister – Yoshihiko Noda, the current Prime Minister – Naoto Kan, and the former Land and Transport Minister – Sumio Mabuchi, Forestry and Fisheries Minister – Kano Michihiko, Economy and Finance Minister – the sea Eda Miles, the former Foreign Minister – Maehara, Prime Minister campaign ended. Japanese Finance Minister – Yoshihiko Noda elected representatives of the ruling New Democratic Party, as the next prime minister.

    Since October 1986, when his debut start until 2010, became the financial phase of the day before in 24 years, Noda rain or shine, day in Funabashi, Chiba Prefecture railway station before 7 pm, start on time speech to the flow of work, preaching their own policy ideas, so he exercises a very good eloquence.

    In Japan, Noda can do as politicians, very few. Before the fame, no one, to really listen to the young “Noda king” speech. Occasionally, someone to shake his hand, Noda will hand out a thick, tightly holding each other at the same time, head down low will be deeply, has seen his own head. This year, 10 kilograms of sudden weight gain, is getting a little fat, but Noda, will still deeply bowed his head, so to shake hands with people impressed, moved. This speech and the way handshake, in the Democratic Party, known as the “Noda flow.”

    Japanese veteran members of Congress, the National Party, New Party – Shizuka Kamei

    Japan’s Social Democratic Party leader – Mizuho Fukushima

    Rise of Japan Secretary General Hospital Codonopsis – Katayama Toranosuke

    Democratic Party of Japan members, former Vice Minister of General Affairs – Masamitsu Naito

    Japanese automatic translation by Google

    http://www.billionairesdesire.com/?p=1299

评论已关闭。