地图显示:福岛县多个地点,放射性铯浓度严重超标

地图显示:福岛县多个地点,放射性铯浓度严重超标
2011年08月30日,东京,日本文部科学省,日前首次公布了福岛第一核电站周围100公里范围土壤中,放射性铯的浓度地图。这份地图,几乎涵盖福岛县全境,并包括茨城、宫城等县的部分地区。结果表明,多个地点,放射性铯浓度,严重超标。

地图显示,污染最高的地区,集中在核电站西北方向40公里范围内。最高一处地点,在福岛第一核电站所在的大熊町,每平方米土壤放射性铯的浓度,近3000万贝克勒尔。其中,半衰期约为30年、将长时间造成污染的铯-137最高浓度,达到每平方米约1545万贝克勒尔,半衰期,约为2年的铯-134,也达到每平方米土壤,约1400万贝克勒尔,均创最高纪录。

从放射线量看,大熊町,达到每小时54.8微希沃特,相当于每年的放射量,达到480毫希沃特。日本政府此前曾推算,每年放射量,达到200毫希沃特的地区,如果不采取清除放射性物质的措施,居民要在20多年以后,才有可能回家。

切尔诺贝利核电站事故发生后,苏联曾规定:强制疏散地区的放射性污染物浓度标准,是每平方米55.5万贝克勒尔。
根据日本文部科学省的地图,调查区域,有34个地点、约8%的面积,超过这一标准。多数地点,位于警戒区内,但是,也有的,位于计划疏散区内,甚至,包括福岛市、本宫市和郡山市的一部分。

这份地图,是以抽样检测的方法制作的。从6月6日,至7月8日,文部科学省选取了福岛地区,约2200个采样点,从地表挖掘5厘米采集土壤。核电站半径80公里范围内,以每2公里见方,取一个采样点,80公里,至100公里范围内,每10公里见方,选取一个采样点,检测土壤样本后,以不同颜色,对应不同浓度,绘制地图。

文部科学省表示:“浓度地图,将是今后评估居民遭受辐射的量、跟踪放射性物质浓度变化的珍贵资料。”

日本农林水产省,29日,公布了福岛等东北和关东地区,六县,农田的放射性铯浓度地图。

福岛-据日本新华侨报网消息,福岛核电站事故,是切尔诺贝利事故以来,最为严重的一起,日本政府一直尽力清除放射性物质,但是,事故灾区,将几十年内,无法居住。据日本《 读卖新闻》报道,东京电力福岛第一核电站事故后,放射性物质扩散,造成大范围土壤污染。8月29日,日本文部科学省,就受污染的土地范围,在研讨会上,发布了报告。

  警戒区域,以及计划性避难区域的土壤测量结果显示,共6个市町村,34个测试点的污染浓度,超过切尔诺贝利事故所规定的移居标准,即,1平方米的放射性铯137,超过148贝克勒尔。文部科学省表示,通过此调查,可以进一步确定:当地住民遭受的辐射线量。

根据测定结果,截止到6月14日,铯137浓度最高的地区,为警戒区域内的福岛县大熊町,数值,为1平方米约154万贝克勒尔。加上铯134在内,共计达到2946万贝克勒尔。

  铯137浓度,超过300万贝克勒尔的地区,为大熊町、双叶町、浪江町、富冈町共计16个地点。浓度较高的地点,向核电站西北方向延伸,超过切尔诺贝利事故移居标准的地点,为饭馆村、南相马等,共计6个市町村。

  据悉,日本文部科学省,对共计2200个地区的土壤,进行了测量。

google将中文译成英语

Map shows: Fukushima multiple locations, far exceeded the concentration of radioactive cesium
August 30, 2011, Tokyo, Japan Ministry of Education, recently announced the first time the first nuclear power plant in Fukushima around 100 km of the soil, the concentration of radioactive cesium map. The map, covering almost the whole territory of Fukushima Prefecture, and includes Ibaraki, Miyagi and other parts of the county. The results show that more than one location, the concentration of radioactive cesium, seriously overweight.

Map shows that the highest pollution areas, concentrated in the nuclear power plant northwest 40 km range. Up a place, the first nuclear power plant in Fukushima-cho, where Big Bear, per square meter of soil concentrations of radioactive cesium, nearly 30 million Becquerel. Among them, the half-life of about 30 years, will result in a long time the highest concentration of cesium-137 contamination, about 15.45 million square meters per Becquerel, half-life of about 2 years of cesium-134, and per square meter of soil, about Becquerel 14 million, have reached record.

From the amount of radiation to see, Bear Town, 54.8 micro Sv per hour, equivalent to the amount of radiation each year, to 480 mSv. Japanese government had previously estimated that every year the amount of radiation, the region of 200 mSv, if you do not take measures to remove radioactive material, residents in 20 years later, possible to go home.

After the Chernobyl nuclear power plant accident, the Soviet Union has stipulated that: mandatory evacuation areas of concentration of radioactive contaminants in the standard, is 555 000 Becquerel per square meter.
According to the Japanese Ministry of maps, survey area, 34 locations, about 8% of the area, more than the standard. Most locations in the warning area, but also some in plans to evacuate the area, even including Fukushima, Koriyama City, the Palace City and a part of.

This map is based on sampling methods produced. From June 6 to July 8, the Ministry of Education selected the Fukushima region, about 2200 samples, collected from the surface 5 cm of soil excavation. Within 80 km radius of nuclear power stations, to every 2 km square, take a sampling point, 80 km to 100 km range, per 10 km square, select a sampling point, testing soil samples, in different colors, corresponding to different concentrations, maps.

Ministry of Education said: “The concentration of the map, residents will be subject to future assessment of the amount of radiation to track changes in the concentration of radioactive materials valuable information.”

Japanese Ministry of Agriculture, 29, announced the Fukushima and other Northeast and the Kanto region, six counties, the concentration of radioactive cesium farmland map.

Fukushima – network news, according to Xinhua Chinese Press Japan, Fukushima nuclear power plant accident, the Chernobyl accident has been the most serious of the Japanese government has been try to remove radioactive material, but the accident affected areas, will be decades, can not live . According to Japan’s “Yomiuri Shimbun” reported that Tokyo Electric Power Co. Fukushima first nuclear power plant accident, radioactive material spread, resulting in a wide range of soil pollution. August 29, the Japanese Ministry of Education, on the extent of contaminated land, at the symposium, issued a report.

Warning area, and the planned evacuation zone soil measurements showed that a total of six municipalities, 34 test points of pollution concentrations over the Chernobyl accident moved under the standard, that is, 1 square meter of radioactive cesium 137, more than 148 Becquerel. Ministry of Education said that through this investigation, you can determine: the local residents suffer from the amount of radiation.

According to the measured results as of June 14, cesium-137 region with the highest concentration for the warning area within the Bear-cho, Fukushima Prefecture, the value for one square meter of about 1.54 million Becquerel. With cesium-134, including the total to 29.46 million Becquerel.

Cesium-137 concentration, more than 3 million Becquerel areas of Big Bear cho, Futaba-cho, Long Jiang Town, Tomioka-cho, a total of 16 locations. Higher concentration of sites, extending northwest to the nuclear power plant, the Chernobyl accident moved over the standard location for the restaurant village, south of horses, a total of six municipalities.

It is reported that Japan’s Ministry of Education, for a total of 2200 parts of the soil, were measured.

google将中文译成日语

マップショー:福島複数の場所では、これまで放射性セシウムの濃度を超えて
2011年8月30日、東京、教育の日本省は、最近初めての土壌に100km離れたロケーション周りの福島で最初の原子力発電所、放射性セシウムマップの濃度を発表しました。マップ、福島県のほぼ全土をカバーし、茨城県、宮城県や郡の他の部分が含まれています。結果は、複数の場所に、真剣に太りすぎ、放射性セシウムの濃度を示す。

マップは、原子力発電所北西40 kmの範囲に集中して最高の汚染地域、ことを示しています。場所、福島町で最初の原子力発電所、どこにビッグベアまで、放射性セシウム、ほぼ3000万ベクレルの土壌中濃度の平方メートルあたり。そのうち、約30年の半減期は、百万円15.45約ベクレル毎平方メートル、セシウム- 134の約2年の半減期、および土壌の一平方メートル、約、長い時間のセシウム137汚染の最も高い濃度を発生しますベクレル1400万は、記録に達している。

、480ミリシーベルトの放射線の量は毎年相当ベアータウン、毎時54.8マイクロシーベルトを、、見て放射線の量から。あなたが帰宅することが放射性物質を除去するための措置、後の20年の住民を、とらない場合、日本政府は以前、その毎年の放射線の量は、200 mSvの領域を推定していた。

標準の放射性汚染物質の濃度の必須の避難場所は、平方メートルあたり555 000ベクレルである:チェルノブイリ原子力発電所の事故の後、ソ連はことを規定しています。
標準よりも多くのマップ、調査地域、34箇所、面積の約8%、日本の外務省によると。最も警戒区域内の場所だけでなく、さらに福島、郡山市、宮市との一部を含む領域を避難させる計画で、一部、。

このマップは、生成されたサンプリング法に基づいています。 6月6日から7月8日に、文部省は、土壌の掘削の表面5 cmから採取した福島県の地域、約2200サンプルを、選択。原子力発電所の80キロ圏内に、すべての2 kmの正方形に、サンプリングポイントを取る、80キロ〜1​​00キロの範囲、10キロ平方あたり、異なる濃度に対応した土壌サンプルを、異なる色で、テスト、サンプリングポイントを選択し、マップ。

教育省は言った:”マップの濃度は、住民の貴重な情報、放射性物質の濃度変化を追跡するために放射線の量の将来の評価の対象となります。”

農業、29日の日本の環境省は、福島と他の北東と、関東地方六郡、放射性セシウム農地マップの濃度を発表しました。

福島 – ネットワークのニュースは、新華中国語プレス日本、福島原子力発電所の事故によると、チェルノブイリ事故は、放射性物質を除去しようとしている日本政府の最も深刻となっているが、事故は地域に影響を与え、数十年になる、生きられない。日本の”読売新聞”によると、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故、放射性物質の広がりは、土壌汚染の広い範囲で生じることを報告した。 8月29日日本の文部科学省は、汚染された土地の範囲で、シンポジウムで、報告書を発表した。

警告エリア、および計画された避難ゾーンの土壌の測定は、6市町村の合計は、チェルノブイリ事故以上の汚染濃度の34のテストポイントは、放射性セシウム137の標準、つまり、1平方メートルの下に移動することを示した148ベクレル以上。地元住民は、放射線の量に苦しむ:文部科学省はこの調査を通じて、あなたが判断できることだ。

6月14日のような測定結果によると、ベア町、福島県、百万円1.54約ベクレルの1平方メートルの値内の警告エリアの最高濃度のセシウム137の領域。との合計2946万ベクレルに含め、セシウム- 134。

セシウム137濃度、ビッグベア町の300万人以上のベクレルのエリア、双葉町、ロング江町、富岡町、16カ所の合計。サイトのより高い濃度では、原子力発電所への北西延長、チェルノブイリ事故は、南部馬の、レストランの村のの標準の場所で6市町村の合計を移動。

それが日本の教育省が報告され、土壌の2200の部分の合計のために、測定した。

英語へのGoogle中国語

《地图显示:福岛县多个地点,放射性铯浓度严重超标》有一个想法

  1. 地图显示:福岛县多个地点,放射性铯浓度严重超标
    2011年08月30日,东京,日本文部科学省,日前首次公布了福岛第一核电站周围100公里范围土壤中,放射性铯的浓度地图。这份地图,几乎涵盖福岛县全境,并包括茨城、宫城等县的部分地区。结果表明,多个地点,放射性铯浓度,严重超标。

    地图显示,污染最高的地区,集中在核电站西北方向40公里范围内。最高一处地点,在福岛第一核电站所在的大熊町,每平方米土壤放射性铯的浓度,近3000万贝克勒尔。其中,半衰期约为30年、将长时间造成污染的铯-137最高浓度,达到每平方米约1545万贝克勒尔,半衰期,约为2年的铯-134,也达到每平方米土壤,约1400万贝克勒尔,均创最高纪录。

    从放射线量看,大熊町,达到每小时54.8微希沃特,相当于每年的放射量,达到480毫希沃特。日本政府此前曾推算,每年放射量,达到200毫希沃特的地区,如果不采取清除放射性物质的措施,居民要在20多年以后,才有可能回家。

    切尔诺贝利核电站事故发生后,苏联曾规定:强制疏散地区的放射性污染物浓度标准,是每平方米55.5万贝克勒尔。
    根据日本文部科学省的地图,调查区域,有34个地点、约8%的面积,超过这一标准。多数地点,位于警戒区内,但是,也有的,位于计划疏散区内,甚至,包括福岛市、本宫市和郡山市的一部分。

    这份地图,是以抽样检测的方法制作的。从6月6日,至7月8日,文部科学省选取了福岛地区,约2200个采样点,从地表挖掘5厘米采集土壤。核电站半径80公里范围内,以每2公里见方,取一个采样点,80公里,至100公里范围内,每10公里见方,选取一个采样点,检测土壤样本后,以不同颜色,对应不同浓度,绘制地图。

    文部科学省表示:“浓度地图,将是今后评估居民遭受辐射的量、跟踪放射性物质浓度变化的珍贵资料。”

    日本农林水产省,29日,公布了福岛等东北和关东地区,六县,农田的放射性铯浓度地图。

    福岛-据日本新华侨报网消息,福岛核电站事故,是切尔诺贝利事故以来,最为严重的一起,日本政府一直尽力清除放射性物质,但是,事故灾区,将几十年内,无法居住。据日本《 读卖新闻》报道,东京电力福岛第一核电站事故后,放射性物质扩散,造成大范围土壤污染。8月29日,日本文部科学省,就受污染的土地范围,在研讨会上,发布了报告。

      警戒区域,以及计划性避难区域的土壤测量结果显示,共6个市町村,34个测试点的污染浓度,超过切尔诺贝利事故所规定的移居标准,即,1平方米的放射性铯137,超过148贝克勒尔。文部科学省表示,通过此调查,可以进一步确定:当地住民遭受的辐射线量。

    根据测定结果,截止到6月14日,铯137浓度最高的地区,为警戒区域内的福岛县大熊町,数值,为1平方米约154万贝克勒尔。加上铯134在内,共计达到2946万贝克勒尔。

      铯137浓度,超过300万贝克勒尔的地区,为大熊町、双叶町、浪江町、富冈町共计16个地点。浓度较高的地点,向核电站西北方向延伸,超过切尔诺贝利事故移居标准的地点,为饭馆村、南相马等,共计6个市町村。

      据悉,日本文部科学省,对共计2200个地区的土壤,进行了测量。

    google将中文译成英语

    Map shows: Fukushima multiple locations, far exceeded the concentration of radioactive cesium
    August 30, 2011, Tokyo, Japan Ministry of Education, recently announced the first time the first nuclear power plant in Fukushima around 100 km of the soil, the concentration of radioactive cesium map. The map, covering almost the whole territory of Fukushima Prefecture, and includes Ibaraki, Miyagi and other parts of the county. The results show that more than one location, the concentration of radioactive cesium, seriously overweight.

    Map shows that the highest pollution areas, concentrated in the nuclear power plant northwest 40 km range. Up a place, the first nuclear power plant in Fukushima-cho, where Big Bear, per square meter of soil concentrations of radioactive cesium, nearly 30 million Becquerel. Among them, the half-life of about 30 years, will result in a long time the highest concentration of cesium-137 contamination, about 15.45 million square meters per Becquerel, half-life of about 2 years of cesium-134, and per square meter of soil, about Becquerel 14 million, have reached record.

    From the amount of radiation to see, Bear Town, 54.8 micro Sv per hour, equivalent to the amount of radiation each year, to 480 mSv. Japanese government had previously estimated that every year the amount of radiation, the region of 200 mSv, if you do not take measures to remove radioactive material, residents in 20 years later, possible to go home.

    After the Chernobyl nuclear power plant accident, the Soviet Union has stipulated that: mandatory evacuation areas of concentration of radioactive contaminants in the standard, is 555 000 Becquerel per square meter.
    According to the Japanese Ministry of maps, survey area, 34 locations, about 8% of the area, more than the standard. Most locations in the warning area, but also some in plans to evacuate the area, even including Fukushima, Koriyama City, the Palace City and a part of.

    This map is based on sampling methods produced. From June 6 to July 8, the Ministry of Education selected the Fukushima region, about 2200 samples, collected from the surface 5 cm of soil excavation. Within 80 km radius of nuclear power stations, to every 2 km square, take a sampling point, 80 km to 100 km range, per 10 km square, select a sampling point, testing soil samples, in different colors, corresponding to different concentrations, maps.

    Ministry of Education said: “The concentration of the map, residents will be subject to future assessment of the amount of radiation to track changes in the concentration of radioactive materials valuable information.”

    Japanese Ministry of Agriculture, 29, announced the Fukushima and other Northeast and the Kanto region, six counties, the concentration of radioactive cesium farmland map.

    Fukushima – network news, according to Xinhua Chinese Press Japan, Fukushima nuclear power plant accident, the Chernobyl accident has been the most serious of the Japanese government has been try to remove radioactive material, but the accident affected areas, will be decades, can not live . According to Japan’s “Yomiuri Shimbun” reported that Tokyo Electric Power Co. Fukushima first nuclear power plant accident, radioactive material spread, resulting in a wide range of soil pollution. August 29, the Japanese Ministry of Education, on the extent of contaminated land, at the symposium, issued a report.

    Warning area, and the planned evacuation zone soil measurements showed that a total of six municipalities, 34 test points of pollution concentrations over the Chernobyl accident moved under the standard, that is, 1 square meter of radioactive cesium 137, more than 148 Becquerel. Ministry of Education said that through this investigation, you can determine: the local residents suffer from the amount of radiation.

    According to the measured results as of June 14, cesium-137 region with the highest concentration for the warning area within the Bear-cho, Fukushima Prefecture, the value for one square meter of about 1.54 million Becquerel. With cesium-134, including the total to 29.46 million Becquerel.

    Cesium-137 concentration, more than 3 million Becquerel areas of Big Bear cho, Futaba-cho, Long Jiang Town, Tomioka-cho, a total of 16 locations. Higher concentration of sites, extending northwest to the nuclear power plant, the Chernobyl accident moved over the standard location for the restaurant village, south of horses, a total of six municipalities.

    It is reported that Japan’s Ministry of Education, for a total of 2200 parts of the soil, were measured.

    google将中文译成日语

    マップショー:福島複数の場所では、これまで放射性セシウムの濃度を超えて
    2011年8月30日、東京、教育の日本省は、最近初めての土壌に100km離れたロケーション周りの福島で最初の原子力発電所、放射性セシウムマップの濃度を発表しました。マップ、福島県のほぼ全土をカバーし、茨城県、宮城県や郡の他の部分が含まれています。結果は、複数の場所に、真剣に太りすぎ、放射性セシウムの濃度を示す。

    マップは、原子力発電所北西40 kmの範囲に集中して最高の汚染地域、ことを示しています。場所、福島町で最初の原子力発電所、どこにビッグベアまで、放射性セシウム、ほぼ3000万ベクレルの土壌中濃度の平方メートルあたり。そのうち、約30年の半減期は、百万円15.45約ベクレル毎平方メートル、セシウム- 134の約2年の半減期、および土壌の一平方メートル、約、長い時間のセシウム137汚染の最も高い濃度を発生しますベクレル1400万は、記録に達している。

    、480ミリシーベルトの放射線の量は毎年相当ベアータウン、毎時54.8マイクロシーベルトを、、見て放射線の量から。あなたが帰宅することが放射性物質を除去するための措置、後の20年の住民を、とらない場合、日本政府は以前、その毎年の放射線の量は、200 mSvの領域を推定していた。

    標準の放射性汚染物質の濃度の必須の避難場所は、平方メートルあたり555 000ベクレルである:チェルノブイリ原子力発電所の事故の後、ソ連はことを規定しています。
    標準よりも多くのマップ、調査地域、34箇所、面積の約8%、日本の外務省によると。最も警戒区域内の場所だけでなく、さらに福島、郡山市、宮市との一部を含む領域を避難させる計画で、一部、。

    このマップは、生成されたサンプリング法に基づいています。 6月6日から7月8日に、文部省は、土壌の掘削の表面5 cmから採取した福島県の地域、約2200サンプルを、選択。原子力発電所の80キロ圏内に、すべての2 kmの正方形に、サンプリングポイントを取る、80キロ〜1​​00キロの範囲、10キロ平方あたり、異なる濃度に対応した土壌サンプルを、異なる色で、テスト、サンプリングポイントを選択し、マップ。

    教育省は言った:”マップの濃度は、住民の貴重な情報、放射性物質の濃度変化を追跡するために放射線の量の将来の評価の対象となります。”

    農業、29日の日本の環境省は、福島と他の北東と、関東地方六郡、放射性セシウム農地マップの濃度を発表しました。

    福島 – ネットワークのニュースは、新華中国語プレス日本、福島原子力発電所の事故によると、チェルノブイリ事故は、放射性物質を除去しようとしている日本政府の最も深刻となっているが、事故は地域に影響を与え、数十年になる、生きられない。日本の”読売新聞”によると、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故、放射性物質の広がりは、土壌汚染の広い範囲で生じることを報告した。 8月29日日本の文部科学省は、汚染された土地の範囲で、シンポジウムで、報告書を発表した。

    警告エリア、および計画された避難ゾーンの土壌の測定は、6市町村の合計は、チェルノブイリ事故以上の汚染濃度の34のテストポイントは、放射性セシウム137の標準、つまり、1平方メートルの下に移動することを示した148ベクレル以上。地元住民は、放射線の量に苦しむ:文部科学省はこの調査を通じて、あなたが判断できることだ。

    6月14日のような測定結果によると、ベア町、福島県、百万円1.54約ベクレルの1平方メートルの値内の警告エリアの最高濃度のセシウム137の領域。との合計2946万ベクレルに含め、セシウム- 134。

    セシウム137濃度、ビッグベア町の300万人以上のベクレルのエリア、双葉町、ロング江町、富岡町、16カ所の合計。サイトのより高い濃度では、原子力発電所への北西延長、チェルノブイリ事故は、南部馬の、レストランの村のの標準の場所で6市町村の合計を移動。

    それが日本の教育省が報告され、土壌の2200の部分の合計のために、測定した。

    英語へのGoogle中国語
    http://www.billionairesdesire.com/?p=1264

评论已关闭。