关于转发《 中国中日研修生协力机构,赴日本研修生、技能实习生服务费收取暂行办法》的通知

关于转发《 中国中日研修生协力机构,赴日本研修生、技能实习生服务费收取暂行办法》的通知

发布时间: 2008-11-18,来源:中国对外承包工程商会

各有关经营公司:
为了进一步规范对日本研修生合作市场经营秩序,遏制不合理收费,促进对日研修生合作业务朝着健康有序的方向发展,2007年10月承包商会中国中日研修生协力机构(以下简称“协力机构”)七届二次理事会决定:成立协力机构收费调查委员会,在机构成员公司范围内,实施赴日研修生服务费收取情况调查。
2008年5月协力机构召开七届三次理事会,在认真分析收费调查结果的基础上,经充分审议,原则通过了《 中国中日研修生协力机构赴日研修生、技能实习生服务费收取暂行办法(草案)》。为充分体现科学合理、民主决策、慎重稳妥、可操作性的精神,承包商会又反复征求包括政府主管部门在内的多方面意见,并提交承包商会五届二次理事会讨论研究。经过充分酝酿,决定于12月1日起发布实施《 中国中日研修生协力机构赴日研修生、技能实习生服务费收取暂行办法》(以下简称“收费办法”,见附件1)。
收费办法规定,经营公司收取赴日研修生服务费不得超过签约项目总收入的12.5%。按目前研修、技能实习预期在日期限最长3 年计算,国内收费最高不得超过2.5万元人民币/人。
现将收费办法转发你们,请认真学习并遵照执行。为促进收费办法的有效、稳妥运行,协力机构七届三次理事会同时决定发布《 诚信守约倡议书》(见附件2)。望各有关经营公司正视现实,顾全大局,以不断提高经营管理水平和自律水平为抓手,提高企业的综合竞争力,共同精心打造中国研修生的优质品牌,促进中日研修生合作事业的健康发展。
今后,承包商会将进一步强化市场监督机制。对于擅自提高服务费收取标准的经营公司,将按相关行业规范予以处罚。情节严重者将建议政府主管部门取消其经营资格。
特此通知。
附件1:《 中国中日研修生协力机构赴日研修生、技能实习生服务费收取暂行办法》。
附件2:《 诚信守约倡议书》。

2008年11月12日

附件1:
中国中日研修生协力机构
赴日研修生、技能实习生服务费收取暂行办法
(2008年5月15日中国中日研修生协力机构七届三次理事会通过)
第一章 总 则
第一条 为了规范经营公司对赴日研修生、技能实习生服务费(以下统称“赴日研修生服务费”)的收取,切实维护赴日研修生、技能实习生的合法权益,促进对日研修生业务的健康发展,制定本办法。
第二条 赴日研修生服务费的收取遵循中日两国政府的有关规定,遵循中国相关行业规范。
第三条 本办法所指经营公司是指获得国家商务部批准、在工商行政管理部门注册、具有对外劳务合作经营资格的企业。
第四条 本办法所指赴日研修生是指根据中方经营公司与日方接收机构签署的《派遣接收协议书(或合同)》在日本接收企业从事研修的人员。本办法所指技能实习生是指研修期满的研修生经核准获得相应居留资格、从事技能实习的人员。
第五条 本办法所指赴日研修生服务费是经营公司在研修生出国前向研修生收取的、主要用于研修生选派和办理有关手续以及用于研修生、技能实习生的管理和服务等的费用,不包含应由研修生出国前自行负担的护照费、签证费、体检费、培训费、差旅费等费用。
第二章 收取依据和标准
第六条 严格执行财政部、原对外经济贸易合作部1997年印发的《对外经济合作企业外派人员工资管理办法的补充规定(财外字〔1997〕8号)》(以下简称《补充规定》)。
第七条 根据《补充规定》精神,经营公司收取赴日研修生服务费不得超过签约项目总收入的12.5%。考虑到研修期间日方支付给经营公司的管理费部分、汇率变动等因素,按目前研修、技能实习预期在日期限最长3 年计算,国内收费最高不得超过2.5万元人民币/人。
签约项目总收入由研修生在研修期间内的研修津贴总额和技能实习生在技能实习期间内的合同(或雇佣协议)工资总额(不含加班费)之和构成。
第八条 根据2001年4月28日机构五届二次理事会审议通过的《赴日研修生津贴与管理费最低限价标准》。经营公司在与日本接收机构签署《派遣接收协议书(或合同)》时,日本接收企业支付给研修生的研修津贴不得低于6万日元/人·月,支付给经营公司的管理费不得低于2万日元/人·月。
第九条 研修生转为技能实习生时,应与接收企业签署《雇佣协议书》,明确工资标准和工资构成。技能实习生的工资及加班费不得低于日本当地政府有关部门规定的最低标准。
第十条 由经营公司(含外派劳务基地)组织的研修生出国前培训,需按月核定培训标准,控制费用。其培训费原则上不得超过每人每月1000元。培训时间一般不超过3个月。培训费用包括授课费、住宿费、教材资料费等。
第三章 收取办法
第十一条 赴日研修生服务费由经营公司负责收取,并向研修生出具有效凭证。委托外派劳务基地或其他单位选派研修生的,外派劳务基地或其他单位的服务费用包含在经营公司按本办法收取的服务费内,不得另行向研修生收取。
第十二条 对于研修生出国前自行支付的护照费、签证费、体检费、培训费、差旅费等费用,相关部门需按研修生本人的实际支付金额出具有效凭证。属于代收的,先由代收部门出具代收凭证,然后换取有效凭证。
第十三条 对于中途正常回国的研修生或技能实习生,经营公司应根据本人在日研修或技能实习的实际期限,按比例核算退还预收的服务费。
中途正常回国的界定依据是中日两国政府的有关规定、经营公司与研修生签署的赴日研修(含技能实习)协议书中所约定的条款。
第十四条 因日本相关政策及其研修生制度发生变化,或因签证拒签等不可抗力造成研修生未能派出的,经营公司应退还预收的赴日研修生服务费。研修生自行负担的护照费、签证费、体检费、培训费、差旅费等已发生的费用,不予退还。
第十五条 如技能实习生期满续约,经营公司可按第七条规定与延期技能实习生续签延期服务费有关协议。
第四章 监督执行
第十六条 中国中日研修生协力机构(以下简称“机构”)理事会及其相关专业委员会对经营公司执行本办法的情况进行指导和监督。对于违反本办法的经营公司,有关单位和个人可向机构(秘书处)反映。
第十七条 机构理事会视情就经营公司违反本办法的情况组织调查,有关单位和个人应当如实反映情况和提供必要的材料。
第十八条 经营公司应严格执行本办法,不得以任何方式和理由收取本办法规定的服务费以外的其他费用,也不得为外派劳务基地或合作单位代收代支服务费标准以外的其他费用。
第十九条 对于违反本办法,擅自提高服务费收取标准的经营公司,将追究责任,并按相关行业规范予以处罚。情节严重者将建议政府主管部门取消其经营资格。
第二十条 经营公司应监督、指导外派劳务基地或合作单位严格执行经营公司依照本办法核定的收费标准,不得在经营公司一次性、统一收取赴日研修生服务费后再行收费。外派劳务基地或合作单位另行收费的,视为经营公司收费。
第二十一条 对于违反本办法的行业外派劳务基地,将按相关行业规范予以处罚;对于违反本办法的其他外派劳务基地或经营公司的合作单位,视情建议政府主管部门给予处罚或取消其相应资格;同时通报经营公司不再与其合作。
第五章 附则
第二十二条 本办法经机构七届三次理事会审议通过后实施。
第二十三条 本办法由中国中日研修生协力机构负责解释。
第二十四条 本办法针对国家对外劳务合作和境外就业相关政策法规的调整以及日本研修生制度的调整变化,适时进行相应修订。
第二十五条 本办法自2008年12月1日始实施。

附件2:
诚信守约倡议书
为了规范对日研修生派遣企业的经营行为,构筑健康、持续的对日研修生合作市场环境,推动对日研修生合作业务的和谐发展,中国中日研修生协力机构向所有从事对日研修生派遣业务的经营企业 郑重发出如下倡议:
一、自觉遵守中日两国的法律法规,接受政府主管部门的统一管理和行业组织的协调指导,接受社会各界的监督。
二、执行中国中日研修生协力机构对日研修生派遣服务费收取办法,诚信守诺,创造公平公正的市场竞争环境。
三、遵守职业道德规范,塑造良好企业形象,不误导、不欺骗研修生,不以低价、诋毁等不正当手段争夺市场。
四、树立企业社会责任理念,积极进行信用建设,努力提升经营管理水平和综合竞争力。
五、团结合作,维护全体企业的共同利益,努力打造中国派遣企业和中国研修生的优质品牌。
让我们携起手来,勇做诚信经营的倡导者、宣传者、实践者和捍卫者,为构筑健康、有序、持续、和谐的市场环境而共同努力。

中国中日研修生协力机构
2008年05月

中国中日研修生协力机构,向日本灾区捐款

2011-04-28 13:56 ,文章来源:驻日使馆经商参处
4月27日,中国对外承包工程商会,暨中国中日研修生协力机构,向日本灾区捐款仪式在东京举行。
  中国对外承包工程商会王玉成副会长,向日本国际研修协力机构枥木庄太郎理事长转交了中方41家研修生派遣单位,捐给灾区的134万元人民币善款,并祝愿日本灾区早日战胜困难,重建家园。枥木庄理事长,对中方的慰问和善举,表示感谢,愿与中方进一步加强合作。
  中国研修生派遣企业代表、日本国际研修协力机构、研修生接受组合代表、中国大使馆李璋发秘书,及中日媒体记者,共同出席了捐款仪式。

中国周口境外就业服务公司*海外雇主拓展部陈部长,手机:+0086-13901623260;
George 陈 < 1779642876@qq.com>;时间:2011年08月29日,我的Qzone < 1779642876@qzone.qq.com>;1779642876 < 1779642876@qq.com>;george13901623260 < george13901623260@163.com>;chensihong1961 < chensihong1961@126.com>
谷歌将中文译成日语-フォワードについての通知を”日本の研修生に、中国、日本研修生協力機構、スキルのインターンのサービス料は、暫定措置をご利用いただけます”

投稿日:2008年11月18日、出所:中国海外建設協会

様々な事業会社:
さらに不合理な費用を抑制するために日本の研修生の協力のための市場を標準化し、健全かつ秩序ある発展に向けて日本の研修生、2007年10月の請負業者に業務協力を促進するためには、中国 – 日本研修生協力機構(以下”協力事業団”)、第七番目の審議会の決定:調査委員会、サードパーティの代理店手数料を設定し、企業内の組織のメンバーシップ、サービス料金の実装では、日本の調査に研修生をご利用いただけます。
協力機構(JICA)は2008年5月に理事会は第七、原則として十分に考慮後の費用に基づいて調査結果を慎重に分析、、、日本の研修生の”中国 – 日本研修生協力機構、スキル、サービス料が暫定インターンを帯電三回を開催(案)。”完全に科学的かつ合理的、民主的な意思決定を反映させるために、慎重にそして着実に、操作性の精神は、請負業者は、さまざまなビューを含む政府の各部門、を含め、何度も別のを模索し、請負業者は、第2次5の議論のため理事会に提出される。完全な審議を経て、1月12日”日本の研修生の中国 – 日本研修生協力機構、スキル、インターン暫定措置を有料サービスの料金を”(以下、”充電”と呼ばれる、附属書1を参照)公布決定した。
充電、日本の無償サービス料へのオペレータの訓練生は12.5%の総契約収入を超えてはならない。現在のトレーニングで、スキルトレーニングは、最大計算日の期間、最高の国内手数料はならない以上25000元/人で3年まで期待されている。
これで、慎重に検討し、実行する様子を、前方に充電されます。効果的な、安全運転の促進のための充電、第三者機関は、第七理事会はまた、三つの”善意のコンプライアンスの提案を”(別添2参照)を放出することを決めた。研究生は、研修生の健康における中日協力の原因を促進するために高品質の中国のブランドを作成するためにも一緒に、すべての事業会社が継続的に企業の総合的な競争力を向上させるために、管理レベルや出発点としての自己規律のレベルを向上させるために、現実に、全体的な状況に直面することを願っ開発。
将来的には、請負業者は、さらなる市場の監督を強化していきます。許可されていない標準のオペレーティング会社のために有料サービスの料金を向上させる、関連する業界標準によって処罰される。深刻な場合は、当局はその動作状態をキャンセルする政府をお勧めします。
ここに通知。
別紙1:”日本の研修生の中国 – 日本研修生協力機構、スキル、サービス料は、インターンの暫定対策をご利用いただけます。”
別添2:”善意のコンプライアンスは、提案を書いて。”

2008年11月12日

附属書1:
中国 – 日本研修生協力機構
日本の研修生、技能、インターン暫定措置課金サービスの手数料
(5月15日、第七理事会の2008年中国 – 日本研修生協力機構が3回採択)
第一章総則
日本の研修生、技能のインターンのサービス料(以下”日本へのサービス料の研修生”と呼ばれる)、コレクション、そして真剣に日本に研修生を保護、インターンの能力の正当な権利と利益、日本の研修に業務を標準化する最初の企業保健サービスの健全な発展、このアプローチの開発。
コレクションと関連規定に従うことを日本政府が日本へ2番目のサービス研修生は、中国関連の業界標準に従ってください。
このアプローチの意義の範囲内で第三の事業会社は、工業や商業管理に登録さ商務部、外資系企業の営業状況と労務協力の承認を得ることである。
第4条研修生の意義の範囲内で日本は、人材育成を受け取るために、日本で事業を営んで”受信するために送信するために合意(または契約)、”署名する機関を受信して​​日本と中国の事業会社に基づいています。このアプローチは、技能訓練のインターンの研修生と呼ばれる住宅は、スキルの人材育成に対応する資格を得るために承認された期限が切れました。
このアプローチの下で日本への記事の研修生は、主に選択された研修生との関連手続きのためだけでなく、研修生、インターンのマ​​ネジメントスキルとサービスのため、研修生の研修料を去る前にサービス料金の事業会社です。コストは、パスポートの手数料、査証料、健康診断、研修費、旅行や他の経費の負担を離れる前に、研修生自身が含まれていません。
章では、標準的な基礎を受信し、
財務省の記事厳格な実施、対外貿易、1997年に発行された経済協力の旧文部省、”対外経済協力企業駐在員の給与管理の実践附則(ワード[1997]外価格の適正さ8)”(以下”追加条項”と呼ばれる)。
“追加条項”の精神に基づいて記事では、日本の無償サービス料への管理研修生は12.5%の総契約収入を超えてはならない。 、研修期間、為替レートの変動やその他の要因の会社の一部を実行するための管理料を支払うために日本側を考慮して、現在のトレーニングによると、技能訓練は、最大計算日の期間、最高の国内手数料はならない以上25000元/人で3年まで期待されている。
契約のスキルの訓練のインターンの研修手当の合計期間の訓練とスキルの間に研修生からの総契約収入(または雇用契約書)と組成物の総賃金(残業を除く)。
4月28日で検討5つの機関の2001番目の審議会によると記事”日本の助成金及び管理手数料の研修生最低価格基準。”ではなく、以下の60,000以上の円/人月の訓練手当を受けて研修生に支払われる日本の企業”契約(または契約)の受信者に送信”、会社が支払う管理費が作動しないものに署名する機関を受信して​​、日本の事業会社、円未満が20,000 /人月。
スキルに第9条のインターン研修生は、署名と企業の雇用契約書”明らかに賃金と賃金の形成を受信する必要があります。スキル、賃金や残業、日本の地方自治体は、所定の最低基準を下回ってはならないのインターンを支払う。
事業会社(海外在住労働者のベースを含む)研修生の研修を離れる前に組織による記事は、訓練基準は、コストを制御するために月単位で承認する。トレーニングの原則の費用、お一人様以上の千元月額。トレーニング時間は、一般的に3ヶ月以上ではない。トレーニングコストは、命令、宿泊、教材費が含まれています。
章の充電方法
その有効な証明書を提示する研修生に有料サービス料金を担当営業会社による日本への研修生第11条。委員会や海外の労働力のベースを選択研修生、譲渡またはサービス料の中でこのように活動する企業に含まれているサービスの他の基本単位の人件費の他のユニットは、研修生に別々に充電されていない、充電。
パスポートの手数料、査証料、健康診断、研修費、旅行、その他の経費、実際に支払った金額から発行された研修生自身の有効な証明書を持っている関連部門の基礎を支払うことを自分で出国前研修生の第12条。最初の証拠の収集を収集する部門によって発行されたのコレクションに属し、その後有効な資格情報を返します。
記事XIIIはバック研修生や研修生の通常のスキルの真ん中に、私は会社が実際の期間の研修や技能訓練に基づいている必要があります実行、比例配分の前払い口座のサービス料の払い戻し。
通常のリターンの中央には日本政府の関連規定の定義に基づいて、事業会社と日本への研修生は、研修(技能訓練を含む)に合意する条件で契約を締結する。
日本関連の政策変更とトレーニー制度、またはビザの拒否の研修生のために他の不可抗力が生じた第14条が送信できませんでした、事業会社がサービス料を事前に研修生を日本に戻す必要があります。研修生媒介パスポートの手数料、査証料、健康診断、研修費、旅費及び発生したその他の費用、返金不可。
記事XVは、スキルのインターンの契約が期限切れになるような、会社は第7条のリニューアルとインターンのサービス料の契約スキルの延長の延長の規定を操作することができます。
第四の実施の監視
第16条中国 – 日本研修生協力機構(以下”機構”という)の指導と監督のこのメソッドの実装のためのビジネスケースでの審議及びその関連会社の委員会。事業会社の違反については、該当する単位と個人は、反映するために代理店(事務局)に適用される場合があります。
知事の記事XVII IAEA理事会は、必要に応じて、調査の組織の状況に違反して当社が運営する、関連性の高いユニットと個人が真の状況を反映し、必要な材料を提供する必要があります。
第18条事業会社は、厳密には規定および手数料以外の手数料の理由で満たされるように、この方法を強制、また労務協力のベースまたはサポートサービスの料金については、標準のコスト以外の単位に代わって収集されるべきである。
第19条の違反の場合は、サービス管理会社を向上させるために不正な料金徴収基準は、責任を問われる、関連する業界標準に基づいて処罰される。深刻な場合は、当局はその動作状態をキャンセルする政府をお勧めします。
Diershitiaoの事業会社は、監督と導く協力を海外の労働力のベースとまたは電荷により認可された方法に従って、厳密に会社を実行するものと、同社は日本、その後回線料金に研修生の一時間、定額料金のサービス料を運用してはならない。管理会社の費用として海外の労働力のベースまたは別の料金と協力して、。
労働基準に違反して譲渡のための業界の二十一、関連する業界標準が処罰される、労働サービスの会社の共同事業基盤やユニットの違反のその他、必要に応じて、政府当局が処罰するかキャンセルされることをお勧めします対応する資格、通知中に管理会社がもはやそれに協力しない。
第五章附則
第22条の実装後7から体内に三回とみなさ協議会。
通訳を担当し、中国 – 日本研修生協力機構による第23条では、これらの措置。
第24条国の外国人労働者の協力と調整、それに応じて改訂されたタイムリーで日本の研修生のシステム変更の調整に関連する海外の雇用政策と規制のための措置。
第25条では、これらの措置は、実装前に2008年12月1日でなければならない。

附属書2:
誠意を持ってコンプライアンスの提案
日本の市場環境に健全で持続可能な共同訓練を構築するために、オペレーションの日本の行為に研修生を送信するために企業を規制し、日本のすべての研修生に中国、日本研修生協力機構の日本の調和的発展への事業協力の研修生を促進するために深刻な問題を以下の取り組みを送信するためにビジネス企業:
最初に、意識的に政府部門と業界団体、調整、指導、地域社会の監督の受け入れの一元管理を受け入れるために、中国と日本の法律および規制に従う。
第二に、日本の研修生の中国 – 日本研修生協力機構の実装では、派遣サービスの料金のアプローチ、公正な競争の激しい市場環境を作成し、それらの整合性を維持して受け取る。
第三に、職業倫理を観察ではなく、市場の低、誹謗中傷や他の不正な手段に、良い企業イメージではなく、誤解を招く、欺瞞的研究の学生を作成します。
第四に、企業の社会的責任の概念、アクティブな信用を確立し、管理レベルと競争力の強化に努めています。
第五に、団結と協力が、すべての企業の共通の利益を保護する高品質のブランドを送信するために中国企業と中国の研修生の構築に努めています。
勇敢に誠実なビジネスの提唱者、擁護者、実務家や健康、整然とした、持続可能で調和のとれた市場環境を構築し、連携して動作する守備をやって、私たちが手を携えてみましょう。

中国 – 日本研修生協力機構
2008年5月

中国 – 日本研修生協力機構、日本における被災地へ寄付

2011年4月28日午前13時56分、出所:経済的、商業的な大使館
4月27日中国海外建設協会、および中国、日本研修生協力機構は、日本の災害の寄贈式は東京で開催されました。
王玉城中国海外建設協会、日本国際研修協力機構栃木荘ラング、41研修生と呼ばれる中国の議長の副社長は1.34万元寄付の被災地に寄付し、災害が日本での困難を克服することを希望、ユニットを派遣そして彼らの家を再構築する。栃木荘、中国の同情と慈善団体の会長、感謝、さらに中国との協力を強化する準備ができて。
企業代表者、日本国際研修協力機構、中国大使館を代表して同意する研修生の組み合わせを送信するために中国人研修生は、事務局長里張、と日本の記者を派遣寄贈式に出席した。

中国周口海外雇用サービス*海外開発大臣陳の雇用省、電話:0086〜13901623260;
ジョージチェン<1779642876@qq.com>;時間:2011年8月29日、私QZoneの<1779642876@qzone.qq.com>; 1779642876 <1779642876@qq.com>; george13901623260 。 chensihong1961
日本研修生協力機構

日本研修生协力机构