将中文译成英语

将中文译成英语
Over the past decade, the change of Prime Minister of Japan, August 27, 2011, Yasuo Fukuda was elected president of Japan’s Liberal Democratic Party, the visiting former Prime Minister Yasuhiro Nakasone, to listen to nearly ninety years, Yasuhiro laments: “Gunma Prefecture, is indeed the Prime Minister production counties . “Fukuda is from Gunma Prefecture’s fourth prime minister. The top three, his father Takeo Fukuda, Yasuhiro Nakasone, and Keizo Obuchi.

Gunma, sandwiched between Kanto and Kansai, is a county in central Japan. Prime Minister Yasuo Fukuda was elected by, Gunma Prefecture, as the end of the Second World War, Japan contributed to formulating the new constitution has been “produced” the Prime Minister, most of the administrative level.

For example, date from after the Meiji Restoration, the western Yamaguchi Prefecture, is the “production of the first Prime Minister of the county” before and after a 8-bit prime minister. Pre-war five, including the first Prime Minister Ito Hirobumi; war 3, that is, the outgoing Prime Minister Shinzo Abe’s grandfather Kishi, uncle Eisaku Sato, and Abe himself.

Japan’s 47 prefectures, the Prime Minister’s “productivity”, quite balanced. Yamaguchi Prefecture, to a total of eight people, far ahead, Tokyo, Iwate Prefecture, and Gunma Prefecture, the four people, Kagoshima Prefecture, Hiroshima Prefecture, Okayama Prefecture, Ishikawa Prefecture, Kyoto Prefecture, and the three people. Including Hokkaido, including 21 counties, is still blank.

Around the “production” of the Prime Minister the amount, and is closely related to modern Japanese history. In ancient times known as “Long states,” the Pass, for example, during the Meiji Restoration, Restoration Chester from Choshu, the overthrow of the shogunate, uphold the royal family, the process of reforming the past, play a leading role. Ito Hirobumi, the Japanese Army founder Yamagata, Katsura and other state dignitaries long, then many times as prime minister. Similarly, the time, called “Satsuma” in Kagoshima Prefecture, is “down screen movement” another source. Kagoshima origin of the three prime ministers – black Tianqing Long, Song Fang Zhengyi, Yamamoto rights Samurai, both reformers celebrities.

One soil, the raising of one person. Japanese Prime Minister’s political orientation, seem to place of birth, there is a certain relationship. The most typical is the Yamaguchi Prefecture, launched the Russo-Japanese War of Katsura, decided to send troops to Siberia Temple Zhengyi, suspected of planning a war of aggression against Tanaka, are classified as Class A war criminals of Kishi, the United States to pursue the one-sided Eisaku Sato , pushing to revise the pacifist constitution, Shinzo Abe, the expansion of the basic holding, or right-leaning policy ideas.

In contrast Gunma born politician, and Yamaguchi, contrast. If “radical” to describe the prime minister from Yamaguchi Prefecture, Gunma Prefecture from the Prime Minister, as “moderate”, as the highest virtue.

Gunma origin, previous three Prime Minister, well versed in foreign policy, “moderation.” Fukuda’s father, proposed the “Fukuda doctrine” pay attention to Japan, the U.S. alliance with the Asian diplomatic balance. Yasuhiro Nakasone took office, was visiting the shrine, but, warned in neighboring countries after the end of their career prime minister, did not enter the shrine again. Keizo Obuchi, in the coordination of relations between the United States while in office, and South Korea established the “Japan, South Korea partnership.”

Yasuo Fukuda, Liberal Democratic Party was elected president of the smooth, the outside world, more than to win because, attributed to the “sense of stability,” “balance”, “coordination” and so on. That is what “Gunma characteristics” of political style.

Prime Minister frequently changes, the state of chaos, Prime Minister of Japan short-term

Nagata-cho, Japan, where Prime Minister recently, will usher in its new owner.

According to statistics, Japan, since 1886 the establishment of the Cabinet system, to the defeat of Japan in August 1945 only, less than 60 years, the cabinet, has replaced 42 times. Each time the ruling cabinet, on average less than 1 year and 5 months.

After the war, the Japanese cabinet replacement, is still quite frequent. After World War II, the Japanese prime minister for more than 30; United States, Britain, France, Germany, is at least 8, most of the 13, of course, some presidents. Visible, Japanese leaders change frequency, the other Western powers twice to three times. This is where today’s power politics, can be regarded as a rare scenic line.

Koizumi, Japanese Prime Minister, it is frequent substitutions, generally revolving door. Among them, Shinzo Abe, when the prime minister for 12 months; Yasuo Fukuda, serving 11 months; Taro Aso, adhere to 11 months, at least Yukio Hatoyama, only for nine months, the Prime Minister. Naoto Kan resigned after his time in office, more than 14 months, is five years, “the longest life,” the Prime Minister.

September 20, 2006, Shinzo Abe, elected president 21 Liberal Democratic Party, Liberal Democratic Party of Japan has so far become the youngest president when elected. On 26 September the same year, was elected the 90th Prime Minister of Japan. October 8, his first foreign visit, he changed the attitude of the previous prime minister, the first stop, to visit China, rather than the United States. However, the cabinet scandals, the LDP in the Senate election, defeat, as the Japanese prime minister occasion of the year, September 12, 2007, Shinzo Abe, the official “health reasons” announced his resignation.

Yasuo Fukuda took over from the stage to announce leave, after only 343 days, not the shortest-lived regime of modern Japan, people expect the highest power is one of the most down to earth. Fukuda, pour out, with China, South Korea, repair relationships. As Yasuo Fukuda, Japan faced the dilemma can not be opened; really not sure to lead the Liberal Democratic Party to Win, in addition, the New Komeito party non-stop force, and ultimately, he chose to resign, Guayin away.

Succeed Yasuo Fukuda, is Taro Aso. September 2008, Aso, and four other candidates, competing with the Liberal Democratic Party president, received 351 votes in support of elected and served as Prime Minister of Japan. August 30, 2009, to Yukio Hatoyama of the Democratic Party, led, ultimately, the Japanese House of Representatives election, winning, leading to Taro Aso, resigned from the Liberal Democratic Party president.

August 30, 2009, led by Yukio Hatoyama Democrats in the House of Representatives elections, made a historic victory, ending the long-ruling Liberal Democratic Party position. September 16, 2009, he was elected prime minister of Japan 93. However, he only served as prime minister eight months. June 2, 2010, Yukio Hatoyama announced his resignation.

Frequent changes, because many – in recent years, the general replacement of the Prime Minister of Japan like a revolving door, is the result of many factors.

Political system. Japan’s parliamentary cabinet system, prime minister, appointed by the House majority leader, subject to the forces of change in congressional caucus. In Congress, if the majority party into a minority party, or some majority party members, adding to the opposition, the vote of no confidence on the Cabinet, Cabinet Members to support the total, less than the majority, the Cabinet, will collapse. In general, the greater the opposition forces, factional fighting within the ruling party more intense, the Prime Minister’s seat, often more unstable.

In Japan, the Prime Minister is not necessarily the most powerful people, but we must balance the interests of factions within the ruling party. This determines when the Japanese Prime Minister in the administration, subject to many inside and outside the constraints, and to bear the risk of various decision-making. Moreover, the way to resign, to the voters an explanation, in the Japanese political culture, is often considered to be a responsible.

Japan’s political culture associated with “inherited his father’s” very common in Japanese politics. Abe, Fukuda, Aso, and Hatoyama, all from the door, family strength, with a wide network of contacts; their well-educated, have high visibility, with its traditional constituency of voters, maintain a good relationship. However, they most lack the “grassroots” politician who has the will, and the ability to solve political problems. Once the face of adversity, because they often can not stand the pressure from all sides, chose to resign.

In the media, public opinion and domestic and international political factors, economic factors and security situation, Japan, has many characteristics different from other countries, prompting the frequent changes of prime minister.

Did not affect the operation of state

Replacement rate of the Prime Minister of Japan, surprisingly, it is strange that the state running, is not affected.

Political model in Japan, politicians, and bureaucrats (ordinary civil servants) system, is two different systems, regardless of who as prime minister, the civil service system in Japan, are in stable operation. Thus, despite the intense political competition, the state machinery, will operate in accordance with established normal way, is not affected.

Japan is the average of the society, the crime rate has been the lowest in developed countries, people’s income gap is small, the social status of people, roughly equal. Affluent rural areas, bringing Japan’s social stability, economic differences will not be too large, resulting in severe mobility of labor between urban and rural areas.

From the national point of view, the Japanese territory, one of China’s 26 points, population, 13 one, narrow territory, population and employment pressure. 60 years after the war, Japan, everyone has work, whether rural or urban, the Japanese standard of living, with roughly the same increase.

Many Western countries, the unemployment rate, about 10%, 5% in Japan rarely have the time. Maintenance of high employment rates, on the one hand, innovation is the business, labor has been in relatively poor condition, on the other hand, there is a wide range of Japanese society, we have a live dry ideas.

In Japan, the “lifetime employment”, not corporate commitment, but a “tacit understanding.” As long as hard work, dedication, long-term can be employed. Executives of large companies, and general staff salaries, there is no other developed countries so poor. Japan’s medical insurance, pension insurance, everyone, including, for more than a year living in Japan, foreigners can enjoy the right.

Japanese often say that they 100 million people in the economy, are in the middle class; underclass where people in daily life, reading in a doctor, and there is nothing uncomfortable. “World War II” before the Japanese, is a complete industrialization and economic power. Japan’s economic development process, so that most Japanese people, equally enjoy the benefits of development for the stability of Japanese society, laid the foundation.

Thus, despite the political chaos, the Japanese life, or step by step, is not affected.
近十年来,日本首相更迭,2011年08月27日,福田康夫在当选日本自民党总裁后,拜访前首相中曾根康弘,听年近九旬的中曾根感慨道:“群马县,不愧是首相生产县。”福田,是出自群马县的第四位首相。前三位,是他的父亲福田赳夫、中曾根康弘,和小渊惠三。

  群马县,夹在关东和关西之间,是一个日本中部县。因福田康夫当选首相,群马县,成为自第二次世界大战结束,促成日本新宪法制订以来,“出产”首相,最多的一级行政区。

  如,从明治维新之后算起,西部山口县,是“首相生产第一大县”,前后,出了8位首相。战前5名,包括,首任首相伊藤博文;战后3名,即,离任首相安倍晋三的外祖父岸信介、叔祖父佐藤荣作,和安倍本人。

  日本,47个都道府县中,首相的“生产率”,颇不均衡。山口县,以总计8人,遥遥领先,东京都、岩手县,和群马县,各4人,鹿儿岛县、广岛县、冈山县、石川县,和京都府各3人。包括北海道在内,21个县,至今仍是空白。

  各地“出产”首相多寡,与日本近代史息息相关。以古称“长州”的山口为例,明治维新期间,出自长州的维新志士,在推翻幕府、匡扶皇室、革故鼎新过程中,发挥主导作用。伊藤博文、日本陆军创始人山县有朋、桂太郎等长州要人,随后多次出任首相。同样,当时,称“萨摩”的鹿儿岛县,是“倒幕运动”另一策源地。鹿儿岛出身的3名首相-黑田清隆、松方正义、山本权兵卫,均为维新名人。

  一方水土,养一方人。日本首相的政治倾向,似乎与出身地,有一定关系。最典型的,是山口县,发动日俄战争的桂太郎,决定出兵西伯利亚的寺内正毅,涉嫌谋划侵华战争的田中义一,被列为甲级战犯的岸信介,奉行对美国一边倒的佐藤荣作,力推修改和平宪法的安倍晋三,基本持扩张,或右倾的政策理念。

  反观群马县出身的政治家,与山口县,对比鲜明。如果用“激进”,形容出自山口县的首相,出自群马县的首相,视“中庸”,为最高美德。

  群马县出身的,先前3名首相,深谙外交政策“中庸之道”。福田的父亲,当年提出“福田主义”,重视日本,美国同盟与亚洲外交取得平衡。中曾根康弘上台后,一度参拜靖国神社,但,在邻国告诫后,终其首相生涯,再没有踏入靖国神社。小渊惠三,在协调对美国关系的同时,任期内,与韩国建立了“日本,韩国伙伴关系”。

  福田康夫,顺利当选自民党总裁后,外界,多把胜因,归结为“安定感”、“平衡感”、“协调性”等特点上。那正是“群马特色”的政治风格。

首相勤换, 国家不乱,日本首相任期短

  永田町,日本首相府所在地,近日,又将迎来它的新主人。

  据统计,日本,自1886年建立内阁制度起,到1945年8月日本战败止,不到60年的时间里,内阁,先后更换了42次。每届内阁执政的时间,平均不到1年零5个月。

  战后,日本内阁更替,依旧相当频繁。二战后,日本换了30多位首相;美国、英国、法国、德国,最少的是8个,最多的是13个,当然,有的是总统。可见,日本领导人更换频率,是其他西方大国的二倍,到三倍。这在当今的大国政坛里,可算是一道难得的风景线了。

  在小泉之后,日本首相,更是频繁换人,走马灯一般。其中,安倍晋三,当了12个月的首相;福田康夫,在职11个月;麻生太郎,坚持了11个多月,鸠山由纪夫最少,只当了9个月的首相。菅直人辞职后,他的在任时间,超过14个月,已经是五年来“最长命”的首相。

  2006年9月20日,安倍晋三,当选自民党第21任总裁,成为日本自民党迄今当选时最年轻的总裁。同年9月26日,当选第90任日本首相。10月8日,他首次外访,他一改以往首相的态度,首站,访问中国,而非美国。不过,由于内阁丑闻不断,自民党在参议院选举中,惨败,出任日本首相一年之际, 2007年9月12日,安倍晋三,正式以“健康原因”宣布辞职。

  接任的福田康夫,从上台,到宣布走人,前后,只有343天,不是现代日本寿命最短的政权,是人们期望最高,又是最脚踏实地的政权之一。福田,倾全力,与中国、韩国修补关系。由于福田康夫,无法打开日本面临的困局;确实没有把握带领自民党突出重围,加之,公明党不停逼迫,最终,他选择了辞职,挂印而去。

  接替福田康夫的,是麻生太郎。2008年9月,麻生,与其他四位候选人,一同角逐自民党总裁,获得351票,支持当选,并出任日本首相。2009年8月30日,以鸠山由纪夫为首的民主党,最终在日本的众议院大选中,获胜,致使麻生太郎,辞去自民党总裁职务。

  2009年8月30日,鸠山由纪夫带领民主党,在众议院选举中,取得历史性的胜利,终结了自民党长期的执政地位。2009年9月16日,他当选日本第93任首相。不过,他只担任首相8个半月。2010年6月2日,鸠山由纪夫正式宣布辞职。

频繁更迭,原因多-近年来,日本像走马灯一般更换首相,是多种因素共同作用的结果。

  政治体制。日本实行议会内阁制,内阁首相,由众议院多数党领袖出任,受制于国会党团势力的变化。在国会中,如果多数党,变成了少数党,或者,有的多数党议员,加入到在野党中,对内阁投不信任票,使支持内阁的议员总数,达不到多数时,内阁,便会垮台。一般而言,在野党的势力越大,执政党内部的派系斗争越激烈,首相的位子,往往越不稳。

  在日本,首相不一定是权力最大的人,但,一定要平衡执政党内各派利益。这决定了日本首相在施政时,要受到党内外的诸多掣肘,并要承担各种决策风险。而且,以辞职的方式,给选民一个交代,在日本政治文化中,往往被认为是一种负责任的表现。

  与日本的政治文化相关联,“子承父业”,在日本政坛很普遍。安倍、福田、麻生,和鸠山,皆出自名门,家族实力雄厚,拥有广泛人脉;他们受过良好教育,拥有很高知名度,与其传统选区的选民,保持着良好的关系。但是,他们最缺乏“草根阶层”政治家身上所具有的意志品质,和解决政治难题的能力。一旦遭遇逆境,他们往往因顶不住来自各方压力,选择辞职。

  在媒体、舆论因素和国内外政治、经济与安全形势因素等方面,日本,有着诸多不同于其他国家的特质,这促使首相频繁更迭。

未影响国家运转

  日本更换首相的速度,令人惊讶,令人奇怪的是,国家运转,不受影响。

  在日本的政治模式下,政治家,和官僚(普通公务员)系统,是两套不同的体制,无论谁当首相,日本公务员系统,都在稳定地运行。因此,尽管政治争夺激烈,国家机器,仍会按照既定的方式正常运转,不受影响。

  日本是平均化的社会,犯罪率,一直是发达国家中最低的,老百姓的收入差距很小,国民社会地位,大致平等。富庶的农村,带来了日本社会的稳定,不会因为经济差别过大,造成城乡之间的劳动力剧烈流动。

  从国力上看,日本国土,为中国的26分之一,人口,为13分之一,国土窄小,人口众多,就业压力很大。战后的60余年,日本,人人有工作,不论是农村,还是城市,日本人的生活水平,有了大致相同的提高。

  不少西方国家的失业率,在10%左右,日本很少有达到5%的时候。高就业率的维持,一方面,在于企业不断创新,劳动力一直处于相对匮乏的状态,另一方面,在于日本社会存在着广泛的大家都有活干的思想。

  在日本,“终身雇用”,并不是企业的承诺,而是一种“默契”。只要勤奋、奉献,就可长期被聘用。大公司的高管,与普通职员在工资上,没有其他发达国家那么悬殊。日本的医疗保险、养老保险,是每个人、包括,在日本居住时间超过一年的外国人,都可以享受的权利。

  日本人经常说,他们1亿国民在经济上,都处于中间阶层;下层社会里的人,在衣食住行、看病读书方面,并没有什么不自在。“二战”前的日本,已经是一个完成了工业化的经济大国。日本的经济发展过程,让大多数日本国民,平等地享受到了发展的好处,为日本社会的稳定,奠定了基础。

  因此,尽管政局混乱,日本人的生活,还是按部就班,不受影响。
google将中文译成日语
首相の生産の郡では、群馬県”本当にです:過去10年間で、日本の総理大臣、2011年8月27日、福田康夫の変化はほぼ90年に耳を傾ける日本の自民党、訪問中曽根康弘元首相、会長に選出された、康弘は嘆き悲しむ”福田は群馬県の第四首相からです。トップスリー、父親の福田赳夫、中曽根康弘、と小渕。

関東と関西に挟まれた群馬県は、中部日本の郡である。福田康夫首相が第二次世界大戦の終わりとして、群馬県、によって選出され、日本は新憲法が内閣総理大臣、行政レベルのほとんどを”生産”されている策定に貢献した。

例えば、明治維新、西部の山口県、後から日付は、8ビットの首相の前と後の”郡の初代首相の生産”です。戦前の初代首相伊藤博文を含む5、、戦争3である、発信内閣総理大臣安倍晋三の祖父岸信介、叔父佐藤栄作、そして安倍自身。

非常にバランスのとれた日本の47都道府県、内閣総理大臣の”生産性”、。はるか先8人の合計に山口県、、、東京、岩手県、群馬県、四人、鹿児島県、広島県、岡山県、石川県、京都府、そして三人。 21の郡を含む北海道、を含め、まだ空白です。

首相の”製造”周辺量、そして密接に近代日本の歴史に関連しています。 “ロングの状態、”峠として知られる古代では、例えば、明治維新、長州からの復元はチェスター、幕府の転覆時に、王室を守る、過去の改革のプロセスは、先導的な役割を果たす。伊藤博文、日本軍創設者山形、桂、その後の長い他の国家の高官、首相として何度も。同様に、鹿児島県の”薩摩”と呼ばれる時間は、、”下の画面の動き”別のソースです。黒天晴ロング、ソング牙正一、山本権サムライ、両方の改質器の有名人 – 3つの首相の鹿児島の起源。

一土壌、一人の引き上げ。日本の首相の政治姿勢、出生地と思われる、一定の関係があります。最も典型的には、山口県である桂の日露戦争を開始した、田中に対する侵略戦争を計画する疑いのあるシベリア寺正一、派兵することを決めた、岸のクラス戦犯として分類される、米国は一方的な佐藤栄作を追求する、平和憲法、安倍晋三、基本的な保持、または右に傾いた政策のアイデアの展開を修正するプッシュ。

これとは対照的に群馬は政治家に生まれ、山口、コントラスト。最高の美徳として、”中等度”として、内閣総理大臣から山口県、群馬県から総理大臣を記述するために、”ラジカル”の場合。

群馬の起源、よく外交政策に精通して上記の3つの内閣総理大臣、、”中庸。” “福田ドクトリン”を提唱福田の父親は、日本、アジア外交のバランスを持つ米国の同盟関係に注意を払う。中曽根康弘は、就任神社を訪れていた、しかし、彼らのキャリア首相の終了後に近隣諸国に警告し、再び神社に入力されていません。小渕は、米国の任期中、と韓国の間の関係の調整に”日本、韓国パートナーシップを。”設立

福田康夫、自民党はその”バランス”、”協調”と上に”、安定感”に起因する、ので、勝つためにより、外の世界、滑らかな会長に選出された。それは政治的なスタイルのものを”群馬の特性”です。

首相は頻繁に変更、混乱の状態、日本の短期の首相

永田町、日本、どこ首相は最近、その新しい所有者の到来を告げるでしょう。

内閣制度の創設1886年以来の統計、日本、によると、8月のみ1945年に日本の敗戦に、わずか60年、キャビネット、42回を置き換えています。毎回判決キャビネット、1年と5ヶ月未満の平均で。

戦後、日本の内閣の交換は、まだかなり頻繁です。第二次世界大戦後、30以上のための日本の首相、米国、英国、フランス、ドイツでは、少なくとも8、もちろん、13のほとんどの、いくつかの大統領である。目に見える、日本の指導者の変更の頻度は、2〜3倍、他の西欧列強。今日のパワーポリティックスが、珍しい景色線とみなすことができる場所です。

小泉、日本の総理大臣は、それは頻繁な交代、一般的には回転ドアです。そのうち、12ヶ月間の総理大臣安倍晋三、、福田康夫は、11ヶ月提供、麻生太郎は、鳩山由紀夫少なくとも、わずか9か月で、首相のために、11ヶ月に付着する。菅直人は、”長寿命、”首相、5年です、以上の14ヶ月、オフィスの彼の時間の後に辞任した。

2006年9月20日、安倍晋三は、社長21自由民主党を選出、日本の自民党はこれまでに選出された時に最年少の社長となっています。 9月26日同じ年に、日本第90総理大臣に選出されました。 10月8日彼の初の外国訪問は、彼は前の首相、最初のピットストップ、中国を訪問するのではなく、米国の態度を変えた。しかし、内閣のスキャンダル、今年の日本の首相の機会として、上院の選挙、敗北で自民党、2007年9月12日、安倍晋三、公式の”健康上の理由は、”辞意を表明した。

福田康夫は、まで343日後、休暇を発表する段階から、現代​​日本のない最短短命政権を引き継いだ、人々は最高のパワ​​ーが最もダウン地球への一つであると予想。福田は、中国、韓国、修理の関係で、吐き出す。福田康夫のように、日本はジレンマを開くことができない直面している。勝つために自民党をリードして本当にわからない、加えて、公明党パーティーノンストップ力、そして最終的に、彼は離れてGuayin、辞任することを選んだ。

福田康夫を成功させる、麻生太郎です。 2008年9月、麻生、そして他の4候補、自民党の総裁との競合は、選出され、日本の総理大臣を務めたのサポートの351票を受け取りました。 2009年8月30日、民主党の鳩山由紀夫には、自民党の総裁辞任、麻生太郎につながる、勝利、、最終的に、衆議院の選挙の日本の家を導いた。

衆議院の選挙のハウスで鳩山由紀夫民主党主導で2009年8月30日は、、長期与党である自民党の終了位置、歴史的な勝利をした。 2009年9月16日、彼は日本93の首相に選出されました。しかし、彼は首相の8ヶ月を務めた。 2010年6月2日、鳩山由紀夫が辞意を表明した。

ために多くの頻繁な変更は、 – 近年では、回転ドアのような日​​本の総理大臣の一般的な交換は、多くの要因の結果である。

政治システム。日本の議院内閣制、議会の党員集会の変化の力を受ける下院院内総務に任命された総理大臣、、。議会では、少数党、またはいくつかの多数党のメンバーに多数党が、反対に追加する場合、キャビネットの上に不信任は、内閣のメンバーは、合計、、過半数未満内閣を支持するために崩壊するだろう。一般的に、反対勢力、より強い与党内の派閥の戦い、首相の席は、多くの場合不安定大きい。

日本では、内閣総理大臣は、必ずしも最も強力な人ではないが、我々は、与党内の派閥の利害のバランスを取る必要があります。これは日本の首相政権の首相、多くの内部の対象と制約の外側では、と様々な意思決定のリスクを負担するタイミングを決定します。また、日本の政治文化の中で、有権者に、説明を辞職する方法は、多くの場合、責任であると考えられる。

に関連付けられている日本の政治文化は、日本の政治で非常に一般的な”父親の継承”。安倍、福田、麻生、そして鳩山、連絡先の幅広いネットワークを持つドア、家族の強さからすべて、、彼らの高学歴、有権者の伝統的な選挙で、高い視認性を持って、良好な関係を維持する。しかし、彼らはほとんどの意志を持っている”草の根”政治家、そして政治的な問題解決能力を欠いている。逆境に直面したら、彼らはしばしばすべての側面からの圧力に耐えられないので、辞任することを選んだ。

メディア、世論、国内および国際的な政治的要因で、経済的要因や治安状況、日本は、首相の頻繁な変更を促す、他の国とは異なる多くの特徴を持っています。

状態の動作には影響しなかった

日本の首相の所得代替率は、驚くほど、それは実行中の状態は、影響を受けていないこと奇妙である。

政治的な日本のモデル、政治家、そして官僚(普通の公務員)システムは、関係なく首相、日本の公務員制度として安定した動作でいる人の、二つの異なるシステムです。このように、激しい政治的競争、状態機械は、確立された通常の方法に従って動作するにもかかわらず、影響を受けません。

日本は社会の平均的である、犯罪率は先進国で最下位となっている、人々の所得格差は、ほぼ同じ人々、の社会的地位小さいです。豊かな農村地域、日本の社会の安定をもたらし、経済的な違いは、都市と農村間の労働の深刻な流動性の結果、大きすぎることはありません。

からビューの国民点、日本の領土、中国の26ポイント、人口、13一つ狭い領土、人口と雇用の圧力の一つ。戦後60年、日本、誰もがほぼ同じ増加に伴って、農村や都市、生活の日本の標準かどうか、仕事を持っています。

多くの欧米諸国、失業率、約10%、日本の5%はほとんど時間がありません。高い就職率の維持が、一方で、イノベーションがビジネスである、労働者が一方、相対的に貧しい状態にされている、日本社会の広い範囲がある場合、我々は生きてドライなアイデアを持っている。

日本では、”終身雇用”ではなく、企業のコミットメントが、”暗黙の了解。”限り、ハードワーク、献身、長期的に採用することができるように。大企業、及び一般職員の給与の幹部は、その貧しい人々は他の先進国はありません。日本の医療保険、年金保険、皆、日本での年間の生活以上、外国人が権利を享受することができます、を含む。

日常生活の中で下層どこの人、医者に読んで、そして不快なものは何もありません。日本は、しばしば経済に100万人が、中産階級にいると言う。日本の前に”第二次世界大戦”は、完全な工業化と経済力です。日本の経済発展のプロセスは、そのほとんどの日本人ので、同様に日本社会の安定のために開発の恩恵を享受、基礎を築いた。

従って、政治的混乱にもかかわらず、日本人の生活、またはステップバイステップでは、影響を受けません。