美国副总统拜登表示:美国继续支持日本灾后重建.2011.08.23

美国副总统拜登表示:美国继续支持日本灾后重建.2011.08.23

美国国务院国际信息局(IIP)《 美国参考》MacKenzie C. Babb从华盛顿报道,美国副总统拜登(Biden)会见了日本首相菅直人(Naoto Kan),并看望了遭受地震、海啸和核灾害最严重的一些城市的幸存者。这是他对日本正式访问的一部分,以向日本再次表明,灾后重建,无论需要多久,美国都将支持日本。

拜登,8月23日,在仙台机场(Sendai Airport)发表讲话说:“3月11日,大地震动、海潮汹涌,全世界都对日本这个伟大、和平的国家,表示深切同情,并为之祈祷。”

遭到海啸严重破坏的仙台机场,是灾后美国与日本军事合作的一个象征。拜登说,在一个星期之内,(日本,美国)两国军队就重新开放了机场跑道,使数百名救援人员,和200多万吨人道救援物资,得以运达。

拜登对幸存者们说,他为美国军队“有幸能与你们通力合作”,而感到骄傲。地震发生后,数小时内,美国就发起了美国有史以来,规模最大的一次人道救援行动,“友好行动”(Operation Tomodachi)。

拜登说,除了作出军事反应外,美国还为日本恢复经济,提供了持续的支援。

拜登说:“对美国来说,日本保持商务开放,继续增长,继续繁荣,是非常重要的。在我们看来,同属世界上规模最大、世界历史上最强大、最有活力的两个经济体,可以共同做到的事情,是没有穷尽的。”

他说,国务卿-希拉里∙克林顿(Hillary Rodham Clinton),4月,访问日本,发起了一个伙伴合作项目,通过建立亚洲与全球经济更紧密的联系,为日本经济注入新的活力。

拜登说:“这个合作项目,形成了一个从实质上来说,成为‘友好行动’后续步骤的公共-民间共同参与的友好行动,通过支持教育和企业创新项目的奖学金,和赠款计划,支持日本的恢复。”他把这项行动,称之为“对未来领袖的投资”。

拜登说,美国,日本两国领导人,都在努力增进两国企业、公民社会团体,和政府官员之间的合作。

拜登说:“美国对我们的盟友日本的承诺,远远超出了患难时刻的支持,反映了美国对美国,日本之间关系,和我们与该地区紧密关系的极度重视。”

拜登赞赏-日本灾后取得的“令人瞩目的进展”。他指出,学校重新开放,企业正在恢复元气,住宅正在重建。他说,即便是在恢复期间,日本继续“在世界事务中,发挥显著的积极作用”。

他赞扬日本-长期以来,一贯向世界各地处于困境的人们提供援助。拜登说:“在地球上,无论何时,发生什么灾难,日本总是最早伸出援手、部署救援人员、提供慷慨捐助,和必要捐款的国家之一。”他着重提到了-日本在最近发生的印度洋海啸、海地地震,和巴基斯坦水灾后提供的帮助。

他说,美国依然致力于与日本人民合作。他表示,他对日本的访问,是为了“增强和再次表明:同盟者对同盟者,朋友对朋友的承诺。”

8月23日早些时候,拜登在东京,会见了菅直人首相。菅直人对美国继续提供帮助,向他表示感谢。会见结束后,拜登前往一些受灾最严重的城镇,并参观了仙台机场附近,一个曾在灾后,充当数百名无家可归灾民避难场所的社区中心。

日本,是拜登为期九天的亚洲三国之行的最后一站。此前,拜登,从8月17日,至22日,访问了中国的北京和成都;于8月22日,访问了蒙古首都乌兰巴托。他在结束对日本的访问后,于8月24日,启程返回华盛顿。

(完)

美国驻华大使骆家辉,2011.08.22

美国驻华大使骆家辉

美国驻中华人民共和国大使骆家辉

邦妮(Bonnie)

1961年,肯尼迪(Kennedy)总统发表了精彩的著名演说:“不要问国家-能为你做些什么?而是问你-能为国家做些什么?”

事实上,中国西部乃至全中国正面临英语教师荒,缺少约50万名符合条件的英语教师。

马丁·路德·金(Martin Luther King Jr.)崇高一生的纪念园,在华盛顿。纪念园,建在国家大草坪(National Mall)区,占地四英亩,其中,包括一座450英尺的语录墙,上面,刻有由一组历史学家,从马丁·路德·金的文集、布道与演讲中,精选出的十几段引语。在与“绝望之山”相隔的“希望之石”上,屹立着30英尺(9米)高的马丁·路德·金雕像;1963年夏天,马丁·路德·金,就是在林肯纪念堂前的阶梯上,发表了他著名的演讲“我有一个梦想” (I Have a Dream)。

日本少年棒球和垒球选手,在美国学习做裁判,2011.08.23

一名来访的日本垒球运动员,第一次穿上比赛服,然后,将学习如何从本垒板后面,以响亮而清晰的声音,发出口令。

华盛顿报道,在日本少年棒球和垒球球员,来美国访问的15天中,每一个与之接触的美国人,都夸赞他们彬彬有礼,十分配合。但是,美国棒球裁判员们认为:有必要敦促这16名学生少一点礼貌和尊重。

一个阳光灿烂、天空湛蓝的日子里,在巴尔的摩郊外,明亮的绿色棒球场上,几位少棒联盟裁判员,演示了如何叫坏球和好球口令的要领。然后,他们把球员一字排开,让他们自己轮流裁判每一次投球。

他们敦促球员,要声音洪亮,清晰,叫好球时,手臂永远要作出一个有力的动作,不能犹豫不决。资深裁判-戴维·罗斯(David Ross)面带微笑地说:“记住,你们要控制比赛。无论你怎么判,都具有权威性!”

垒球裁判-罗布·韦尔斯(Rob Wells)指出,裁判员必须迅速而果断。通常,垒球投球,可能比棒球慢,但,因为投手冢离得更近,“击球手,对垒球投掷的反应时间,可能比棒球更少。”

避免受伤,磨炼技能

一位美国教练,指导一名日本棒球运动员练习挥棒。

裁判训练课,是日本队员,在为期2周对美国的访问中,所参加的素质训练、训练课程,和练习比赛等多种课程之一。这项体育交流活动,由美国国务院安排,所有的学生——8个打棒球的男生,和8个打垒球的女生——都是来自于,受今年3月日本地震和海啸影响的地区。

除了与裁判员配合之外,他们学习如何保护自己的投球手臂。在巴尔的摩的一所运动医学设施里,主任-乔希·比林斯(Josh Bilings)描述了少年棒球手,投球时,最经常的受伤类别,并告诉他们-如何预防。据比林斯说,美国和日本少年,开始玩球的年龄过小,因此,大运动量打球的年头更长。他说:“专业球员,常有的伤病,现在在年轻的高中生球员中,也开始出现。”

比林斯对日本球员说:“重要的是,适当部位的肌肉,要强健有力。正确的练习,将帮助你避免受伤,提高与其他球员的水平差别。”

少年球员们参观了棒球练习场,把自己的挥棒动作,录下来,作分析,进行团队建设练习,并学习运动心理学知识。他们由来自职业联盟的教练教课,与美国高中队交手,并观摩了各种水平的比赛——从少棒联盟,到职棒大联盟。他们甚至观看了国家女子篮球协会两只球队——华盛顿神秘队(Washington Mystics),和亚特兰大梦想队(Atlanta Dream)——之间的篮球比赛。

谷歌将中文译成英语

U.S. Vice President Joe Biden said: The United States continues to support Japan’s post-disaster reconstruction .2011.08.23

U.S. State Department Bureau of International Information (IIP) “United States Reference” MacKenzie C. Babb from Washington, U.S. Vice President Joe Biden (Biden) met with Japanese Prime Minister Naoto (Naoto Kan), and visited the earthquake, tsunami and nuclear disasters, the most seriously some of the city’s survivors. This is his official visit to Japan as part of the show again to Japan, post-disaster reconstruction, regardless of how long the U.S. will support Japan.

Biden, August 23, at the Sendai Airport (Sendai Airport) said in a speech: “March 11, the earth shook, the surging tide, the whole world to Japan this great, peaceful country, expressed deep sympathy for, and prayer. ”

Tsunami have been seriously damaged Sendai Airport, is the United States and Japan after the disaster, a symbol of military cooperation. Biden said that in a week, (Japan, USA) to reopen the two armies on the runway, so that hundreds of rescue workers, and 200 tons of humanitarian supplies to be transported up.

Biden on the survivors, said he was the U.S. military “had the opportunity to work together with you”, and proud. After the earthquake, within hours, the United States launched the U.S. history, the largest-ever humanitarian relief operations, “friendly action” (Operation Tomodachi).

Biden said that in addition to the military response, the United States as Japan’s economic recovery, providing continuous support.

Biden said: “For the U.S., Japan to keep business open, to continue to grow and prosper, it is very important in our view, belong to the world’s largest, most powerful in world history, two of the most dynamic economic body, can work together to do something, is not exhaustive. ”

He said that Secretary of State – Hillary ∙ Clinton (Hillary Rodham Clinton), 4 month visit to Japan, launched a partnership project, through the establishment of Asia and the global economy more closely, to inject new vitality into the Japanese economy.

Biden said: “This collaborative project is in essence a form, a ‘friendly action’ next steps in public – civil society to participate in friendly action, education and business innovation by supporting projects scholarship and grant programs to support Japan’s recovery. “He put this initiative, called” the future leaders of the investment. ”

Biden said the United States, Japan, the two leaders are trying to promote their enterprises, civil society groups, and cooperation between government officials.

Biden said: “The United States commitment to our allies in Japan, far beyond the moment of adversity support, reflecting the United States of America, the relationship between Japan and our close relationship with the region’s highest priority.”

Biden appreciated – Japan’s disaster made “remarkable progress.” He pointed out that school re-opened, businesses are to recover, housing is being rebuilt. He said that even during recovery, the Japanese continue “in world affairs, play a significant positive effect.”

He praised Japan – a long time, always all over the world to provide assistance to people in distress. Biden said: “On Earth, no matter when, what a disaster, the first Japanese always lend a helping hand, deployment of rescue personnel, generous contributions, and one of the necessary contributions.” He highlighted – Japan in the last The Indian Ocean tsunami, Haiti, and Pakistan to provide help after the flood.

He said the U.S. remains committed to cooperation with the Japanese people. He said he’s visit to Japan is to “enhance and again that: allies of allies, friends of friends of commitment.”

Earlier on August 23, Biden in Tokyo, met with Prime Minister Naoto Kan. Naoto Kan, the United States continues to provide help to thank him. After the meeting, Biden visit some of the hardest-hit towns, and visited the Sendai Airport, worked in a disaster, as hundreds of homeless shelters for victims of community centers.

Japan, is Biden a nine-day trip to three Asian countries last stop. Earlier, Biden, from August 17 to 22, visited China in Beijing and Chengdu; on August 22, visited the Mongolian capital Ulan Bator. At the end of his visit to Japan, on August 24 and departed for Washington.

(End)

U.S. Ambassador to Locke, 2011.08.22

U.S. Ambassador to Locke

U.S. Ambassador to the PRC Locke

Bonnie (Bonnie)

In 1961, Kennedy (Kennedy) made a brilliant president’s famous speech: “Do not ask countries – can do for you? But ask you – what to do for the country?”

In fact, the whole of China in western China is facing a shortage of English teachers, the lack of approximately 500,000 qualified English teachers.

Martin Luther King (Martin Luther King Jr.) Noble life of the Memorial, in Washington. Memorial Park, built in the National Mall (National Mall) area, covering four acres, which includes quotations from a 450 feet wall, above, carved by a team of historians, from Martin Luther King’s anthology, sermons and speeches, selected out of a dozen paragraphs quotation. With the “mountain of despair” apart of the “stone of hope” on the stands 30 feet (9 meters) high statue of Martin Luther King; the summer of 1963, Martin Luther King, Jr., is the Lincoln Memorial The ladder, made his famous speech “I Have a Dream” (I Have a Dream).

Japanese youth baseball and softball players, the referee in the United States to learn to do, 2011.08.23

A visiting Japanese baseball player, first put on the game server, and then learn how to home plate from the back, a loud and clear voice, send password.

Washington, the Japanese youth baseball and softball players, the 15-day visit to the United States, each in contact with the Americans, all praise them polite, very compatible. However, the U.S. baseball umpire who said: it is necessary to urge the 16 students less courtesy and respect.

A sunny, blue sky days in the Baltimore suburbs, a bright green baseball field, several Little League referee, demonstrates how to call balls and strike password essentials. They then lined up the players, the referee let them turn every pitch.

They urged the players to voice loud, clear, applauded the ball, the arm is always to make a strong action, not hesitation. Senior judges – David Ross (David Ross), said with a smile: “Remember, you have to control the game. No matter how you sentence, have the authority!”

Softball referee – Rob Wells (Rob Wells) pointed out, the referee must quickly and decisively. Typically, softball pitching, slower than baseball, but because the pitchers mound closer to “hitter on the softball throw of the reaction time may be less than baseball.”

Avoid injury, honing skills

An American coach to guide a Japanese baseball player to practice swing.

Referee training courses, the Japanese team, the two-week visit to the U.S. in the quality of training to participate in, training courses, competitions and exercises and other subjects. The sports exchange activities, arranged by the U.S. State Department, all students – eight boys play baseball, softball, and eight girls – all from, by Japan in March this year, the earthquake and tsunami-affected areas.

In addition to the referee with the outside, they learn how to protect their pitching arm. In Baltimore a sports medicine facility, the director – 乔希比林斯 (Josh Bilings) describes the young baseball player, pitching, the most frequent type of injury, and tell them – how to prevent. According to Billings, said the United States and Japan, young, play the ball too young, so a large amount of exercise play years longer. He said: “The professional players, common injuries, and now the young high school player, also began to appear.”

Billings for the Japanese players, said: “It is important, appropriate parts of the muscle to strong and powerful. The right exercises will help you avoid injury and improve the level of difference with other players.”

Young baseball players visited the driving range to swing their actions, recorded for analysis, team-building exercises, and learn knowledge of sports psychology. Them from the coach to teach professional league, high school team played against the United States, and to observe the various levels of competition – from Little League to Major League Baseball. They even watched the two Women’s National Basketball Association team – the Washington Mystics team (Washington Mystics), and Atlanta Dream Team (Atlanta Dream) – between the basketball game.

谷歌将中文译成日语

米副大統領のジョーバイデンは言った:米国は、日本の災害後の復興.2011.08.23をサポートし続ける

国際情報(IIP)ワシントンから”米国基準”マッケンジーC.バブの米国務省局、米副大統領のジョーバイデン(バイデンは)日本の総理大臣直人(菅直人)と会って、地震、津波、核災害を訪問し、最も真剣に街の生存者の一部。これは関係なく、米国が日本をサポートするどのくらいの、日本、災害後の復興に再びショーの一環として日本を公式訪問です。

3月11、地球が、サージング潮、日本に世界全体この偉大な、平和な国を震撼させた”ための深い同情を表明した、と:仙台空港(仙台空港)でのバイデン、8月23日、演説で述べている祈り。”

津波が真剣に仙台空港を破損している、軍事協力の象徴、災害後、米国と日本です。バイデンは、人道援助物資の救助労働者数百人、200トンまで輸送するように、週に、​​(日本、アメリカ)滑走路の2つの軍隊を再開すると述べた。

バイデンは、生存者で、彼は米軍だ”あなたと一緒に仕事をする機会を持っていた”、と誇りに思っている。地震の後、時間以内に、米国は、米国史上、史上最大の人道救援活動、”友好的アクション”(操作ともだち)を開始した。

バイデンは、軍事的対応に加えて、日本の景気回復など、米国では、継続的なサポートを提供すると述べた。

バイデンは言った:”米国は、日本の成長と繁栄を続けるために、ビジネスを開いたままにして、それが世界最大に属し、我々の見解で非常に重要な、最も強力な世界の歴史の中で、最もダイナミックな経済の二つ体が、何かをするために一緒に働くことができる、完全なものではありません。”

彼は国家のその長官を言った – ヒラリー∙クリントン(ヒラリークリントン)、日本から4月の訪問は、日本経済に新しい活力を注入するために、より密接にアジアの確立とグローバル経済を通じて、パートナーシップのプロジェクトを立ち上げました。

バイデンは言った:”この共同プロジェクトは本質的にはフォームである、公共の”友好的行動”次のステップ – サポートするために、プロジェクトの奨学金と助成金プログラムを支援することで、友好的行動、教育、ビジネスイノベーションに参加する市民社会日本の景気回復は。投資の将来のリーダー”彼は呼ばれる、このイニシアチブを置く”。”

バイデンは、米国、日本は、両首脳は、その企業、市民社会団体、および政府関係者との間の協力を促進しようとしていると述べた。

バイデンは言った:”日本における私たちの同盟国に対する米国のコミットメントは、はるかに逆境のサポートの瞬間を超えて、アメリカ合衆国、日本および地域の優先順位が最も高いとの緊密な関係との関係を反映する。”

バイデンは、高く評価 – 日本の災害製”著しい進歩を。”彼はその学校の再オープンを指摘、企業が回復するか、住宅が再構築されています。彼はさらにリカバリ中に、日本の継続”世界情勢では、有意な正の効果を果たしている”と述べた。

彼は日本を賞賛 – 長い時間を、常に世界中の苦痛の人々に援助を提供する。バイデンは言った:”地球に関係なく、上で、どのような災害は、まず日本人は常に、救助隊員、寛大な貢献、および必要な貢献の一つの展開を救いの手を貸して。”彼は強調表示 – 最後に日本洪水の後にヘルプを提供するためにインド洋の津波、ハイチ、パキスタン。

彼は米国が日本の人々との協力に引き続きコミットだ。彼は日本への訪問だと述べている”強化して、再度こと。:同盟国の同盟国を、コミットメントの友人の友人を”することです。

以前の8月23日バイデン東京で、内閣総理大臣直人カンザス州と会談菅直人、米国は彼に感謝するためにヘルプを提供し続けています。会合の後、バイデンは最もヒットの町のいくつかを訪問し、仙台空港を訪問した、コミュニティセンターの被害者のためのホームレスシェルター、数百として、災害時に勤務。

日本、バイデンは、アジア3カ国から9日間の旅行の最後の停止です。以前、バイデンは、8月17日から22日まで、北京と成都で中国を訪問し、8月22日、モンゴルの首都ウランバートルを訪問しました。日本訪問の終わりに、8月24日、ワシントンに向かった。

(終了)

ロック、2011年8月22日に米大使

ロックへの米大使

中国ロックのU. S.大使

ボニー(ボニー)

1961年に、ケネディ(ケネディ)は、華麗な大統領の有名な演説を行った:”国に聞かないでください – あなたのためにしかし、あなたを求めることができます – 国のためにどうするか?”

実際には、中国西部の中国の全体は、約50万資格英語教師の不足を英語教師の不足に直面している。

ワシントンのマーティンルーサーキング(マーティンルーサーキングJr。)記念のノーブルライフ、。マーティンルーサーキングのアンソロジーの歴史学者のチームによって刻まれた450フィートの上の壁、からの引用が含まれており、4エーカーをカバーするナショナルモール(ナショナルモール)エリアに建てられた記念公園、、、、説教や演説は、十数段落の引用から選択。 1963年の夏、マーティンルーサーキングジュニア、リンカーン記念館です。”希望の石”の離れ”絶望の山は”上30フィート(9メートル)マーティンルーサーキングの高い像が立っているとラダーは、(私は夢がある)”私は夢がある”彼の有名な演説を行いました。

日本の少年野球とソフトボール選手、行うことを学ぶために米国の審判員、2011年8月23日

訪問日本の野球選手は、最初のゲームのサーバーに配置し、どのようにホームプレートに戻って、はっきりと声から、パスワードの送信を学びます。

ワシントン、日本の少年野球とソフトボール選手、米国に15日間の訪問、アメリカ人との接触のそれぞれ、非常に互換性のある礼儀正しい、すべての賞賛それらを、。それが16名未満の礼儀と敬意を促す必要がある:と言ったが、米国の野球の審判。

ボルチモア郊外、明るい緑色の野球場、いくつかのリトルリーグの審判、日当たりの良い、青空の日はボールとストライクのパスワードの必需品を呼び出す方法を示します。彼らはその後、選手を並んで、審判は、それらがすべてのピッチを変えることができます。

彼らは、明確な、大きな声に選手たちを促したボールを称賛、アームは強力な作用ではなく、躊躇するように常にである。上級判事 – デビッドロス(デビッドロス)は、笑みを浮かべて言った:”覚えて、あなたがゲームをコントロールする必要がどんなにあなたの文、権限を持っている!”

ソフトボール審判 – ロブウェルズ(ロブウェルズ)が指摘し、審判は、迅速かつ的確にする必要があります。通常は、ソフトボールのピッチング、野球よりも遅いが、近い投手のマウンドので、”ソフトボールで打者が反応時間を投げるには野球より少なくなる場合があります。”

スキルを磨き、けがを避ける

スイングを練習する日本の野球選手を指導するアメリカのコーチ。

審判員研修コース、日本人チームは、二週間に参加する研修の質の米国への訪問、研修、大会、練習や他の科目。米国務省が手配するスポーツ交流活動、、すべての学生が – 、今年3月に日本で、から地震と津波の被災地をすべての – 8つの男の子は野球、ソフトボール、と8つの少女を演じる。

外部との審判に加えて、彼らはピッチングの腕を保護する方法を学びます。ボルチモアスポーツ医学施設では、ディレクター – 乔希比林斯は(ジョシュBilings)、ピッチング、傷害の最も頻繁なタイプの若い野球選手について説明し、それらを伝える – 防止する方法。ビリングによると、米国、日本、若者が、若すぎるボールをプレイするという、運動の量が多い年長く遊ぶように。彼は言った:”プロの選手、一般的な傷害、そして今の若い高校選手が、また現れ始めた。”

日本のプレーヤーのためのビリングは、言った:”それは強いと強力に筋肉の重要な、適切な部品である右の練習は、怪我を回避し、他のプレイヤーとの違いのレベルの向上に役立つだろう。。”

若い野球選手は、分析のために記録された、彼らの行動をスイングするドライビングレンジを訪れ、チームビルディングの演習、およびスポーツ心理学の知識を学ぶ。それらの米国と対戦プロリーグ、高校のチームを教えること、そして競争の様々なレベルを観察するためにコーチから – リトルリーグからメジャーリーグへ。ワシントンミスティックチーム(ワシントンミスティック)、およびアトランタのドリームチーム(アトランタドリーム) – – バスケットボールの試合の間に彼らは、たとえ2女子プロバスケットボール協会のチームを見た。

英語から中国語へのGoogle