英叻发表首个政策声明:新政府将促经济稳定政治和解

英叻发表首个政策声明:新政府将促经济稳定政治和解

(2011-08-23,曼谷)泰国新首相英叻说,她领导的新政府将着重于确保经济稳定和促进政治和解。

  英叻,在国会,发表第一个政策声明,强调“将诚实与有效地-使国家落实繁荣、和解与公正。”

  泰国国会上,下两院,2天的辩论,由电视转播。英叻-泰国第一位女首相,上台两个星期以来,一直面对政府可能赦免达信,和可能修宪,以便他回国的质疑。观察家认为,这两天的辩论,将让她有机会-确立个人的独立性,和驳斥她是达信替身的批评。

  英叻,在国会的两个小时演讲中,宣布,政府施政,将着重在八大领域,就是,在执政第一年里,推行的应急政策,国家安全、经济、社会与生活素质、天然资源与环境、科技研究和创新、外交政策和国际经济,以及善政良治。

  这些政策,大部分,都符合在竞选期间所许下的诺言,但,英叻没有透露-落实最低日薪300铢的时间表。她曾表示:将在明年初,实施这个措施。这个日薪水平,将比全国目前平均日薪,高大约40%。

  她誓言:要在第一个年头里,处理其他重点课题,包括,打击毒品和贩卖人口的问题,以及在南部谋求和平。

  其中,最主要的变动,是改变前任政府-要兴建曼谷到东北部毗邻老挝边界的高速铁道计划。她宣布:将改而建造-衔接曼谷与北部、东北部和最北部城市的三条铁道。

  民主党党魁、前首相阿比昔要求英叻,把社会不平等现象,视为国家当务之急,还指责新政府-改变了在大选期间,所宣扬的政策。

  泰国新政府,在国会开始两天辩论之前,采取了不寻常的做法,要求反对党议员不要提有关达信的问题,指这个问题,与政策辩论无关。

达信:我是妹妹英叻的“百科全书”

2011-08-23,泰国前首相达信说,自己不会是妹妹的政治包袱,而是她手上的一本实用的“百科全书”。

  在日本进行一周访问的达信,在东京,召开大型记者会,谈起新任泰国首相的胞妹英叻时,满脸春风,洋洋得意。

  2006年9月,泰国军方,以达信贪污为由,发动政变,推翻当时身在国外的达信。

  法庭,后来,以滥用权力罪名,判处达信两年监禁,还取消了他的护照。达信为避牢狱之灾,流亡海外,至今。

  日本法律禁止给被定罪者入境,但,对达信这次申请入境,却有了破例处理。

  日本舆论认为,英叻,旗开得胜、成功上台,扭转了达信暗淡的逃亡命运。舆论认为,达信的影响力,正在提高,此次访问日本,不排除是在为其胞妹打造外交人脉。他,虽然是以探访东北灾区为理由,申请签证,但,在星期一,抵达日本以后,就马不停蹄地,与日本朝野和商界领袖会晤。

  在大型记者会上,达信,是带着大哥的口吻,叙述她那才貌双全的首相妹妹。

  他说:“英叻,是我的幺妹,我结婚时,她,才八岁半。我妈妈嘱咐过我,必须好好照顾她。可这么说,她,是我一手调教和提拔的。以这样的家族关系,我和她一直都保持着紧密联系。她认识的人,不比我多,我,就好比她手上的一本百科全书,可以任她自由开合,翻阅。”

达信否认自己的存在,会给英叻带来任何政治风险。“英叻,与我相差,一个世代,她是人民选出来的。我认为:自己不会给妹妹带来任何风险,也不是她的政治包袱。”

  在被问及-何时会返乡,与妹妹相聚?此时,他回答:“如果,我了解到自己回去,会带给泰国混乱的话,那,我会选择-不回去。如果,看到我-急忙赶着回去,那就表示:我回去是要去解决问题的。”

  他强调:“泰国的政治稳定,关键在于民意。从现在各地发生的政变看来,执政者无法抗拒的是民意。只有愿意聆听民意的政府,才能真正巩固政权。”

  达信,把泰国这五年的政局动荡,与日本走马灯似更换首相的政局,相提并论:“日本的政治,这五年,与泰国极为类似。那就是,在我和前首相-小泉纯一郎下台之后,都一连,换了多个首相。日本这次,又快换了吧……?”

英叻:促经济稳定,政治和解……

东京,日本首相菅直人,23日重申,他将在国会通过“公债发行特例法案”,和“可再生能源特别措施法案”后,辞职。
  
据日本共同社报道,菅直人当天上午,在阁僚恳谈会上表示,下一任首相,可能于30日选举产生;同时,菅直人提出要求,“内阁成员,大概会在30日,全体辞职。希望各位内阁成员,尽全力,做好手头最后的工作,和交接事务。”

  本月10日,菅直人,在众议院财务金融委员会会议上说,如果“公债发行特例法案”、第二次补充预算,和“可再生能源特别措施法案”3个文件,得到国会通过,那么,民主党将迅速举行代表(党首)选举,他将在新代表选出后,辞去首相职务。

  据日本媒体报道,“公债发行特例法案”,和“可再生能源特别措施法案”,最迟可能在26日,获得国会通过。第二次补充预算,已于7月25日,获得通过。

  日本执政党民主党,22日下午,举行常任干事会,决定:于27日,发布该党代表(党首)选举告示,29日,举行代表选举。日本众,参两院全体会议,可能于30日,分别举行首相指名选举,选举产生日本下一任首相。

  目前,民主党在众议院480个议席中,占有301席,如不出意外,该党代表,将会出任首相一职。

  至今,有意参选的人,有-前外长-前原诚司、财政部长-野田佳彦、农业部长-鹿野道彦、经济部长-海江田万里等。

穆迪宣布将日本主权信用评级下调至Aa3

2011-08-24,外电报道,穆迪投资服务公司今天宣布:将日本政府债券的评级,下调一级,至Aa3,理由是-该国巨大的财政赤字,和自2009年全球经济衰退以来,不断累积的债务负担。

  穆迪在声明中,称:“多个因素,导致日本难以减缓债务,与GDP之比的增长趋势,促使穆迪采取调降行动。”

  穆迪表示,日本的经济前景,目前,仍较为稳定,主要是因为“日本投资者,仍偏爱日本国债,这使得日本政府的财政赤字,能以全球最低的名义利率,获得资金支持”。

美国副总统拜登访问日本:怀疑美国日本经济发展者,都下错了注,(2011-08-23,东京),正在东京访问的美国副总统拜登说,美国必将克服它所面对的债务危机,日本,也会从三一一大地震的阴影中,走出来,他称,那些对美国,日本经济发展抱持怀疑态度的人,是下错了注。

  拜登,上周开始,亚洲之行,他,在东京,会见了首相菅直人,双方讨论了日本三一一地震,和海啸之后的重建问题。那次地震,造成2万多人丧生,还引发了-1986年切尔诺贝利核事故以来,全球最严重的核危机。

  拜登,在开场白里说,他是来表达美国人民的同情,和赞赏日本在震后的表现,他也称,日本和美国,都不会沉沦下去。

  拜登说:“你们在应付最大的天灾,我们在设法-让预算,走上正轨。世界上,有唱衰我们的声音,但是,他们打错了算盘。”

  菅直人,对美国提供的“极大帮助”,向拜登致谢,还说,他的到访,发出了积极的信号。菅直人说:“我们已经恢复正常运作,这次访问,告诉全世界,日本,又再正常运作了。”

  菅直人的经济部长,周二说,自己可能在下星期辞职。日本国会,要选出五年里的,第六位首相。

  日本民主党,2009年上台以后、加上时任首相-鸠山由纪夫,要兑现竞选承诺,把冲绳县的美军普天间基地搬迁出去,致使日本与美国的两国关系,一度出现摩擦。

  日本,去年,跟美国达成协议,按照2006年的协议,把普天间基地,迁往冲绳岛人口稀疏地区,但是,当地居民不支持政府的这个计划。

  日本大学政治学教授-岩井有明说,地震和政治混乱,表明日本外交,已经不存在了。他说:“美国通过“伙伴行动(Operation Tomodachi),扩大了对日本的援助,所以,日本非常感激。”他说:“但是,在普天间问题上,没有进展,虽然,美国与日本关系很好,但是,处于毫无进展的状态。”

法国巨富们求缴重税, 要同国家共赴时艰

(2011-08-24,巴黎)一些法国最富有的人们-包括著名化妆品欧莱雅的亿万富豪继承人,和石油巨头道达尔的负责人,周二,呼吁法国政府,对他们征收多一点税,来帮助解决国家的金融问题。

  一封贴在《 新观察家》周刊网站的请愿书里,法国16家公司的总裁、商业领袖,和富豪呼吁,设立一项“特别贡献”税项,在不影响资金流通的情况下,对富豪的财富-征税。

  美国亿万富翁-巴菲特,最近呼吁美国政府,提高对他本人,和其他超高收入人群的征税,用来帮助美国政府,推动削减开支计划。现在,法国一些富豪,紧随,要求政府提高他们的税务。

  法国总统萨科齐,早就计划,减少一些有利富人的免税项目,设法-在2012财政年度的预算中,多得到50亿,至100亿欧元的额外税收,缓解因为担心法国公共财政情况,而引起的市场动荡。

  法国预算部长佩克雷斯,本月曾说,政府正酝酿-对年收入超过100万欧元(约=174万新加坡元)的纳税人,实行新的征税计划。

  由法国最大广告商阳狮集团(Publicis)、法国兴业银行总裁,和法国航空公司总裁签名的,这封请愿书说:“我们是法国和欧洲现行体制的既得利益者,因此,觉得:有必要出钱,解困,帮助维持这一体制。”

  萨科齐原本计划-通过严格控制税收减免,以便在明年多征收30亿欧元,借此把政府财政赤字从今年占GDP的5.7%减少到明年的4.6%。

  但是,第二季度,经济增长乏力,和标准普尔,本月,降低美国的债务风险等级,让法国政府意识到,需要紧急采取更多措施,来保住自己的AAA风险评级,这对深陷债务危机的欧元区,保持稳定,非常重要。

  请愿书说:“公共财政赤字,和糟糕的债务状况展望,威胁着法国和欧洲的未来,在政府要求大家共渡难关的时刻,我们有必要-做出贡献。”

google将中文译成英语
Britain’s first policy statement issued smart: the new government will promote economic stability and political reconciliation

(2011-08-23, Bangkok) Thailand’s new prime minister said Britain smart, she led the new government will focus on ensuring economic stability and promoting political reconciliation.

British smart, in Congress, issued the first policy statement, stressing that “the honest and effective – the implementation of the country prosperity, reconciliation and justice.”

Thai National Assembly, the lower houses, two days of debate, televised. British Lak – Thailand’s first female prime minister, took office two weeks has been the face of government may pardon Thaksin, and possibly amending the constitution so that he could return to the question. Observers believe that this two-day debate, will give her a chance – to establish personal independence, and rejected her criticism of Thaksin substitute.

British smart, two-hour speech in Parliament, the announced government policy, will focus on eight areas, that is, the first year in office, the implementation of emergency policies, national security, economic, social and quality of life, natural resources and environmental, scientific and technological research and innovation, foreign policy and international economic, good governance and good governance.

These policies, most, are in line during the election campaign promise, but the British did not say smart – for a minimum daily wage of 300 baht timetable. She said: early next year, the implementation of this measure. The daily level, the current average daily rate than the national high of about 40%.

She vowed: in the first year, the treatment of other key issues, including the fight against drug and human trafficking, as well as in the south to seek peace.

Among them, the most important change is to change the former government – to be built adjacent to the northeast of Bangkok to the Laos border high-speed rail plan. She announced: instead build – link Bangkok to the north, northeast and north of the city’s three most railway.

Democratic Party leader, former Prime Minister asked the British former Abbey smart, the social inequalities, as a national priority, also accused the new government – has changed during the election campaign, advocated by policy.

Thailand’s new government, starting two days before the debate in Congress, took the unusual approach, requiring opposition members not to mention the issue of the letter, refers to this problem, and policy debate.

Marsh: I am a sister British smart “encyclopedia”

2011-08-23, former Thai Prime Minister Thaksin Shinawatra says he will not be the sister of political baggage, but she was in the hands of a practical “encyclopedia.”

One-week visit in Japan, Marsh, in Tokyo, holding a large press conference, talking about the new smart Rentai Guo British Prime Minister’s sister, the face spring, triumphantly.

In September 2006, the Thai military to Thaksin on grounds of corruption, coup, was in a foreign country to overthrow the Thaksin.

Court, and later to charges of abuse of power, Thaksin sentenced to two years imprisonment, also canceled his passport. Marsh to avoid prison, into exile, so far.

Japanese law prohibits entry to the convicted persons, but, on the application for entry of the letter, there is the exception handling.

Japanese public opinion, British smart, hit the ground running, successfully took office, reversing the flight of Marsh bleak fate. Public opinion, Thaksin’s influence is increasing, the visit to Japan, do not rule out its sister building in diplomatic contacts. Him, although they are to visit the Northeast hit the ground, apply for a visa, but, on Monday, arrived in Japan after the non-stop, with the Japanese government and business leaders.

In a large press conference, Marsh, is the tone with big brother, described her sister endowed with both the Prime Minister.

He said: “Britain and smart, my Yaomei, I got married when she was only eight and a half my mother asked me, must take good care of her. To say, she is my hand tuning and promoted. To This family relationship, she and I have always maintained close contact she knew, better than me, me, like she was in the hands of an encyclopedia, you can freely open and close her office, read. ”

Thaksin denies their existence, the British would bring any smart political risk. “British smart, and I am almost a generation, she was elected by the people and I think: he will not pose any risk to his sister, not her political baggage.”

When asked – when it will return, together with his sister? At this point, he replied: “If I understand your back, Thailand will bring chaos, then, I would choose – do not go back if see I – hurried rush to go back, it said: I go back is going to solve the problem. ”

He stressed: “Thailand’s political stability, the key is the people from all over the coup now seems that those in power could not resist the public opinion and only willing to listen to public opinion the government can really consolidate political power.”

Thaksin, the political turmoil in Thailand this year, with Japan’s political revolving door seems to replace the prime minister, compared to: “Japan’s politics, this year, and Thailand is very similar to that in I and former Prime Minister – Junichiro Koizumi to step down After all-day, for a number of the Prime Minister of Japan this time, fast for it … …? ”

British Lat: promoting economic stability, political reconciliation ……

Tokyo, Japanese Prime Minister Naoto Kan, 23, reiterated that he would be passed by Congress, “a special case of bond issuance Act”, and “special measures for renewable energy bill,” after the resignation.

According to Japan’s Kyodo News agency reported, Naoto Kan morning, said in a conference held at the cabinet members, the next prime minister, may be elected at 30; Meanwhile, Naoto Kan request, “cabinet members, probably in the 30, all resigned. hope that members of the cabinet, make every effort and do the final work at hand, and the transfer of affairs. ”

Jan. 10, Naoto Kan, the House Finance Committee meeting that if the “special case of bond issuance Act”, the second supplementary budget, and “special measures for renewable energy bill” three files to get through Congress, then, on behalf of the Democratic Party will soon hold (first party) elections, he will be elected in the new representative, resigned as prime minister.

According to Japanese media reports, “a special case of bond issuance Act”, and “special measures for renewable energy bill,” no later than may 26, adopted by Congress. Second supplementary budget, on July 25, was adopted.

Japan’s ruling Democratic Party, 22 pm, held a permanent officer to decide: on the 27th, the release party (first party) Election notices, 29, held elections. Japanese House and Senate plenary session, may be at 30, named prime minister elections were held, elected Japan’s next prime minister.

Currently, the Democrats 480 seats in the House of Representatives, holds 301 seats, such as no accident that the party will become prime minister post.

So far, potential candidates who have – former Foreign Minister – Maehara, Minister of Finance – Yoshihiko Noda, Minister of Agriculture – Michihiko Kano, Minister of Economic Affairs – Hai Jiang Tian Miles and so on.

Moody’s announced that it would cut Japan’s sovereign credit rating to Aa3

2011-08-24, foreign reports, Moody’s Investors Service announced today: the Japanese government bond ratings, lower level, to Aa3, the grounds that – the huge budget deficit, and the global economic recession since 2009 has been continue to accumulate debt.

Moody’s said in a statement, said: “Many factors led to the Japanese is difficult to reduce debt, and the ratio of GDP growth, prompting Moody’s to cut action.”

Moody’s said Japan’s economic prospects, at present, still more stable, mainly because “Japanese investors still prefer Japanese government bonds, which makes the Japanese government’s budget deficit, can the world’s lowest nominal interest rates, access to financial support.”

U.S. Vice President Joe Biden’s visit to Japan: suspect the U.S. Japan’s economic development, and both are the wrong note, (2011-08-23, Tokyo), is visiting Tokyo, said U.S. Vice President Joe Biden, the United States will overcome its face the debt crisis, Japan, from three hundred and eleven will be the shadow of the earthquake, to come out, he said, that the United States, remain skeptical about Japan’s economic development people, is the wrong note.

Biden, last week, trip to Asia, he, in Tokyo, met with Prime Minister Naoto Kan, the two sides discussed the earthquake in Japan three hundred and eleven, and the reconstruction after the tsunami. The earthquake caused 20,000 people were killed, also led to 1986 nuclear accident since Chernobyl, the world’s most serious nuclear crisis.

Biden, says in his opening remarks, he expressed sympathy for the American people, and appreciation of Japan’s performance after the earthquake, he said, Japan and the United States, will not sink.

Biden said: “You deal with the biggest natural disasters, we try to – to budget, track the world, there are bad-mouthing our voices, but they miscalculated.”

Naoto Kan, the United States to provide a “great help”, thanks to Biden, said he’s visited, sent a positive signal. Naoto Kan, said: “We have resumed normal operation, this visit, tell the world that Japan, once again work properly.”

Naoto Kan’s economy minister, said Tuesday that he might resign next week. Japanese parliament to elect five years, the sixth prime minister.

Democratic Party of Japan, in 2009 came to power, coupled with then Prime Minister – Hatoyama Yukio, to fulfill campaign promises, the U.S. military in Okinawa Prefecture out of Futenma base relocation, resulting in relations between Japan and the United States, there was friction.

Japan last year, reached an agreement with the United States, according to the 2006 agreement, the Futenma base, sparsely populated areas to move to Okinawa, but local residents do not support the Government’s scheme.

Japan’s University political science professor – Iwai has confessed, earthquakes and political chaos, that Japan’s foreign, does not exist. He said: “The United States through the” Partnership Initiative (Operation Tomodachi), the expansion of Japan’s assistance, so the Japanese are very grateful. “He said:” However, in the Futenma issue, no progress, though, a good relationship with the United States and Japan, but no progress in the state. ”

French billionaire who seek to pay heavy taxes to the same country to ride out the storm

(2011-08-24, Paris), some of France’s richest people – including the famous L’Oreal billionaire cosmetics heir, and oil giant Total in charge on Tuesday, urged the French government, more taxes levied on them to help solve the country’s financial problems.

One attached to the “Nouvel Observateur” magazine website petition, the French president of 16 companies, business leaders, and rich call to set up a “special contribution” tax, does not affect the flow of money in the case of the rich wealth – tax.

U.S. billionaire – Warren Buffett, recently urged the U.S. government to raise awareness of his own, and other high-income people tax to help the U.S. government to promote the cost-cutting plan. Now, some of the richest in France, followed, requiring the Government to increase their tax.

French President Nicolas Sarkozy, has long been plans to reduce some of the benefit of the rich tax-free items to try – in the 2012 fiscal year budget, get more than $ 5 billion to 100 billion euros of additional revenue to ease the fear of French public finances, caused by market volatility.

French Budget Minister Peck Juarez this month, has said that government is brewing – the annual income of more than 1 million euros (about = 174 million Singapore dollars) of taxpayers, the implementation of the new tax plan.

France’s largest advertising by the Publicis Groupe (Publicis), France’s Societe Generale bank president, and president of Air France signatures, the petition said: “We are in France and Europe, the current system of vested interests, so that: it is necessary money, solve problems, help maintain the system. ”

Sarkozy’s original plan – through strict control of tax relief to more than next year, imposes a 30 billion euros to the government budget deficit from 5.7 percent of GDP this year down to 4.6% next year.

However, the second quarter, weak economic growth, and Standard & Poor’s this month, reducing the debt level of risk the United States, the French government recognized the need to take more urgent measures to keep their AAA risk rating, which is deeply in debt crisis in the euro area, stable, very important.

The petition said: “The public deficit and debt situation of poor vision, threatening the future of France and Europe, the government asked us to tide over the crisis at the moment, we need to – make a contribution.”

google将中文译成日语
英国初のポリシーステートメントは、スマート発行:新政府は、経済の安定と政治的和解を促進する

(2011年8月23日、バンコク)タイの新首相は、彼女が新政府が経済の安定を確保し、政治的和解の促進に焦点を当てる率いる、イギリススマートだ。

英国のスマートは、議会では、強調し、最初のポリシーの声明を発表している”正直かつ効果的 – 。国の繁栄の実装、和解と正義”

タイの国会、下家、討論の二日間は、放映。英国のカオラック – タイ初の女性首相は、二週間に就任した政府の顔がタクシン大目に見てもらうとしてもされ、そして彼が質問に戻ることができるように、おそらく憲法を改正しています。オブザーバーは、この2日間の議論は、彼女のチャンス与えることを信じて – 個人的な独立性を確立するために、そしてタクシン代替の彼女の批判を退けた。

英国のスマート、2時間の議会でのスピーチ、発表された政府の政策、8つのエリアに焦点を当て、オフィスでの初年度であり、緊急の政策、国家安全保障、経済、社会及び生活の質の実装、天然資源と環境、科学技術の研究と技術革新、外交政策、国際経済、良い統治及び良い統治。

これらのポリシーは、ほとんどが、選挙の選挙公約中にラインの中にありますが、英国では、スマート言っていない – 300バーツの時刻表の日額最低賃金のために。彼女は言った:来年早々に、この措置の実施。日常レベル、約40%の国民が高いよりも現在の平均1日当たりの料金。

彼女は誓った:最初の年に、麻薬や人身売買との戦いだけでなく、平和を求めて南に含む他の重要な問題の治療を。

その中で、最も重要な変更は、旧政府を変更することです – ラオス国境の高速鉄道計画にバンコクの北東に隣接して建設する。彼女は発表した:代わりに構築する – 市内の三大鉄道の北、北東、北にバンコクを結ぶ。

民主党のリーダー、元首相はまた、新政府を非難、国家的優先課題として、英国の旧修道院スマート、社会的不平等を、尋ねた – ポリシーが提唱する選挙運動中に変更されています。

議会での討論の2日前に開始し、タイの新政府は、、手紙の問題はもちろんのこと、野党議員を必要とする、珍しいアプローチを取った、この問題、および政策の議論を指します。

マーシュ:私は妹英国スマート”百科事典”です

2011年8月23日、元タイのタクシン首相は、彼が政治的な荷物の姉妹ではないと述べ、しかし彼女は実用的なの手にあった”百科事典。”

東京で日本、マーシュ、で一週間の訪問、勝ち誇って、顔の春、新しいスマート仁郭英首相の妹の話を、大規模な記者会見を開催。

2006年9月、タクシンのタイの軍事汚職を理由に、クーデター、タクシンを打倒するために外国にいた。

裁判所は、後に権力の濫用の罪に、タクシンはまた、彼のパスポートをキャンセル、二年の刑を宣告。マーシュはこれまで、亡命、刑務所を避けるために。

日本の法律では有罪判決を受けた者へのエントリーを禁止しているが、、手紙のエントリのアプリケーションに、例外処理があります。

日本の世論、イギリスのスマートは、成功マーシュ暗い運命の飛行を逆に、就任した、本格的に活動を開始する。世論は、タクシンの影響力は、日本への訪問を増加して、外交的接触の姉妹ビルを排除していない。彼、彼らは、北東が地面を打つ訪問ビザを申請することであるが、しかし、月曜日に、日本政府やビジネスリーダーに、ノンストップの後に日本に到着した。

大規模な記者会見では、マーシュは、、兄貴とトーンである内閣総理大臣の両方に恵まれている妹を説明した。

彼女はわずか8歳の時、私が結婚した、私の耀美、英国とスマート”と母が私に尋ねた半分、彼女の世話をする必要があると言うために、彼女は私の手の調整と促進されるために:彼は言った。。この家族関係は、彼女と私はいつも近くに、、より私より、彼女は知っていた私に連絡して彼女は百科事典の手の中にあったように、あなたが自由に開くことができると彼女の事務所を閉じ、読み込みを維持してきた。”

タクシンはその存在を否定する、英国では、スマート政治的リスクをもたらすだろう。 “英国のスマートな、と私は、ほとんどの世代よ、彼女は人々によって選出されたと私は思う:彼は彼女の政治的お荷物、妹にどんなリスクがないもたらすことはありません。”

?要求されたとき – それは彼の妹と一緒に、返すときにこの時点で、彼は答えた:”私は背中を理解していれば、タイはその後、私が選ぶ、混乱をもたらす – 表示された場合は戻っていない私 – 戻って急いラッシュ、それは言った:私は戻って問題を解決するために起こっている”。

彼は強調した:”タイの政治的安定を、キーはクーデターの人々が今権力者は世論と政府は実際に政治力を統合することができます世論に耳を傾けるだけ喜んで抵抗できなかったようだです。”

日本の政治の回転ドアとタクシン、タイの政治的混乱、今年は、に比べて、首相を置き換えるようだ:”日本の政治、今年、タイは私と元首相のそれと非常に似ている – 小泉純一郎はステップダウンする終日の後、日本の総理大臣の数はこの時間のため、高速なそれのための… …?”

イギリス緯度:経済的安定、政治的和解を促進する……

東京、日本の管直人首相、23は、辞任後の”特別な社債発行法の場合”、および”再生可能エネルギー法案のための特別措置、”、彼は議会で可決されることを改めて表明した。

日本の共同通信によると、菅直人の朝、報告されたキャビネットのメンバーで開催された懇談会で、次期首相は、30℃に選出されることがあります。一方、菅直人の要求は、”閣僚は、おそらく30に、すべての辞任。内閣のメンバーは、あらゆる努力をし、手で最後の作品、および業務の移転を行うことを願っています。”

1月10日、菅直人、その場合、”社債発行法の特殊なケース”、第二次補正予算、そしてその後、議会を通過するために”再生可能エネルギー法案のための特別措置”三つのファイル、ハウス財務委員会民主党に代わってすぐに(最初のパーティー)選挙を開催する、彼は首相を辞任、新代表に選出される。

日本のメディアの報道によると、議会で”社債発行法の特殊なケース”、および”再生可能エネルギー法案のための特別措置、”遅くとも05月26日よりを、採択した。第二次補正予算案は、7月25日、採択されまし​​た。

27日にリリースパーティ(第一者)選挙の通知、29日の選挙で日本の与党民主党、22時は、決定する恒久的な役員を歴任。日本の下院と上院本会議は、30℃かもしれない、という首相の選挙は日本の次期首相を選出、開催されました。

現在、民主党下院の480議席は、政党が首相のポストになることなどない事故のような301席を、保持しています。

持っているこれまでのところ、潜在的な候補者 – というように海江天のマイルと – 元外務大臣 – 前原、大蔵大臣 – 野田佳彦、農業大臣 – 道彦狩野、経済大臣。

ムーディーズは、それがAA3に日本のソブリン信用格付けを削減すると発表しました。

2011年8月24日、外国人の報告は、ムーディーズインベスターズサービス、本日発表:AA3に日本国債の格付け、低レベル、、その根拠 – 巨大な財政赤字、2009年以降の世界的な景気後退はしている債務を蓄積し続ける。

“日本人に導いた多くの要因が負債を減らすために困難である、とGDP成長率の比は、ムーディーズが行動をカットするように促す。”:ムーディーズによると、声明で述べている

ムーディーズは”財政支援へのアクセスが、日本の投資家は依然として日本政府の財政赤字を作る日本の国債を、好む、世界で最も低い名目金利ができます。”主な理由は、さらに安定した、現時点では、日本経済の展望を述べて

日本への米副大統領のジョーバイデンの訪問:U. S.、日本の経済発展があると考えられる、との両方が東京を訪問され、間違った音符、(2011年8月23日、東京)が、米国はその顔を克服する米副大統領のジョーバイデン氏は、 311からの債務危機、日本は、出てくる、地震の影になる、と彼は言った、米国は、日本の経済発展の人々懐疑的残っている、間違っている注意書きです。

バイデン、先週、アジアへの旅行、彼は、東京では、内閣総理大臣菅直人に会い、双方は311、日本で地震を議論し、津波後の再建。地震は、2万人がチェルノブイリ、世界で最も深刻な核危機以降、1986年の原子力事故につながったことも、殺された原因。

バイデンは、開会の挨拶で、彼はアメリカの人々、そして地震後の日本のパフォーマンスの鑑賞のための同情を表明したという、彼によると、日本と米国は、シンクしません。

バイデンは言った:”あなたは最大の自然災害に対処する、我々がしようとすると – 、予算に世界を追跡する、がある私たちの声を口の悪い、しかし、彼らは計算が間違って。”

菅直人、米国”大きな助け”を提供するためには、バイデンのおかげで、彼が訪問しているという、肯定的なシグナルを送った。菅直人は、言った:”我々は日本が、再び正常に動作することを世界に伝える、、この訪問を通常操作を再開した。”

菅直人の経済大臣は、彼が来週辞任かもしれないことを明らかにした。五年選出する日本の国会、第六首相。

日本の民主党は、内閣総理大臣して、2009年に権力を握った – 日本と米国間の関係において、その結果、普天間基地の移転から鳩山由紀夫、選挙公約を果たすために、沖縄県の米軍、摩擦があった。

日本は昨年、沖縄に移動するには、過疎地を、2006年協定によれば、普天間基地を米国との合意に達したが、地元住民は、政府のスキームをサポートしていません。

日本の大学の政治学教授 – 岩井が告白している、地震、政治的混乱、日本の外国人が、存在しないこと。彼は言った:パートナーシップイニシアチブ(操作ともだち)、日本の援助の拡大”を通じて、米国”、日本人は非常に感謝しているので。 “彼は言った:”しかし、普天間問題、進展なし、しかし、米国や日本との良好な関係が、状態の進展なしに。 ”

嵐を乗り切るために同じ国に重い税金を支払うことを求めるフランスの億万長者

(2011年8月24日、パリ)、フランスで最も裕福な人々のいくつか – 有名なロレアルの億万長者の化粧品の後継者、および石油大手の合計の頭を含め、火曜日には、フランス政府に呼ばれる、より多くの税は、それらに課される国の財政問題の解決に役立ちます。

“ヌーヴェルのObservateur”誌のウェブサイトの請願、”特別の寄与”税を設定するには16社、ビジネスリーダー、および豊富なコールのフランス大統領は、豊かな時にお金の流れに影響を与えないに接続された一富 – 税金。

米国の億万長者 – ウォーレンバフェットは、最近、コスト削減計画を推進するために米国政府を助けるために彼自身の意識を高めるために、米国政府に促した、と他の高所得者の税。今、フランスで最も裕福なのいくつかは、政府がその税金を高めるために必要、続く。

、2012年度の予算で、フランスの公共財政の恐怖を軽減するためにドルを超える5000000000から100000000000の追加収入のユーロを取得 – フランスのサルコジ大統領は、長いしようとする豊富な免税項目の利点の一部を削減する計画をしている市場のボラティリティが原因。

納税者の100万人以上のユーロ(= 174百万シンガポールドル程度)、新た​​な税計画の実施の年収 – フランスの予算処長官ペックフアレス今月は、政府が醸造であると述べている。

フランス最大のピュGroupe(ピュブリシス)による広告、フランスのソシエテジェネラル銀行の頭取、そしてエールフランスの署名の社長、請願は言った:”我々は、フランスやヨーロッパで既得権益の現在のシステムなので、こと:それは必要であるお金は、問題を解決するため、システムの維持に役立ちます。”

サルコジ大統領の当初の計画 – 税の軽減の厳格なコントロールを介して次の年以上には、来年4.6%に、今年のGDPの5.7%から、政府の財政赤字を30億ユーロを下に課している。

しかし、第二四半期、弱い経済成長、およびスタンダード&プアーズは、米国のリスクの負債のレベルを減少させる、今月の、フランス政府は借金で深くなっている、彼らのAAAリスク格付けを維持するために多くの緊急の措置を講じる必要性を認識ユーロ圏の危機、非常に重要な、安定した。

請願は言った:”視力の財政赤字と債務の状況、フランスとヨーロッパの未来を脅かし、政府は現時点では危機を乗り切るために私たちを求め、我々はする必要があります – 貢献をする。”