近日,日本外务省对外宣布,将从9月份起,进一步放宽中国公民个人游签证发放条件。变更内容-针对签发对象,废除过去“具有一定职业地位及经济实力者”的要求,改为“具有一定经济实力者”,这为更多人赴日本游,提供了可能;个人游期限,由原来的15天,延长至30天。

近日,日本外务省对外宣布,将从9月份起,进一步放宽中国公民个人游签证发放条件。变更内容-针对签发对象,废除过去“具有一定职业地位及经济实力者”的要求,改为“具有一定经济实力者”,这为更多人赴日本游,提供了可能;个人游期限,由原来的15天,延长至30天。

赴日本个人游的签证政策,呈逐年放宽的趋势。从去年7月1日起,日本大大降低了中国公民赴日本个人旅游签证的年收入门槛,从此前的年收入25万元,降至年收入10万元。今年6月份,日本再出刺激新政,规定-从今年7月1日起,可申办三年有效、多次往返、每次最多停留90天的观光旅游签证,第一次入境日本目的地,必须包含冲绳地区,此后,赴日本旅游,地点不受限制。

日本一系列政策的出台,目的是-为了刺激地震后,赴日本游市场,加快日本经济复苏步伐。此次签证新政放宽的幅度较小,在方便赴日本个人游方面,有积极作用。

赴日本自由行,成市场“黑马”

赴日本个人游,门槛再降,激活日本游

今年暑期期间,日本九州、关西、北海道等地区的旅游市场,复苏强劲,东北部受灾严重的地区,如青森、秋田、仙台等地,随着进入8月份,众多传统节日的举行,吸引了赴日本的部分游客,市场,正处于逐步恢复中。

随着今年赴日本个人旅游签证条件的放宽,出游人数,有所增加,日本自由行产品,成为灾后日本游市场,重启的一匹“黑马”。自今年7月,日本个人旅游签证实施新政以来,办理赴日本个人游的游客,不断增加,在原有的日本自由行产品,及资源配套上,加大了开发和采购力度,推出多款-冲绳,或者“东京+冲绳”的日本自由行新产品。该系列产品,受到市场的追捧,报名人数,人次,同比增长。

或催生赴日本“穷游一族”-新政下,日本游市场-赴日本签证条件放宽,一般市民,可以通过日本个人旅游签证的资料审核,赴日本个人游的受众面更广。在日本停留时间的延长,让游客有了更丰富的选择。签证门槛的降低,或催生赴日本的“穷游一族”,将为日本旅游市场,注入新鲜血液。将根据消费群体的特征,拓宽采购面、加大采购力度-以旅游目的地周边的民宿、经济型酒店,代替城市中心的酒店,让游客,在节省费用的同时,更能深入体验地道的日本文化。产品的调整,在进行中,并将针对自由行游客,主打个性化的行程,定制相应的服务产品。日本东京五天自由行、日本关西四,五天游、北海道六,七天自由行产品等。在个性化行程中,以温泉、美食、购物、赏花、游乐场等,为主题的各种日本个人游产品,为日本自由行市场,添加更多元素和内容,提供更多个性化的选择。

赴日本个人游,顶多是“中众化”

赴日本个人游签证门槛,有所降低,有游客认为,个人游产品的价格,不比团队游便宜,甚至,还高出几成。赴日本自由行,10天左右的行程,大致花了近一万元人民币,日本消费水平普遍较高,吃定食,大概要花1000日元(约=70元人民币),一瓶水,大概要花100-150日元(约=7元人民币),“日本,真去不起!”网友,去年年底,赴日本个人游,所在的城市,不能直接办签证,委托旅行社办理,每人约1500元。签证成本很高!

赴日本个人游,远未到大众化的程度,现在,顶多是“中众化”。日本游费用较高,市场环境,比东南亚成熟,零负团费,在日本,很难有操作空间。消费高企。

签证手续繁复,或成市场最大阻力-日本已从7月1日起,向中国个人游客,开放多次往返的旅游签证,目前,未出台相关的申请细则,真正申请到此类签证的游客人数,寥寥。

个人游签证手续的繁杂,是赴日本个人游遇冷的最大原因。广东市场,不少游客已经去过日本,对于那些有自由行意愿,又去过日本的游客来说,对价格相对敏感;对安全隐患有所顾虑。如果手续上‘嫌烦’,出游热情,自然减弱。游客办理赴日本个人游的签证手续时,需要提供公司营业执照的复印件,要求法人在复印件上签字。自己跑出去旅游,需要大领导签字,不去了。一位网友表示。

日本游复苏路漫漫

“条件放宽、签证便利,是好事。目前,制约日本游市场复苏的原因,主要是人们对于福岛核泄漏所产生的担扰。若要消除人们心中的核辐射阴影,尚须时日。“毕竟,这是距离最近、前所未有的,发生在文明世界的核事故,加之空前的9级地震。把天灾人祸,叠加到无以复加的程度。心理影响,是第一位的,需要时间,来冲淡。”

赴日本自由行,可以通过采取旅行社批量采购酒店,和机票的方式,压缩成本,空间很有限。更好地开发日本个人游市场,应该要对客源市场的限制,逐步减少,加强监管,比如,海关、边防,在偷渡上,要加大力度。产品多样化开发,必不可少。

期待-赴日本个人游,“零门槛”-日本游市场,相对规范和成熟,手续方面,比东南亚,要繁复得多。更倾向东南亚国家和港澳地区的自由行,一个很重要的因素,就是签证手续,非常便利。个人游的市场,其实是比较难控制的,出游时间不定,人数不定,针对有意愿前往日本自由行的广东客,实现“零门槛”,并不是无稽之谈。

目前,个人游签证,正在放宽,如果没有简化办理手续,不能解决本质问题。将来赴日本个人游,或出现“零门槛”。届时,再次赴日本,有个人游意愿的老广们,就不会再因“嫌麻烦”,而放弃自由游玩日本的机会了。

http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesparty.com
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com

谷歌将中文译成日语–最近、日本の外務省は9月以降から、中国の市民はさらにビザを付与するための条件を緩和するために旅行することを発表しました。変更 – オブジェクトの発行のため、過去には可能な限り、旅行より多くの人々のために日本に行っている”、一定の経済力を持っている”ために、要件”特定の専門的地位と経済力を持っている”廃止により、個人旅行の期間を、 30日にオリジナルの15日間。

日本ビザのポリシーへの個別訪問は、徐々に傾向を緩和されました。昨年7月1日から、日本は大幅に10万ドルの年収に減少25万ドル​​の前の年間所得から日本の年間収入のしきい値でビザを旅行するために個々の中国市民を減少させた。 6月には、その後日本のニューディールと提供するために、刺激は – 7月1日から、初めて目的地に日本に入国する90日間の観光ビザの最大滞在から三年間と、何度も申請することが含まれている必要があります。沖縄地方は、その後、制限なく、場所を移動するために日本に行きました。

日本が目指した一連の政策を導入 – 地震を刺激するために、日本の景気回復のペースを加速するために、市場を訪問するために日本に行く。より少ない程度にビザの緩和ニューディール、便利なエリアでの日本への個人的な訪問は、プラスの効果があります。

市場に、自由​​な行使に日本に行って、”ダークホース”

日本への個人旅行、しきい値より低いと低く、日本ツアーの活性化

この夏の間、九州、日本、関西、北海道や青森、秋田、仙台、など、など、月に入力された、多くの伝統的な祭りは、誘致など、観光市場の他の地域、力強い回復、北東 – ヒット領域、観光客の一部が日本に行く、市場は徐々に回復しています。

個人的な日本への旅行、今年、ビザ要件の緩和、旅行サイズ、日本における製品の自由な行使、日本におけるポスト旅行市場の増加として、”ダークホース”を再起動七月から今年、オリジナルの日本製品の自由な行使、およびリソースを利用できる、増加の開発と調達の努力を増加させる、日本への観光客の個人的な旅行のためのニューディール以来、日本における個々の観光ビザ、、、の実装は、いくつかを導入 – 沖縄、または”東京+沖縄”日本における新製品の自由な行使。市場で求められた製品は、志願者数、訪問者が増加。

または”貧しい家庭のツアー”日本に生れを与えた – ニューディール、日本の旅行市場は – 、ビザの条件を緩和するために日本に行って一般公開を、あなたは日本のデータの監査を通じて、個人旅行のビザできます、より多くの人と個人的な旅行に日本に行きました。日本での滞留時間、訪問者が豊かな選択肢を持つように。ビザ下限しきい値、または日本の”貧しい家族旅行”の誕生は、日本の観光市場のために、新鮮な血液を注入する。消費者団体の特性、調達側を広げるため、調達を増やすための努力に基づいて行われる – ベッドアンドブレックファスト、ホテル、市内中心部の代わりに、ホテルの周りの観光地に、そうその訪問、しばらく本格的な日本のコスト削減、より豊富な経験文化。製品の調整、進捗状況、そして観光客の自由な行使のための、パーソナライズされた旅行のシリーズ、それに応じてカスタマイズされたサービスの提供。東京での自由な行使五日、日本、関西日本、4つの呉田また、北海道6〜7日間無料のエクササイズ製品。パーソナライズされたツアー、日本市場のための日本での個人的な旅行商品のテーマの温泉、食べ物、ショッピング、花、遊び場、など、自由な運動は、より多くの要素やコンテンツを追加し、より多くのカスタマイズオプションを提供する。

日本への個人旅行では、多くても、の”公開”です。

日本への個々の訪問のビザのしきい値が、減少している、個々の旅行商品の価格は、数パーセントではなく、さらに、チームよりも安く旅行することを観光客があります。 、食べる食べ物を与え、主にほぼ万元、消費の日本の一般的に高いレベルを費やし、旅行の約10日、自由な行使に日本に行き、おそらく、約1,000円(= 70元程度)、水のボトルを取る旅行代理店が委託した市が直接ビザにすることはできません100〜150円を(= 7元程度)かけ、”日本は、私が実際に行く余裕はない!”友人、昨年、日本への個人旅行、、、約1500の各ドル。ビザのコストが高い!

日本への個人旅行は、はるかに一般的レベルから、そして今、多くても、”少数派”です。日本の旅行は操作のための小さな部屋で、東南アジア成熟した、日本のゼロまたは負の運賃よりも、市場環境を高いコスト。高い消費。

複雑なビザの手続き、または市場への最大の障害として – 日本7月1日以降は、個々の観光客から中国まで、数次観光ビザの開放は、現時点では、アプリケーションでは、観光客の実数に、そのようなビザの申請を、関連するルールを導入していません、ほんの一握り。

日本へのIVS複雑なビザの手続き、個人旅行は風邪の最大の原因です。広東省の市場では、多くの観光客は、意志の自由な行使を持っている人のために、日本に行ったこと、および、相対価格に敏感な日本人訪問者にされている、セキュリティ上のリスクに関する懸念を持っている。旅行のための”weariesの熱意で手続きした場合、自然に弱体化。個人旅行のビザ、ビジネスライセンスのコピーを提供する必要性、署名に必要な法人のコピーのために日本を訪問する観光客。行かないことに、大きなリードを署名する必要がある彼らの旅行を使い果たしました。ネチズンは言った。

日本旅行長い回復の道

“条件リラックスしたビザの円滑化は、日本の旅行市場の回復、人々が提起福島核漏れの懸念のために持っている。原子力放射線の心の影を払拭するには、まだ時間主な理由を制限している、今では良いことです。”結局のところ、これは前例のない大きさ9地震と組み合わせることで、原子力事故の文明世界で、これまで、最も近いです。自然災害に、オーバーレイレベルに追加される。心理的な影響は、最初に、希釈するのに時間がかかるです。 ”

自由な行使に日本に行って、あなたは、スペースが限られて、ホテルには大量購入を通って移動し、航空券の方法を、コストを削減することができます。より良い日本市場、個々の訪問のスキームを、開発するには、税関、国境警備隊、違法などの監督を、強化し、徐々に減らすために観光市場に限定されるべきである、我々は、強化すべきである。製品の多様化の開発が不可欠です。

期待する – 日本への個々の訪問、”ゼロしきい値” – 日本の旅行市場、比較的標準化され、成熟している、と手順、などの東南アジアに比べて、はるかに複雑であることを。より多くの東南アジア諸国とは非常に重要な要素はビザですが、香港やマカオの自由な行使に傾いて非常に便利です。個々の旅行市場、不確実の数、広東オフの自由な行使のための日本への意欲が、ナンセンスではない”ゼロのしきい値を”達成するために、移動時間の変数を制御することはより困難です。

現時点では、個々の訪問のビザ、手続きを簡素化されていない場合、自然に問題を解決できない、緩和される。将来の日本への個人旅行、または”ゼロしきい値。”その後、再び、、日本に行っているため、”厄介”にして、日本における自由遊びの機会を放棄しない古い広いの個人的なツアーになります。

http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesparty.com
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com