在古代,日本人的姓氏,是表示世袭官职大小和氏族门第高低的一种称号,是由天皇恩赐的,庶民百姓,是不允许有姓氏的。

在古代,日本人的姓氏,是表示世袭官职大小和氏族门第高低的一种称号,是由天皇恩赐的,庶民百姓,是不允许有姓氏的。

5世纪后,大和国统一日本,确立了以贵族为主的氏姓等级制,授予上层贵族以“臣”、“连”、“宿弥”、“造”等姓;授予地方贵族以“直”、“君”、“首”等姓。当时,氏姓,成为各级贵族在政治上、经济上,享受世袭特权的依据。公元814年,嵯峨天皇派人对当时居住在京城和近畿5国的皇族、贵族和高级官员进行了一次广泛的调查,并审阅了宫廷的所有典籍,编纂了《 新撰姓氏录》三十卷。共载姓氏1182户,分为-神族系、皇族系、诸蕃系三大类。

江户时代(1603—1868),允许武士阶级,和有功的百姓(农民),和町人(工商业者),称姓(苗字),带刀;一般人,是不许称姓的。直至明治维新以后,宣布四民平等,允许平民有姓。明治八年(1875),日本政府颁布“凡国民,必须起姓”的命令,没有姓的人们,才匆忙为自己取姓。1898年,日本,制定户籍法,每户的姓,固定下来。据说,目前,日本人的姓,有11万之多,其中,常用的姓,有400多个。
日本,在世界上,可以说文化上是个特殊的国家,从古到今(明治维新以前),全国人,普遍是无姓,有名。由国家下令-让全国人一齐取姓,开始。

明治三年(公元1870年),日本政府作出“凡国民,均可起姓”的决定。但,这并没给日本国民什么冲击,全国依然如故。于是,政府不得不在明治八年(1875年)颁布了强制性的《 苗字必称令》,规定了“凡国民,必须起姓”。这,轰轰烈烈地兴起了全国取姓热潮。1875年之前,绝大多数人,是没有姓的。可以说,日本人有姓,只是,才一百多年的事。

在古代,日本人只有贵族,有姓有名,但,他们所谓的姓,与我们理解的姓,并不一样。公元四世纪末,日本的大和朝廷,把日本列岛南部的许多小国统一,成为一个国家,其政治统治的基础,是氏姓制度。以大和朝廷的大王(即后来的天皇)为首的,掌握着中央政权的贵族,与隶属于朝廷的小国国王之间,建立了有血缘关系的集团,这些集团,称之为“氏”,一个“氏”,也就是一个贵族世家。氏的称呼,有的来自官职,有的来自居住地、统治地的地名,有的来自神名,还有的,来自技艺。例如,居住出云国的,就叫做“出云氏”,做祭祀工作的,就叫“忌部氏”。掌握大和朝廷最高权力的大王家,是当时最强大的氏。后来,大王家,对隶属朝廷的许多氏,按与自己的亲疏、血缘远近、功劳势力大小,分别赐予“姓”。这个“姓”,也不能算是真正的姓,只是表示地位、门第、职务的称号,类似爵位。当时的姓,约有30个,其中,“相臣”、“君”、“直”等,赐给皇族及显要的贵族,是最有势力姓。由于人口繁衍,一个大的氏,又有了许多分支。这些分支,为自己起了“苗字”。“苗字”,意思是嫩芽、分枝,即,从本家分出的支。例如,藤原是一个大氏,分出之后,居住在近江国的藤原氏,便取“近江”,与“藤原”的首字,称为“近藤”。住地伊势、远江、加贺的藤原氏,就称为伊藤、远藤、加藤。到了明治八年,从来没有姓的人,在取自己的姓的时候,也想沾点“藤”字的光,于是“藤田”、“藤本”、“藤井”、“藤山”、“藤川”、“藤条”等等姓氏,就诞生了。由此可知,这时的氏,可以表示部分家族血缘关系,但是,姓,只表示家族的地位尊卑,苗字,表示新的分支,但,这时氏、姓、苗字,只有贵族才有。到了七世纪中叶,大化革新时期,废除了世袭的称号,表示家族地位的姓,失去意义,氏与姓混合为一,有一部分,成为流传到现在的姓。这时,姓,仍然是贵族的专利品,到19世纪,姓,也只限于武士、巨商和村里有权势的人。这些人,向当局申请,经特别许可,才能有姓。能够“名字,带刀”是一种极大荣誉,所谓“带刀”,就是有姓,一般平民,只有名,而无姓。(其实,带刀,也是姓,是游侠武士的姓,这带刀,和上面带刀不一样。)

明治天皇时,政府感觉到-没有姓,编造户籍,课税征役,非常不方便,这才号召大家都取姓,可是,由于人们长期以来的习惯,并没有谁,想用个什么姓,至此,政府不得不下达“凡国民,必须取姓”的命令。这时候,人们才匆匆忙忙找起姓来,举国上下,兴起一股取姓的热潮。住在青木村的,就姓青木,住在大桥边的,就姓大桥,家门口长棵松树的,就叫松下;门前有一座山的,就姓山口。于是,田中、三木、山田、日光、北风、前部、上方、观音,这些中国人觉得怪怪的姓,一下子涌了出来。

以地名为姓的,有“上野”、“田中”、“水原”、“河内”、“上原”、“市原”、“陆前”、“近江屋”、“吉冈屋”、“三河屋”、“肥厚屋”,以职业为姓的有“味香”、“味美”、“那妓男”、“猪饭”、“服部”、“锻冶”,“古井丸”。有些人,以古代武士的名,当姓用,像“酒井”、“本多”、“上杉”,这都是古代武士的名。也有的,怕官府处罚,“慌不择姓”,以鱼、蔬菜、寺院、职业作姓。铃木,本是神官拿在手中的标志,也成了姓。有点文化的,选择福寿、长命、千年、松竹、朝日等好听的词,作姓。松、鹤、龟等长寿象征,也成了姓,百、千、万,也成了姓。有的人,实在想不出好办法,只好随便对付一个,“我孙子”、“我儿子”、“百目鬼”、“猪手”、“犬养”、“鬼头”、“茄子川”,都有了,也有的,让官吏随便给想出一个的。

1898年,政府制定了户籍法,每户的姓,这才固定下来,不得任意更改。因为,日本人的姓,来得突然,来得特殊,它的内涵,也与众不同。世界各国的姓,多是表示血缘关系的,而日本的姓,却很少有这个意义,姓一个姓的,不一定有血缘关系,不是一个姓的,倒可能是叔叔、爷爷。

日本人姓,多数由两个汉字组成,少的,有一个字的,最多的,有九个汉字。如:北、池、岸,田中、铃木,宇都宫、西园寺,敕使河原,勘解由小路等。因此,为了分清哪些是姓,哪些是名,在正式署名场合,要在姓与名中间,留出一个字的空来,如,井上清,要写成“井上清”,三阶堂进,要写成“三阶堂进”,八木下弘,要写成“八木下弘”。日本人的姓,有十几万个,日本人口,才一个亿多,平均一个姓,只有几百人。最常见的,有40多个,其中,铃木、佐藤、田中、山本、渡边、高桥、小林、中村、伊藤、斋藤,占总人口的10%,有1000多万。

日本,姓这么多,但是,天皇却没有姓。明仁天皇、裕仁天皇,谁也叫不出他们的姓来。日本人认为,天皇不是人,是神,神,是无姓的。天皇无姓,皇子、皇孙、皇女、皇弟、皇姑,自然也是无姓的。一般女子出嫁后,要改用夫姓,但是,平民嫁到皇家,仍然用娘家的姓。皇子,文仁妻子-川岛纪子,姓的川岛,就是娘家的姓。

日本人,姓怪,名也怪,日本男子的名,多以郎、夫、雄、男等字结尾,以表示威武、英俊、忠信。多有表示排行的标志,长子,叫太郎,二子,叫次郎、二郎,排在第11位的,就叫余一郎。也有的,把“郎”去掉的,直接是-太、一、次、二,用治表示二,用选、藏表示三,用助表示小儿子。长女,称大子,次女,称中子,三女,称三子。小林光一,一定是长子,寅次郎,一定是次子。过去,日本人的男子名,多加上“兵卫”、“左卫门”、“右卫门”,这是由军职变化的名,也有的,是为了显示尚武精神。日本女子的名,多以“子”、“美”、“江”、“代”、“枝”结尾,如,川岛芳子、山田由美、大关行江、宇野千代、大原富枝,听起来优雅、柔和。现在,青年女子中,约有90%的人,用“子”命名。按习惯,女子出嫁后,要改用夫姓。现在,越来越多的女子,反对夫妻同姓,还成立了“反对夫妻同姓会”,主张婚后,仍用自己的姓。把数字用在姓名中,是日本人姓名的又一特色。有,姓一丹、二井、三木、四岛一味川的;有,姓六角、七条、八马、九鬼、十石的;还有,姓四十五、五十铃、百元、六百田、千家的,甚至,有姓百代、万岁的。在名中,用数字表示排行,更是常见的,但也有表示出生时间的。如,山本五十六,就是因出生时,父亲是56岁。

日本是注重礼节的国家,过去,孩子出世,要举行命名仪式,而且,规定,在孩子出生后的第14天内举行,通常,以第七天为多,日本人,叫这天,为“御七夜”,是命名的吉日,命名的当天晚上,家中要摆上宴席庆祝一番。日本小孩子,可以在外人面前,直接称呼父母的名,这在大多数国家,是不允许的。

日本人姓名的写法,通常是-先姓,后名,译成西文时,往往改为-先名,后姓,而且,是按照日语原来的读法,以罗马字拼写的。自1951年,日本政府提出-限制人名,用生僻汉字以来,日本,同姓,同名的人,越来越多,于是,有人主张-不用汉字取名,而改用“假名”。但是,现在,假名重复率,也越来越高了,所以,就出现了汉假、平片杂合体,没有什么意义,就是为了区别各重名,所以,翻译中,没什么必要,对那些假名的名字,给予特殊区别翻译,因为,日本人自己都没想那么多,他们目的,就是为了避免太多重名。

日本人的姓氏,数量多,在其读音,汉字的写法上,相当的复杂,读音相同的姓氏,汉字,有几种,甚至是十几种写法;相同的汉字,会出现好几种读音。如:ささき(sasaki),就可以写作-佐佐木,佐前,佐崎,佐佐喜,佐佐贵,陵,雀等等。姓,为ことう(kotou),可以写作-后藤,五藤,吴藤,梧藤,梧桐,江藤,牛头,五岛,后岛等等;名字,同样如此,じゅんこ(jyunko),就可以是-纯子、顺子、敦子、润子、淳子等等。日本姓,复杂得连日本人自己也不知道怎么读,听到名字,也弄不清楚汉字如何写。有调查表明,全日本,一天交换的名片,高达400万张,就是说,每一秒钟,就有231组人,在交换名片。可在日本,如果把对方的名字叫错,是非常失礼的事,为了避免弄错,绝大多数的日本人,都在用汉字写的名字旁边,用假名注明日语的读音。日本人,还习惯称姓,不称名。如果有人去找,叫“佐藤”的人,多半,会有好几个“佐藤”一起答应。有个笑话是说:如果在日本上下班的高峰,拥挤的人群内,10个人,其中,就有9个叫佐藤。
一开始,只有日本的贵族,才有名字,比如,藤原
连战功赫赫的丰臣秀吉,一开始,都只有小名,没有正式的名字,当他成了大将军的时候,才起了名字
平民,是不能有名字的,到了明治维新的时候,为了便于户籍管理,要求所有的人,必须有自己的姓氏和名字
(派遣机关)中国周口境外就业服务有限公司,是中国政府批准的合法的外派劳务企业,具有向日本派遣技能实习生的资格和经验。
中国周口境外就业服务有限公司*海外(日本等国)女性雇主,雇主拓展部陈氏部长-Mr.sihong Chen ,系公司的派遣日本技能实习生事业特别代表,负责开拓,联系日本技能实习生(日本研修生)业务。
邮箱: george13901623260@163.com ; chensihong1961@126.com ;
手机短信息接收机:+0086-13901623260;
google将中文译成日语;

(機関を送る)周口海外就業服務有限公司中国、中国政府は、法律サービスの会社の割り当てを承認されたが、日本人は資格や経験を送信したインターンにスキルを持っています。
中国海外雇用サービスが限定*周口外国(日本国およびその他の国)の女性の雇用者、雇用者開発部大臣陳- Mr.sihong陳、スキルの原因の特別代表の日本の派遣インターンの部が開発を担当し、インターン日本語スキルをお問い合わせください(日本研修生)事業。
E -メール:george13901623260@163.com、chensihong1961@126.com。
携帯電話のショートメッセージの受信者:0086〜13901623260;
グーグル中国語、日本語への変換などがあります。
http://www.billionairesparty.com
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com

http://www.billionairesdesire.com/?p=1132

谷歌将中文译成日语
古代では、日本の名前は、遺伝性のオフィスのドアのサイズと一族のタイトルの最初のレベルは皇帝によって贈与され、そして普通の人々は、姓を持つことを許されていないことです。

5世紀、日本で日本の国家統一は、貴族の姓ベースの階層を確立した後、”さえ””大臣”、そして、に付与されている上部の貴族”蘇Miは、””もの”などという名前の、で地元貴族のエンパワーメント”ダイレクト”、”JUN”、”最初”と他の名前。その時、の名前、政治的に貴族のすべてのレベル、経済的、および遺伝性の基礎の権限をお楽しみください。 AD 814、嵯峨天皇は、資本に送信され、近畿王家、貴族や高官が30巻”新エッセイ、のレコード名を”コンパイルされたすべての本裁判所の広範な調査と評価を、実施した5カ国で暮らしていた。ロイヤルライン、Zhufanラインの3つのカテゴリのプロトス部 – 姓は分割1182年の合計を、含んでいた。

武士階級、そして活動的な人々(農民)、そして町の人々を(ビジネスマン)が可能江戸時代(1603-1868)は、、名前が(ミャオ語)、ナイフだが、ほとんどの人は、その姓に許可されていません。明治維新後まで、そこに民間人姓を可能にする、思民の平等を発表しました。明治八年(1875)、日本政府は”すべての国民は名前からでなければならない”コマンドは、人に名前を付けていなかったが発行した、自身の名前を取るに運ばれた。 1898、日本、固定された戸籍法、各家庭の名前を、開発する。それはことは、現時点では、110,000のように多くの日本の名前は、、一般的に使用される名前、そのうち、400以上のものを持っている。いわれています
日本は、世界で、それは文化が特殊な国だということができる、古代(明治維新前)以来、国の人々は、一般的に有名なも姓はありません。状態で発注 – その人々が一緒に開始するために国の名前を取る。

明治年間(西暦1870年)、日本政府は、”人々、名前の両方から”決断。しかし、これは国の影響が変わらないものを日本の人々を与えていない。したがって、政府は明治8年(1875)は必須提供する”ミャオ族の言葉が言われている必要があります”が発行した”すべての市民が、最後の名前を果たさなければならない。”この、積極的な盛り上がりの名前を取るために国の台頭。 1875年最も人々の前に、何姓はありません。我々は日本人が命名したと言う、それをする唯一の百年もできます。

古代では、唯一の日本の貴族、よく知られた名前が、名前を呼ばれ、私たちは名前ではなく、同じように理解しています。 4世紀後半に、国としての日本の大和朝廷、多くの小さな国の団結の南の日本列島、、基礎の名前のシステムのその政治的支配。 、大きいと王の宮廷(後に皇帝)、貴族の中央政府のマスターによって導かれ、”S”として知られる王と確立された血液のグループ、これらのグループ間の小さな裁判所に属して、貴族である”S”。 Sの条件、オフィスからいくつか、住居からのいくつか、名前、神の名前からだけでなく、アートからいくつかの判決。クラウドの例については、国の住宅、と呼ばれる儀式の作業を行うため、”雲の”、と呼ばれる”省のを避ける。”王や宮廷の家の最高権威を保持することにより、最も強力な一族だった。後で、それらの親和性、親族の距離、信用力の大きさに応じて裁判所の会員の多くの王の家族は、、、”名前を。”与えられた”名前”は本名とみなすが、タイトルに似て最初のドアのステータス、ジョブタイトルを、言うことができない。一度に名前、約30、、”郷 – 陳”、”JUN”、王室や有力貴族与え、”直接”とは、最も強力な名​​前です。繁殖個体、大きいのは、枝の数があります。これらの枝は、自分自身でプレー、”ミャオ族語。”すなわち”トニー単語”の意味の芽、枝、、資本家からの支援の分離。例えば、藤原が大きいのですが、分離後に、国藤原近江に住んで、彼らは”近江”と”藤原”と呼ばれる最初の単語、得る”近藤を。”レジデンス伊勢、遠江、加賀藤原は、加藤、遠藤、伊藤と呼ばれる。明治8年に、ときに彼の名前を取って、人の名前はありませんでしたが、またXiangzhanポイント”つる、”光の言葉なので、”藤田”、”つる”、”藤井”、”富士山”、”富士川”その姓の”杖”とは、生まれた。それは時だ、姓、ミャオ族の言葉、唯一の貴族階級のみのが、家族、親族の一部として表現できるとき、家族の階層の状態、ミャオ族の言葉は、新しいブランチを言ったことだけ言って、、しかし、、最後の名前を見て、しかし、することができます。半ば、七世紀に、大化の改革、遺伝性のタイトルの廃止時に、意味のない、家族の状況の姓を言うと、名前が1つに混合している、一部では、現在の名前に広げられる。その後、最後の名前は、まだ貴族の排他的な保護区、19世紀である、名前はまた戦士、magnates、そして村の有力者に制限されています。これらの名前を持つために、特別な許可を得て、適用する人々。エイブル”名前、ナイフは”大変光栄であり、いわゆる”ナイフ”は名前と住所、一般の民間人、名前だけ、無姓であるため。 (実際には、ナイフの名前は、レンジャーの戦士の名前、このナイフで、ナイフは上記と同じではありません。)

使用を望んでいない人、の長年の習慣のために名前のない、非常に便利な、住宅、税課税のサービスを構成していた、我々はこの名前の呼び出しを取られている、しかし、、どのような種類の名前、 – 明治天皇、政府が感じたしたがって、政府は”人々は、名前を取らなければならない”コマンドを発行した。この時点では、人々は全国から名前を見つけるために急いで、急増の上昇の氏を称する。緑の木村の生活、橋に住んで、青木に名前を付けること、そしてパナソニックと呼ば​​れる橋、ドア長い松の木、名前を付けるため、山の前で、名前で峠を。したがって、中国の人々が突然浸水、奇妙な名前を田中、三木、山田、太陽、北風、フロント、トップ、観音感じ。

地面には”大宮”、”吉岡家”、”スリーリバーズハウス”、”着陸前に”、”市原”、”上原”、”ハノイ”、”水原”、”田中”、”上野”、姓と呼ばれる姓としてのキャリアに”肥大の家”、”郷”、”おいしい”、”その男性の売春婦、””豚の食品”、”服部”、”梶”、”古井の錠剤。”古代の戦士の名前であるような”堺”、”もっと”として最後の名前が使用される一部の人々、古代の戦士の名前に、、、”上杉”、。そして、いくつかの、公式の罰の恐怖は、魚に、野菜、修道院、姓としてのキャリア”パニックはオプション名ではありません”。鈴木、この手の看板の大祭司であるが、姓となっています。文化のビット、長寿、長寿、ミレニアム、松竹、朝日と名の他の素敵な言葉を選択します。松、鶴、亀は長寿などを象徴し、名前、百、千、百万円となっているが、姓となっています。一部の人々は本当に良い方法を考えることはできないが、1つに対処するため、”私の孫、””私の息子”、”百頭のゴースト、””トロッター”、”犬飼”、”鬼頭”、”茄子の川”があり、 、およびいくつかの、関係者が一つを考え出すことができます。

1898年、政府は、戸籍法、各家庭の名前、この固定された、任意に変更されるものを策定。ので、日本の名前は、突然、多くの特別な、それはコンテンツですが、また異なる。世界の最後の名前は、必ずしも血縁関係ではない血縁関係、そして日本の家族の名前、この意味では非常に少数の、名前の名前、ではなく、姓よりは、アイデアが彼の叔父、祖父であってよい。

日本の名前、小さいから成る2つの中国の文字の大半は、単語を持って、9文字があります。など:北、プール、海岸、田中、鈴木、宇都宮、西園寺、赤石河原、道路の探査及びソリューションなど。したがって、名前が何であるかを区別するために、教会に”井上、”三次を書くこと、井上、同じように、に空の単語を残して、、途中で姓と名の正式な署名の機会の名前である、書き込まれる8つの寛木下、”に三次教会”のように書くこと”八木宏下。”日本の名前、十千、日本の人口、唯一の百万円、名の平均、ほんの数百人。最も一般的な、40以上、、鈴木、佐藤、田中、山本、渡辺、高橋、小林、中村、伊藤、斎藤、総人口の10%、1000万人以上を持つ。があります

日本、そんなに名前が、天皇は名前がありません。明仁天皇、彼らの最後の名前を口天皇、。神、神である天皇がでないことを日本人は、名前のないことです。皇帝のない姓、プリンス、黄日、黄F、黄帝、皇姑は当然、これは名前のないことです。ほとんどの人が結婚した後の女性、夫の姓を使用することが、民間人がまだ旧姓で、ロイヤルと結婚した。プリンス、秋篠宮の妻 – 紀子川島、川島の姓、旧姓です。

日本の姓の強力な、ハンサム、忠実に表現するために奇妙な名前、変な日本人男性の名前、そしてより多くのラング、夫、言葉のオス、オス側。ランキング、二郎、二郎という太郎という長男、、二人の息子が、、11位、そして宇一朗と呼ばれることが多くの兆候がある。そして、いくつかの、”ラング”が削除され、直接である – そう、第一、第二、第二、ルール、2つあるが、選挙では、3つのチベットは、その小さな男の子を助けて、言った。長女は、中性子と呼ばれる大きな子、次女、、3人の女性が、3人の息子が前記。森下浩一が、それは長男、二郎陰でなければ、次男にする必要があります。過去には、日本人男性は、”サムライ”、”Saemon”、軍隊から名前を変えている”Uemon”、と多くのであり、いくつかの勇敢な精神を表示することです。日本人女性の名前、そしてより多くの、”息子、””アメリカ、””川”、”世代”、”末尾のスティック”とは、例えば、米国から川島、山田は、河川、宇野千代、大原の豊富な枝、サウンドをマークアップ柔らかく、エレガント。今、若い女性、”子供”という名前を持つ人々の約90%。夫の名前を使用するのが通例、彼らは結婚した後の女性。今、夫と妻に対してより多くの女性が、同じ姓、またセットアップ、結婚に賛成し、”夫と姓に対してはなります”まだ自分の名前を使用してください。名前で使用されている数字は、日本の名前のもう一つの特徴です。そこに、名前付きの六、七、八馬、久喜、10石;そこに、45という名前の、いすゞ、百、600フィールド、そこに、ダンは、2つの井戸、3番ウッド、盲目的に川、四島の一つを命名千、あるいは名前と住所EMIは、長く住んでいる。名前では、数値の順位は、それが一般的ですが、その時にも生まれています。例えば、山本、出生によるものである、彼の父は56歳です。

日本では式典が開催される命名過去の国の礼儀を重視し、生まれた子供、であり、そして提供するために、目以降14日以内に開催された子供の誕生で、通常は第七日に”ロイヤルためのその日と呼ばれる、日本以上のもの7泊は”祝うために宴会を置くために自宅で、夜の命名、幸先の良い一日の名前です。日本の子どもたちは、部外者の目の前に、両親はほとんどの国では、許可されていない、直接呼び出されました。

多くの場合、書かれた日本語の名前 – 姓に続く最初の名前を、そして、オリジナルの日本語の発音に従い、ローマに単語をスペル – 最初の名前は、名前の後に、西洋文化に翻訳、彼らは頻繁に変更。 1951年以降、日本の政府 – 制限された名前が、珍しい漢字、日本、姓、より多くの、そう、それが主張された、同じ名前を持つから – “。ペンネーム”に賛成という名前の文字、しかし、今、偽名繰り返し率、高いと高いが、そう、意味をなさない中国偽物、プレーンフィルムのハイブリッドが行われている、同じ名前を区別するので、翻訳、それらの仮名不要日本人自身があまり思っていなかったので、特別かつ異なる翻訳を与えるために名前、、彼らの目的は、あまりにも多くの名前が重複しないようにすることです。

日本の名前と番号、その発音で、漢字がで書かれ、非常に複雑な、同じ姓の発音、漢字は、執筆のであって、数十ある。同じ文字が、いくつかの発音が存在します。のような:ささ気(佐々木が)、あなたが書くことができます – 佐々木、佐藤前、というように左旗、佐々木こんにちは、佐々高価な、リン、鳥、と。洞爺湖の名前がとう(kotou)、あなたが書くことができます – 島の後、、後藤後藤、呉テン、呉のつる、インダス、江藤、タウ、ファイブアイランズを、というように、名前は、同じことが真である、じゅさんKO(純子)、することができますはい – 順子、順子、敦子、純子、純子、など。日本の姓とさえ日本人が漢字を書く方法がわからない、名前を聞く、読み取る方法を知らないことに複雑。調査は日本で一日が、名刺の交換、最大4万人が、それは、毎秒であり、人々の231グループが、名刺の交換で、あることを示しています。日本では、相手の名前が間違っている場合、それは、間違って名前の横に漢字で書かれた日本語、日本語の発音でマークされた偽名の大半を回避するために、非常に失礼なことです。また、名前を参照するために使用される日本人は、名前を呼び出すことはありません。誰かが”佐藤”人と呼ばれる、ためになった場合、ほとんどが、約束のいくつかの”佐藤”が存在します。ピーク、群集、佐藤知られている9人があるそのうちの10人、なら日本で働くために:ストーリーはということです。
当初、唯一の日本の貴族、名前だけ、例えば、藤原
我々は名前から来るとき、彼は一般的になったとき壑壑豊臣秀吉のさえ攻撃は、開始時に、唯一のニックネーム、公式の名前を、持っている
一般市民は、すべての人々を要求することによって、家庭の管理を容易にするために、独自の姓と名を持つ必要があるときに、、明治維新に、名前ではありません
(機関を送る)周口海外雇用サービス(株)中国、中国政府は、法律サービスの会社の割り当てを承認されたが、日本人は資格や経験を送信したインターンにスキルがあります。
中国海外雇用サービスが限定*周口外国(日本国およびその他の国)の女性の雇用者、雇用者開発部大臣陳- Mr.sihong陳、スキルの原因の特別代表の日本の派遣インターンの部が開発を担当し、インターン日本語スキルをお問い合わせください(日本研修生)事業。
E -メール:george13901623260@163.com、chensihong1961@126.com。
携帯電話のショートメッセージの受信者:0086〜13901623260;
グーグル中国語、日本語への変換などがあります。

(オルガンを送信RU)周口海外就業服務有限公司中国、中国政府は、法的サービルスのクラブのカット里てを認識されたが、日本のワシントン州適格や経験をメッセンジャーしたインタタリーンにスキヒカルを保持っていします。
中国海外雇用は、サービルSU GA制限*周口外国オープン発大臣陳で採用されている(日本およびその他の国)の女性の就業者、 – Mr.sihongチェン、SUキヒカルの理由の特別代表の日本のセンドインタタリーンの部が発をし、オープンプレー、タタリーンインスキヒカル日本のいをお求めの共同WA区DAさせい(日本語研修生)事業。
E – メーヒカル:george13901623260@163.com、chensihong1961@126.com。
電話番号持ち運び帯のーショー寺スイートのメッセ受託者:0086〜13901623260;
グーグヒカル中国語、日本語への変更のの選挙NAどがありします。
http://www.billionairesparty.com
http://www.billionairesdesire.com
http://www.billionairesgroup.com

http://www.billionairesdesire.com/?p=1132